ここから本文です
現在位置:

野山をお散歩

  • 17,740
  • 13
  • 2018/05/26 18:53
  • rss
  • <<
  • 17740 17720
  • >>
  • 最新のコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • ワールド・バリュー(世界普遍価値観)の調査結果についても解説されている ある識者も同様に「破局シナリオ」の蓋然性が高いと指摘している


    > 著名な国際比較調査・・ミシガン大学が中心に行っている「世界価値観調査World Values Survey」において、「社会的孤立度」=家族などの集団を超えたつながりや交流がどのくらいあるかに関する度合いが、日本は先進諸国においてもっとも高くなっていること

    こうした事実に示されるように、現在の日本は持続可能性という点において相当深刻な状況にある。

    そして、「2050年、日本は持続可能か」という問いをテーマとして設定した場合、現在のような政策や対応を続けていれば、日本は「持続可能シナリオ」よりも「破局シナリオ」に至る蓋然性が高いのではないか。

     こうした問題意識を踏まえ、AI技術を活用し、また「幸福度」といった主観的な要素も視野に入れた形で将来シミュレーションを行い、日本社会の未来の分岐構造がどのようなもので、またどのような対応がなされるべきかを探ったのが今回の研究である((図1)参照)。

  • ・・・2050年、日本は持続可能か?
     今回の研究の出発点にあったのは、現在の日本社会は「持続可能性」という点において“危機的”と言わざるをえない状況にあるという問題意識である。

     日本社会が持続可能性において危機的であるということは、多くの事実関係から言えることだが、特に次のような点が重要ないし象徴的な事柄と言えると思われる。

     (1)財政あるいは世代間継承性における持続可能性

     しばしば指摘されるように、政府の債務残高ないし借金が1000兆円あるいはGDPの約2倍という、国際的に見ても突出した規模に及んでおり、言い換えれば膨大な借金を将来世代にツケ回ししていること

     (2)人口における持続可能性

     生活保護受給世帯ないし貧困世帯の割合が90年代半ば以降急速に増加しており、格差が着実に広がるとともに、子ども・若者への支援――筆者が「人生前半の社会保障」と呼んできたもの――が国際的に見てきわめて手薄いことから、若年世代の困窮や生活不安が拡大し、このことが低出生率あるいは少子化の大きな背景となっていること

     (3)コミュニティないし「つながり」に関する持続可能性

    ・・・

  • 日本の将来

    昨今の日本人は 戦いを知らない 戦い方も知らない平和ボケが異常増加 このまま行けば 将来 日本は100%間違いなくアジアで劣等国になる

    今日のニュース

    <2050年まで日本は持つのか?AIが示す「破綻と存続のシナリオ」>

    5/26(土) 11:00配信


    >AI活用によって未来を予測し提言する――そんな取り組みが日本で行われている。京都大学の広井良典教授らと日立が共同研究し、日本の未来シナリオとその分岐点を解析した。一体どのようなものか。広井教授が解説する。


    「AI(人工知能)」という言葉が、あらゆる場面に登場している。

     アメリカの未来学者カーツワイルが唱えたいわゆる「シンギュラリティ(技術的特異点)」論ないし“2045年問題”のように、最高度に発達したAIがやがて人間を凌駕し、さらにはそれが人体改造された人間と結びついて“永遠の意識”が生まれるといった議論も存在する。

     また、AIによって人間の仕事ないし雇用の大半が取って代わられ大量の失業が生まれるといった話題は繰り返し論じられている。

     しかし昨今の議論を聞いていると、いささかAIの能力が過大評価ないし“神聖化”されているように思われることが多い。

    その後いったんそうした「ブーム」は沈静化し、やがてリバイバルとなったわけだが、そうした流れからも、少し冷静な視点が重要だろう。

     いずれにしても、このようにAIに対する社会的関心が高まっている中で、私たちの研究グループ(私を含む京都大学の研究者4名と、2016年6月に京都大学に創設された日立京大ラボのメンバー数名)は2017年9月、AIを活用した日本社会の持続可能性と政策提言に関する研究成果を公表した(「AIの活用により、持続可能な日本の未来に向けた政策を提言」ウェブサイト参照)。

     その内容は、AIを活用して2050年頃に向けた約2万通りの将来シミュレーションを行い、併せて採られるべき政策の選択肢を提起するという趣旨のものだった。

    ここではその概要を紹介するとともに、その先に展望される日本や世界の未来像について若干の議論を行ってみたい。

  • ガラが悪い米トラ

    ある識者が 米トラの習性をよく見抜いている

    米トラの手口は 相手を「餌」で釣り 餌に寄って来た相手を「突っぱねる」=「離脱する」 そして餌に「思い込み」がある相手を服従させる これが駆け引きビジネスマン米トラの常とう手段

    今日のニュースタイトル

    <米朝会談の中止発表 「離脱」はトランプの常套手段か>

    5/26(土) 13:30配信


    ・・・具体的にいえば 北金を経済制裁で追い込む 経済支援の「餌」が欲しい北金は 餌につられ 「米朝首脳会談」で、米トラにすり寄る と 米トラは 米朝首脳会談の中止発表で 北金を「突っぱねる」=離脱

    これはイランの核合意も同じ 米トラの「核合意離脱」で イランを突っぱねる 「TPP離脱」も同じ

    エゲツない手口 米国は エゲツない男を大統領にした劣等大国

     記事の一部

    >いったんは米朝首脳会談の中止を表明したトランプ大統領だったが、翌日、予定通り行われる可能性も示唆した(ロイター/アフロ)
     
    米ホワイトハウスは24日、来月12日にシンガポールで開催が予定されていた米朝首脳会談の中止を伝える、トランプ大統領から金正恩委員長に宛てた書簡を公表した。トランプ大統領の楽観的なツイートの内容や、2度にわたるポンペオ国務長官の訪朝などもあり、米朝首脳会談の開催は予定通り行われるものとみられてきたが、今月中旬から北朝鮮側の態度に明らかな変化が生じていた。

    16日には米韓両空軍による軍事演習「マックス・サンダー」に反発する形で、南北閣僚級会談の延期を突然発表。加えて、アメリカによる一方的な核放棄の要求に対しても、厳しい表現で批判し始めた。


    当初は外交上の“ジャブの応酬”程度に考えられていたが、北朝鮮が核実験場を爆破した24日、アメリカ側から「破談」をつきつけた格好となった。ただトランプ大統領は、北朝鮮側から対話継続を求める談話が出たこともあり、予定通り6月12日に開催する可能性にも言及している。トランプ政権は「なぜ会談の中止表明に踏み切ったのだろうか?」

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • ・・・この「メキシコ共和国」からの独立を叫ぶ・・テキサスのアングロサクソン人と メスティソとの間にできた「ラテンアメリカ人」とメキシコ共和国が1845~1848年まで戦う

    この「ラテンアメリカ人」と「メキシコ共和国」との「戦争の場」となったのが テキサス州の「アラモ砦」

    この「アラモ砦の戦い」が 歴史に残る有名な戦い 結果1845年 テキサス州は、アメリカ合衆国に編入される

    ところが アメリカ合衆国は 領土拡大のため「メキシコ共和国」の「都市」だった文字通り「メキシコ・シティ」まで領土拡大すべくメキシコと戦い 勝利したアメリカ合衆国は1848年 新たなメキシコ・・「ニューメキシコ州」としてアメリカの領土とする

    このアメリカとメキシコの戦いが1845~1848まで続き 1848年
    アメリカは北米大陸の西海岸 カリフォルニアまで制服

    ここでアメリカの「西部開拓史は終わる」

    このようにメキシコは 米国に屈した歴史があり メキシコ大統領は「米国の圧力に屈しない」と声明

  • ・・・他方 北米大陸のは1610~1620年にかけ イングランドのアングロサクソン人が 北米大陸の東部 バージニアのジェームズタウンを拠点とし 北米大陸を 西に向けて西部開拓する

    そして1836年の頃 かってはスペインが支配 以後独立した「メキシコ共和国」まで侵略を試みる

    ところが1836年の頃 メキシコ共和国の一部「テキサス州」に「アングロサクソン人」が侵入 そして住民のメスティソと交わり テキサス州は「ラテンアメリカ人」となり ラテンアメリカ人が増加

    そのためメキシコ共和国の一部だった「テキサス州」は、「メキシコ共和国からの独立」を叫ぶようになる そしてテキサス州は アメリカ合衆国に編入され 以後 テキサス州は アメリカ合衆国になる

    ・・・

  • ・・・そして 侵略したスペイン人と先住民インデイオの間に混血のメスティソが誕生する 

    *メスティソとは スペイン人などの白人と 先住民インディオの混血のこと

    そして この一帯は 多数のメスティソ と 純粋なインディオ と 純粋なスペイン人が住み着く

    侵略したスペインは「スペイン語」や「キリスト教」を広める このキリスト教の布教活動の拠点となったのが テキサス州の「アラモの砦」で有名になった「アラモの戦い」

    そしてこの住民たちが スペインからの独立を求め 独立国家「メキシコ共和国」となる

    ・・・

  • メキシコ

    メキシコが、米国にイテこまされたくない理由 過去にメキシコはアメリカにイテこまされ酷い目に遭った

    かって15~16世紀頃 スペイン出身のローマ教皇ロドリゴが 地球を2等分して、スペインとポルトガルに与えた ここからローマ教皇の「お墨付き」を貰ったスペインとポルトガルから始まる西洋諸国の「侵略」による「植民地化」が始まる

    スペインは コロンブスを支援 新大陸発見 さらにコルテス ピサロに命じ 中南米を侵略

    ここで「中南米 メキシコ カリフォルニア」近くまで「スペインが制服

    ・・・

  • イテこまされないメキシコ大統領

    メキシコ大統領は 米国の圧力に屈した交渉はしないと明言

    圧力に屈した合意は 主従関係の従になり いいように振り回され利用される

    米朝首脳会談も同じ 北金が 米国の圧力に屈する合意になれな 米国が主になり北が従になり 以後 米国に支配される 交渉は「対等な立場」でなければ本当の合意にはならない 不平等合意になる

    今日のニュース


    <メキシコ、NAFTA協議で新たな提案か 「圧力の下で交渉せず」>

    5/25(金) 13:56配信


     5月24日、メキシコのペニャニエト大統領の報道官は、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を妥結させるために「メキシコが米国の圧力に屈することはないと言明した。」


    [メキシコ市/ワシントン 24日 ロイター] - メキシコのペニャニエト大統領の報道官は24日、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を妥結させるために「メキシコが米国の圧力に屈することはない」と言明した。

    一方、関係筋は、米国が自動車輸入を巡る調査開始を発表したことを受け、メキシコが新たな提案を行ったと明らかにした。

    米商務省は23日、乗用車やトラックなどの車両や関連部品の輸入が国内の自動車産業を阻害しているかどうか通商拡大法232条に基づき調査を開始すると発表。トランプ政権関係者の1人は、NAFTA再交渉相手のカナダとメキシコに圧力をかける狙いもあると明らかにした。

    メキシコのサンチェス大統領報道官は「メキシコは圧力に基づいた交渉はしない」と言明し、「合意するとすれば、それは真にメキシコに利益をもたらす内容になる。そうした条件がなければ、メキシコは(協議において)前進しない」と述べた。

  • ・・・人間は「互いに思い入れ」がある場合 捨てられようとする者は 捨てる者にすり寄る心理がある

    飴玉を ねぶらせると強気になり思い上がり 飴玉を取り上げると弱気になり、すり寄る習性がある

    教育も同じ 甘やかすだけでなく 厳しく接すると 互いに「思い入れ」がある場合 従うようになる

    イテこまし方・・その2・・飴と鞭の法則

    北金は 従前より融和を ある程度 本気で考えている模様

  • >主導権争い?ですか?

    ・・・最終的には 米国トラと北金の、どちらが主導権をとるかの問題がある

    そうなるために 男女の関係でいえば どちらが相手を「イテこます」か、ナンパがある

    ナンパの仕方・・その1

    水前寺清子・・押してもダメなら引いてみな 引いてもダメなら押してみな!

    北金は 今まで核・ミサイル開発をバックに各国から支援物資を引き出して来た しかし米トラになり オレさまにそんなやり方は通用しないぞ と言い出した

    米トラは オレの言うことを聞かないと ますます「経済制裁を強めるぞ」といい 北の台所は、次第に火の車 脱北者が要人にまで及ぶ事態となった

    台所が火の車になれば 国内に北金政権に対する反動分子が増加したり 下手をすれば、クーデターも起きかねない そうすれば金政権が崩壊に向か会う

    北金政権が 生き残る道は まず同胞の「南北融和」しかない しかし南北が融和しても では 南北が分断された儘の「融和関係」なのか そうなれば 南北 それぞれに指導者が 2人

    船頭が2人いれば船が前に進まない 1人の船頭は南に向かう といい 1人の船頭は北に向かえ となれば 船は進めない

    南北が 1つの国家として統一すれば 誰が最高指導者になるか これは南北の融和より遥かに難しい

    これは、米トラと北金の「米朝首脳会談」も同じで どちらが相手を イテこましナンパするかの問題がある

    まず南北が融和的会談を行う ところが米韓の合同軍事訓練 これは南北融和とは逆になり 北金が こんなことなら「米朝首脳会談」を「再考する」と言い出した

    それに対し米トラは「会談してもいいし しなくてもいい するならいつでもその用意がある」と返答

    そこで北金は、自国の核実験場を爆破 それに対し米トラは 北から核を全面撤廃せねば納得できないと主張

    それに対し 北金は そげんことすれば リビアのカダフイ大佐みたいに 全廃した後 米国から暗殺されるかもしれないと反発

    そこで米トラが オレの要求に従わねば 米朝首脳会談を中止すると発言

    それに対し 北金は「米トラ大統領を尊敬していた」と発言 

    押してもダメなら引いてみな 引いてもダメなら押してみな 米トラと北金の駆け引き・・ナンパの仕方・・その1

    ・・・

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • 男と女の関係 と 米と北の関係

    現在の 米国と北朝鮮の関係は 男と女の関係にようで・・

    1)北の「金正恩」が 米の「トランプ」を 突っぱねると・・

    ・・・トランプは ねえ! あたちを見捨てるの?

    逆に

    2)米の「トランプ」が 北の「金正恩」を 突っぱねると・・

    ・・・金正音が ねえ! あたちを見捨てるの?


    トランプと金正恩は 男と女のような関係になっている

    お釜 と ゲイ には 意味が分からないだろう


    分かりやすく言えば 金正恩が トランプを非難すれば トランプが 金正恩に言い寄る

    逆に 

    トランプが 金正恩を非難すれば 金正恩が トランプに言い寄る

    これが「米朝首脳会談」を巡り 金正恩とトランプの「駆け引き」になっている

    人間の心理は「思い入れ」がある場合 相手から「見捨てられようとする者」は 見捨てられまい として「見捨てる者」に「すり寄る」心理がある

    分かりやすく言えば・・

    1)男と女が 互いに「思い入れ」がある場合 男が、女を見捨てようとすれば・・ あたちを 見捨てないで=! となり

    逆に 

    2)女が男を見捨てようとすれば・・オレを見捨てないでくれ=! となる

    これが「米朝首脳会談」に於けるトランプと 金正恩の「駆け引き」になっている

    今現在 トランプは「米朝首脳会談」の「中止」を発表 金正恩を「突っぱね」ようとしている それに対し 金正恩が トランプに「すり寄って」いる

  • 単純思考と複雑思考

    人間は単純に見えるが複雑 逆に、複雑に見えても単純

    人間の心理は単純でもあり 複雑でもある「南北朝鮮」は同胞同士 

    単純思考で融和はあり得るが「北朝鮮と米国」は 複雑思考

    そもそも北朝鮮が「核・ミサイル」開発してきた目的は 米国の軍事力に「対抗」するため「対抗する」とは 米国軍事力と「対等に渡り合う」ため

    つまり 北朝鮮の核・ミサイル開発は 米国からの「軍事的な脅威」を「回避」するため つまり北朝鮮の核・ミサイル開発は「戦争を抑止」するため

    これを順を追って述べると

    1)北にとって敵対関係の「米国軍事力の脅威」 

    2)米国軍事力の脅威を「回避するには「核・ミサイル開発」 

    3)核・ミサイル開発により 北は「米国に対抗する軍事力を保持」

    4)米国軍事力と「対等」に渡り合える 

    5)「米国と対等な軍事力」になれば「米国に対する戦争の抑止力」になる

    簡単に言えば 北朝鮮が 米国軍事力と「対等」になれば 米国から「安易に攻撃されずに済む」

    ところが 北と米国は 現在も「敵対関係」

    だから 金正恩とトランプは 互いに「疑心暗鬼」・・互いに「腹の探り合い」

    ここで 北朝鮮が「全面的に核廃絶」すれば「リビアのカダフイ大佐」の事例になりかねない「疑心暗鬼」が 金正恩に芽生える

    リビアのカダフイ大佐も 核・ミサイル開発していたが 核合意により 核を全面廃絶 ところが 米国が支援する反カダフイ派によって暗殺される

    北朝鮮も 核を全面廃棄すれば カダフイ大佐(金正恩)が 米国が支援する反カダフイ派によって暗殺されかねない

    だから 北も「疑心暗鬼」で トランプの腹を探る

    これは「対等ではない」 

    カダフイ大佐の場合 核を全面廃棄したが 米国が支援する反カダフイ派により暗殺された

    米国と北朝鮮が「対等な立場」で会談に臨むには まず「米国の方」が 韓国や日本などに配備する「米国軍事力を撤退」させねば「対等なスタートライン」にならない

    「先に米国の方」が 北朝鮮を取り巻く韓国 日本などから米軍基地を「全面撤退」させねば 北と米国は 「対等な同じスタートライン」に立てない

    これが、米国に出来ねば「北と米国」の「融和」は難しい

    従って 今回 北が「核施設を自爆」したのは ほんの一部だろう 全面的に爆破するはずがない

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • ・・・英国の戦艦が「オランダの国旗」を掲げていれば、出島のオランダ商館員にバレる そこでフェートン号の艦長が オランダ商館員2名を人質にとる

    そのためオランダ商館員が長崎奉行所の通報 長崎奉行所は 幕府に報告 ここで幕府は「外国船打ち払い令」を 鍋島藩 福岡藩に命じる

    江戸時代 長崎は「幕府が管理」していた 豊臣秀吉の時代 長崎には 平戸藩 大村藩などがあったが 関ケ原の戦いで徳川幕府は 豊臣秀吉の権限が及んでいた長崎の平戸藩 大村藩を幕府の管理下に置く

    この関ヶ原の戦いで戦功のあった鍋島氏を厚遇、30万石ほども石高を与え 鍋島藩は 西洋式武器を いち早く導入 強力な軍勢を誇っていた そのため 英国戦艦フェートン号の打ち払い令を鍋島藩に命じる

    ところが 人質を取ってフェートン号の艦長が長崎奉行所に 蒸気機関の燃料となる「マキ」や食料を要求し 出島湾から退去する

    ただ 佐賀県には鍋島藩や、唐津藩があり 唐津藩は 豊臣秀吉の朝鮮出兵の際 唐津城が 朝鮮出兵時の拠点となるが 鍋島藩の方が関ケ原の戦いで戦功がり 西洋式武器を導入 徳川幕府の強力な軍勢となっていた

    長崎の平戸藩 大村藩では力不足で 幕府が置いた長崎奉行所が幕府に直結していた

  • <<
  • 17740 17720
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
かんたん口座開設・販売手数料無料!! ヤフーグループのYJFX! 投資信託