ここから本文です
現在位置:
  • 2017/12/11の「のぞみ34号」で発生した、N700系の台車(歯車箱)のひびわれ事故について

    >東海道・山陽新幹線のぞみの台車に亀裂などの異常が生じた問題で、福山-岡山駅間の車内で乗客が「もやがかかっている」と乗務員に伝えていたことが、JR西日本への取材で分かった。名古屋駅で運転を取りやめる約3時間前から異臭や異音など複数の異常が車内で報告されたが、運転は継続された。国の運輸安全委員会は、新幹線初の重大インシデントとして鉄道事故調査官を派遣しており、異常があった車両に加え、運転継続を判断した経緯も調べる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00000132-mai-soci


    >>車内で異臭がして以降、約700キロの区間を通常に運転を続けて、名古屋駅で目視点検したら異常を発見できた」とのこと。


    故障を未発見のうちに高速走行したので、台車の歯車箱が破壊されていたようだ。それなら 山陽・東海道のうちのどこかで、台車が外れて脱線したかもしれない。

    250キロの高速走行中に 突然脱線したら当然転覆するだろうから、死者は何人くらい 発生しただろうか・・・・・?


    乗客が約1000人、いたそうですが 犠牲者数でいうと世界最大クラスの交通事故になったのでは?

    京都をでたところで 脱線転覆していたら その名がついた世界的事故になったろう、俺も見物に行った (/・ω・)/

    「新幹線安全神話」は,今次の重大インシデントで消え失せたことが 明確だ。

    ざまあみろ。新幹線亡者ども。

  • <<
  • 56 37
  • >>
  • <<
  • 56 37
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!