ここから本文です
現在位置:
  • <<
  • 84 63
  • >>
  • 84(最新)

    asa***** 5月10日 12:59

    石巻市は大川小学校の震災遺構の指定を取り消し
    即時取り壊していただきたい!

    一市民として大川小学校に限らず
    「見たくもない!」「思い出したくない!」「目ざわり!」「心が痛む!」

  • 宮城県では
    「宮城県としての責任とする金額が大きすぎる」というものです。

    たしかに、たとえば仙台の中学校でイジメ自殺があったときに
    仙台市や市長が大問題視してきて県議会でも議論にはなった。
    しかし小学校・中学校は市立であったわけだし、
    県立の高校なら当然県に責任があり、市はほとんど関わらないでしょう。

  • 津波警報が出ている最中に日和山を下って園児を配達しようとした「日和幼稚園」は
    園長が全財産出してもわずかな賠償金だったのに対して
    石巻市や宮城県は、ほとんど無尽蔵に賠償金が支払えるということだけで
    どこまでも訴えるのでしょうけど、
    どう考えても、理不尽なのは日和幼稚園の方で
    園児たちの遺族こそ納得のいく賠償金ではなかったでしょう。

    それを考えると、大川小学校児童の遺族は
    「取れるところだから取る」としか見えません!
    とても同調できるものではありません!

  • 石巻市議会での採決は上告に

    賛成19人 反対16人 欠席1人
    53%が上告に賛成したわけです!

    これはあくまで市議会で賛成意見、反対意見を述べたうえで採決した結果です。
    市議会議員は市民の代表として賛成に起立したのです!

    つまり石巻市民の半数以上が
    「大川小学校児童の遺族の訴えに同意できない」という結果です!
    市長だけが反論しているのではないのです。
    「半数以上の市民が高裁の判決に納得できない」ということです。

  • 全中国人が日本人並みの食事をするとしたら、地球が6個必要だと言われています。

    ここ数年、サバ・サンマの小さいサイズまで乱獲され
    昨年はサンマの漁獲量も少なく脂の乗りも悪かった。
    石巻市内の水産加工業者に限らず、漁獲量や価格は大問題であるが
    当然ほかの魚の取り扱いによって、ほかの魚の価格も高騰し始める。
    そして被災地の業者の抱える「借入金」の返済は厳しさを増す。

    安定していたはずの輸入魚・冷凍魚も中国の買い付けに敗れる商社・・・
    魚の切り身を扱っていた業者は原料確保に追われ、ついに休業するところも出てきている。
    大震災後10年もしたら、また状況が変化することだろう。

    ただでさえ求人難の被災地の水産関係が停滞し始めたら、
    新たな問題が出てくることは明らかである。
    労働者もローンを組んで家を新築してきたので、収入が減ることは
    転職を考えざるを得なくなり、新卒者はよその地域への就職を探し始め
    長時間をかけて過疎化することだろう。

    業者の負債もいつしか「不良債権化」し
    局地的にバブル崩壊後のような状況もあるのではないか?

  • 「残念!」
    何が残念なのだろう?
    いくら、どんな言葉を並べても
    「結局はお金が欲しい!」にたどり着いてしまう。

    「示談」で提示された金額が不服だからこんなことを続けているんでしょう?
    教員たちも亡くなっているし
    あくまで天災であって人災ではない!
    「津波の予見」を予想する「地震の予想」は地震学者が敗北を認めているのに
    小学校の教員や教育委員会風情に予想を立てさせること自体、職務を逸脱している。

    自治体のハザードマップだって、
    地震学者にすれば幼稚なものであったでしょう。
    どこの自治体だって、地震学者や災害対策の教授に頼ったものではないでしょう?
    実際、岩手大槌の万里の長城も役には立たなかった。
    あの防波堤の高さを決めた町に責任を問えるだろうか?
    その責任も負って、どこの学者がハッキリと津波の高さを予想できるだろうか?
    今度は50メートルの津波が来ることだって有り得るはず!
    無いとは言えまい!

    津波で亡くなった人々のほとんどは、みなそれぞれの「甘さ」ではなかったか?
    多くの人たちは高台へ逃げて助かった。
    いつまでもオロオロしていた人達はそれぞれが判断を誤ったはずだ!

  • まず大川小学校の震災遺構は取り消して、更地にして語り部らを消すことから始めてほしい!
    事実と違うことを言ってます!

    大川小学校は「指定避難場所」として住民たちも多く避難していて
    多くの住民も津波で亡くなっている。
    地元で生れ育った人間たちも多く死んでいるのに、よそ者の教員が地理に詳しいわけはないね!
    地元の判断ミスを棚に上げて、よそ者をつるし上げるって
    田舎者の村八分だべや!

    いくら市や県からお金が取れそうだからって、
    石巻市のほかの地域でも多くの人間が地震や津波で亡くなっているのに
    自分たちだけ石巻市に賠償を求めるって 恥ずかしくないか?

    だいたい雄勝や桃生や大川地区は「旧牡鹿郡」だべや!?
    石巻市に合併になって何年経ったって?
    お前らもともと石巻市に税金納めてなかっただろ?
    昨日今日入り込んで何か問題が発生したら「金よこせ!」って? 
    震災当日の夜中に桃生役場で酒飲んでたやつらがいたって?

    亡くなった子供らの遺族の半分以下ってどういうこと?
    理解して参加してない遺族は黙って忘れようとしているのに?
    お前らはなんなんだよ? おかしくねーか?

  • またまた石巻市が最高裁へ上告を決定しました。
    続けて宮城県も同様に上告する方針だそうです!

    当然でしょうね。
    以前から小中学校教員の労働時間や仕事の多さが指摘されていた中
    この上なお、学校教員に判断や責任を求めるのは難しいというもの。

    遺族側はお金がもらえればいいだけのことなんで、
    「学校側の責任や判断」や「想定以上の判断」など論点を語るからややこしい!
    「お金が欲しい!」って言えばいいのに^^
    石巻市は示談を提示してきたのに、それも蹴った。 

    つまり「問題は金額」にあるわけなんだよな^^;
    それじゃ話にならないから「学校側」とか「教員の判断」などにすり替えたがるんだろうけど
    とりあえず「宮城県」は関係ないよね。

  • 負け続ける東京電力を相手取った裁判に変化が出てきた。
    調子に乗って次々と訴えられて対応出来ずにいた規制庁の専門職員を4倍にし
    トップに検察官まで入れてきた。

    高裁、最高裁まで行けば負けてしまうね!
    石巻市は示談を申し入れたにもかかわらず訴えを続けた顛末が楽しみだ

    もはや石巻市民も見方は変わってきているのが判らないか?
    みんな、何かしら大変なことを被ったのに、自分たちだけひどい目にあったかのような責め方、
    石巻市も市民の税金で成り立っていることは誰だって知っている。
    国からも多くのお金が入ってきているが、これだって我々の税金に違いない!
    これ以上訴えを続けるなら、石巻から出ていけばいいんじゃないのかな?

  • 「めざした復興はいま」を観ました。

    まぁ福島県の様子は宮城県とはまったく問題点が違います!
    あらゆる事で希望が見えません。
    若者の仕事がないから地元を離れ当然籍も遠く離れ、絶対戻る様子はないでしょう。
    若者が居ないんだから子供は少なくなり、もはや山の中の分校状態・・・
    悪循環と言うより、どうしようもない流れです。
    市町村としては意味がないんだから早めに国有地として買い上げてやるべきでしょう。

    青森県では原発停止した地域と核廃棄物処理を進める地域では町の状況が逆転しています。
    旅館もホテルもない村に急に核処理技術の人間が3か月半年単位で働きに来るので
    宿泊施設が遠距離なもので、旅館施設がどんどん建っているという。

    停止した原発の村は瀕死の状態、地元では「原発反対」をどう受け止めているんでしょうか?
    よその人間の反対運動によって村が滅びていく現実。
    ただでさえ人口流出の厳しいところへ厳しい判決。
    青森県とは関係ない地域の人間が
    せっかく地元のために原発を受け入れてきたのに、飯を食う茶碗まで奪おうというのか?

    だいたい東京電力は関東地区の電力供給してるのに、なんで東北に原発作って
    原発反対してるんだか? 意味が解らん!
    横浜で福島から移住した子供をイジメたって? ふざけてんのか?

  • 南三陸町のさんさん商店街。
    移転前の内陸部にあったときは年に一度は行ってましたし
    なんと言っても、タコだけは絶対よそよりおいしいです!
    地元の人は「ここのタコはウニ食ってるから」って言ってたので納得でした^^

    かさ上げが完了して街中に移転しましたが、季節が悪かったかな?
    3月4月はいろんな海産物が湧いてきて、
    ワカメ・コンブ・フノリ・マツモ・ヒジキなどの海藻、
    シラウオ・シラス・シャコエビ・イサダ、
    初ガツオが出てくるころには、待ってましたのウニ丼!
    サバ・サンマが飽きたころにイクラ丼!
    ・・・いい流れなんだよな~~~
    季節は最高の流れだったのに・・・

    実は七ヶ浜に「七のや」がテレビでの露出が多くなったし
    仙台では閖上の朝市や「浜や」の支店がエスパルにもできたし
    海鮮丼が近くで食えるようになったんで、
    さんさん商店街のターゲットは登米市や大崎市だけになってしまったかな?

    先日、登米市佐沼のデイリーポートに行ったら
    震災後すぐの様子から二倍になってました^^ ビックリ~
    気仙沼や南三陸町の人間が多くなったんでしょう。
    そうなると売ってる海産物の質もよくなるんだよね~、解る判る!
    さんさん商店街は厳しくなるな~ 世の流れなんですね^^
    日々進歩なんだから、これも現実。
    安穏とはしていられません。 マニュアルも数年で見直そうね!

  • まだまだ東京電力福島原発への訴えは終わることがないようです。
    戻りようにも高齢者にとって医療施設とお店は欠かせません。
    わざわざ人口の少ない地域にお店を出す人、
    まして病院を建てるお医者さんは居ないでしょう。
    街というのは、10年20年でも難しいんでしょう。

    そういうことも危機意識なんじゃないでしょうか?
    震災後にようやく「避難マニュアル」って作られ始まりましたが
    ただ普通の小学校や公園を「指定避難場所」って書いてあったりすれば
    そりゃとりあえず逃げてくるけど、それを毎日見ているはずなのに
    指定避難場所だった大川小学校を津波の後に責めるって?
    何十年も周辺に住んでいて、いまさら?

    その辺りの地元にだって選出の市議会議員や町会議員や公民館の世話役や・・・・
    そいつらには「危機意識」も「避難マニュアルの不備」も感じなかったの?
    すぐ近くに小高い山があるのに、避難する階段も道もないとは何事だ?!

    女川だってそうです。
    もし女川原発になにかあったら、陸側に逃げる道を確保しなければならないのに
    未だに行き止まりの山道・・・
    3キロくらい伐採すれば石巻側に抜けることができるだろ?
    今度来る津波は50mと想定して対応すべきなのに
    って言うか、防潮堤作るより内陸への道を作った方がはるかに安い!
    車が通れない道を作れば渋滞しないから、ただの林道でいいのさ。
    その先に公園があれば工事完了です。
    公務員も町長も頭おかしいゾ! 車で逃げるなって言われてるだろ。

  • 「復興は両極端」という報道は正しいようですね。

    震災前より良くなった人、悪くなった人はそれぞれと言うより
    震災前と切り替えをうまくやったところの勝ちだったみたいね。
    バブル以後ヨレヨレで息絶え絶えだった建設業が
    ガレキ撤去や被災家屋撤去の解体業に切り替え、終わったら土建屋に急変^^;
    まずは東京五輪までは大忙しだという。
    漁業も同じでセシウム魚種から撤退して輸入魚加工に切り替えたり、
    一番驚いたのは野菜加工に切り替えた工場です。

    マズいのは震災前の仕事をそのまま工場を巨大化させたところです。
    売れ行きが落ちるところに借金だけ大きくしてしまって
    当然、売り上げに対して借入の割合が大きすぎて・・・
    漁も不安定で、中国や韓国の乱獲からなのか? サバ・サンマが不漁。
    ウナギの稚魚がほぼ壊滅状態で国産も中国産も来年のウナギ価格は目を疑うことになるでしょう。
    こういう風に、「水産関連は弱り目に祟り目」と言える。

    石巻や志津川で盛んなカキ養殖においては
    原料の生産はいいようだが、カキをむく労働者確保が困難なほど地元に人がいません。
    一般の人たちは沿岸部から遠くに家を建てたし高齢化して通勤も難しい。
    もはやわざわざ海の近くに新しく働きに行くことはしませんしね。
    借金して建てた大工場が設備を持て余しているのが現状だという・・・
    早く建てたところは、そろそろ返済が始まる時期ですから辛いのはこれからでしょう。
    ここ数年は見なかったが、沿岸部の企業の倒産情報がちらほら・・・

  • 震災7年目の録画しておいたテレビ番組を続けて観ました。

    自分たちも自宅をなくしましたが、
    3か月も住んだら狭いアパートにも慣れたっけな~
    小学校に数日避難して女房の実家に1か月ほど世話になって、
    住めるところがあっただけ幸せでした。
    その一年後には仙台に自宅を新築し、もう5年も経ちました。
    もう石巻のことは思い出さない日も多くなって日々の暮らしに追われています。

    私のように生活を切り替えて別の人生を過ごしている人も多いし
    完全に再建された人もたくさんいます!
    その割合は被災者の80%くらいだと認識しています。
    確かに借金が多くなってしまったことは重圧ですが・・・
    あの時は「完全終了!」って言葉しか出なかったから、
    7年前と比べたら天地の差です。

    語り継ぐことは大切なことですが、
    どうもまだ再建できていない人にスポットを当てるのは・・・
    ちょっと違うような気がしています。
    できることなら震災遺構なんか見たくない人も多いと思いますけどね;;
    あんなの被災していない住民の自己満足のように思えてなりません。

  • 明日は震災後7年です。
    前日の土曜日、サンドの番組や前日番組をいくつか見ましたが、
    ちょっと「なんか悲しい番組」になってました。

    「まだまだ復興が進んでいない」ということがテーマなのでしょうか?
    最近のテレビ報道を見ていると・・・
    日本人が「普通」に飽きてしまったのか、
    「不倫」や「不始末」や「悲惨」が好きになってしまったのか?
    「他人の不幸」がテーマの方が受けるのか?

    「震災前の6割」とか「震災前の1割」とか
    なんか「とりあえず苦しさを言っておけば、なんとか方向性がいいのか?」みたいな
    ちょっと受け入れがたいものがあります!

    オイラは義援金や寄付金には大変感謝しておりますが、
    特に関西地区や台湾などの遠くの方々から頂いたご厚意には
    「こんなに復興して、元の生活に戻りました」って言葉を発信すべきでしょうに
    なんだよ、この番組~
    「まったく復興してません」みたいな報道ばかりです!
    よくないな~・・・・

    震災前と同じ事やって?
    震災前だって悲惨な経済状況だったのに、今更震災前に戻っても「悲惨」でしょうに
    おかしい! おかしい! もうこういう発信はやめてほしい!

    ウソを言ってどうなる?
    年寄りは世の中がどうだろうと、津波がなくても年齢はマッタ無しで
    普通に年取れば取るほど悪くなるに決まってます。
    震災や津波や地域や政府のせいにしているのはよくない!
    地元を出て行った若者に焦点を当ててほしい!
    なぜ地元から出て行ったのか?
    それはそれで勇気が必要だったと思います。

    よく「勇気をもらった」とか言ってるけど、
    本当に勇気があった人はとうに新天地に乗り出したよね!
    「地元を捨てた」とか「戻ってこない」とか言われてるけど
    勇気がある人は、新しいところに踏み出した人たちです!
    年寄りにインタビューしてんじゃねーよ!

    義援金は有難く頂戴いたしました。
    家を新築するときも補助金頂きました。
    古い家を解体するときも国から無償で片づけてもらいました。
    新しい土地でも温かく迎え知れていただきました。
    景気も良くなり新しい働き先も溢れています。
    周辺の道路も土日と言わず混雑しています。
    「戻ってこない」??? 以前から居なかったでしょ? 
    ウソ言うなよ!!!!
    仙台はどこへ行っても渋滞ですよ!
    田舎はどこへ行っても前から閑散としてました! 田舎者がウソを言うな!

  • 釜谷地区死者数179人(38.41%)
    長面地区死者数79人(15.61%)
    針岡地区同88人(14.64%)
    渡波松原町同79人(14.77%)
    野蒜地区同323人(12.78%)

    釜谷、長面、針岡、いずれも北上川河口に集中しているが
    これは河川南側だけで、北上町側はそれほどにはなっていない。

  • 児童108人のうち70人が死亡、4人が未だ行方不明。
    今度の日曜日で7年を迎える。   合掌

    大川地区は大川小学校で有名になってしまったが、
    大川小学校より海側には震災前146世帯約500人が住んでいました。
    このうち104人が死亡・行方不明になった。
    釜谷地区全体では38.4%の死者数にのぼる!
    長面浦の地図をご覧になった方は多いでしょうか?
    この地形を見てまず思うことは
    「なんでこんなところに住んでいて津波を予見できない?」

    この地区だけで38.4%の死者数は石巻全体からも極端に抜きんでている!
    町単位で集計しても2位は渡波地区に10%台の町が沿岸部に集中して
    荒廃度がすごかった門脇地区でも8.28%・・・
    老人が多かったということを加味しても38%は異常過ぎます。

    何度も言いますが
    向かいの相川小学校では一人の児童も亡くなっていないということ!
    前年にはチリ津波もあったし、二日前にも大地震がありました。
    その度に近くの山への登り口は大渋滞でした。

    この地区の災害認識、認知度、、、どう考えても
    「甘い!」という言葉を大声で叩きつけたい! ボケてんのか?
    どうなってんだい、お前らのアタマはー!
    どう言う理屈で「学校が悪い」って言えますか?!

  • 本当はもう回復してんのな!
    「復興進んでない」とか「勇気をもらった」とか「元気をもらった」とか、もういいよ!
    ジジババはいつまでも弱者やってろ!

    南三陸町や女川や高田みてみろや、土地のカサアゲ終わったのに帰ってきません。
    それはそのはず。勇気のある被災者はみんな自力で復興してます。
    家を建てる力のある人間はもうとっくに別のところに新築してます。

    地元を捨てたんじゃないんです。
    もういつまでも弱者やってる人間から離れようとしてるだけなんだよ!
    困った話なんか5年以上聞かされたら自分がダメになるって知ってるんだよ。
    お墓に片足突っ込んでるやつらと会話したくないし、
    同じ会議の席にも座りたくないさ!
    「勇気もらった」んだったら、さっさと立ち上がれよ!
    お前らは死ぬまで立ち上がるわけないのさ!
    もう年金とボランティアからのオモライしか生活の糧がないんだろ?
    解ってるよ! 解ってるんだから文句言うなって!
    文句言う相手は、見捨てた息子たちに言えよ!
    知ってるんだぞ! お前らに子供が居るのを
    捨てられたんだろ! 文句言うなよな

  • 石巻市内の老舗の味噌屋さんが倒産しました。
    被災後に新築した東松島市にある新工場はそのまま無駄遣いになってしまったわけです。
    企業にもそれなりの温情や支援対策は最速で行われたのですが、、、

      これが現実です。

    取引銀行や地元に泣きついても、見通しは決して明るくありませんでした。
    大豆の高騰、大手企業の進出、取引先の業務縮小・・・
    日本全体としては確かに上向いているようには見えますが
    よく調べてみると、自動車業界のように「円安で1円安ければ何百億・・・」なんて
    一部大企業の業績が売り上げを伸ばしているのであって、
    中小企業はどんどん小さくなっているように感じます。

    今は国からお金が回ってきているから被災地も一生懸命お金を使ってはいるが
    はたして三陸の水産業界は立ち直るのだろうか?
    来月には東日本大震災から7年になります。
    再建企業もそろそろ新工場の返済が始まることでしょう。
    まだまだ赤字だからと言って、だれが待ってくれるでしょうか?

    石巻市も固定資産税は少なくなるし、法人税収入も細っていて
    そこから損害賠償を毟り取ろうって?
    被災地でまだこんなことしてる地域があるとは、

      桃生牡鹿郡とは合併すべきじゃなかった!

    広いだけで、なんのメリットもなかった。
    被災面積と死者数と被災年寄りだけが多くなってしまった

  • 石巻市が出した和解案を無視してまだ裁判に持っていこうとする遺族側・・・

    先日、サンドウィッチマンの取材で
    仙台港に停泊していたフェリーの船長が地震直後ただちに沖へ出航して難を逃れたという経験を語っていました。
    牡鹿半島の船を持つ漁民もほとんど沖へ船を出しました。
    その直後に行動を起こせなかった人間は津波にあってしまいました。
    実際に遺族の家でも子供らのほかの家族も犠牲になっています。
    それは遺族の家庭でも行動を起こせなかったと言えます。
    特に奥さんを無くされた遺族の方は、どのツラ下げて小学校を訴えるのでしょうか?
    自分の家族にさえ対処方法を作っていなかった人間が
    なんで他人を責められるのか? 何度考えても疑問です。

    石巻市も宮城県も、何十年も控訴していったほうがいいね!
    また来るであろう三陸沖津波のためにも! 東南海地震津波のためにも!

  • <<
  • 84 63
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
かんたん口座開設・販売手数料無料!! ヤフーグループのYJFX! 投資信託