ここから本文です
  • 「大動脈解離の部屋」のトピ主 横浜のKです。
    大動脈解離はたいへん重篤な病ですが、血管は内臓ではないので障害者扱いにはなりません。
    2012年暮れ、大動脈解離でも人工血管に置換していて、就労制限がある人には障害厚生年金が降りることが分かりました。
    私は2013年1月に申請して、2013年6月には障害厚生年金3級の支給を受けることが出来ました。
    一般的には社労士さんにお願いするような内容ですが、私や同病者数名は自分で申請しました。
    手続きはたいへん複雑で、当時大動脈解離の部屋もその話一色になってしまいました。
    それで申請が出来ない条件の方もいらっしゃいますので、こちらに分室を設けることにしました。
    病気のことは「大動脈解離の部屋」で、障害年金や生活保護、障害者認定の話はこちらでお願いします。

  • <<
  • 553 533
  • >>
  • 553(最新)

    mat***** 6月21日 15:24

    >>551

    >私は解離してから13年の間に特許16本発明した人間ですから、還暦から年収xxxx万円オーバーを目指すつもりです。

    すごいですね。頑張って下さい。


    >身体状況 (イ) に○してある。

    これ、良かったですね。お金は邪魔にはなりませんから、貰えるものはもらいましょう。

  • >>551

    本日、診断書もらってきました(本来2週間かかるのを急いでくれた)。
    身体状況 (イ) に○してある。
    あれ?
    昨日は最近にしては珍しく血圧151/81とか血圧高め(何回測ってもこれ以上下がらない)。
    それも書いてありました。

  • mat*****さん、ありがとうございます。
    しかし、世の中には流れというものがあって、今は新しい仕事を始めるのに、もし解離が悪化していたらどうしようかと思っていたところです。
    私に限ってのことですが、障害厚生年金をもらうために、気持ち的に縮こまる方向になるのは本意でありません。
    ここは (ア) を良い方向で受けとめて、自分の限界を越えようと思っていますよ。
    もっとも主治医の患者さんで障害厚生年金を申請した人はいないとのことですから、それは不公平を産んでいると思います。
    私は解離してから13年の間に特許16本発明した人間ですから、還暦から年収xxxx万円オーバーを目指すつもりです。
    解離してからの日々は寝ていたようなもの。十分休みました。
    そんなこともあって、私はスーパードクターとは話があいます。

  • >>548

    >主治医は外科医でスーパードクターなので、言い出したら絶対聞きません。

    (ア)にされてしまうとは、誤算だったですね。
    介護認定などで、「寝たふり」をして、高い介護度にしてもらうなどという話もありますが、病院では、あまりパワフルな姿勢は見せられないということか。

    私の主治医も、私が元気そうだと御機嫌だし、普段から「散歩しろ」「まだ若いんだから、もっと活動的にやりたいことはやってみろ」と叱咤激励するんですが、診断書などは、盛って書いてくれるのでありがたいです。(もちろん偽造にならない範囲内で)


    しかし、障害年金が打ち切られたら、大変ですよね。
    kさんが、十分に働く能力があるとお墨付きを頂いたということでしょうが、なんとかならないものかと思います。
    スーパードクターに泣きつくとか。

    重労働も可とは言っても、たとえば30キロの米袋を持ち上げるとかは躊躇するんじゃないでしょうか?
    (ア)は、ちょっと厳し過ぎると思います。

  • >>540

    >☆障害者特例は、特別支給の老齢厚生年金を受ける方が、以下の2つの条件を満たせば請求することができます。☆
    の私は該当しなくなりそうなので、その場合は
    「特別支給の老齢厚生年金」はいただいて
    また年金支給も70歳まで待つように努力しようと思います。
    ☆障害者特例☆は使わないと損なような気もしますから、使えるなら選択肢は限られますね。

  • >>547

    mat*****さん、こんにちは。
    主治医は外科医でスーパードクターなので、言い出したら絶対聞きません。
    内科医だったらまず言わない言葉だと思いますが。
    このドクターが「完治(並)」と言うからには、本当に何してもいいのだと思います。
    嬉しいことではありますが、人工血管置換手術後いかに身体が動かないか分かっているだけに、患者向けのトピとしては複雑な気持ちです。
    ちなみに私の偽腔が残っている下行大動脈の直径は、2年前53.8mm、昨年52.8mm、今年51.8mm。
    限界は近いのですが、年々少しずつ縮小(ほんと?)ぎみ。
    本家では皆さん知ってますが、血圧は降圧剤3剤使っても160くらいでとても高いです。
    今年は下がって安定していますけれど、発症時は240/130と悪性高血圧並で私の解離原因は間違いなく高血圧です。

  • >>545

    こんばんは。
    Kさんは、(ア)になっちゃったんですか。
    それは喜ばしいことではありますが、先生も不親切のようにも思えてきますね。

    私の方は、誤解が解けたのか、むちゃくちゃに重症そうな診断書書いてもらえました。
    身体状況(イ)とペースメーカー装着だけ書いてもらえばいいと事務の方を通してお願いしたのに、二つの弁がなんたらかんたら(これは以前から逆流を指摘されてはいます)で、通常の生活も大変だみたいな感じで(笑)

    そこはクリアできて、申請書と診断書は出したんですけど、その後一切音沙汰無し。
    6月15日は年金支給日と思って、通帳の記帳に行ってきたら、一円も入ってなく、報酬比例部分の方も、おあずけくらっています。
    一応相談センターに電話しましたが、支給決定通知書が来てからです。とか申請から2,3ヵ月かかります。とかテキトーがな答えしかもらえず、がっかりしていました。

    まあ、報酬比例部分も年間10万とか微々たるものなんですけどね。

  • >>545

    身体状況(イ)肉体労働等はできないが、事務作業は可能

    難治性高血圧(3剤以上降圧剤使っても血圧が140以上)のどちらかが障害厚生年金継続の条件のようです。
    昨年までは血圧なかなか下がらず苦労してたのですが、今年は降圧剤は使っていますが、血圧はなんとか140未満に収まってるので、打ち切りはやむを得ないかも知れません。
    どう働いても良いという意味で、前向きに捉えたいと思っています。

  • >>543

    障害厚生年金の3年ごとの報告書ですが、前回
    <身体状況(イ)肉体労働等はできないが、事務作業は可能....一般日常生活は出来ている>
    から、(ア)の元通りの生活が可能 に変更されました
    障害厚生年金、これで打ち切りになるかも知れません。

  • >>542

    >日本年金機構が障害基礎年金の受給者1010人に、「障害の程度が軽い」として、支給を打ち切る可能性があるという予告を文書で送っていたことが5月29日、分かった。1年の猶予期間
    とありました。
    3年毎の調査書が今来たらびっくりしただろうなぁ!

  • とんさんこんばんわ。
    気になさらず、気が向いた時に書き込んでください。
    経年変化(?)かとは思いますが、私でも腎臓と心臓の数値が悪化してます。
    うちは年金だけじゃ暮らしていけない(ローンもまだまだあるし、扶養しなきゃならない子供も)。
    なんとこの年齢から再度起業するか、思いを同じくする仲間とスタートアップするか思案中。
    気力だけは元気なんだからぁ?
    それでもその時点で収入十分無い限り、年金満額近くになる63歳からはもらうと思います。
    制度はよく研究しないと難しいですね。

  • >>540

    ご無沙汰しております。

    難病発症後は「部屋」の方は私の場合
    少し皆様と違うと思いだんだん遠慮するようになりました。

    書き込みは読ませてもらってます。
    さとさんの書き込みは嬉しかったです。

    さて、今回顔だしたのは私も同じように悩んでたからです。

    私も最低65歳(定年)までは働く予定ですので、障害厚生年金の受給をどうするか‥‥です。

    70歳くらいまでは働きたいのですが、どうも繰り下げは不可のようですし。

    確かKさんのほうが一つ年上のはずですので、参考にさせてもらおうと考えてます。

    それから、mixiで障害厚生年金のことで色々と書いてしまいました。

    そちらから質問がくるかもわかりませんので対応宜しくお願いいたします m(__)m

    勿論その時には私も出来る範囲で協力させていただきます。

  • mat*****さん、おはようございます。
    私の主治医も気難しくて、思い通りでないと怒られちゃいます。
    すると、私気が小さいもんで血圧が即時上がっちゃって。健康に悪いです!
    制度知ってるのは、私が社労士になろうと思って勉強したからです。
    私は完全理系なんで、結局一番苦手な社会系の勉強は不可でしたが、自分に関係しそうな法規から調べました。
    障害厚生年金だって、胸部を人工血管に置換してると3級取れること主治医知りませんでしょたよ。
    今3年毎の調査票が来ていますが、3年後、「特別支給の老齢厚生年金」が出る時点で検討しようかと思ってます。

  • >>537

    即ハンなので、ID忘れちゃいそうなので、愚痴を一言。

    共済組合からのお知らせに従って、相談窓口に電話をかけ、余裕?で該当しそうなので、必要な請求書、診断書用紙を送ってもらいました。
    早速病院に、診断書を書いてもらうお願いに行ったら、事務の方を介してのやりとりなのですが、主治医がご立腹されるというピンチに。

    つまりお医者さんも知らない制度のようですね。

    私が国民年金の一級二級障害者年金を貰おうと画策したみたいに受け取られたのかも?

    事務の人、「先生は、この書類には、サインできないと言ってます」

    送られてきた診断書用紙が、たぶんこれ。
    www.nenkin.go.jp/service/jukyu/todoke/shindansho/20140603.files/0000019742rxFDpjOK4o.pdf

    普段から書いている様式だから、尚更私は該当しないと確信しちゃったんでしょうね。

    こんなに面倒なら、総額30万のために、やってられない、と諦める人も多そうな気がします。
    私は貧乏なんで、なんとか理解してもらうために、月曜日には、今まで届いた2通のお知らせを持って、再度病院に行く予定ですが。


    >私も検討したことがあります。

    Kさんは御存じだったんですね。私も知りませんでしたが、世の中の99%の人は、知らない気がします。

  • >>537

    早いもので前回 厚生障害年金 診断書出してから3年が経過しました。
    忘れてた!次回検診日を合わせて予約するんだった。
    誕生日月の末日が期限なんですが、検診日はいつも7月末。

    以下前回の記述
    診断書には、身体状況(イ)肉体労働等はできないが、事務作業は可能....と
    一般日常生活は出来ている と書いてありました。

    心電図をつけるようには書いてないのですが、健康診断ではクレアチン(1.51)・尿蛋白(3+=これはやばい)・心電図(心筋梗塞の波形がある)と悪化しています。

  • >>536

    mat*****さん、情報ありがとうございます。
    障害者特例で「特別支給の老齢厚生年金」が出ると同時に、満期働いてきた方なら基礎年金とほぼ同額がもらえる制度ですね。
    丁度「男性の場合は昭和36年4月1日以前」に当てはまるので、私も検討したことがあります。
    障害厚生年金(=無税)をもらい続けるか、ほぼ満額の年金(税金あり)を(私は63歳から)貰うか?
    働ける状態でない方は方針決定でしょうが、私はまだまだ扶養しなければならない障害のある子供と家の長期ローンがあるので、その時になったら考えます。
    「特別支給の老齢厚生年金」に当てはまる年齢の方はmat*****さんの情報どおり、検討した方がいいですよ。
    自分で調べて動かなければ、何も始まりません。

  • >>534

    Kさん、こんにちは。即ハンで失礼します。

    私は62才、女です。
    20才から26才まで、公務員として働いていました。
    ようやく、今年の6月から、その6年間の報酬比例部分の年金がもらえる予定です。

    申請書は誕生日が過ぎた4月初めに出したのですが、昨日になって、「障害者特例」がもらえるかも知れないという通知がきました。

    私は大動脈解離とは違いますが、パート(社会保険無し)で働いている間に、障害者の3級程度(具体的には心臓ペースメーカー)になりました。

    国民年金だけの期間に障害者になっても、3級では、障害年金は貰えないので、あきらめていましたが、このような制度があることに驚きました。

    h
    ttps://ameblo.jp/srsr-t240/entry-12156166978.html
    「まず、生年月日により、60歳~65歳までのあいだに、
    厚生年金保険に加入していた期間の
    老齢年金を受け取ることができます。

    この間に受け取れる老齢年金を
    「特別支給の老齢厚生年金」といいます。

    現在であれば、
    男性の場合は昭和36年4月1日以前、
    女性の場合は昭和41年4月1日以前に
    生まれた方が対象になります。」

    ☆障害者特例は、特別支給の老齢厚生年金を
    受ける方が、以下の2つの条件を満たせば
    請求することができます。☆


    年齢によるものなので、該当する人が、ほとんどいないのかも知れませんが、専業主婦時代に障害者になった方などで該当する方もいるかも知れないと思ったので書き込みしてみました。

    私も、まだそちらの申請はしていないし、もらえるかどうかもわからないのですが、ネットの情報で計算すると、年額12万ぐらいになりそうです。(加入月×1626円ぐらい)
    しかも65才までの3年間だけなので、30万とか、そんなものですけど、そんな救済措置があったことは、まるでわかりませんでした。

    h
    ttps://nenkin-support.jp/knowledge/word/1562/

  • >>534

    Kさん返信ありがとうございました

    わかりました

    今後ともよろしくお願いします

  • >>533

    ふくしまさん、こんにちは。
    自営とリーマンが入り混じっている時期の発症だったんです。
    また自営でも株式会社だったので社保は完備していました。
    社会保険の切れ目はありませんでしたが、タイミングずれていれば障害厚生年金はもらえませんでしたよ。
    ずっと(社保完備している会社の)リーマンなら問題ありませんが、でないと条件は割と難しいんです。

  • Kさんこんにちわ

    こちらには初めてきました
    これからもよろしくお願いします

    Kさんに聞きたいこと有ります

    何故Kさんは自営で受給できたのですか
    良ければ説明お願いします

    私は30年近く厚生年金払ってきましたが
    運悪く転職して半年で大動脈解離に成ってしまいました

    転職した先が厚生年金未加入事業者だったので国民年金でした

    私の知識では解離に成った時厚生年金未加入ならば障害者年金受給にならないと思っていて諦めてました

  • <<
  • 553 533
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ