ここから本文です
現在位置:
  • 選挙カーで名前連呼だけ、政策をのべる候補者など皆無。条例を定めで選挙公報の発行さえしない。発行していても選挙公報はティシュのポスティンク゛同様の業者委託でだから自宅には届かない。選挙所は、市町村の公務員で占められていて、しかも選挙管理をしているものは全員匿名。さらに公務をしているのに選挙所でお喋りにふけっている。いかようにでも当選の改ざんができる。公人である選挙管理委員の名前さえ、選挙管理事務局は委員のプライバシーだからと隠す。市町村の選挙管理委員会は石川県選挙管理委員会がそれでいいといっているからと言うのだ。そんな選管の公務員に税金から金を出しているのだ。議員と公務員は税金ドロボウはかりだ

  • <<
  • 4 1
  • >>
  • 4(最新)

    2月24日 08:38

    >>3

    のと原発の下にある活断層は、専門委員会は危険なものと判断し報告しているのに、未だに谷本は北陸電力の話も聞いてという。専門委員会は第三者委員だろう。北陸電力は商売だ。谷本は専門家ではない。そんな素人知事がダメだしされたものなのに未だに決断をしないわけは谷本の個人的利害だ。谷本の行為は県民の生命を危険にさらす行為なのにそれに議員は何も言わない。

  • 知事や市長も同じなのだ。すべて県庁や市役所の公務員にお任せである。だから、地方政治は役所の公務員にいいようにされているのだ。しかも県知事と議員、市長と市議会がべったり。チェツクアンドバランスという本来の制度が壊れている。そりゃ、八重洲市場問題やら原発問題やら、当然起きる。すべて、議員商売の議員は敵

  • 勉強しますというが、勉強してから立候補するものだろう。
    精一杯働きますというが、地方の県議市議町議の殆どが、議員職が副業なのだ。すべて県庁や市役所の公務員にお任せである。日頃は自営業の会社の社長してたり郵便局の職員として勤務していたり、、。議員歳費をうけとりながら議員活動などしていない。政治の勉強もしていないし法律規則をつくるための勉強も条例案もつくれるわけもない。こんなことをしている人たちが公職者としてふさわしいわけもない。頑張ります? 何に頑張るのか? 歳費という任期保証される大金にたかる議員商売。そのために選挙カーで嘘八百を垂れ流している輩ばかり。有権者に具体的に何をするか細かな政策を提示し何を実現するか有権者と公約しないこういう立候補者の選挙活動は公選法の趣旨に反する。ただのドロボウだ

並べ替え:
古い順
新しい順