ここから本文です
  • リスクなしでの起業なんて甘い話はなく、ビジネスとして商品やサービスを提供する限りリスクはついて回ります。

    ここで説明する話は、初期費用や保証金が必要ない話です。

    必要なものは、あなたの信用です。

    あなたが信用されるところに、相手が欲しがり、信用がおける商品を売り込むのであれば、取引が成立する可能性は高くなります。

    この実績を基にすれば、実績が信用となり、あなたのビジネスは広がる可能性があります。

    いたって簡単なことですが、非常に難しいことでもあります。



    職がないと嘆くのであれば、自分で職を作ればよいのです。

    自営は怖いと話されている方の多くは、大きなビジネスを最初から考えるから足がすくむのであって、1万円を稼ぐことから考えようではありませんか。

    私は仲買さんに知人がいますが、とてもおいしいりんごでも、10キロ2000円ほどで購入できます。(規格外や優品ですが)

    果物はおいしいうちに食べないと味が落ちてしまうので、りんごのシーズンになると私は近所や友人に、頻繁におすそ分けしています。
    中にはお金を出すから私の分も買ってきてなどといわれ、手間賃と合わせて3000円ほど支払ってもらえるときもあります。

    おいしいりんごと味わって知っているので、りんご以外にも果物の問い合わせは多く、そのうちに生産者の方とも友達になり、みかんやイチゴ、柿、梨・・・今ではいろいろなルートで入手することができるようになりました。

    以前ネットショップで、これらの果物を販売していたこともあります。

    ネットショップを経験して私なりに理解したことは、小遣い稼ぎ程度は可能ですが、ビジネスとしては責任と労が多すぎて、お勧めできない内容ということです。

    しかし糸口は感じました。

    固定客としてある程度の利益を乗せた上でも(当然よそで購入するよりお買い得ですが)購入してくれるお得意さんができれば、ビジネスとしてやっていけそうだというです。

    なんといってもスーパーなどでお目にかかれない、産地の完熟であったり、ちょっと難あり加工用が驚くほどの価格で入手可能だからです。



    話を戻しますが、身の回りでも十分売り込める商品はあるのです。

    ただし難しいのは、あなたから購入しても大丈夫?という信用を、購入者があなたに対して持てるかどうかです。

    だから、あなたに対して購入者が信用をもてないと感じるようであれば、あなたは起業を考えるべきでないともいえます。

    しかし昔からの知り合いとか、普段から顔を出しているお店など、あなたのことを知っている人は、まずは話を聞いてくれるのではないでしょうか。

    ここで扱う商品の需要があり、そして価格的に魅力的であれば、商談に進むことは難しいことではありません。


    リスクなしでの起業とは、自分の信用を買ってもらうことです。

    だから間違ってもネットビジネスはお勧めしません。

    アフェリエイトは違うといわれる方もいますが、ではどれだけ儲かるのでしょうか?

    費用をかけていないなら、儲からなくても自分の経験と考えることもできますが、情報商材など購入した結果であればこれは、商材を販売している人に騙されていることに他なりません。

    自分が納得した商材を十分研究した上で、自分の信用で買ってもらえるかどうか商談してみる。

    購入してもらえそうであれば、そこから商品を仕入れても話はつながります。

    これが今考えるに、在庫を持たないリスクが少ない起業だと思います。



    楽して儲かる話は、多くの場合騙しの要素が見え隠れします。



    まずは1万円稼ぐ起業を一緒に考えませんか?



    起業のねたは、ここで提供しますから

  • <<
  • 23 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ