ここから本文です
  • 幼少期の集団予防接種が原因で「B型肝炎ウィルス」に感染されている方は、平成29年1月12日までに国に請求すれば、国から最大で3600万円の給付金が支給されます。これらに該当する人は推計で47万人いると言われています。
    下記の方が対象になります。
    1、昭和16年7月2日~昭和63年1月27日までに生まれた方
    2、B型肝炎ウィルスに持続的に感染している方
    3、0歳から7歳までに集団予防接種受けたことが接種痕で確認できるかた
    4、集団予防接種等における注射器の連続使用があった方
    5、母子感染によるものでない方
      ※ただし、母親が集団予防接種などで感染している場合は母子ともに給付請求ができます。

    給付金は、死亡・重度の肝がんからキャリアによって
    50万~3,600万円の給付を受けることができます。
    給付金受け取りは和解後約半年ほどお時間をいただきます。

    【ご相談は…】
    私は、資格を持ていませんので無料で相談を行っています。
    給付金ご希望であれば弁護士を紹介します。
    もちろん個人情報保護に基づき守秘義務を遵守します。
    地方の方もご相談可能です。

  • <<
  • 11 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン