ここから本文です
  • 1

    *****

    昼夜問わずエッチな話で盛り上がりませんか(*^_^*)

  • <<
  • 486 423
  • >>
  • エッチな話題は日々の暮らしのエッセンス・・。
    たわいの無いエッチ話しで潤いを。

  • KISS の原則 (KISS principle) とは、

    Keep it simple, stupid (シンプルにしておけ!この間抜け)、

    もしくは、"Keep it short and simple" (簡潔に単純にしておけ)という経験的な原則[1]の略語。

    その意味するところは、設計の単純性(簡潔性)は成功への鍵だということと、

    不必要な複雑性は避けるべきだということである。

    意味はそのままに余計な文字を省略して、"KISの原則"とする人もいる。

    この言葉は、ロッキードスカンクワークスの技術者の

    ケリー・ジョンソン (Clarence "Kelly" Johnson, U-2 や SR-71 などの開発者) によって造られた。

    この言葉は、一般には "Keep it simple, stupid" (シンプルにしておけ!この間抜け)

    と解釈されるが、ジョンソンは "Keep it short and simple" (簡潔に単純にしておけ)の意味で用いていた。

    この言葉にエンジニアを馬鹿にする意図はないが、

    専門家の独り善がりに警鐘を鳴らす意味がある。

    この原則の実例として次のような逸話がある。

    ジョンソンが設計チームに一握りの工具を手渡して、

    平凡な整備員が戦闘状況で、

    この工具だけを使って修理ができるようなジェット戦闘機を開発しろと課題を出したのである。

    この原則の起源と思われる似た概念がいくつかある。

    たとえば「オッカムの剃刀」。

    アルバート・アインシュタインの格言「何事もできるだけ単純な方がいい

    ただし単純にしすぎてはならない」。

    レオナルド・ダ・ヴィンチの「単純であることは究極の洗練だ」の言葉。

    アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの

    「完璧とは、これ以上加えられないときではなく、これ以上削りとれないときに達成されるようだ」。

    コーリン・チャップマン(ロータスの創業者)は、デザイナーたちに、

    「単純かつ軽量にしろ」と要求した。

    ルーブ・ゴールドバーグ・マシンは、KISSの原則の逆に、

    度を過ぎた複雑な解決法を取った場合にどのようなことが起こるかを示している。

  • 「鏡の法則」とは、

    「私たちの人生の現実は、私たちの心の中を映し出す鏡であるという法則です。

    つまり、

    「自分の人生に起こる問題の原因は、すべて自分自身の中にある」

    という考え方です。

    例えば、鏡を見た時に、髪が乱れていたとします。

    でも、鏡の中 に手を突っ込んで、髪を直すことはできません。

    髪を直すには、自分自身 の髪に手をやる必要があります。

    しかし、鏡の中の髪を直そうと頑張る人がとても多いのが現実です。

    ・子は親の心の鏡

    ・環境は自分の心の鏡

    という感じです。

    認知不協和

    真円と、少し欠けている円、どっちの円に目がいきますか?

    人間の目は、欠けている円、特に欠けた部分 に目がいきます。

    認知不協和という習性です。

    欠けている部分が気持ち悪いと感じるのです。

    元々、備わっている美意識の成せる業かもしれません。

    この習性は、悲しいかな他人を観るときにも働いてしまいます。

    他人の足りない箇所、駄目な箇所 に目がいくのです。

    人の習性です。

    ですから、意図して「良い箇所」「好ましい部分」を観る癖 をつける必要があります。

    でなければ、人の粗(あら)ばかり探しては不平不満を言うだけの人間になってしまいます。

    これはとても哀しいことです。

    投影

    他人の好きな箇所は、自分の認識している自分の好きな箇所です。

    他人の嫌いな箇所も、自分の認識している自分の嫌いな箇所です。

    他人の好きな箇所も嫌いな箇所も全て、他人という鏡を通して観る自分自身の良い箇所、嫌な箇所なのです。

    これを心理学用語で投影と言います。

    他人のあそこが嫌いと言ってみても、

    実は、他人に投影した自分の嫌な箇所が嫌い、と言っているようなものです。

    人の悪口は、自分の悪口でもあります。

    同族嫌悪とも言いますね。

    逆を言えば、自分に関して好きだと認識していない箇所については、他人が持っていても認識できません。

    ですから、自分の好きな箇所、良いと思う箇所をいっぱい探しましょう。

    そうすれば、他人の中にもいっぱい好きになれる箇所を発見することになります。

  • ヴィルトの法則(ヴィルトのほうそく、英: Wirth's law)は、

    1995年、ニクラウス・ヴィルトが広めた情報工学に関する法則

    すなわち、

    「ソフトウェアは、ハードウェアが高速化するより急速に低速化する」というものである。

    ヴィルトはこの言葉をOberonについての彼の著書 (1991) の序文で

    Martin Reiser が書いた「その希望とは、ハードウェアの進歩がソフトウェアの病気を

    全て癒すだろうことである。

    しかし注意深く見れば、ソフトウェアの巨大化と緩慢化はハードウェアの進歩を超えていると気付く」

    という文章が元だとしている[3]。

    このような傾向は1987年ごろには早くも明らかになりつつあり、

    同様のことを先に言及した者も少なくない[4]。

    ハードウェアが時と共に高速化しているのは明白であり、

    その進化の一部はムーアの法則に従っている。

    ヴィルトの法則はハードウェアの高速化が必ずしも十分ではないことを意味している。

    この法則と同様のことを2009年、

    Google創業者ラリー・ペイジも述べている。

    これをペイジの法則と呼ぶ[

    名付け親はセルゲイ・ブリンで、Google I/O Conference 2009 でのことである

    ソフトウェアのスピードは18カ月で半分になる

    ゲイツの法則はヴィルトの法則からの派生であり、

    マイクロソフト創業者ビル・ゲイツの名を借りている[7]。

    観測結果にユーモアと皮肉を交えて、

    商用ソフトウェアが18カ月で50%低速化することで

    ムーアの法則による高速化が相殺されることを意味している。

    それが起きる原因としては様々なものがあるが、

    機能を詰め込みすぎること、

    コーディングが稚拙なこと、開発者の怠慢、

    管理者の交代で設計方針がころころ変わることなどが挙げられる

    メイの法則は、計算機科学者 David May の名を冠したヴィルトの法則のバリエーションである。

    ソフトウェアの効率は18カ月で半減し、ムーアの法則を相殺する

  • 因果の法則とは、結果があれば、必ずその結果に応じた原因がある、

    という法則です。

    因(作用)が発生すれば、

    その原因から縁(物語)が始まり、

    何らかの果(結果)が現れます。

    そして、その結果に相応した報(反作用)が訪れるのです。

    結果は、目に見える形で現れるのでどうしても注意がいき、

    悪い結果であれば、それを変えよう必死になります。

    しかし、起こってしまったことを変えるのはパワーが要り、

    たとえ、変えたとしても、根本的な解決になりません。

    原因が変わらないかぎり、何度も同じ結果を引き起こす可能性が高いからです。

    現在の状態を変える、もしくはうまくいった結果を何度も引き起こしたければ、因(原因)を見つけて分析 しなくてはいけません。

    しかし、原因は往々にしてわかりにくく、見えないものであることが多いのです。

    よって、見えない因(原因)を見抜くことが重要になります。

    何が「原因」をわかりにくくさせているのでしょうか。

    その理由には

    (1)因と果が時間的に離れすぎている場合

    (2)因と果が異なる事象すぎて、思いもしないことが原因である場合
    の2つに分かれるのではないでしょうか。

    数学のカオス力学系では、「バタフライエフェクト」と表現しています。

    ある場所での蝶の羽ばたきが、そこから離れた場所の将来の天候に影響を及ぼすという例えでこのように呼ばれています。

    通常なら無視してしまうような極めて小さな差が、やがては無視できない大きな差となる現象をさします。

    また、落語家の人は「風が吹いて桶屋が儲かる」と表現しました。

    結果という衣装の下に隠れた、原因という本質を見抜く洞察力を養いましょう。

    病気を因果の法則から見る

    ・対処療法である西洋医学は、結果を変える療法、効果が表れるのは早いが、根本的な解決に至らないことがある

    ・根治療法である東洋医学は、原因を変える療法であることが多いので、効果が表れるのは遅いが、何度も繰り返さずにすむ場合がある

    ・西洋、東洋の医学とも心の状態の改善と維持は大切であるが付属的と考えられているため、原因が心にある場合、根本的な解決に至らないことがある

    よって、病気のマネジメントには西洋医学、東洋医学、心のマネジメントの3つから

    包括的なアプローチが求められるのではないかと思います。

  • エッチをする前に準備体操を・・・・・エッチ・ネー・サン・シー ハイ、一緒に重なり合って!

  • 脳科学の観点から、いまスグ実行できる、

    あなたの脳を冴えさせ、頭の回転を良くする方法を7つ集めてみました。

    5.よく噛んで食べる

    咀嚼をすると、大脳・小脳の血流が上昇し脳を活性化する

    こめかみを刺激することで、脳の血流が上昇します。

    また、よく噛むことは、

    満腹中枢を刺激するので、

    食べる量が減り、自然なダイエットができるようになります。

    (食後)2時間後にFGFという成長因子の量がピークを迎え、

    記憶力や集中力も高まる

    FGF(繊維芽細胞成長因子)は脳の学習力を

    向上させることがわかっています。

    食後2時間後は、記憶力・集中力の黄金タイムです。

    大切な仕事をこの時間帯に入れると、はかどります。

    6.マンネリ化をやめる

    「マンネリ化」は脳には毒なのだ。

    新鮮な気持ちを忘れてしまっては、もう脳は活性化しない。

    物事がマンネリ化すると、

    集中力ややる気を生み出す

    「ドーパミンニューロン」が活性化しなくなり、

    モチベーションが出なくなってしまいます。

    意図的に新しい取り組みを毎日の中に取り入れましょう。

    7.良質な睡眠をとる

    最低6時間、出来れば7時間半寝ることを心がける

    脳は睡眠中に、起きている間に得た情報を整理しています。

    十分な睡眠をとることで、脳をチューニングし、

    パフォーマンスを保てるのです。

    ちなみに、健康な30歳でも寝不足(睡眠時間4時間)が6日間続くと、

    脳の能力は60歳と同程度まで低下することもわかっています。

    これが回復するのに、睡眠を正常化しても1週間かかります。

    NASAの研究から、

    26分間の昼寝をすると、

    パイロットの能力が34%以上も向上することがわかった。

    十分な睡眠時間をとることが難しければ、

    15分~の昼寝をしましょう。

    努力ゼロで、あなたの認知能力や判断能力、

    言語能力を引き上げてくれます。

  • 頭の回転が早くなる!脳がさえる7つの習慣

    「なんだかやる気がでない」「いつも集中できない」・・・こんな悩みを抱えていませんか?

    実は、その悩み、本当に簡単なことで解決できるかもしれません。

    あなたの脳を元気にして、頭を冴えさせ、記憶力を上げ、集中力を研ぎ澄ますための7つの習慣をご紹介します。

    1.愚痴をやめる

    一度、「嫌い」というレッテルがはられてしまうと、脳はその情報に関して積極的に働かなくなります。

    脳に悪い7つの習慣

    脳のA10神経という部分が情報にレッテルを貼ります。

    一度「嫌だ」と口にすると、「嫌な情報」とレッテルが貼られ、

    その情報について頭が回らなくなってしまうのです。

    脳の働きを悪くしないためにもネガティブな言葉は使わない

    「やらされている」「いやだ」と思うと、脳は、その情報に積極的に働かなります。

    だから、「自分で選んで~をやっている」と考え、主体性をもって取り組みましょう。

    2.目標は小さく分解する

    目標が大きすぎて達成できないと、脳はやる気を失ってしまいます。

    大きな目標は、小さな目標に分解すれば達成しやすくなるでしょう。

    小さな目標でも、目標を達成すると、ドーパミンが分泌され、やる気が生まれます。

    また、脳のやる気をつかさどる報酬系という部分も活性化します。

    つまり、やる気を出すためには、すぐクリアできる小さな目標を次々こなしていくことが大事です。

    3.運動をする

    運動をすると、脳に血液がまわり、脳細胞の成長剤であるBDNFという神経物質が分泌され、

    脳の能力、特に記憶力・学習能力が底上げされます。

    毎日運動をする必要はありません。

    4.腹8分目でやめる

    空腹状態というのは、生物にとっては危機的な状態です。

    食べ物を手に入れ危機的な状態を解決するために、脳はその働きを鋭利にします。

    だから、ある程度の空腹状態を保った方が、頭の回転、特に集中力や記憶力が良くなります。

    報酬系というのは、脳のモチベーションをつかさどる部分です。

    空腹状態だと、グレリンというホルモンが「頑張らないと、やばいよ!」と

    脳に指令を出し、脳にやる気を出させます。

  • アムダールの法則(アムダールのほうそく、Amdahl's law)は、

    システムの一部を改良したときに全体として期待できる

    性能向上の程度を知るための法則である。

    コンピュータ技術者ジーン・アムダールにちなんで名付けられた。

    並列計算の分野において、複数のプロセッサを使ったときの

    理論上の性能向上の限界を予測するのによく使われる。

    Amdahl's argument(アムダールの主張)という呼称もある[1]。


    複数のプロセッサを使い並列計算によってプログラムの高速化を図る場合、

    そのプログラムの中で逐次的に実行しなければならない部分の

    時間によって高速化が制限される。

    例えば、1プロセッサでは20時間かかるプログラムがあり、

    その中の1時間かかる部分が並列化できないとする。

    したがって19時間ぶん(95%)は並列化できるが、

    どれだけプロセッサを追加して並列化していったとしても、

    そのプログラムの最小実行時間は1時間より短くならない。

    図にも示したように、この場合の高速化は20倍までが限界である。

    アムダールの法則は、

    並列化しても問題の大きさが変化しないという前提の下で、

    逐次的アルゴリズムとそれに対応したアルゴリズムの並列化実装によって

    期待できる高速化の関係をモデル化したものである。

    例えば、ある大きさの問題をあるアルゴリズムを並列化実装したもので実行した場合、

    問題の12%を並列化によって好きなように高速化できるとする

    (残り88%は並列化できない処理である)。

    Aを2倍に高速化すると、プログラム全体は1.6倍に高速化し、

    オリジナルから37.5%の性能向上となる。

    しかし、Bを5倍に高速化しても、全体としては1.25倍の高速化でしかなく、20%しか性能向上しない。

    1988年、ジョン・グスタフソン(英語版)はグスタフソンの法則と呼ばれることを指摘した。

  • AIDMA(アイドマ)とは

    1920年代にアメリカ合衆国の販売・広告の実務書の著作者であったサミュエル・ローランド・ホールが

    著作中で示した広告宣伝に対する消費者の心理のプロセスを示した略語である。


    日本語圏において「AIDMAの法則」として、

    2004年に広告代理店の電通等により提唱されたAISASとの比較により知られる。


    AIDMAの法則では、消費者がある商品を知って購入に至るまでに次のような段階があるとされる。

    Attention(注意)

    Interest(関心)

    Desire(欲求)

    Memory(記憶)

    Action(行動)


    このうちAttentionを「認知段階」、

    Interest、Desire、Memoryを「感情段階」、

    Actionを「行動段階」と区別する。[要出典]


    米国等でより一般的に知られた類似の用語として1920年代に応用心理学の分野で

    米国のE・K・ストロングが論文中に示したセールスにおける顧客心理の段階のAIDAがあり

    米国でのマーケティング、セールスや広告営業における用語としてはむしろこちらの方が現在でも世俗的に用いられることがある[2]。


    Attention(顧客の注意を引く)

    Interest(顧客に商品を訴求し関心を引く)

    Desire(顧客に商品への欲求があり、それが満足をもたらすことを納得させる)

    Action(顧客に行動を起こさせる)


    ネットでの購買行動のプロセスモデルとしてAIDMAに対比されるものとして

    日本の広告代理店の電通等により

    AISAS(エーサス、アイサス)というモデルが提唱された[3]。

    Attention(注意)

    Interest(関心)

    Search(検索)

    Action(行動、購入)

    Share(共有、商品評価をネット上で共有しあう)

  • >>441

    おじさんも行った事あるよ。
    かみさんと1回、ネットで知り合った人妻さんと1回。
    窓際でエッチしても、誰からも見られないよ!
    また行こうかな。

  • 前住んでた三浦にあるサーフサイドってラブホがお気に入り。
    房総半島側の岬に建ってて窓のそとはぜんぶ海。

    朝になると磯釣りのひとがホテル下に集まってくるんだけどw

  • <<
  • 486 423
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン