ここから本文です
  • かつてのバブル景気を話す時、必ず出てくるのが、平均株価が過去最高という話し。

    つまり、景気が良い時は、平均株価が上昇し、景気が悪い時は、下降する。

    私は、ずっと今まで、景気の波と平均株価の波は同一だと思ってました。

    ・・で、現在、平均株価が上昇しています。

    なので、景気が良いはずなのに、景気が悪いから解散するという話しを聞いてます。

    どういう事なのでしょうか?

    もし、景気と平均株価の波が、一致しないのであれば、バブル景気と過去最高平均株価の波の頂点が一致したのは、単なる偶然って事ですかね?

    平均株価がアテにならないとすると、今、現在、景気を判断する指標で、景気の波と一致、あるいはもっとも近い経済指標は何でしょうか?

  • <<
  • 19 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順