ここから本文です
  • <<
  • 27 1
  • >>
  • >>25

    >「(資金)需要がないのに、いくら供給を増やしても景気回復は怒らない」
    (新日本出版社、雑誌『経済』’16年4月号、P.9)ことは明らか。
    >異次元金融緩和政策は、退場願いたい。

    ★もし それができるならよいのだが
     私のつたない知見では 
     結局、民主党 デフレ時代のように
     欧米に 良いように円高にして”国力があがりましたね♪”と祭り上げられ
     国民も輸入品の安さで気が緩み 
     勤労精神が劣化するなど
     弊害もあったように感じます。

    ・今は(仕方なしに)・・・欧米(中)に負けないよう
     貨幣価値引き下げ・・お金乱発競争でバランスをとるしかない時期ではないか。。。

    ・今後の半年~2年以内の 最大の危機の懸念は 中国経済の行方。
     リーマンの4倍の規模だとの記事も見聞。
     年金も 相当やられてしまうのでしょうね。

  • >>19

    >本当に批判すべきことは、
     既に3分の1以上に達した外国の機関投資家の持つ株価の資産価値維持のために、
     日本国民の年金原資を食いつぶすという行為そのものではないのか。
    >今更だが、海外から見れば日本は優良国ということになる。
     世界的に株価が低迷しても、
     公的資金で株価を買い支えてくれるのだから確定売り もしやすい。
     その結果、年金原資が目減りし、庶民の年金将来は暗いものになった。
    ★>年金給付水準切り下げはあり得ると、
     シレッと言い放つ姿はもはや国民に背を向けた「鬼」でしかない。

    ☆言い得ていますね~。
    ・国の経済運営の話は
     昔から 失敗事例には枚挙がないが
     立場によるが どれが正解だったか?には
     なかなかお目にかからない。
    ・デフレ 円高期も年金暮らしには 悪くなかったようだが
     現役や事業経営者には閉塞感が。。
    ・今さら バブル時代はよかった!と言ってみてもせんないこと。。

    ☆もう少しで お花畑の、夢の世界へたどり着く身なれば
     なんとか 食いつめないで無事にあちらへ行きたいものです(笑)

  • マイナス金利が所得移転をもたらしたことは、重大である。マイナス金利は欧州で先行実施されたが、日本が単にEUに追随したと考えるのは、日本の特殊事情を無視する誤った認識になるようだ。建部正義氏によると、欧州と日本とでは以下の点で異なるという。

    日本では中央銀行預金規模がけた違いに大きく、今後も年間80兆円のペースで増加する。
    「そのすべてにマイナス金利をかけると、金融機関の負担が大きくなりすぎ、かえって金融仲介機能に悪影響を与えるリスクがある。そこで今回は日銀預金に階層構造を採用し、その増加分にマイナス金利をかけるという方法をとって、市場金利に十分影響を与えると同時に、副作用は出来るだけ小さくするように設計とした。その意味で日本型マイナス金利政策といいうる独自に仕組みの導入となった。」(『前衛』。‘16年4月号、P114)
    この意味が相当に難解であることを、建部氏は今日の金融政策は日銀法第3条第2項とはうらはらに、「民は之に由しむべし、之を知らしむべからず」という政策ではないかと危惧する旨を記述している。
    どうやら問題は「日銀当座預金を3段階の階層構造に分割し、それぞれの階層に応じてプラス金利、ゼロ金利、マイナス金利を適用する」という点にあるようだ。
    そういえば、欧州ですでに導入されているものであって云々と、金融緩和策であることは伝えていたが、日本の特殊性についてはBSフジ・プライムニュースの特集番組でも突っ込んではいなかった印象である。
    本年1月29日の、日銀の「本日の決定のポイント」では、金融機関収益への過度の圧迫により金融仲介機能がかえって低下することがないように、3段階の「階層構造」を採用し、ある残高まではプラス金利ないしゼロ金利とすることとした(Q3)

    こうした「木」から「森」に視線を移せば異次元緩和政策は効果があるとは思えない。多少経済に注意を払ってるものから見れば「 (資金)需要がないのに、いくら供給を増やしても景気回復は怒らない」(新日本出版社、雑誌『経済』’16年4月号、P.9)ことは明らか。異次元金融緩和政策は、退場願いたい。

  • 3/11東日本大震災当時安倍晋三は鉄板焼きでお祝い。もちろん総理にふさわしくない。

  • >>19

    今週の株高。安倍総理・自民党・日銀による不正な株価つり上げではないのか。
    安倍総理自民党の指令で不正な株価操作をしてないか。
    景気が悪いのに株価が上がるのはどう考えても作為的だ。
    この前も株価不正操作で捕まったのがいた。安倍総理とは関係ないのだろうか。

  • <日本株や円は「安全資産」なのか?>
     日本国民の一人としては、デフレ不況や消費税増税による家計のピンチを体感しているので、直接生活と関係のない株式指標や為替レートの変動の背景をニュースで解説されても、正直な話実感を持って聞けないでいる。
     まず、アメリカの雇用統計が予想以上に好調で米国株が上昇なんて解説されても、そんな四半期毎の発表で僅か1ポイント程度の上昇が株価上昇を左右するのか?という疑問は拭い去れない。それをマネーゲームとして理解しようにも、多少の構造的な雇用増ならまだしも、瞬間芸に近い話題で相場が上下する方が変だと思う。
     勿論、利益確定や他の要素があって上下するわけだから、本来はそっち(他の要素)の解説があってしかるべきなのだが、証券会社のレポートを読めない庶民は、雇用増という瞬間風速で株が上昇する、としか理解できないだろう。それは、報道側の分析能力の限界かもしれないし、庶民には「余計な話だからこの程度で済ませよう」というポリシーかもしれない。しかし、能力不足であれポリシーであれ、真実(株・為替指標に表現される背景という真実)を報道しないということが、小生には納得できないお話である。
     そこで、日本株や他の資産が安全だから、という理由で日本株が買われたり、ドル安円高になるという筋書きは本当なのか?という疑問がいよいよ強くなる。
     株価上昇や円安は、経済成長を牽引し、やがて大企業からおこぼれが庶民にしたたり落ちるという物語は、絵空事でしかなかったわけだが、その過程で庶民の怒りを呼んだのは株価を高位安定のために年金原資で株価を買い支えるというカラクリだった。大方は運用で生じた損失をやり玉にしたが、本当に批判すべきことは、既に3分の1以上に達した外国の機関投資家の持つ株価の資産価値維持のために、日本国民の年金原資を食いつぶすという行為そのものではないのか。
     今更だが、海外から見れば日本は優良国ということになる。世界的に株価が低迷しても、公的資金で株価を買い支えてくれるのだから確定売りもしやすい。その結果、年金原資が目減りし、庶民の年金将来は暗いものになった。年金給付水準切り下げはあり得ると、シレッと言い放つ姿はもはや国民に背を向けた「鬼」でしかない。

  • もっと事実に基づいた発言をしよう!
    匿名をいいことに、誤字・誤認の羅列は慎みましょう!


  • トラーぷ 2月22日 18:36
    優秀な自民党議員たちの履歴2013年抜粋
    2013年1月 安倍晋三 アルジェリア人質事件で、外遊先で連絡をうけるも予定通り学校視察。事件は最悪の結果に。
    2013年1月 麻生太郎 高齢者など終末期の高額医療費に関連し[さっさと**るように」
    2013年2月 徳田毅 未成年に酒を飲ませてレイプ疑惑で、政務官辞任
    2013年4月 麻生太郎 「名古屋人というのは民度が低い。あんな市長(河村たかし)を選んじゃうんだから」
    2013年4月 安倍晋三 総理一行が、首都高料金所で、5台衝突、2人負傷
    2013年5月 甘利明 「航行上、当機の安全に問題はありません。落ち着いて席にお着き下さい。えー、当機はまもなく乱気流をー、抜ける予定でございます」
    2013年6月 麻生太郎 「八王子や西多摩って、まだ東京都なんだなあ。奥多摩なんてえらい人が少ない。私の住んでいる筑豊のほうが、まだ人がいる」
    2013年8月 麻生太郎 ナチス政権の「手口を学んだらどうか」発言
    2013年9月 安倍晋三 「福島についてお案じの向きには、私から保証をいたします。状況は統御されています」
    2013年9月 安倍晋三 「他のどんな競技場とも似ていない真新しいスタジアムから、確かな財政措置に至るまで、2020年東京大会は、その確実な実行が確証されたものとなります」
    2013年10月 安倍晋三 来年4月から消費税を8%へ増税すると正式に発表。景気刺激策行うと約束
    2013年10月 安倍晋三 総理一行が、首都高速浜崎橋ジャンクション付近で事故
    2013年10月 安倍晋三 総理一行が、総理官邸前の交差点で事故。2日連続。

  • 嘘しかない安倍総理 定数削減も嘘 定数削減までは議員給与引き下げも嘘。

  • >>2

    たんす預金を泥棒に狙わせるためのマイナス金利なのか、と疑いたくなる状況ですね。

  • >>2

    20年近くゼロに近い金利である。百万貯金してカードで引き出すと手数料を取られ定期の金利はパーである。政府は躍起になって株に投資させようとする。しかし、素人の株式投資は、外国の投資機関、ヘッジファンドの餌食になる。日本の証券会社の大得意先(国会議員の先生)の損失補てんに使われる。個人投資家はゴミ(これは日本の証券会社が実際に使う用語である)呼ばれ粗末に扱われる。個人投資家はアフリカのサバンナにいるインパラ・オリックス・水牛・ヌーのような存在で、肉食動物(外国、日本の大口投資機関、ヘッジ)の餌食にされる。

  • >>1

     ないとは言えん。国民の預貯金を没収して、これまでの国の借金をチャラにしたいらしい。憲法に財産権侵害の禁止条項がある。しかし、現政権は憲法解釈の変更等と称する勝手に憲法無視がお得意である。何らかの講釈を絡めて、国民の預貯金を没収に走るであろう。100万円銀行に定期で預けて、年10円の金利もらってナニをするのだ?。急いで預貯金を引き出すのだ。本来は銀行し預けておけば、国が補償してくれて・・安全なのだが・・。国の行動が怪しい。現ナマを確保せよ。
     国がこんな信用できない状態なら、ドルに換えておくのも手か?。
     大多数の国民の預貯金が引き出されたら・・・政府・日銀はどうする?。
     日銀は法律改正してでも・・・と総理大臣に言われて、保身を図った。
     本当に日銀の意図か・・・判らぬ。
     独裁者の考える事は見えている。
     急いで、預貯金を引き出すのだ。
     ただし、賊がホールドアップで来たら、どうしようもない。
     小分けしておいて・・・・そんな場合に渡す分を特別に置いておくのだ。
     国に全部取られるか?。最悪、賊に一部取られるか?。
     賊が来るとは限らない。国は?。どう思いますか?。
     引き出すのは・・・国民の自衛手段です。

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン