ここから本文です
  • 長ったらしい名前の証券会社からアメリカ株の売買を勧められたら、超危険!!この証券会社は、アメリカ株を売買させる時に”店頭取引”と”委託取引”の存在とその手数料等の違いを一切説明せず、あたかも高額な手数料の”店頭取引”しか存在しないかのような詐欺の手口で、顧客から高額な手数料を騙し取る。国内株は安い手数料のネット取引をされるため、電話取引しか存在しないアメリカ株を執拗に強要してくる。最初と最後の為替手数料はもちろん、売買で約5%の”店頭取引”手数料でボロ儲けである。収賄でジャブジャブの金融庁、証券取引等監視委員会は動く訳がない。
    MUMS、被害者集団訴訟は近い。

  • <<
  • 75 36
  • >>
  • 消費者金融が莫大な利益を出していた時には指をくわえて横目で見るしかなかった。その後我慢の限界が来て消費者金融を乗っ取るために自民党にヤミ献金し、消費者金融の金利を違法なものとさせ、大手消費者金融の全てを倒産寸前に追い込み、武富士以外を残らず買収した。消費者金融のノウハウと顧客リストを得た後、金は借りたいが消費者金融の社名に抵抗があるという人々には、消費者金融と何ら変わりがない高金利の”カードローン”というアリ地獄に誘導している。結局、自分達が買収したサラ金の過払い金返還という尻拭いをさせられているのが、アホなメガバンクの実情である。

  • NISAで国民の財産を危険な投資の世界におびき寄せることだけに飽き足らず、今度は子供まで引っ張り出してジュニアNISAをやりましょうだと。子供の教育資金まで貪り取る魂胆である。個人投資家の9割以上が株取引で資産を増やすどころか、損失を出していることはひた隠し。そもそも証券会社というのは、顧客を騙してなんぼの業界。顧客の財産が減ろうが無くなろうが屁とも思っていない。騙した顧客は切り捨て、新規のカモを探すのみ。騙した顧客が証券会社を訴えても、証券会社やそのケツ持ちメガバンクが裁判で負けないような法律に徐々に修正するよう政治献金は欠かさない。証券会社の顧客が増えれば、関係省庁や政府も潤うシステムができている。アメリカ株の”店頭取引”という取引手段を使用した詐欺の手口に気を付けよう。手数料が安い”委託取引”という取引手段を隠し、あたかも手数料が超高額の”店頭取引”しか存在しないかのようなインチキな言い回しでカモってくる。最初の面談から全ての会話を録音しておこう。

  • メガバンクの政治献金再開はもちろん自民党からの見返りを期待しての行為である。不良債権処理のために注入された巨額の公的資金は国民の血税から捻出されたものであり、政治献金に充てられる内部留保の資金は自民党の金満政治家らの懐に入るのではなく、むしろ預金者や国民に還元されるべきである。

  • 国民一人一人をアメリカ株の”店頭取引”詐欺で騙す、味方どころか大ドロボーの長ったらしい名前サギ証券の詐欺の手口。長靴を履いた猫ならぬ、スーツを着た大手町の詐欺集団。ブラックマンデーがやって来るその時も、アメリカ株の”店頭取引”という日本国民を餌食にするユダの使いッパ証券による詐欺の世界戦略に要警戒。

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • 国民一人一人をアメリカ株の”店頭取引”詐欺で騙す、味方どころか大ドロボーの長ったらしい名前サギ証券の詐欺の手口。長靴を履いた猫ならぬ、スーツを着た大手町の詐欺集団。ブラックマンデーがやって来るその時も、アメリカ株の”店頭取引”という日本国民を餌食にするユダの使いッパ証券による詐欺の世界戦略に要警戒。

  • たとえリーマンショックを上回るような巨大な経済危機が来るとしても、長ったらしい名前サギ証券は、ニコニコしてアメリカ株の”店頭取引”を勧めるだろう。ストップ高、ストップ安のないアメリカ株を。ブラックマンデーがやって来る。

  • http://ameblo.jp/kabushikitaro/
    外国株の取引の経験がない顧客に対して、アメリカ株(外国株)の取引を始めませんか?と営業が言ってきた時点で、その証券会社が自分を詐欺取引の罠に嵌めて全財産を盗み取ろうとしていると判断した方がいい。
    営業がシッポを振って走って来るので、密かに録音しよう。この録音内容が後にこのサギ証券を強烈に苦しめることになる。
    外国株の取引の場合、日本株取引には存在しない手数料が超高額の”店頭取引”という名称の取引手段と手数料が割安の”委託取引”という名称の取引手段が存在するが、この”委託取引”の存在を隠し、あたかも”店頭取引”しか存在しないかのような詐欺の手口でボロ儲けしている証券会社の社名が、昨年の週刊ダイヤモンドの9月27日号に暴露されている。
    このフィナンシャルグループ本体が、口角ひんまがり、やたらに威張りくさったじじいで過去の首相経験大失敗、一節太郎、浪曲子守唄、ひょっとこ大臣にヤミ献金しているため、金融庁も証券取引等監視委員会も国民を証券会社による詐欺の被害から守る気など一切ない。日本証券業協会もグルである。
    これで”NISAをやりましょう!!”とは呆れた国家である。
    アメリカ株(外国株)にはストップ高もストップ安もない。初心者の投資家には非常に危険である。往復の高額な為替手数料も顧客は払わされる。アメリカ株(外国株)なため企業を調査しにくく、サギ証券から意図的に無名な弱小会社のモメンタム銘柄を掴まされる。
    有名企業の株価より乱高下するため、顧客に損切りや利確の提案をし易くなるのである。
    国民一人一人をアメリカ株(外国株)の”店頭取引”詐欺で騙す詐欺の世界戦略に要警戒である。味方どころかドロボーである。
    サラ金の過払い金損害賠償訴訟の次は、このアメリカ株の”店頭取引”詐欺への被害者集団訴訟、国家損害賠償訴訟の嵐が来る。
    金融庁もこのような事例を認識していなかったでは済まされない。散々報告している。
    自分は大丈夫でも家族が騙されている可能性がある。家族の大切な資産が騙し盗られていないか、今すぐ確認しよう。
    http://jaiicomi.jaii.org/2015/07/post-1815/

  • http://ameblo.jp/kabushikitaro/
    外国株の取引の経験がない顧客に対して、アメリカ株(外国株)の取引を始めませんか?と営業が言ってきた時点で、その証券会社が自分を詐欺取引の罠に嵌めて全財産を盗み取ろうとしていると判断した方がいい。
    営業がシッポを振って走って来るので、密かに録音しよう。この録音内容が後にこのサギ証券を強烈に苦しめることになる。
    外国株の取引の場合、日本株取引には存在しない手数料が超高額の”店頭取引”という名称の取引手段と手数料が割安の”委託取引”という名称の取引手段が存在するが、この”委託取引”の存在を隠し、あたかも”店頭取引”しか存在しないかのような詐欺の手口でボロ儲けしている証券会社の社名が、昨年の週刊ダイヤモンドの9月27日号に暴露されている。
    このフィナンシャルグループ本体が、口角ひんまがり、やたらに威張りくさったじじいで過去の首相経験大失敗、一節太郎、浪曲子守唄、ひょっとこ大臣にヤミ献金しているため、金融庁も証券取引等監視委員会も国民を証券会社による詐欺の被害から守る気など一切ない。日本証券業協会もグルである。
    これで”NISAをやりましょう!!”とは呆れた国家である。
    アメリカ株(外国株)にはストップ高もストップ安もない。初心者の投資家には非常に危険である。往復の高額な為替手数料も顧客は払わされる。アメリカ株(外国株)なため企業を調査しにくく、サギ証券から意図的に無名な弱小会社のモメンタム銘柄を掴まされる。
    有名企業の株価より乱高下するため、顧客に損切りや利確の提案をし易くなるのである。
    国民一人一人をアメリカ株(外国株)の”店頭取引”詐欺で騙す詐欺の世界戦略に要警戒である。味方どころかドロボーである。
    サラ金の過払い金損害賠償訴訟の次は、このアメリカ株の”店頭取引”詐欺への被害者集団訴訟、国家損害賠償訴訟の嵐が来る。
    金融庁もこのような事例を認識していなかったでは済まされない。散々報告している。
    自分は大丈夫でも家族が騙されている可能性がある。家族の大切な資産が騙し盗られていないか、今すぐ確認しよう。
    http://jaiicomi.jaii.org/2015/07/post-1815/

  • http://ameblo.jp/kabushikitaro/
    外国株の取引の経験がない顧客に対して、アメリカ株(外国株)の取引を始めませんか?と営業が言ってきた時点で、その証券会社が自分を詐欺取引の罠に嵌めて全財産を盗み取ろうとしていると判断した方がいい。
    営業がシッポを振って走って来るので、密かに録音しよう。この録音内容が後にこのサギ証券を強烈に苦しめることになる。
    外国株の取引の場合、日本株取引には存在しない手数料が超高額の”店頭取引”という名称の取引手段と手数料が割安の”委託取引”という名称の取引手段が存在するが、この”委託取引”の存在を隠し、あたかも”店頭取引”しか存在しないかのような詐欺の手口でボロ儲けしている証券会社の社名が、昨年の週刊ダイヤモンドの9月27日号に暴露されている。
    このフィナンシャルグループ本体が、口角ひんまがり、やたらに威張りくさったじじいで過去の首相経験大失敗、一節太郎、浪曲子守唄、ひょっとこ大臣にヤミ献金しているため、金融庁も証券取引等監視委員会も国民を証券会社による詐欺の被害から守る気など一切ない。日本証券業協会もグルである。
    これで”NISAをやりましょう!!”とは呆れた国家である。
    アメリカ株(外国株)にはストップ高もストップ安もない。初心者の投資家には非常に危険である。往復の高額な為替手数料も顧客は払わされる。アメリカ株(外国株)なため企業を調査しにくく、サギ証券から意図的に無名な弱小会社のモメンタム銘柄を掴まされる。
    有名企業の株価より乱高下するため、顧客に損切りや利確の提案をし易くなるのである。
    国民一人一人をアメリカ株(外国株)の”店頭取引”詐欺で騙す詐欺の世界戦略に要警戒である。味方どころかドロボーである。
    サラ金の過払い金損害賠償訴訟の次は、このアメリカ株の”店頭取引”詐欺への被害者集団訴訟、国家損害賠償訴訟の嵐が来る。
    金融庁もこのような事例を認識していなかったでは済まされない。散々報告している。
    自分は大丈夫でも家族が騙されている可能性がある。家族の大切な資産が騙し盗られていないか、今すぐ確認しよう。
    http://jaiicomi.jaii.org/2015/05/post-1699/

  • http://ameblo.jp/kabushikitaro/
    外国株の取引の経験がない顧客に対して、アメリカ株(外国株)の取引を始めませんか?と営業が言ってきた時点で、その証券会社が自分を詐欺取引の罠に嵌めて全財産を盗み取ろうとしていると判断した方がいい。
    営業がシッポを振って走って来るので、密かに録音しよう。この録音内容が後にこのサギ証券を強烈に苦しめることになる。
    外国株の取引の場合、日本株取引には存在しない手数料が超高額の”店頭取引”という名称の取引手段と手数料が割安の”委託取引”という名称の取引手段が存在するが、この”委託取引”の存在を隠し、あたかも”店頭取引”しか存在しないかのような詐欺の手口でボロ儲けしている証券会社の社名が、昨年の週刊ダイヤモンドの9月27日号に暴露されている。
    このフィナンシャルグループ本体が、口角ひんまがり、やたらに威張りくさったじじいで過去の首相経験大失敗、一節太郎、浪曲子守唄、ひょっとこ大臣にヤミ献金しているため、金融庁も証券取引等監視委員会も国民を証券会社による詐欺の被害から守る気など一切ない。
    金融庁は何もせず、証券会社に飼い馴らされたどこかの金融機関を定年退職したじいさんの民間団体であるFINMACに行けと言うだけ。
    これで”NISAをやりましょう!!”とは呆れた国家である。
    アメリカ株(外国株)にはストップ高もストップ安もない。初心者の投資家には非常に危険である。往復の高額な為替手数料も顧客は払わされる。アメリカ株(外国株)なため企業を調査しにくく、サギ証券から意図的に無名な弱小会社のモメンタム銘柄を掴まされる。
    有名企業の株価より乱高下するため、顧客に損切りや利確の提案をし易くなるのである。
    国民一人一人をアメリカ株(外国株)の”店頭取引”詐欺で騙す詐欺の世界戦略に要警戒である。味方どころかドロボーである。
    サラ金の過払い金損害賠償訴訟の次は、このアメリカ株の”店頭取引”詐欺への被害者集団訴訟、国家損害賠償訴訟の嵐が来る。
    金融庁もこのような事例を認識していなかったでは済まされない。散々報告している。
    自分は大丈夫でも家族が騙されている可能性がある。家族の大切な資産が騙し盗られていないか、今すぐ確認しよう。
    http://jaiicomi.jaii.org/2015/05/post-1699/

  • http://ameblo.jp/kabushikitaro/
    外国株の取引の経験がない顧客に対して、アメリカ株(外国株)の取引を始めませんか?と営業が言ってきた時点で、その証券会社が自分を詐欺取引の罠に嵌めて全財産を盗み取ろうとしていると判断した方がいい。
    営業がシッポを振って走って来るので、密かに録音しよう。この録音内容が後にこのサギ証券を強烈に苦しめることになる。
    外国株の取引の場合、日本株取引には存在しない手数料が超高額の”店頭取引”という名称の取引手段と手数料が割安の”委託取引”という名称の取引手段が存在するが、この”委託取引”の存在を隠し、あたかも”店頭取引”しか存在しないかのような詐欺の手口でボロ儲けしている証券会社の社名が、昨年の週刊ダイヤモンドの9月27日号に暴露されている。
    このフィナンシャルグループ本体が、口角ひんまがり、やたらに威張りくさったじじいで過去の首相経験大失敗、一節太郎、浪曲子守唄、ひょっとこ大臣にヤミ献金しているため、金融庁も証券取引等監視委員会も国民を証券会社による詐欺の被害から守る気など一切ない。日本証券業協会もグルである。
    これで”NISAをやりましょう!!”とは呆れた国家である。
    アメリカ株(外国株)にはストップ高もストップ安もない。初心者の投資家には非常に危険である。往復の高額な為替手数料も顧客は払わされる。アメリカ株(外国株)なため企業を調査しにくく、サギ証券から意図的に無名な弱小会社のモメンタム銘柄を掴まされる。
    有名企業の株価より乱高下するため、顧客に損切りや利確の提案をし易くなるのである。
    国民一人一人をアメリカ株(外国株)の”店頭取引”詐欺で騙す詐欺の世界戦略に要警戒である。味方どころかドロボーである。
    サラ金の過払い金損害賠償訴訟の次は、このアメリカ株の”店頭取引”詐欺への被害者集団訴訟、国家損害賠償訴訟の嵐が来る。
    金融庁もこのような事例を認識していなかったでは済まされない。散々報告している。
    自分は大丈夫でも家族が騙されている可能性がある。家族の大切な資産が騙し盗られていないか、今すぐ確認しよう。
    http://jaiicomi.jaii.org/2015/05/post-1699/

  • http://ameblo.jp/kabushikitaro/
    外国株の取引の経験がない顧客に対して、アメリカ株(外国株)の取引を始めませんか?と営業が言ってきた時点で、その証券会社が自分を詐欺取引の罠に嵌めて全財産を盗み取ろうとしていると判断した方がいい。
    営業がシッポを振って走って来るので、密かに録音しよう。この録音内容が後にこのサギ証券を強烈に苦しめることになる。
    外国株の取引の場合、日本株取引には存在しない手数料が超高額の”店頭取引”という名称の取引手段と手数料が割安の”委託取引”という名称の取引手段が存在するが、この”委託取引”の存在を隠し、あたかも”店頭取引”しか存在しないかのような詐欺の手口でボロ儲けしている証券会社の社名が、昨年の週刊ダイヤモンドの9月27日号に暴露されている。
    このフィナンシャルグループ本体が、口角ひんまがり、やたらに偉そうな以前首相大失敗、一節太郎、浪曲子守唄、ひょっとこ大臣にヤミ献金しているため、金融庁も証券取引等監視委員会も国民を証券会社による詐欺の被害から守る気など一切ない。日本証券業協会もグルである。
    これで”NISAをやりましょう!!”とは呆れた国家である。
    アメリカ株(外国株)にはストップ高もストップ安もない。初心者の投資家には非常に危険である。往復の高額な為替手数料も顧客は払わされる。アメリカ株(外国株)なため企業を調査しにくく、サギ証券から意図的に無名な弱小会社のモメンタム銘柄を掴まされる。
    有名企業の株価より乱高下するため、顧客に損切りや利確の提案をし易くなるのである。
    国民一人一人をアメリカ株(外国株)の”店頭取引”詐欺で騙す詐欺の世界戦略に要警戒である。味方どころかドロボーである。
    サラ金の過払い金損害賠償訴訟の次は、このアメリカ株の”店頭取引”詐欺への被害者集団訴訟、国家損害賠償訴訟の嵐が来る。
    金融庁もこのような事例を認識していなかったでは済まされない。散々報告している。
    自分は大丈夫でも家族が騙されている可能性がある。家族の大切な資産が騙し盗られていないか、今すぐ確認しよう。
    http://jaiicomi.jaii.org/2015/05/post-1699/

  • http://ameblo.jp/kabushikitaro/
    外国株の取引の経験がない顧客に対して、アメリカ株(外国株)の取引を始めませんか?と営業が言ってきた時点で、その証券会社が自分を詐欺取引の罠に嵌めて全財産を盗み取ろうとしていると判断した方がいい。
    営業がシッポを振って走って来るので、密かに録音しよう。この録音内容が後にこのサギ証券を強烈に苦しめることになる。
    外国株の取引の場合、日本株取引には存在しない手数料が超高額の”店頭取引”という名称の取引手段と手数料が割安の”委託取引”という名称の取引手段が存在するが、この”委託取引”の存在を隠し、あたかも”店頭取引”しか存在しないかのような詐欺の手口でボロ儲けしている証券会社の社名が、昨年の週刊ダイヤモンドの9月27日号に暴露されている。
    このフィナンシャルグループ本体が、口角ひんまがり、一節太郎、浪曲子守唄、ひょっとこ大臣にヤミ献金しているため、金融庁も証券取引等監視委員会も国民を証券会社による詐欺の被害から守る気など一切ない。日本証券業協会もグルである。
    これで”NISAをやりましょう!!”とは呆れた国家である。
    アメリカ株(外国株)にはストップ高もストップ安もない。初心者の投資家には非常に危険である。往復の高額な為替手数料も顧客は払わされる。アメリカ株(外国株)なため企業を調査しにくく、サギ証券から意図的に無名な弱小会社のモメンタム銘柄を掴まされる。
    有名企業の株価より乱高下するため、顧客に損切りや利確の提案をし易くなるのである。
    国民一人一人をアメリカ株(外国株)の”店頭取引”詐欺で騙す詐欺の世界戦略に要警戒である。味方どころかドロボーである。
    サラ金の過払い金損害賠償訴訟の次は、このアメリカ株の”店頭取引”詐欺への被害者集団訴訟、国家損害賠償訴訟の嵐が来る。
    金融庁もこのような事例を認識していなかったでは済まされない。散々報告している。
    自分は大丈夫でも家族が騙されている可能性がある。家族の大切な資産が騙し盗られていないか、今すぐ確認しよう。
    http://jaiicomi.jaii.org/2015/05/post-1699/

  • http://ameblo.jp/kabushikitaro/
    外国株の取引の経験がない顧客に対して、アメリカ株(外国株)の取引を始めませんか?と営業が言ってきた時点で、その証券会社が自分を詐欺取引の罠に嵌めて全財産を盗み取ろうとしていると判断した方がいい。
    営業がシッポを振って走って来るので、密かに録音しよう。この録音内容が後にこのサギ証券を強烈に苦しめることになる。
    外国株の取引の場合、日本株取引には存在しない手数料が超高額の”店頭取引”という名称の取引手段と手数料が割安の”委託取引”という名称の取引手段が存在するが、この”委託取引”の存在を隠し、あたかも”店頭取引”しか存在しないかのような詐欺の手口でボロ儲けしている証券会社の社名が、昨年の週刊ダイヤモンドの9月27日号に暴露されている。
    このフィナンシャルグループ本体が、口角ひんまがり、一節太郎、浪曲子守唄、ひょっとこ大臣にヤミ献金しているため、金融庁も証券取引等監視委員会も国民を証券会社による詐欺の被害から守る気など一切ない。日本証券業協会もグルである。
    これで”NISAをやりましょう!!”とは呆れた国家である。
    アメリカ株(外国株)にはストップ高もストップ安もない。初心者の投資家には非常に危険である。往復の高額な為替手数料も顧客は払わされる。アメリカ株(外国株)なため企業を調査しにくく、サギ証券から意図的に無名な弱小会社のモメンタム銘柄を掴まされる。
    有名企業の株価より乱高下するため、顧客に損切りや利確の提案をし易くなるのである。
    国民一人一人をアメリカ株(外国株)の”店頭取引”詐欺で騙す詐欺の世界戦略に要警戒である。味方どころかドロボーである。
    サラ金の過払い金損害賠償訴訟の次は、このアメリカ株の”店頭取引”詐欺への被害者集団訴訟、国家損害賠償訴訟の嵐が来る。
    金融庁もこのような事例を認識していなかったでは済まされない。散々報告している。
    自分は大丈夫でも家族が騙されている可能性がある。家族の大切な資産が騙し盗られていないか、今すぐ確認しよう。
    http://jaiicomi.jaii.org/2015/05/post-1699/

  • http://ameblo.jp/kabushikitaro/
    外国株の取引の経験がない顧客に対して、アメリカ株(外国株)の取引を始めませんか?と営業が言ってきた時点で、その証券会社が自分を詐欺取引の罠に嵌めて全財産を盗み取ろうとしていると判断した方がいい。
    営業がシッポを振って走って来るので、密かに録音しよう。この録音内容が後にこのサギ証券を強烈に苦しめることになる。
    外国株の取引の場合、日本株取引には存在しない手数料が超高額の”店頭取引”という名称の取引手段と手数料が割安の”委託取引”という名称の取引手段が存在するが、この”委託取引”の存在を隠し、あたかも”店頭取引”しか存在しないかのような詐欺の手口でボロ儲けしている証券会社の社名が、昨年の週刊ダイヤモンドの9月27日号に暴露されている。
    このフィナンシャルグループ本体が、口角ひんまがり、一節太郎、浪曲子守唄、ひょっとこ大臣にヤミ献金しているため、金融庁も証券取引等監視委員会も国民を証券会社による詐欺の被害から守る気など一切ない。日本証券業協会もグルである。
    これで”NISAをやりましょう!!”とは呆れた国家である。
    アメリカ株(外国株)にはストップ高もストップ安もない。初心者の投資家には非常に危険である。往復の高額な為替手数料も顧客は払わされる。アメリカ株(外国株)なため企業を調査しにくく、サギ証券から意図的に無名な弱小会社のモメンタム銘柄を掴まされる。
    有名企業の株価より乱高下するため、顧客に損切りや利確の提案をし易くなるのである。
    国民一人一人をアメリカ株(外国株)の”店頭取引”詐欺で騙す詐欺の世界戦略に要警戒である。味方どころかドロボーである。
    サラ金の過払い金損害賠償訴訟の次は、このアメリカ株の”店頭取引”詐欺への被害者集団訴訟、国家損害賠償訴訟の嵐が来る。
    金融庁もこのような事例を認識していなかったでは済まされない。散々報告している。
    自分は大丈夫でも家族が騙されている可能性がある。家族の大切な資産が騙し盗られていないか、今すぐ確認しよう。
    http://jaiicomi.jaii.org/2015/05/post-1699/

  • http://ameblo.jp/kabushikitaro/
    外国株の取引の経験がない顧客に対して、アメリカ株(外国株)の取引を始めませんか?と営業が言ってきた時点で、その証券会社が自分を詐欺取引の罠に嵌めて全財産を盗み取ろうとしていると判断した方がいい。
    営業がシッポを振って走って来るので、密かに録音しよう。この録音内容が後にこのサギ証券を強烈に苦しめることになる。
    外国株の取引の場合、日本株取引には存在しない手数料が超高額の”店頭取引”という名称の取引手段と手数料が割安の”委託取引”という名称の取引手段が存在するが、この”委託取引”の存在を隠し、あたかも”店頭取引”しか存在しないかのような詐欺の手口でボロ儲けしている証券会社の社名が、昨年の週刊ダイヤモンドの9月27日号に暴露されている。
    このフィナンシャルグループ本体が、口角ひんまがり、一節太郎、浪曲子守唄、ひょっとこ大臣にヤミ献金しているため、金融庁も証券取引等監視委員会も国民を証券会社による詐欺の被害から守る気など一切ない。日本証券業協会もグルである。
    これで”NISAをやりましょう!!”とは呆れた国家である。
    アメリカ株(外国株)にはストップ高もストップ安もない。初心者の投資家には非常に危険である。往復の高額な為替手数料も顧客は払わされる。アメリカ株(外国株)なため企業を調査しにくく、サギ証券から意図的に無名な弱小会社のモメンタム銘柄を掴まされる。
    有名企業の株価より乱高下するため、顧客に損切りや利確の提案をし易くなるのである。
    国民一人一人をアメリカ株(外国株)の”店頭取引”詐欺で騙す詐欺の世界戦略に要警戒である。味方どころかドロボーである。
    サラ金の過払い金損害賠償訴訟の次は、このアメリカ株の”店頭取引”詐欺への被害者集団訴訟、国家損害賠償訴訟の嵐が来る。
    金融庁もこのような事例を認識していなかったでは済まされない。散々報告している。
    自分は大丈夫でも家族が騙されている可能性がある。家族の大切な資産が騙し盗られていないか、今すぐ確認しよう。
    http://jaiicomi.jaii.org/2015/05/post-1699/

  • <<
  • 75 36
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン