ここから本文です
現在位置:
  • <<
  • 51 32
  • >>
  • 51(最新)

    mit***** 1月12日 20:23

    涅槃経には「仏の諸説に従わざるものあらば、まさに知るべし、この人は魔の眷属なり」とある。
    仏教では、「神を説く教えは、因果を無視した教え」として否定している。神の存在は認めていない。
    仏教以外のものは全て外道という。神は外道だからこそ、仏は上で神は下に位置しているのだ。
    寺にある神社は仏を守らせるためにいるだけだ。要は護衛隊というわけだ。
    古代の白山にはもともと白山比咩だ祈りの対象だったのだが、泰澄が山に踏み入り「行」をやり、
    高麗媛を内に秘めながら菊理媛を表に出しを十一面観音をくっつけたのが白山信仰だ。
    つづく

  • 「宗教は脅しだ」オックスフォード大のフォックス教授が「楽観脳と悲観脳」で語った言葉だ。
    人は死の恐怖がある。死後の恐怖もある。恐怖を持たせ信仰すればご利益があるというのが宗教だ。
    信じるか信じないかは人それぞれだが、信じれば死後は安心だというのは悲観脳が出発なのだ。
    祈れば経典にあることが果たせる。祈らなければ果たせられない。まさにフォックス教授のいう脅しだ。
    後世の地獄絵図や極楽浄土絵図などは民衆を欺くには都合の良いツールだった。
    朝廷が国家仏教をすすめるなか民衆にも波及し、これまでの日本の神は隅に追いやられていった。
    神は仏の守り神としてのみ存在し、たとえ神社と名がつく祠があっても常に密教僧が主体をなしていった。
    仏は上で、神は仏の僕の存在となっていったのはこの頃からだ。
    つづく

  • 泰澄は奈良時代の密教僧だ。
    日本には仏教が伝わる前から、高い山は祖先が鎮まり,災害時には怖れおののき山を拝み、恵みの水には山を敬うなど、山に最高の敬意を表してきた。
    だから、神聖な山には踏み込むことさえしなかった。畏敬の念から生じた祈りは、姿は見えず教えもない日本的な意識を高める静かなものだった。
    ところが渡来人によって雑密教が入り、僧の修業の場として、神聖な山が修行の場として踏み込まれた。
    白山に修行に入った泰澄は、高麗媛を祀りそれを隠すため菊理媛を祀った。そして十一面観音を合わせた。
    十一面観音が民衆の苦しみを救うために、菊理媛の姿になって現れたと説いて広めた。
    密教経典には十一面観音を信仰すれば、十種勝利と四種功得のご利益をもたらすとある。
    十種勝利は
    1病気にかからない。
    2一切の如来に受け入れられる。
    3金銀財宝や食物などに不自由しない。
    4一切の怨敵から害を受けない。
    5国王や王子が王宮で慰労してくれる。
    6毒薬や虫の毒に当たらず、悪寒や発熱等の病状がひどく出ない。
    7一切の凶器によって害を受けない。
    8溺死しない
    9焼死しない
    10不慮の事故で死なない。
    来世では四種功德として
    1臨終の際に如来とまみえる
    2悪趣、すなわち地獄・餓鬼・畜生に生まれ変わらない
    3早死にしない
    4今生のあとに極楽浄土に生まれ変わる
    泰澄は時の帝に招聘され、加持祈祷を行うことで調停の中枢に入り込んだ。
    つづく

  • 東京深川の富岡八幡宮で殺傷事件があった。日々の報道で、神社、神社本庁、宮司等々の単語、神社ってそんなに儲かるのか?
    あれやこれやをネットで調べるきっかけにもなった。
    暮れも近くなり、神社のニュースやTV宣伝が多くなった。
    新潟の白山神社もその一つだ。
    検索したら、白山神社HPに新潟総鎮守とある。え?白山が新潟総鎮守だと?
    新潟総鎮守というなら、古町の式内社船江神社だろ。
    白山は菊理媛(ククリヒメ)を祀っている。
    日本書紀で菊理媛は、この世のイザナギとあの世のイザナミの間を取り持った神だ。
    死者と生者の言葉を取り持つイタコのような存在だ。
    といってもどんな会話をしたかは日本書紀に書かれていない。登場もただ一回だけ。何とも不思議な神様だ。
    この神がイザナギとイザナミの仲を取り持ったとして、屁理屈で縁結びにこじつけるあたりは、関係者のさもしいさが現れている。
    民族学者柳田国男は朝鮮の高句麗媛(コウクリヒメ)を菊理媛(ククリヒメ)と合わせたという。
    僧泰澄は高句麗媛を白山に祀ったが、後に、菊理媛をかぶせ十一面観音像を合わせたという。
    新羅・唐連合軍に敗れた高句麗国の10万単位の人が日本海側のあちこちににたどり着いたという。越前国麻生津の三神安角もその一人。秦澄の親だ。
    高句麗人は故郷朝鮮の白頭山を偲んでいたから、秦澄も白山を仏教と結び付け信仰を普及させる必要があったのだろうと研究者は言う。
    こうしてみると白山神社は実は高麗姫を祀っていることになる。
    新潟白山神社は、あの界隈の高麗系流民の末裔が勧進したのだろう。
    全国2700の白山神社も多くも末裔が勧進だと言えよう。
    白山は山岳信仰の拠点でもある。だからといって山岳信仰が港町新潟の総鎮守とはあり得ない。
    総鎮守と称して参詣者を多く集めようとする関係者の魂胆が見え隠れしている。
    神社は何処の神を祀ってもいい。誰がお参りしてもいい。
    しかし、何でもかんでもご利益ご利益と血眼になっている関係者は、いかがなものか。
    これでは世間でいう清々しさ、張りつめた気配などみじんも感じられない。
    西行の「かたじけなさに涙こぼるる」とまではいかなくてもいいが、商魂たくましい在り様は褒めたものではない。
    もし袴を着けてメルセデスなどに乗っていたら、噴飯ものだ。
    式内社については、あとで。
    つづく

  • 新潟市・新潟県の発展を妨害しているところは何処なのだろうか?
    〇空港まで新幹線・在来線・モノレール乗り入れ計画を妨害している。
    〇住民悲願の上所駅新設を妨害している。

  • TVニュースで新潟市に金がないことを報じていた。来年度の事業予算が足りないので、新潟市の維持管理が難しいのだという。
    連結バスだの、それに伴うバス停整備だの。大地の芸術祭だの、何だかんだと金を湯水のように使ったツケが出てきたようだ。
    積立金もなくなりそうなのだとか。
    新潟市民はとんでもない奴を市長に選んだとしか言いようがない。それも長期間にわたって。
    新潟は青山が牛耳っているから、アホな市長は金配りで体裁と見栄を整えていたのだろう。
    学歴や職歴もいいが地頭が不足なのだろう。
    地頭が悪いから、黒幕にコントロールされたとしか言いようがない。
    居酒屋の話題として「退職金返納でもおかしくない。給料だって払いたくない」
    そんな声も聞こえている。
    市長提案に賛成した無能な市議の奴らも同罪だ。
    新潟市を潰した市長。暗黒の新潟市を作った市長として、永久に語り継がれるに違いない。
    沈みゆく新潟市。全国の笑いものだ

  • 国会が始まった。
    いわゆる野党の居場所も決まった。
    立憲民主党1、無所属の会2、無所属1
    立憲民主は、立憲共産党ともいうべき。
    代々木の共産党と、革マルなど新左翼の共産党。
    この違いだけ。
    新潟の有権者は無知が多い。
    無所属の会は、意味不明な党。
    政策も何もない。
    「無所属で退路を断って」とお涙頂戴でお情け頂戴で当選しただけ。
    できもしない公約などは、何の価値もない。
    農業政策を訴えても、言いっぱなし。
    決定権は与党にある。
    これも有権者が無知。
    この二つはバカな野党連合とやらで当選したから、あちこちを縛られる。
    特別国家の原子力委員会に入った奴がいるが、どんな発言をするのか、議事録が楽しみだ。法務委員会とかそのほかあちこちの委員会も要チェックだ。
    発言したけど、採決で否決。
    与党でなければ何も決められない。
    無所属はただの無所属。次の居場所を探しているだけ。
    そのうち、どこかに潜り込むだろう。
    どこかな?
    総じて新潟の有権者はアホだ。しっかりしたものを持っている奴はいいが、
    マスコミに流され、無力な候補者に言いくるめられているのは本当にアホ。
    新潟方式とやらはインチキ方式ということがわからない。
    知事選もそうだった。
    これから原油・ガス値上げで日本全国の電気料金が途方もない値段になるまで
    目が覚めないのだろう。

  • 衆院選挙が終わった。
    烏合共闘が4勝を挙げた。
    できもしない公約を掲げて当選した。
    全国的には、うまい具合に左翼と右翼が分かれた。
    立憲は極左の集まりだ。帰化コリアン党とも言うらしい。
    奴らにはスパイが多いとか。
    メンバーを見ればうなずける。
    無所属で当選した奴はどうする?
    無所属の会?
    嘘つけ。
    主義主張を曲げた噓吐き共。

  • 野党連合という名で、
    共産社民自由の「毒入り饅頭」を食った候補が勝つ。
    しかし勝手も仕事はできない。
    新潟県はだんだん沈む。

  • 選挙も終盤だ。
    某区某候補に某議員が応援演説をしていた。
    聞けば相手候補の悪口をネチネチ、ネチネチ。
    女はどうしてこうネチネチなのか。
    「いじめ」そのままだ。
    脳学者の中野さんが言うには、「いじめ」は、いじめる側にドーパミンが出て快感が湧き出るのだとか。
    某議員は、女特有の「言葉のいじめ」で、合法的な快感に浸っていたのだろう。
    中野さんが言うには「いじめは人間に備わった他を排除する機能の一つ」なのだそうだ。
    その機能を生かし明日もどこかで、演説に名を借りた「いじめ」をやるのだろうな。
    女の演説はうんざりだ。

  • 某テレビ局で米山知事1年目の評価をやっていた。
    概ね7割程度かと読み取れた。
    知事の仕事は何をやっているのか見えないのに、評価できるのか?
    TVに映るから、ヨイショの部分もあるんじゃないのか?
    米山知事は議員なりたさに、自民党・維新の会・維新の党・民進党と渡り歩いてきた。しかしいずれも落選。
    知事選では共産党や社民党が後押しをして当選した。
    本当はもともと隠れ共産党なんじゃなかったのかなぁ。
    共産党じゃ当選しないから、猫をかぶって手当たり次第に政党を変えたんじゃないのかなあ。
    本当の所はどうなんだろう。

  • 帰りに期日前投票をした。
    入り口に、某局の出口調査員がいた。
    投票後、声をかけられたので、でたらめを答えた。
    マスコミ報道は、切り取り、捏造など問題が多い。
    こういう奴らと同じ空気を吸っていると思うと腹も立つ。
    マスコミ権力に対する抵抗は「でたらめ回答」が一番だ。

  • 某テレビ局主催の「全国から揚げ祭り」とやらが某駐車場であった。
    天気もよかったせいか人ひとヒト。から揚げをかぶりついていた。
    そこでふと思った。
    「あちこちからこれだけの客を集めたということは、中央の商店街はもぬけの殻なんだろうな」
    「地元テレビ局が、地元商店の収益を邪魔しているんじゃないのかな」
    地元テレビ局は地元商店の敵なのかもしれない。

  • 全員、希望に行けると思った
    申請したらテストがある
    テスト受けるか受けないか 悩む
    しかし希望に行けば魂を売ったかと言われるし
    いっそ無所属でとなれば、復活はないし
    潔いとか、信念を曲げないとか言われても、1位でなければ、ただの人
    代々木より革命的な、赤軍連合の立憲が出来たが
    立憲に行け極左と言われそうだし
    悩んだ結果、無所属なら組合が応援するとか
    社民 共産も降りて応援するとか
    悪魔の世話になっても受かりたい
    当選したらどこに行くのだろう
    いつまでも無所属というわけにはいかない
    希望組と無所属組が希望を乗っ取りの予感
    それとも・・・・

  • JIアルビが勝てない。次もダメなら降格か。
    新潟の知事が変わってからろくなことがない。
    佐渡だめ。アルビもダメ。そのほかモロモロ、全てダメ。
    祟りか?
    県民は意欲が湧いてこない。
    ま、祟りが撤退するまでは、アルビはヒカリを取り戻せないだろう。

  • このごろ地方局の独自な番組制作が目に付く。
    いつも見れないので録画でまとめてみている。
    総じて、出演者は不必要にやかましい。ウルさい。
    スタジオの中が居酒屋状態だ。
    自己主張の強い奴(失礼)、目立ちたがり屋の奴(失礼)が出るとどうしても
    見る意欲が失せる。
    クライよりもいいとか、元気があっていいという意味なのだろうが、モノにはほどがある。
    よくこんな番組が作れるものだとあきれることもある。
    視聴者軽んじて「県民にはこの程度の番組作りでよし」なのか。
    「嫌なら見るな」かもしれないが、それをいっちゃ進歩がないだろう。
    内容は新潟市を中心とした食いもん屋多い。
    放送局半径50キロ圏内が多く取材されている。
    糸魚川、高田などの上越方面など取材の対象ではないのだろうか。
    佐渡地域も対象にはなっていそうもない。
    取材外の地域は新潟県民扱いをされていないのかもしれない。
    食いもん屋の映像は、ほとんどがラーメン屋。
    ラーメンごときが歩いているとは情けない。
    コメどころ新潟とか、うまいコメをという割には、気が利かない。
    新潟県内には様々な文化を残す地域が多い。食いもん屋だけが文化じゃないだろう。
    「スポンサーはこんな番組を提供していいのかい?」
    と思うこともしばしば。

  • 先日、母親が医者に行きたというので,新潟の病院に連れて行った。
    夏の疲れが取れないようだが、原因はそれだけではなさそうだ。
    そういえば東北震災大津波の悲惨さをテレビで毎日見せられ、体調不良になったことがある。

    今回はミサイル報道で不安感が増したのかもしれない。
    病院はとても混んでいた。受付で手続きを済ませ担当科の待合で呼び出されるのを待った。
    順番が来るまで周囲の様子や看護師さんの動きを観察することにした。
    30歳代以上かなと思われるベテラン看護師(A)は、患者に対する言葉がけで「お大事にどうぞ」というが、「お」の言葉を言いながらそのまま患者に背を向けている。「お大事にどうぞ」が背を向け歩きながら動いているのだ。言葉はぶっきらぼうで感情がない。言い終わった時は患者から2mも離れていた。
    20歳代と思われる看護師(B)は、患者の目の前で「お大事にどうぞ」と言い、軽くお辞儀をしている。しかも患者が歩き始めてから、定位置に急いでいる。看護師に人間味を感じる。
    両看護師は何度見ても同様の対応をしている。

    この差は何なのか。
    (A)看護師は「忙しくて、忙しくて」というのも理由なのだろう。
    しかし、患者と対応する回数は同じだから、両者とも仕事量は同じに見える。
    どうみても(B)看護師は人間力が違って見える。
    相手の心を動かす力を備えているのだろう。

  • 新潟5区の衆議院補選
    泉田前知事が自民の出馬要請を受けたようだ。
    あれほど国会議員になりたがっていた米山知事はいかなる心境だろう。
    原発慎重で慌てて左巻きと手を結んで知事にはなったものの、今頃寝言を言っているんじゃないのかな。
    「まさか補選があるとは夢にも思わなかった」
    「もう少し待っていれば良かった」
    「今なら5区で勝てた」
    と思ったかどうかは定かではない。

  • 灯油の需要期になるとGSの小型タンクローリで移動販売が始まる。
    便利だと思う人もいるだろうし、用がないと思う人もいる。
    注文に応じてGSに配達を頼む人は、流しの灯油は買わない。
    自分でGSからのポリタンクで直接買い人も、流しは使わない。
    地域に回ってくる移動販売は2~3社あるようだが、曜日や時間帯が違うので鉢合わせになることはない。
    休日は早く動いたもの勝ちなのだろうが、それぞれお得意様があるようだ。
    特にワオンカードと連携しているところは、ポイント目当てだから確実性が高い。
    流し販売で問題なのは大音量のスピーカーから歌に合わせた販売の声だ。
    「♬♩♫ココロモマンタンニ、コスモセキユ♬♩♫ コチラハ・・・・」とはじまる。
    スピーカーは車体の横タイヤ付近についているから、許可デシベルを超えているのではと思わざるを得ない。
    質の悪いスピーカーからキンキンした音量が、不快感を増長させる。
    住民に良く聞こえるようにということなのだろうが、それは単なる言い訳だろう。商品が売れれば住民の迷惑も感じない企業は鈍感企業なのだろう。
    心あるなら経営者は、かん高い大音量を聞いてみてはどうか?経営者なら何か感じるものがあるはずだ。感じないなら監督不行き届きだ。コスモ石油は名だたる会社なのに、販売店のGSの不始末でコスモ石油の足を引っ張っている。

  • <<
  • 51 32
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン