ここから本文です
  • はじめまして。8年前に家内が57歳の時に脳梗塞で倒れ大学付属病院に入院しましたが身体の右半分に感覚麻痺が残り不自由な生活を続けています。筋肉麻痺でないためリハビリでは治らないとのことで治療法が無く、身体の右側胴体の強力なゴムバンドのようなもので締め付けられるような痛みと右足裏の感覚が麻痺しているため歩くとスポンジの上を踏みつける感覚になりまともに歩けない状態で少し歩き続けると右足全体がパンパンに腫れ、痛くなってしまいます。従って、あまり外出も出来なく殆ど家に閉じこもっています。最近、家内は今後このままの状態であれば早く自ら命を絶って楽になりたいと話し出してきており精神的に不安定になっていますので同じような症状を抱えておられる方がおりましたらお互いの症状を具体的に話し合い締め付け痛みへの対症法なども教えていただけると精神的に少しは楽になると思いますので同症状の方のお話相手をお待ちしてます。

  • <<
  • 10 1
  • >>
  • >>8

    薄ぺらさん
    ありがとうございます、張られてるの参考に
    読ませてもらいます_(._.)_

  • >>7

    レスありがとうございます_(._.)_
    >誰がこの状態司ったのですか?。あなた様ですか?お父さんですか?。

    はい父です

    >身体全体を診ていたらきらいはうかがえたのでは、と思う

    一応、3年前くらいに2週間程度ですが、別の病院に脳梗塞の兆し
    があるということで父は入院していて、今回の入院当時も脳梗塞の薬
    (血液をさらさらにするものらしい)を飲んでいたので医者が脳梗塞になる
    恐れを把握していなかった、て事は多分無いと思うのですが、、
    ただその血液がさらさらになる薬を、ガンの手術にそなえて飲むのを医者に
    とめられていたので、それも脳梗塞になった一因なんじゃないかな、とか
    姉は言うのですが、、
    父はあの手術をしなければ、ガンでもっと早く苦しんで死んでいた、と思うよう
    にはしているのですが、、、

    今毎日、仕事が終わって6時くらいに病院に行って父をみているのですが、病院
    であった、父が手術前に病室が同室だった仲良くしてくれてたおじさんなんかは
    冗談半分でですが、
    「病院訴えちゃえ!」なんて言うんですよねぇ、、(笑;)

  • 自分の父親(80歳)が、最初は腹の左側に違和感を覚えたらしく、病院
    に検査に行ったら、中期程度の大腸ガンと診断され、5月中旬に手術する
    事になりました。
    その手術自体は成功したのですが、手術の翌朝どうも父親の左半身が
    動かないらしく、検査したら手術が元で脳梗塞を発病していた事がわかって
    しまいました。そして今度はその1週間後くらいに、タンを肺に入れてしまった
    らしく今度は肺炎に........
    連日9度以上の熱がでていて、何かに「ガンの手術で肺炎を誘発させると命
    の危険になる」とか書いてあったので、もうだめかな.......とか思ったのですが
    今現在どうにか平熱に下がって、容態は安定してきた所です。

    ですが相変わらず父は一人ではベットから起き上がる事も出来ず、
    なんとか人の手を借りて車椅子にのって毎日3回ほどリハビリに行く
    状態、、しばらく喉に穴を開けてそこからタンをとっていたので、まだ
    喋れもしない状態が続いてます。あと何故かほっておくと点滴のくだ
    等を動く右手で取ってしまうので、右手はベットに拘束されている状態......

    記名する手術の同意書にも、誘発されるをそれのある病気に
    脳梗塞、と書かれているので仕方の無いことだとは思うのですが、
    父は入院する前日まで、趣味の家庭菜園で畑を耕していていたって
    元気だったり、入院する際自分が車で送っていったのですが、とて
    も行きたくなさそうで、病院の手前の線路で電車が来て遮断機が
    おりたら「ほら、神様が病院に行くな!って言ってるんだ」
    なんて言ってたりで、あのまま手術しなかったらどうなったのかなー、
    とか、なんで病気を治すために手術して、手術後はより体が悪く
    なってるんだよ!なんても少し思ってしまいます、、
    あとどの位体は回復するのだろう、高齢だからリハビリしても体が
    元に戻るのは不可能なんだろうなー、とか、、

    長文失礼しました_(._.)_

  • はじめまして。私は6年ほど前に脳幹梗塞になり今に至っています。ちょうど脳の中心なので麻痺はないのですが構音障害などが残っています。発症したのは42歳の時で今は47歳になりました。まだ独身で高齢の母と暮らしております。発症当初は介護1で車椅子でした。字もろくに書けませんでした。その当時は一緒で半年位ひきこもっていた時期もありました。死にたいと思う事もありましたが周りに迷惑かけると思いやめました。今は持病の糖尿の診察へ1人で病院へいけます。<もちろん車椅子なしで>昨日は再発したようで救急車で運ばれましたが異常ありませんでした

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン