ここから本文です
現在位置:
  • 2017/12/11の「のぞみ34号」で発生した、N700系の台車(歯車箱)のひびわれ事故について

    >東海道・山陽新幹線のぞみの台車に亀裂などの異常が生じた問題で、福山-岡山駅間の車内で乗客が「もやがかかっている」と乗務員に伝えていたことが、JR西日本への取材で分かった。名古屋駅で運転を取りやめる約3時間前から異臭や異音など複数の異常が車内で報告されたが、運転は継続された。国の運輸安全委員会は、新幹線初の重大インシデントとして鉄道事故調査官を派遣しており、異常があった車両に加え、運転継続を判断した経緯も調べる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00000132-mai-soci


    >>車内で異臭がして以降、約700キロの区間を通常に運転を続けて、名古屋駅で目視点検したら異常を発見できた」とのこと。


    故障を未発見のうちに高速走行したので、台車の歯車箱が破壊されていたようだ。それなら 山陽・東海道のうちのどこかで、台車が外れて脱線したかもしれない。

    250キロの高速走行中に 突然脱線したら当然転覆するだろうから、死者は何人くらい 発生しただろうか・・・・・?


    乗客が約1000人、いたそうですが 犠牲者数でいうと世界最大クラスの交通事故になったのでは?

    京都をでたところで 脱線転覆していたら その名がついた世界的事故になったろう、俺も見物に行った (/・ω・)/

    「新幹線安全神話」は,今次の重大インシデントで消え失せたことが 明確だ。

    ざまあみろ。新幹線亡者ども。

  • <<
  • 46 26
  • >>
  • >>43

    >在来線より はるかに高速で長時間ぶっ飛ばす新幹線が危険なのだ

    ★工学的、理論的には走行速度が 高いだけでは
     危険度が高まるとは言えない。

    ・軌道(レール、路盤)と車輪の凸凹、精度不良、支持力の弱さと
     車体重量、走行速度が 衝撃力を左右する。
    ・速度を落とすのは 一つの要素に過ぎず 
     それだけでは問題は解決せず、在来線車両でのトラブルが 証明している。

  • >>42

    JR東海
    列車の台車にひび 特急が運休に
    . 毎日新聞2018年1月21日
    h  ttps://mainichi.jp/articles/20180121/k00/00e/040/190000c

    JR東海は21日、和歌山県新宮市の紀勢線新宮駅構内に止まっていた列車の台車部品の一部に約10センチのひびが入っているのが見つかったと発表した。
    同社は、この車両で運行予定だった紀伊勝浦発名古屋行きの特急ワイドビュー南紀4号を運休、約40人に影響が出た。

     JR東海によると、ひびがあったのは、車輪を安定して回転させるため、車軸の両端を囲い込むように設置されている「軸箱体」と呼ばれる部品。
    同日午前7時35分ごろ、出発前の点検で運転士が、進行方向に対し垂直に入っていたひびを見つけた。

     JR東海は、国土交通省中部運輸局に報告し、詳しい原因を調べている。(共同)

  • >>43

    >あほうなスピード狂がいるから
    在来線より はるかに高速で長時間ぶっ飛ばす新幹線が危険なのだ

    ★鉄道の発展の歴史上
     安全で高速な新幹線は 必然だ!

    ・むしろ 技術と社会の進化のなかで
     いらなくなった在来線こそ
     廃線にするか?新たな魅力ある鉄道に再開発するなど
     どうするか?が大問題だ!

    ・新幹線システムを在来線に波及させるべき技術要件は
    1)踏切をなくして 踏切事故を根本的になくする。
    2)より安定性に優れる 標準軌にする。
    3)路盤、軌道の精度・強度をより高いレベルにする。

    ・逆に 現フル規格新幹線の見直すべき技術要件は
    ①全線高架軌道は無駄が多い⇒交差道路を立体交差化にて建設費の大幅削減を図るべき。
    ②大型車両による 軌道、車両費の跳ね上がり⇒秋田 山形新幹線車両サイズで 軌道、車両費を大幅低減し 全国の在来幹線の新幹線化をすすめるべき。
    ③FGTではなく 改軌で 在来線⇔新幹線の相互乗り入れの拡大を図るべき。

  • >>42

    ドラノスケのような あほうなスピード狂がいるから
    在来線より はるかに高速で長時間ぶっ飛ばす新幹線が危険なのだ

  • >>41

    JR東海の

    在来線でも

    起きている。

    キリ爺の 

    新幹線だけを不安全だと問題視する誤りが

    明らかだ。

  • >>39

    JRの特急列車で台車部品の一部に10cmのヒビ 駅構内での点検で見つかる JR東海
    1/21(日) 18:29配信
    h ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180121-00002226-tokaiv-soci


    JR東海は、和歌山県の紀伊勝浦駅から名古屋駅を走る予定だった特急列車で、台車の部品の一部にヒビが見つかったと発表しました。この影響で運休が発生し、およそ40人に影響がでました。

     ヒビが見つかったのは和歌山県の紀勢線新宮駅構内に止まっていた列車で、車輪を安定して回転させるため、車軸の両端に設置されている「軸箱体」と呼ばれる部品です。

     21日午前7時半すぎ、新宮駅で車両を点検していた運転士が、進行方向に対して垂直におよそ10センチに渡って、ヒビが入っているのを見つけました。

     この影響で予定されていた紀伊勝浦発名古屋行きの特急1本が運休となり、およそ40人に影響が出ました。

     JR東海は、国土交通省中部運輸局に報告し詳しい原因を調べています。

  • >>38

    以前から 
    JR東海の 
    運行第一!
    安全軽視体質が有ったようだ。

    西日本も 同じ体質なのだろう。

  • >>35

    車両不具合
    h  ttps://www.weblio.jp/wkpja/content/%E6%96%B0%E5%B9%B9%E7%B7%9A100%E7%B3%BB%E9%9B%BB%E8%BB%8A_%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%AC%E3%82%B9%E5%8F%B0%E8%BB%8A%E8%A9%A6%E9%A8%93%E8%B5%B0%E8%A1%8C#ボルスタレス台車試験走行

    車輪固着・潤滑油漏れ

    1991年9月30日、新大阪行き最終列車となる「ひかり291号」に発生した[94]。

    東京駅を発車して300m地点で、運転台に車輪固着を知らせる警報が作動[94]。15号車新大阪方の台車のうち、東京方の車軸が固着していた[95]。21時00分に東京を発車して、21時25分、浜松町駅通過までに計8回もの警報が鳴ったにもかかわらず警報のリセットを繰り返し、車輪が固着したまま三島駅(東京から約100km[94])まで走行した[96]。

    8回目の警報が作動した後、運転士はCTCセンターの指令員に停止する旨を伝えると、指令員は運転継続を指示した[97]。運転士は、新横浜駅に駅員と、近くの上り新幹線の運転士に床下から火花が出ているかどうか確かめてほしいと連絡を入れた[98]。そして、固着が起きている15号車の床下から火花が出ていることが確認された[98]。それを受けて、運転士は指令員に列車の停止を伝えると、指令員からは運転継続が指示された[99]。「ひかり291号」が新大阪行きの最終列車であったことや、三島駅(三島車両所)に予備の編成があったためである[99]。さらに、定刻から20分遅れであったため、上限速度ぎりぎり(ATCの頭打ち速度である225km/h)での運行も指示された[99]。そのため、東京駅基準で41キロメートル地点と78キロメートル地点の計2度、ATCブレーキがかかっている[100]。その時も、指令員は「運転を継続してください」との連絡を入れていた[100]。

  • >>36

    >N700系はJR西車とJR海車で同じ台車を使っている

    ☆東日本は大丈夫だろうか?

  • >>35

    h  ttps://blogs.yahoo.co.jp/kuroshio_series381/21890690.html?__ysp=44CM44Gu44Ge44G%2FMzTlj7fjgI3jgIFONzAw57O744Gu5Y%2Bw6LuK5LqL5pWFIOWOn%2BWboA%3D%3D

    当列車に充当されていたのはJR西の博多総合車両所所属のN700系5000番台K5編成で、編成番号からも分かる通りN700系群の中でも最初期に製造されたグループの車両です

    後に、N700A系に準ずる改造を施された車両であることから、いわゆるスモールA車と呼称されるグループのN700系です

    詳しい原因は分かりませんが、製造から今年で丸10年、そして改造工事から丸4年が経過しているものの、今年の2月には全般検査を問題なく通過しています

    老朽化や整備不良などさまざまな原因が考えらますが、台枠に亀裂が発生していたので、脱線事故にまで至らなかったのは不幸中の幸いといえます

    台車の詳細な構造については私も門外漢ですが、まさか神鋼の強度偽装が影響してた…なんていうのは素人の早とちりでしょうか

    しかしながら、小倉駅で異常を感知しておきながら、走行に支障が無いと判断し、その後約3時間に渡って運行を続けたことは問題視されて然るべきでしょう

    また、N700系はJR西車とJR海車で同じ台車を使っているので、今後影響がどれだけ他車に波及するのかは未知数です

  • >>34

    異臭、名古屋駅で運転取りやめ 「重大インシデント」と認定
    h  ttps://mainichi.jp/articles/20171213/k00/00m/040/104000c

     JR西日本は12日、博多-名古屋間を走行していた東海道・山陽新幹線の車両の台車に亀裂や油漏れなどの異常を発見したと発表した。
    11日に運転中、異臭がしたため、名古屋駅で運転を取りやめて検査していた。
    国の運輸安全委員会は12日、事故につながりかねない重大インシデントとして鉄道事故調査官を現地に派遣した。
    航空・鉄道事故調査委員会が発足した2001年以降、新幹線の重大インシデントは初めて。

    検査で、鋼鉄製の台車枠に亀裂が1カ所あったほか、歯車箱付近に油漏れがあり、モーターの回転を車輪に伝える継ぎ手が黒っぽく変色していた。同社は焦げて変色したとみている。

     この車両は07年11月に製造され、692万キロ走行。今年2月、車両を解体して行う「全般検査」を受け、今月10日の目視前点検でも異常はなかったという。【根本毅】

     永瀬和彦・金沢工業大客員教授(鉄道システム工学)の話 
    新幹線の台車枠は二つの車輪を固定し、車体の荷重を受けるため、極めて頑丈に作られている。
    亀裂が原因で台車枠がゆがみ、継ぎ手に大きな力がかかって発熱したり、油漏れを起こしたりしたのではないか。
    亀裂は重大事故につながる可能性があり、あってはならない。

  • >>32

    今回の原因は
    明らかにされていない。
    念のため車輌交換したようだ。

    N700A系の設計か?材料や製造上の問題か?
    原因究明と対策がハッキリとするまで
    減速運転は検討すべきかもしれないね。

    疑いが晴れるまで
    安全第一だ。

    しかし、
    現実的には
    新幹線より在来線のほうが
    遥かに事故が多いのだから
    新幹線を全否定するのは
    大間違いだ。

    在来線のほうが
    けた違いに事故が多発しているのが真実。

    踏切り事故、人身事故。
    止めるなら在来線の方だ。

  • ほら また 新幹線で車両トラブルだ。もう大事故がいつ起きても不思議ではない

    以下引用

    >「この前も…」乗客に不安 のぞみに異音、こだまは異臭

    1/16(火) 20:17配信 朝日新聞デジタル


     16日午前11時半ごろ、博多発東京行き新幹線「のぞみ20号」(N700系、16両編成)が東広島―三原駅間を走行中、車掌が異音に気づき、姫路駅で緊急点検した。台車などに異常は見つからなかったが、乗客を新大阪駅で別の車両に乗り換えさせ、東京駅まで運行した。JR西日本は「(台車に亀裂があったのぞみ34号の)重大インシデントのことも踏まえ、念のため車両を交換した」としている。

     JR西によると、最後部の1号車の運転台付近にいた車掌が「トンネル内を走行中、ドンドンと音がする」と指令に報告。岡山駅から乗り込んだ保守担当2人が再び異音を確認したため、午後0時20分ごろ、停車予定のなかった姫路駅で床下を点検した。車両に異常は見つからず、運行を再開して新大阪駅に約20分遅れで到着した。

     JR東海に新大阪駅で運行を引き継ぐため、東京にいるJR西とJR東海の指令間で協議し、「念のため、異音の詳しい原因を調べる」と判断。車両交換を行ったという。

     この新幹線に乗っていた男性会社員は、音楽を聴きながら寝ていたため、異常に気づかなかったという。新大阪駅で周囲の乗客が降車したため、「焦った」とツイッターでつぶやいた。

     男性は車両を乗り換えた後、隣の席の男性と「この前もあったよね」と言葉を交わしたといい、「万が一(事故が)起きていたら……」と振り返った。乗客の中にはJR社員に不満をぶつける人もおり、社員は対応に追われ焦っている印象だったという。

     また、16日午後0時45分ごろ、新大阪発博多行きの「こだま741号」(500系、8両編成)が新倉敷駅を出発直後、駅員が「出発時に油のようなにおいがした」と指令に報告。次に停車した福山駅で駅員が「1、2号車間で油の臭い」を確認。車掌が台車など床下を点検したが、異臭や異常はなく、約30分遅れで出発した。広島駅から保守担当3人が乗り込み、2号車デッキで塗料のような臭いをわずかに確認したが、他に異臭はなく、終点まで運行を続けたという。JR西は詳しい原因を調べている。

     JR西は昨年12月、のぞみ34号が車内で音や臭いなどの異常が生じながらも約3時間運行を続け、名古屋駅で台車に破断寸前の亀裂が見つかる重大インシデントを起こしている。来島達夫社長は「異常がないことを確認できない場合、ちゅうちょなく列車を止めることを徹底する」と明言している。(波多野大介、寺尾佳恵)
    .
    朝日新聞社

    --------------------------------------------------------------------
    全面点検のために 160キロ運転で半年過ごそう、その間は在来線で長距離移動できるようにしよう。

  • >>30

    またまた

    超時代錯誤の

    ドン キホーテ キリ爺の珍説(笑)

    オンボロ在来線は捨てても何も困らないが

    新幹線は時代のニーズに応えている。

    概ね50km毎の新幹線駅間は
    車で往復で凄く便利だ。

    チンタラ在来線なんか役に立たない。

  • クルマ社会を捨ててこそ 地方は復権する

    東京一極集中がすべての悪の原因だ

    新幹線乗客にも総合交通税を負担させよう

  • >>28

    在来線は
    (殆ど)要らない。

    在来幹線を厳選し
    GS改修を加えて
    事業生産性(収益性)を高められたものだけ残す。

    既に車社会なのだから
    車ではデメリットが大きい領域だけ
    鉄道が生き残れる。

    耄碌キリ爺の
    どうしようもない大赤字路線も残せ!と言う主張は
    通る筈がない!

  • >>26

    >すでに公共インフラだから 勝手に止められないんだよ!

    事故発生の危惧があれば 当然止める、爆破予告がっても止めるだろ?

    それに今日29日もトラブル発生で 大きく遅延しているぞ

    もう 役立たず新幹線。 廃止だ。

     廃止して在来線へ移行させよう

  • >>26

    >走らせないでことへの保障はどうするのだ?

    補償 だろ? 日本語を知らないドラノスケ。

    国会決議で 国交省の監督権限で 運休を命令する

    補償など不要。 JRの責任だから

  • >>25

    >安全点検も緩和運転もしないで走る新幹線、年末に大事故をおこすぞ
    もう 馬鹿の一つ覚えみたいに 新幹線を持ち上げるな。
    > 整備不良と CTCのヒューマンスキルの不全は明白だ。
    いったん 全線運転停止を 国会で決議すればいい

    ★そもそも 国会で議決して決められる案件では無い!
     損害賠償一つとっても 大変な問題だ!
     
    ・たとえば 走らせないでことへの保障はどうするのだ?
     利用者に対して!
     JRに対して!
     その他利害関係者など!

    ・すでに公共インフラだから
     勝手に止められないんだよ!

  • <<
  • 46 26
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順