ここから本文です
  • <<
  • 9 1
  • >>
  • いえいえ、こちらこそご迷惑をおかけしました><
    来年もよろしくお願いします☆
    もうひとつスレッド立ててまじめに投稿してますので来年、気が向いたらお越しください^^
    うまかさんも良いお年を♡

  • 僕もこの板忘れてましたww
    FXやって1年・・・ファンダやテクニカル、ローソクなど覚えて違った相場の捉え方などできるようになってきたので、
    新しく違う板作成しましたので、そっちのほうで今度こそはちゃんと書き込み続けていきますww
    よろしければお越しください^^
    気が向いたらきてくださいw

  • 今見つけてしまいましたスミマセンm(__)m
    意外に大五郎さんのファンです!
    私ファンダもテクニカルもわからないこと多くて(TT)

    大五郎さんもお忙しいし時間もないと思いますがm(__)m
    本当にもし暇で暇でどーしようもないときなど……



    読みたいのでよろしくお願いしますm(__)m

    冗談ですm(__)m

    読みたいのは本当ですm(__)m

  • 日本は原油高ということもあり物価は高止まりしている。
    一過性としても前年比では3%台という驚異的な数字です。
    今から円安が加速するべきという声があるが軽く検証してみる。
    円安になると輸入インフレから更に物価高になる方向となる。
    しかし、いい加減、輸入コストを物価に転嫁するにも限界がある。
    そうなると、転嫁できないぶんは全部企業減益となる。
    そうなれば景気後退の大きなうねりとなる可能性が高くなる。
    それこそスタグフレーションだ。
    ここからが持論だが円高に向かうべきと考えている。
    円高になった場合、輸入コストが減少することになる。
    企業は減少した輸入コストを全部値下げに活用するだろうか?答えは否。
    現在の物価で売れるのであれば値下げする必要はない。
    多少は値下げするだろうが減少したコストが企業増益となる見込みが高い。
    そうしてやっと積極的に賃上げに動けるというものだろう。
    同じ物価でありながら賃上げが進み個人消費が促進されインフレが成立する形となってアベノミクスが完成するのではと考えている。
    では輸出企業はどうかというと、リーマン後の超円高時代では輸出商品の価格高騰で売れ行きが減少した。
    しかし、この時期は円高での売り手の価格も厳しいが買い手の景気も悪く世界的にモノを買いづらい環境も問題だったろうと推測できる。
    現在はというと世界経済は回復傾向にあり更に円安で日本の輸出商品が下がってるのだから売れて当然である。
    では、今から5円くらい円高に向かったら売れないのかといえば答えは否。
    世界もインフレ傾向が強まっている以上、多少値上がりしても極端には売れ行きは悪くならないと考えるのが妥当だろう。
    むしろ、売れ行き低下分を値上がり分でカバーできるのではと考えている。
    結局は株価は高ければ高いほど景気は良好だが円安円高というレートは実体経済に対するバランスが重要なのだと思う。
    結果、今からは円高のほうが輸出入企業にとってメリットがあることから貿易収支と経常収支も改善されると思われる。
    リーマンショック後の印象が強いせいか円高が悪で円安が善という考えは日本人が勘違いしやすい為替の知識と思う。

  • 本来、インフレというのは個人消費が上がり商品需要が高まり物価が上昇しそれでも商品が売れるから企業収益が上がり社員への賃金が上がり更に個人消費が上がる連鎖のこと。
    ではアベノミクスは?というと、円安に誘導し物価をまず上げる。
    ヘッジファンドは日経購入とともにヘッジで円売りをするので円安で株高になる。
    日本の大企業は輸出企業メインなので大企業を中心に円安効果で企業が持ち直す。
    日経が高いということは景気が良好とニュースなどで流れやすく市民も物価高でもいいかと渋々購入していく。
    ここまでは夏までにだいたい進行してきた。
    では、市民はデフレ脱却とともに裕福な生活となっているかと言えばNOです。
    それは、物価の上昇率が賃金の上昇率を上回っているから。
    スタグフレーションに近いかもしれない。
    違うのは不景気ではないということ。
    だからこそ安倍さんは企業に賃上げを訴えている。
    要するに、アベノミクスは企業が物価を上げやすい雰囲気と市民が消費しやすい雰囲気を作り中身は後から追いつかせるという構図だ。
    結局、賃上げが続き個人消費が上がれば正当なインフレに化けるわけ。
    次こそ円相場と日本のインフレについて重要な考えを書く。

  • アベノミクス相場として年初に日経16000円台、ドル円は105円をつけた。
    円安株高を引き起こした主原因は日銀による異次元緩和。
    毎月7兆円規模の国債を地方銀行から買い取り市場に円をばらまいた。
    目的のひとつは輸出企業を助けるため(景気回復)の円安効果。
    もうひとつは、国債を買って銀行にお金を流し中小企業や新規企業への融資を促進(景気拡大)させること。
    さらに、円安の副作用によっての物価高(輸入インフレ)で値下げ戦争を終わらせ値上げに動きやすい雰囲気作り。
    景気回復と輸入インフレは成功しているが、残念ながら銀行融資は広がらずそのお金で再度国債を買う構図となっている。
    景気安定が板につけば融資は拡大するんじゃないかと思っている。
    日本が世界に誇っていい経済指標と言えば失業率と思う。
    社員かパートという問題はあれど失業率3%台は世界でも突出している。
    次は相場と経済について。

  • 今年からFXに参加して気づけば夏になる☆
    7か月の収益は1200pipsになった。
    ファンダメンタルズの整理を自分なりにして見直せる板として作った☆

並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!