ここから本文です
現在位置:
  • 山口県周南市金峰(みたけ)は、根性悪な悪い人間ばかり集まっているのですか?
    保見光成(ほみ・こうせい)容疑者(63)に対する村人からの仕打ち、

    ・草刈り機を買わせて、一人で刈らせる。
    ・燃料費、手間賃は、市町村や自治会費から払われたことがありません。
    ・文句言うと草刈り機に放火された。→窓に「つけび・・・」貼り紙だす
    ・壁紙が剥がれたり、テレビが壊れると、犯人はなおしてあげていた。
    ・焚き火を犯人宅近くでやって、煙が犯人宅にいくのを楽しんでいた。
    ・犬の糞も一度だけ、始末しなかったのを野良猫や野良犬、猪などの糞も犯人の犬がしたと、噂を流した。
    ・犯人の家を放火したりした住民がいる、
    ・住民に包丁で刺されたことがある。
    以上

  • <<
  • 19 1
  • >>
  • 殺される人にも原因があった。でも殺してはならないが、そうするしかなかったのだろう。陰気くさい田舎のジジババたちにいじめられ追い詰められてたのだろう。あんなにいじめられさぞかし悩んだだろう。死刑になりかわいそうな気がする。他に解決法はなかったのか、恐らくなかったのだろう。このエリア、なんとなく分かる気がする。

  • 【要するに】
    地域改善を提案とか・・・
    地元からすれば都会から舞い戻った中年独り者がなにいうか という受け止めだっただろう
    わが道を往くような加害者とは相いれず 当人にとって恨みに思うようなこともあっておかしくない 当人の逆恨みと見るのが適当

  • >>14

    【Re: 真偽の程はさておき、こんなことも、、、】
    先ずは謝罪します。最初の板建とダブってましたね。
    私の意見は既に過去の投稿に表明しておりますが、現在、将来の地方過疎化、青年層までの精神的疲弊、寛容不足による、端的に言うとキレやすいさからの犯罪を危惧しています。
    それにも増して、司法とマスコミを信じていません。
    どのようなケースも殺人は正当化は出来ませんが、到った原因は有るはずですので明らかにし、少なくとも私の知っている日本人のよきアイデンティティーを取り戻して貰いたい、精神的原因も明らかにして誰もが納得さる然るべき量刑と情報開示をちゃんとして貰いたいとねがうものです。

  • >>13

    【Re: 真偽の程はさておき、こんなことも、、、】
    この話は、この事件では有名ですが

    何か、引っ掛かるんですよね
    一方的な被害者瞑想の感じがして

    村社会では、共同体の性格が強いので仕事の分担は普通にあるわけです
    それで、町内会費等を徴収して機器の購入や諸費用に充てるわけですが
    わずか15人の村落で、集めても1万円にも満たない額でしょう

    草刈機っていくらか正確には知らないが7万円ぐらいにしても、とても町内会費で買える金では無いので、各自負担での共同作業じゃなかったんでしょうか?
    もちろん、人件費や燃料代なども出せるわけがない

    ここで注目するべき点は、「若いという理由だけで地域の草刈りや農作業をすべて任されていた」
    草刈りも田んぼのあぜ道で私有地ですよね?
    農作業は、まったくの個人的な行為
    ここが、どのような共同体だったのか? 個人の田んぼも畑も共同で管理して生産し利益を配分する村だったのか?
    ならば、他者の農作業も手伝うべきだし 他者の田んぼのあぜ道も草刈りするでしょう
    それで利益配分があるのなら、当たり前の共同作業ですよね

    逆に、そうじゃなければ
    何故にそこまでやる必用があるのか? 若いだけじゃ理由になりません
    また、そこまでしてくれる人をイジメる必要など考えられません

    もっと詳しく知らねば、疑問が多いエピソードですね
    これだけでは、とても擁護など出来ません
    短絡的に反応する人は、これをそのまま疑問視してないんですよね

  • 【真偽の程はさておき、こんなことも、、、】
    山口殺人容疑者 草刈り機燃やされ「あんたの?」と笑われた
    配信元:NEWSポストセブン
    2013/08/01 18:35更新

     山口県周南市の小さな集落で発生した連続放火殺人事件で7月26日、保見光成容疑者(63才)が放火と殺人の容疑で逮捕された。

     この地で生まれ育った保見容疑者は、地元の中学を卒業すると上京し、左官工の仕事に従事していた。独身だったため、神奈川県川崎市のアパートでひとりで暮らしていた。そんな彼が、故郷に戻ってきたのは、1994年のこと。年老いた両親の面倒を見るためだった。

     故郷に戻ってきた当初、保見容疑者は、両親の介護だけでなく、“村のために働こう”とも考えていた。しかし、その思いは空回りしてしまう。

     「彼は集落に来た当時、“何か村おこしをしたい”と熱心に提案しとったんじゃが、“都会崩れが何言っとるんや”と多くの住民に反対されてしまってね。そこからちょっと疎まれるというか、“いじめ”みたいなことが起こり始めたんですわ…」(近所の住民)

     当時40代だった保見容疑者は、集落では、いちばんの若手。“生意気な都会の若造”と陰口を叩かれる一方で、若いという理由だけで地域の草刈りや農作業をすべて任されていたという。

     「“都会から来たんじゃから、金も持っとろう。みんなのために草刈り機買って、草でも刈れ”言うてな。無理矢理やらせとった」(別の近所の住民)

     保見容疑者は言われるがまま草刈り機を購入し、燃料代も自分で負担した。しかし、謝礼などは一切なかったという。それどころか、こんな嫌がらせまで受けていた。

     「ある日、彼が草刈り機をあぜ道に置いて帰宅すると、ある集落の人間が、草と一緒にその草刈り機を燃やしてしまったんや」(前出・近所の住民)

     保見容疑者が、それを知って抗議すると、その住民は「あれ? あんたのもんだったの?」と笑っていたという。

     また、家の裏で勝手に農薬や除草剤をまかれたり、「犬が臭い」と文句を言われることも多かった。

     ※女性セブン2013年8月15日号

  • >>11

    【Re: つけび?! 弁護師によると】
    「陰口」のことだったらしいよ。
    それよりほもさんの年齢は 性的には微妙な年齢ではなかったか?
    そのあたりをうまく発散させてればよかったの鴨。。。

  • 【つけび?!】

    これは放火の事ではなく野焼きの事だと現地の人が
    云って居ました。

    そうなるとあの句の季語は「つけび」と言う事になります。

    どうやらマスコミ各社は誤解していたらしいのでは????

  • 【写真】
    ととろの絵の家の屋根
    フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」が描いてあった屋根、
    魔女の宅急便の、キキが箒にまたがっている絵の屋根
    もあり、とてもいい地区でもあります。

    旧 鹿野小学校金峰(みたけ)分校は、
    立派な2階建て木造校舎でした。
    金峰(みたけ)小学校、とよばれていた時代もあったそうで、
    かつてはかなりの人口がおられたそうです。

    山口県周南市金峰(みたけ)は、根性悪な悪い人間ばかり集まっているのですか? ととろの絵の家の屋根 フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」が描いてあった屋根、 魔女の宅急便の、キキ

  • 【思うこと】
    過疎高齢化の小さな閉鎖的な村で、
    Uターンしたけど、63歳で一番若く、
    いろんな要因で、こうなったのでしょうね。


    フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」が描いてあった屋根です。
    分校の校舎は、
    もうなくなっている時期のものです。

    山口県周南市金峰(みたけ)は、根性悪な悪い人間ばかり集まっているのですか? 過疎高齢化の小さな閉鎖的な村で、 Uターンしたけど、63歳で一番若く、 いろんな要因で、こうなったの

  • 【そう思うのは短絡的反応だろう】
    トラブルと言うのは、一方的に悪いことはないだろう
    そこまで至った過程には、事情があって当然

    だが、私は犯人に対して一片の同情も感じない
    そして、結果論で犯人に非があると思う

    昔、騒音おばさんと言うのが事件として報道されたが、あれも最初は気さくな良いおばさんだったらしい、そして後から引っ越してきた隣の某宗教団体の老夫婦から逆に隣から騒音を受けたりして注意したり、されたりでこじれてそうなったみたいだ

    この山口県の事件との共通点は、「やられたからやり返す」という短絡的人間であったことだ
    違いは、騒音おばさんは殺人までおこなっていない つまり、逆上したとしても人間としての最低限の踏み止まる常識を持っていたことだ

    結果的に、この爺さんは5人も殺している
    つまり、マーフィーの法則で言えば5人も殺す最悪の結果の前に、幾つもの段階的な悪事を働いていたことになる
    一つは、お互いにボヤ騒ぎがあるが 他には「殺す」とかの言動も数多い
    この際、どっちが先だ とか、事情の考慮など必要ない
    このような事をした人間だから、こうだったんだろう と言う結果による決めつけになるわけだ

    まず、あなたならこの場合どうする?
    村人からイジメられたら? 殺すか?
    引っ越すか、警察に言う わけだろう
    日本は法治国家だ やられたからやり返したなど通用しない
    きちんと証拠を掴み告訴するのが、大人のケンカというものだ

  • 6

    kjm***** 強くそう思う 2013年7月29日 18:03

    >>1

    【Re: 山口県周南市金峰(みたけ)は、根性悪な悪い人間ばかり集まっているのですか】
    最低な村だな。過疎化だとか限界集落だとかいろいろ問題になってるが、
    住民にも問題があると思う。今回の事件で社会からそういった目でも見られていること自体ここの村民は認識していないだろう。しゃーしゃーとテレビのインタビューに答えて恥をさらしていやがる。

  • >>3

    【Re: 山口県在住の者より】
    日本人も壊れてきて、地域性ではなく「よき古き日本のアイデンティティー」は消えて行ってるし、それに伴い精神力も耐性も弱く単純な解決法しか分からなくなってきているので、簡単に殺す・・・第3者も身内もましてや自分の子供でされ。
    困ったものです。

  • 【山口県在住の者より】
    20年ぐらい前、朝早く、鹿野に用事があったので、
    須金(すがね、ぶどう・なしで有名)から、郷地区をぬけて、
    鹿野(かの、おみくじと枯山水が有名)に行ったことがありました。
    そのころは、須金の金峰(みたけ)郷地区に、鹿野小学校金峰(みたけ)分校がまだあり、
    (今の公民館、なんとかセンターの位置)
    せまい1車線の道路で、4~5人の小学生が、
    黄色い帽子をかぶって登校していました。
    すると、全員が、道のそばによってとまり、
    全員が、見ず知らずの自分に向かって、帽子をぬぎ、深々と頭をさげました。
    たぶん、学校で、人に出会ったら、誰でも礼をしなさい、と教わっていた
    のでしょう。ただ、そのうち1人は、通り過ぎたあと、誰だろう?という顔をして
    こっちをふりむきました。
    今は小学生もいなくなり、分校もなくなり、
    老人ばかりの地区のようです。
    須金の金峰(みたけ)郷地区は、自分の印象では、全員が礼儀正しい地区、
    という印象が強く残っていました。

    たまたま今回、このような事件が山口県でおきましたが、
    広島では、少女の集団暴行もあったし、
    別のところではコンクリートずめ事件もあったし、
    どこの地区が・・というのはいえないと思います。

    ととろの絵の家の屋根
    フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」が描いてあった屋根、
    魔女の宅急便の、キキが箒にまたがっている絵の屋根
    もあり、とてもいい地区でもあります。

    山口県周南市金峰(みたけ)は、根性悪な悪い人間ばかり集まっているのですか? 20年ぐらい前、朝早く、鹿野に用事があったので、  須金(すがね、ぶどう・なしで有名)から、郷地区を

  • 【村恥部ですかね】
    真偽の程は分からないが、よほどストレスを長いこと受けないと、八墓村みたいな惨劇は起こせないだろうね。
    アメリカだったら完全に乱射事件。 
    事件報道された当初から思っていたが、積極的に闘争もせず、自殺も出来ず山中でひっそりなんて子供じみた終わりは、如何に気が弱くストレスがあったのか容易に想像できるね。
    少なくともフェアな複数の専門家による精神鑑定で事件当時の精神状態は公判維持に必要でしょうね。
    メディアは事件の闇にひそむ真相があれば明らかにしてもらいたいね。

並べ替え:
古い順
新しい順