ここから本文です
現在位置:
  • <<
  • 121 83
  • >>
  • 121(最新)

    asa***** 8月17日 09:35

    震災後「毎日のように被災者の報道があり、人生観が変わった」と言って
    結婚する人が増えたと言われていました。
    実際ボランティア同士や異性が接する機会が増えて、助け合いの心が通じて
    地元では若干増えたように感じました。

    しかし2010年・・・・いや2000年以降独身率は増え続け
    女性の生涯独身率は15%、男性では25%に達しようとしています。
    男性の4人に一人は生涯独身となります。
    このままのスピードならあと15年で3人に一人は生涯独身になると思われます。

    先日60歳を祝う同級会がありました。
    参加した男女の中で、生涯独身男性はほぼゼロ、
    対して生涯独身らしき女性は知る限り二人、姓の変わらない人が数人居ました。
    生涯独身の男性は居ても来なかった来られなかった。
    女性は離婚既婚未婚にかかわらずたくさんの同級生の参加がありました。
    ちょっとデータを取りたくなりました。

  • >>116

    うちも同じような会話でした。
    上の娘が窓の外を逃げていく近所の人たちを見て妹を連れて公民館へ逃げました。
    親が居なくても動ける子供たちに感謝し、また自分の育て方を喜びました^^;
    亡くなった人たちの情報はありません。
    助かった人と亡くなった人の差は、この時の判断なんですね。
    「行動力と危機意識!」 これに尽きます!
    こんな時に「我慢」とか「甘さ」は禁物です!
    逃げて当然! 逃げることの考え方です。
    孫氏の兵法の最後の「三十六計逃げるに如かず!」です!!!
    ダラダラと30個以上兵法を述べて、最後は「逃げろ!」ってんだから
    逃げっぺや~~~

  • >>115

    先日、広島の豪雨で、消防団のおじさんが逃げ遅れて亡くなってしまったことを検証するのをNHKで特集してました。
    地区住民の敷地内に山から流れて来た水避けにトタン板を張ってたり、増水した川の土嚢積みをやり直してたり、上司?の指示だったみたいですが、あの緊急時に、全員避難が何より「重要」だったのでは?奥さんは「とりあえず、お父さんに逃げて欲しかった…」と。
    …亡くなられたおじさんと立場は違うけど、
    あの日、
    母ちゃん、週末で地元の銀行の用足し駐車場で地震、「とりあえず子供たちだべ」小学校、中学校、娘二人引き取り完了。
    家に戻ると、家の中、何もかも倒れて滅茶苦茶に…嗚呼!高級プラズマテレビ、買ったばかりのパソコンが…
    父ちゃんラジオ聞いて判断「とりあえず逃げっと」
    ずんつぁん「そんなおっきいのこごまで来ないべ」道路で近所のおんちゃんと立ち話
    父ちゃん「年寄りどもおせーごど、おら待ってらんねがら、さぎ行ってっから、運動公園ございんよ」車に、毛布と防寒着、学校から拾ってきた子供たち乗せてぶっ飛ばしたけど、県道は倒木で封鎖、田んぼの畦道を迂回して、高台の運動公園に、無事避難…車のテレビで、この世の終わりのような光景、仙台空港、女川が映し出されていました。

  • さ~関東が大荒れの予報ですよ?
    荒川のドテ付近の住民は車をイオンの屋上に移動しておいた方がいいよ。
    ってオレたち被災者は思ってるけど、どうせまた同じニュースが始まるのね^^;
    近所でキャンピングカー流されたのを見て「なんでこれで逃げなかったの?」って思った

    何度ニュースになってもガード下の水たまりに入っていくバカなオンナが居るのね。
    必ず明日の朝一のニュースでやると思います。
    ワイドショーでもニュースでもネットでも言ったよね!?
    死んでくれるなよ!!!

  • >>112

    国会で「オカマの生産性」の問題が取りざたされています。

    「オカマやオナベに税金を使うのか?」・・・
    正論? 「差別?」・・・・

    なんで「差別」が正論らしいことになってるの?
    オトコ同士が結婚して配偶者控除がわくの?
    オトコ同士で結婚して養子もらって子供手当もらうの?
    そんで生計が苦しいからって生活保護何人分もらうの?

    オカマは世の中の片隅で細々と暮らすべきで
    美輪明宏やマツコが出てきてから世の見方が変わったけど
    女装が趣味なのか、同性愛者なのか、、、、

    世界中の主流なんぞどうでもいいね!
    世界がどう思おうと、税金を使うのはおかしい!
    自民党の議員が言ったから「なんでも反対」なんだべ?
    大多数は「どーでも いいんだけどー!」って思ってるよー!

  • >>111

    ワカメに毛が生えて、そんな商品しか入手できなかったときのいいわけです。
    得意先にヘタクソな謝罪文を出して謝りに行った営業マンは得意先に断られ
    電話で「冬の降雪量が少なくて栄養が足りなかったんです~」って言った営業マンは
    それで通ってしまった^^;

    世の中、判らんもんです。
    後者の営業マンはお酒は飲めるしカラオケもうまいしクチも達者。
    前者はやっぱり正直で不器用、無口で・・・

    でも残念なことに、後者の営業マンはいつまでも同じところに居ません;
    残るのはいつも不器用な役立たずばかりね。

  • >>110

    誰も危機意識なんか発言したところで、誰も褒めてはくれないでしょう。
    「津波が来た時の避難場所を変更しましょう」とか
    「大地震が来たら、子供たちをどこへ避難させましょうか?」など
    職員会議や市議会や教育委員会で言い出した人間は褒められるでしょうか?
    それどころか、会議が終わって帰り際に同僚から
    「だからお前は出世遅れるんだよ」って失笑されるだけですね。

    ところが現代人の想像を超える事態が起こると、
    責任の擦り合いだ!!!

    安心安泰の公務員が危機管理なんぞ、チャンチャラおかしい!
    東京電力にして然り!
    まして公務員に危機管理能力があるとは思えない。
    みんな思ってるのに、公務員に任せっきりってどういうことだべ?
    子供らを死なせてしまったのは地元住民でねーの?
    学校の教員なんて3年5年で転勤だ。
    地元に詳しくなっても得にもならん!
    どこへ逃げるかなんか判ったころには転任でしょ!?
    地元の人間こそ、何十年も住んでて逃げるところ知らなかったのかい?
    子供を預けて学校に任せっきりかい?

    誰も注目してないからやる必要なかったんだよね;;

  • >>102

    またキャンプ地のゴミの話です。

    現代日本人のトレンドのようですね。
    「誰かが見てると思うと」「誰も見てないところでは」
    この使い分けが上手なヤツはいいところに就職し、
    下手なヤツは、いつまで経っても出世もできない。

    いいか悪いかじゃなくて、「使えるか使えないか」なんだべな!
    「誰かが見てるからやってる」からこそ出世できるので、
    「みんなが見てるのに出来ないヤツ」っていますよね^^;

    就活の面接だって上っ面ですよね。
    この会社を選んだのは「給料が高くて、オンナにもてそうだから」です^^
    業界の評判や自分の立ち位置だの? トートーと話して
    3年もしないで辞めるやついっぱいだ!
    「こんなところは腰掛でいつまでもいるつもりはない。
    ステージアップしていく!」なんて言ったら採用もらえないよね;;

  • >>108

    古川工業、もったいないな~
    揃ってるんだけど、なんともつながりが不運です! 勝ってほしい!!

  • >>106

    今日は、東日本放送で、準決勝の中継ありますね。石巻高校は残念でしたが、ベスト8でも、子供たちに「天晴れ!」あげたいです…放課後の短い練習時間、週末課題、様々な学校行事に、テスト勉強等々、本当にこの暑さニモマケズ、「よく頑張りました!」。
    柴田高校、仙台三高、これからテレビの前で応援したいと思います。「文武両道」掲げて部活に励む子供たちの姿見て、こちらが励まされて来ました。この子供たちの為にも、もうちょっと、頑張るぞ〜

  • この炎天下、石巻市民球場での高校野球が行われました。
    残念ながら地元石巻高校はベスト8で敗退しました。

    でも誰も熱中症で倒れる選手が居ないのには不思議です;
    運動部はさすがに鍛えられています!
    熱中症とか熱中症対策って、怠け者の心得なんですかね~?

    小学生が熱中症で運ばれ死亡したニュースがありました。
    これは学校側や教員にも責任があるんでしょうが、
    甲子園で暑さで運ばれた選手は記憶にありません。
    あんな炎天下で熱中症で運ばれて死亡する選手が出たら高野連の責任になるんでしょうか?
    18回、15回投げぬいた投手で倒れた選手どころか、次の日も投げてましたね^^;

    30年くらい前は「水呑むな!」って言われてました。
    ほとんどイジメでしたね。
    でも運ばれた選手が居なかったから高野連は対策なしに進めてるんですよね。
    これで死者が出たら高野連は訴えられますかね~? 
    次の年から夏の大会はなくなりますね^^;

  • 毎日報道される西日本豪雨災害、
    県や市はマニュアルもあり、また東日本の被災地からも指導できる人間たちが出向き
    速い動きが感じられます。

    しかし、被災住民たちの被災前の危機感の無さがなんとも残念です。
    防災ダムの建設も予定されていただけに、これも遅きに失してしまった。

    10年以上前になるでしょうか?
    民主党の蓮舫らによる「八ッ場ダムの事業仕分け」
    「脱ダム宣言」で当選した知事も居ました。
    ダムの建設を再考させる時代になって・・・

    今にして思うと、ダムの役割は「発電」「治水」「インフラ開発」「地元復興」・・・
    この中で「治水対策」は大きく遅れることになったことは事実であったし、
    「原発信奉」に傾斜していったことも事実です。

    あの時代に民主党が事業仕分けなどの「縮小策」をしなければ
    すでに広島や岡山の山間部には、今回の被害を避けるダムはできていたかもしれません。
    原発にここまで頼らなくても電力は確保できたかもしれない。
    「こんな時に自民党が料亭で呑んでいた」と蓮舫が言っても、
    本当は誰が一番悪いのか? 意味が解りません!
    ここまで被害が拡大してしまった原因は民主党、あるいは蓮舫にあるのではないだろうか?

  • この連休のあと、キャンプ地や河原や無人島のゴミの報道がありました。

    ま~~~ひどいものです。
    ガスコンロやボンベ、炭の燃えカス、食い残し、、、、、

    あのワールドカップで世界から称賛された「ゴミ拾い」はどこの話だったのだろうか?
    もちろん同じ日本人ではないのだろうが

    もしかしたら、日本人って・・・
    「誰かが見てるところと、誰も見ていないところと態度が違うのか」
    「誰かがやってるから、我々も・・・」
    もしかしてあのワールドカップで集めたゴミは結局は
    施設の裏の見えないところにただ山積みにして帰ったのか?
    ホテルのゴミ箱いっぱいにして帰ったのか?
    他人のゴミ箱いっぱいにして帰ったのか?

    なるほど深く考えると、日本人は日本人ですね。
    ゴミの分別もしない、回収日を守らない、、、
    人前ではカッコつけてるけど、一人になると・・・やっぱり日本人ですね!
    ほとんど人はまじめにやってるけど、やっぱり他人の目を気にしてるのかな?

    でもロシアまで行って日本を応援する余裕のある人と
    手短なところでストレス解消してる日本人とは人種が違うのかな? ^^;

  • この異常な暑さの中、広島・岡山の被災地で復旧に頑張っているボランティアの皆さんには
    ご苦労様です!

    被災してから必要なものには順番があります。
    まず「きれいな水」次に「トイレ」
    三日目に「食料」「着替え」「トイレットペーパー」
    四日目から「スコップやバールなどの道具」
    五日目「人手」「軽トラ」「体力」
    六日目「ちょっと贅沢な食糧」・・・・
    二か月過ぎてから「お金」でした;;
    それまでは、お店も復旧してないしお金は必要なかったのね。
    アパートを探して、あとで戻したけど「敷金」やらなんやらで
    おサツに羽が生えているのが判りました。 バンバン出ていきました。
    テレビや冷蔵庫はいただきましたが、テーブルや食器やカーテンや・・・
    ニトリで1万円札が毎日数枚は出て行ってました。

    えっ? 広島でもう? 10日くらいで「お金」って言ってる人がいました。

    二か月経った5月から新入学やら子供たちの学校が始まり、
    皆さん遠くへ移動したので街の入り口付近は通勤や送迎で大渋滞。
    子供たちは全員遅刻。 
    夫婦も男女も性生活の問題が出てきます。狭いアパートで家族ギュウギュウでしたから
    余裕と体力が出てくると、旦那も奥方もなぜかイライラ・・・
    ・・・・「やっぱり!」・・・・昼のモーテルが満室^^;
    みんな溜まってたのね^^;
    オイラたちも、被災して沈んだ気持ちを忘れて夢中で抱き合い
    ようやく再建に立ち上がる決意を固め、家の建て直しに走り回りました。
    同じ場所では無理で、結局はよその町への引っ越しでした。

    半年すぎると、夫婦喧嘩・兄弟喧嘩・親子喧嘩・・・
    みんな繁忙で、いよいよ被災したことを忘れ始まって不満が口から出てくる。
    「キズナ」という言葉が鬱陶しく感じるのはこのころで
    「勇気をもらった」とか「キズナなんとか」とか、本当の被災者の言葉じゃない!
    あんなのボランティアが持ち込んだ言葉だったんですね。
    勇気をもらったのは「お互い家族の頑張り」だったし
    キズナは家族だけの無言の合言葉でした。

    震災後の、外国人の盗み・支援物資の奪い合い・野グソ・・・これが現実!

  • >>92

    投稿ありがとうございます。

    「マグニチュード9.0」という大地震。
    これを超えた記録は50年以上前のチリ津波をもたらしたチリ沖の地震が9.5だったそうです。
    地震学者って日本に何人いるのでしょうか?
    検索すると日本人で50人ほど名前が挙がっています。
    「その誰一人、いや日本国中で あの千年に一度の大地震を」
    予測できた学者が居たでしょうか? 辞めちまえ~~!!!

    今回の広島・岡山の豪雨災害、大阪の地震で倒れたブロック塀、
    やっぱり東日本大震災は西日本の人間にとっては「他人事」だったんですね。
    まったく危機感もなく、がけ下に住み続ける人々、
    毎日子供が通学する、しかも小学校の前の高いブロック塀に危険を感じた人間は皆無だったわけです。

    (ここからは大川地区の大人どもに怒ります^^)
    学校を責めたり、役所を責めたりする前に
    気付けなかった大人たちに責任はないの? 子供の親だろ?
    子供の心配を他人任せにする親って本当に愛情があったのかな?

    あんな悲惨な死に方をさせて、もはやその地区全員の恥です!
    指定避難場所は小学校だったんだろ? だれか疑問視した人間が地元に居たか?
    大川地区のジジババども恥を知れ!

  • >>82

    亡くなった子供たち、「 お父さん、お母さん、もういいから…争いは辞めて 、皆んな仲良く、楽しく生きてってね。」って心配してっちゃね…子供たちは、先生も市長も県知事も責めねっちゃ…亡くなった先生方と、まだ勉強してっかもね。「今度地震来たら、どごさ逃げっぺ?」とか相談してっかも。

    …自分も被災者です。激しく同意です。突然お邪魔して、申し訳ありませんでした。

  • 石巻市は大川小学校の震災遺構の指定を取り消し
    即時取り壊していただきたい!

    一市民として大川小学校に限らず
    「見たくもない!」「思い出したくない!」「目ざわり!」「心が痛む!」

  • 宮城県では
    「宮城県としての責任とする金額が大きすぎる」というものです。

    たしかに、たとえば仙台の中学校でイジメ自殺があったときに
    仙台市や市長が大問題視してきて県議会でも議論にはなった。
    しかし小学校・中学校は市立であったわけだし、
    県立の高校なら当然県に責任があり、市はほとんど関わらないでしょう。

  • <<
  • 121 83
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ