ここから本文です

「聲の形」

  • 529
  • 0
  • 2016/09/23 13:05
  • rss
  • <<
  • 529 509
  • >>
  • 529(最新)

    2016年9月23日 13:05

    「ゴールデンタイム」は最終話の前まではすごく好きだったのに、最終話だけが自分の中で「大滑り」してしまったので、途中の内容もかなり記憶の中から葬られました。

    みんなで海に行った帰りに事故を起こすシーン。
    あのシーンはかなりドキドキしました。

  • >>518

    >  無料配信アニメ、「グリザイアの果実」にはまりました。いろんなヴァージョンがあるのでしょうか?。

    これも見ましたよ。
    各ヒロインたちとのストーリーをクリアして絆を深めていく。
    まさにハーレム系、ゲーム原作といった感じでした。

    それぞれのストーリーはそれなりに楽しめました。
    一番盛り上がったのは、姉カズキ絡みでしょうか。
    生きているのか、死んでいるのか。

    シリーズ終盤は、どうせうまくやり遂げるのだろうと思いながら見てたので、感動はなかったです。

  • >>513

    > 「迷家」、今一番楽しいアニメです。わくわくしながら見ています。日曜日が待ち遠しいです。

    私も見ました。
    「なんだ、このストーリー展開は!?」とツッコミを入れたくなることも多々ありましたが、「結末」が気になって毎週楽しみにしてました。

    ・もう少し登場人物少なくても良かったんじゃないか
    ・序盤や中盤でもう少し結末をチラ見できるような演出を入れて欲しかった
    ・フードを着た女の子がキーパソンになると思いきや、チャラ男のよっつんのほうが終盤目立っていた
    ・最終話、こはるんの「すっとこどっこいーーー!!!」
    etc...

    ツッコミどころ満載でした。

  • >>511

    >  そういえば漫画の3大ご都合主義、「一人っ子」、「警察の追及が異常に少ない」、「親が登場しない」でした。

    「一人っ子」についてはそんなに意識したことないんですけど、逆に兄弟が出てくると、「兄弟がいたんだ~」って思います。
    「親が登場しない」ことは最初の頃は気になりました。「こいつらどうやって生活してんだ?」って。

    でも、描写しなくて済むものは済ませようというスタンスなんだろうと今は割り切って見てます。

  •  「聲の形」連載中の情熱はすっかりなくなってしまいました。このころは朝の3時に起きて近所のセブンイレブンまでマガジンを買いに行って読んでから4時に寝るというめちゃくちゃな生活を情熱が支えていたのですが。
     9月17日から公開のアニメ映画、見に行かないでしょう。コマーシャル映像を見たを限りではあまり盛られた部分はなさそうな、原作に忠実な作品という感じがします。
     そいえば「なぞ解き・聲の形」、でも触れられていて発売が希望されていたファンブックみたいのが16日に発売されています。ここにはオリジナル版とリメイク版も収録されているようです。こんなのが発売されてしまうとオークションで買ったマガジン2013年13号でしたっけ?、とか、別冊マガジンを国会図書館でコピーしてもらうとった当時の欲望を凝縮した努力がばかばかしく懐かしく思えます。

     映画公開を記念にこのトピは閉鎖します。

  •  ゴールデンタイムのPSVソフト「ゴールデンタイム ヴィヴィッド・メモリーズ」を買ってしまいました。

  •  この頃はジャンプSQの「伝説の勇者の婚活」にはまりました。恋愛→結婚でなく、いきなり婚活という物語が斬新です。ドラゴン・クエストにならないことを祈っています。

  • >>521

    「ゴールデンタイム」、主人公が事故に遭ってなければ進路は浪人生みたいです。5話か6話のあたりの会話からうかがえます。しかし、サブヒロインのリンダ、主人公に勉強を教えるなんて言ってますが、時間が経てば受験勉強の内容なんて覚えてはいないのではなんて突っ込んだりしながら楽しんでます。
    そういえば最終話、主人公:万里は香子も含めこたつで家族でくつろいでいます。しかし、その前のリンダとの会話では万里の親父、餅つきの準備をしていたのでは?。こたつでくつろいでいていいのか?。万里、お前も20歳なんだから餅つきの準備、親父任せにしてないで手伝えと突っ込みが。ところで静岡って12月31日、正月の直前に餅つきやるの?。

  •  なんとなく迷いがの最終回、グダグダというか、期待したほど面白くなかったです。最初は最高でしたが、中盤から面白みが亡くなったような感じです。
    私、何を期待していたのでしょうか?。

     はまったのはGYAOで全話を無料配信していた「ゴールデン・タイム」、すっかりこの頃はラヴ・コメ一直線になりました。設定が凝ってる言うか素晴らしい。事故で記憶を無くした主人公が事故のせいで1年遅れて大学へ進学し、大学で知り合った友達を追いかけ来た女性(ヒロインであり友達の彼女ではない。)と恋仲になってしまう。しかし、主人公は記憶を取り戻し、彼女のことは忘れてしまう。最高です。このアニメ、エンディングのキャストのところでヒロインが主人公より前というか上にかかれているところがとてもいいです。これはヒロイン役の声優さんが有名な方だからでしょうかなんてことも思いながら見ていました。でも、この物語の主人公、ヒロイン、登場人物は私の子供と同じくらいの年です。それでもワクワクしながら見ていました。ところでこの物語、主人公が事故に遭わなければ高校卒業後の進路はどうなっていたのでしょうか?。事故が高校卒業の次の日ですからもう進路は決まっていたはず。このことに触れている場面、あったかなあ?。

  •  そう言えば「真田丸」、上田のインターへ繋がる国道144号の午後の渋滞がなくなりました。舞台が大阪なので一時の爆発的上田観光はすでに終演という感じがしました。それでも真田の館には平日でもちらほら観光客が来ているようです。でも、地元住民の生活道路にnaviを頼りに県外車が入ってくるのは迷惑です。少し向こうに大きなバイパスがあるのだから。

     娘が買ってきた「南アルプスの天然水」、まずい。自宅の水道水のほうがはるかに美味しい。こんなものをお金を払って買ってはいけないと思いました。

  •  無料配信アニメ、「グリザイアの果実」にはまりました。いろんなヴァージョンがあるのでしょうか?。単行本、アマゾンの無料配信の第1巻はもっとエロかったような。よくよく追求していくと元はエロゲームです。

     迷家はここへきて、いろんな人が実は生きていて、陰で他人を操っている人もいる。ちょっと散漫さを感じるところも。宇宙戦艦ヤマトのリメイク版も後半散漫、、ストーリーの悪さ、不自然さを感じた。迷家もこうならなければいいが。

  •  「迷家」の主人公?の光宗君、リオンに「幽霊が見えるなんて羨ましい。」なんて言ってしまい、たしなめられます。まあ高校生ではそんな程度にしか思わないのでしょう。50歳を過ぎた自分と比べてはいけないのでしょうが、幽霊は見えないほうがいいそうです。夜目を覚ますと目の前に幽霊がいるなんてこと、とても怖いそうです。またリオンも言ってますが、見えるなんて口にすると気味悪いとか、嘘つきとか変人扱いされることが多いそうです。
     でも「迷家」、またまた大きく話が動き出しました。

  •  GYAOの無料配信アニメ、いいですね。最高です。今好きなのは、「迷家」、「ひぐらしのなく頃に」、「地獄少女」です。その他にも面白い作品が。すべてが無料ではないが、これだけ無料ならツタヤのレンタルの旧作が80円というのもうなずける。ツタヤに未来はないとも思える。

     漫画よりアニメの無料配信にはまったこの頃。

  •  迷家、最高に楽しいです。第5話のタイトル、「ユウナが3人~」、しかし内容はユウナ、ユウネ、ユウノの3人とまったく関係なかったです。
     コマーシャルから次回の主人公を探そうとしましたが、元僧侶?は見つかりませんでした。予告映像から、まいまいとらぶぽんの二人の二人の過去が次回のキーのような?。ちなみコマーシャル映像をよく見るとらぶぽんは中学生、リオンは少女とあります。どこかでリオンは中学生と紹介されていたような。

  •  4月から始まった朝ドラ「とと姉ちゃん」、楽しいです。この頃のドラマでつまらなかったのは「まれ」だけです。もっとも実在のモデルのいるドラマは面白いそうです。
     
     しかし、前のドラマ「あさが来た」、史実では主人公に男の子が生まれなかったので主人公の実家から主人公の夫にお妾さんを迎え、こちらには男の子が生まれたそうです。
     ネットの記事を読むと史実に忠実にという意見がありますが、今の時代、お妾さんでは受けない、反感を買うにではないでしょうか。
     しかし、ドラマでは主人公の子供は一人っ子、この時代、一人っ子なんてことがあるのか?、全くないわけではないと思うが娯楽の少ないこの時代、うーーん。お妾さんではだめという事で出てきた主人公の義理の弟、こちらも子供は女の子2人、主人公の孫も女の子一人、ドラマはここで終わっているが、いつの間にか私の大嫌いな女、女、女という物語になってしまった。義理のに弟に女の子しか生まれないのであれば義理の弟なんていらなかったのではないだろうか。ここが残念な設定となってしまった。

  •  「迷家」、今一番楽しいアニメです。わくわくしながら見ています。日曜日が待ち遠しいです。

     「武装中学生」、結構楽しいです。しかし、続きは?。最初のところで中学生兵士がたくさんなくなります。悲惨な始まりです。しかし、おじさん兵士、成人男性が主人公ではあまり面白くない、新鮮味がないのが漫画、アニメとしての現実です。

     「フルーツバスケット」、2話目以降を見れば面白くなるのでしょうか、典型的な少女漫画で、あまり面白くなかったです。ではなぜ「赤髪の白雪姫」は面白いのか?。

     「くまみこ」、小学生相手に結構きわどいところが。でも、結構楽しいです。田舎でゆったりとした調子で物語が進んでいきます。私には丁度いいような物語です。

  •  「迷家」第4話、見ました。運転手の死んだはずの子供が見えるなど、ストーリーが霊的、神秘的な方向に向かっています。しかし、誰もいない村、畑を見ると昨日まで手入れがされていた畑なんてところからこの物語は神秘的でないと物語が成り立たないのは当然でしょう。でも、とても面白いです。

     運転手は彼の亡くなった娘が見えるという事は、最初の犠牲者?よっつんは知り合いで亡くなった誰かが見えたのでしょうか?。ジャックを閉じ込めた地下牢、ジャックがいなくなり、開いた牢屋が一瞬見えました。しかし、これは神秘的なことではなく、メンバーの誰かが牢を開けたと私は思いました。
     ジャッジネス、彼は崖から転落?してどうなったのでしょうか。しかしこいつ、誰が使った解らい布団は使えないなんて言っている、こんな細かい奴がどうしてこのツアーに参加したか、見ていて腹立たしいです。崖から落ちて私はすっきりしました。
     仕切っているこいつ、何て名前でしたっけ?、こいつも賞味期限が1秒たりとも過ぎたものは口にしないとか。こいつも細かくて」がっかりしました。
     主人公:光宗が思いを寄せる彼女、この彼女は何かを知ってそうな感じがします。

  •  GYAOのアニメの無料配信で地獄少女を見ています。昔娘とレンタルで見たことあるのですが、こんな内容でしたか?。すっかり忘れています。しかし不満なのは登場人物、一人っ子がやたらと多い。なぜ漫画は一人っ子が多いのでしょうか?。

     そういえば漫画の3大ご都合主義、「一人っ子」、「警察の追及が異常に少ない」、「親が登場しない」でした。

     地獄少女は結構親が登場します。

  •  「聲の形」、9月公開でしょうか、少年マガジンに広告が載っていました。さて、昔ほどの情熱はなないのですが。映画館へ見に行くことはないと思いますが。

     「赤髪の白雪姫」、2ndシーズンが終了しました。う~ん、1stシーズンのほうがよかったなーー。そういえば前回の書き込み、誤:「白の中」、正:「城の中」でした。

     この頃はGYAOで見つけた「迷家」が好きです。

  •  このごろ「真田丸」のせいで上田の市街地が休日ごった返しです。観光で生きているわけではない私には迷惑です。高速への道国道144号は上田行き、インター行きとどちらも渋滞しています。しかし、丁度桜の時期と重なり桜はきれいです。上田駅方面も渋滞です。上から下って行って上田駅の交差点を右に曲がってまっすぐ行くと上田城の下の無料駐車場に行けるので、ここを目当てに行く観光客が多いのが原因と思っています。

     真田丸といえば小諸の懐古園も紹介されました。小諸というと懐古園の先、佐久市方面に西友があり、ここの少女、女性漫画がこれでもかというくらい置かれていますが売れているように見えません。これも何かのしがらみで売れないものを渋々おいているのでしょうか。

     あれだけあった「聲の形」熱、さめましたねーー。というか久々に目覚めた漫画熱、全く見ないわけではないのですが、冷めてきました。かといってGYAOの無料配信も気合いを入れて面白そうな作品を探すわけでもなく、どれもこれもちょこっとかじって面白そうなものがあればという感じです。

     「赤髪の白雪姫」、アニメ第2シーズンが終了しました。この作品、どちらかというと海賊にさらわれてドキドキハラハラしながら見ているよりも白の中、白の外のちょっとしたエピソードのほうがゆったりとしていて好きです。私年のせいかゆったりまったりが好きになってきたのでしょうか?。

  • <<
  • 529 509
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン