ここから本文です
  • <<
  • 6811 6788
  • >>
  • >>6810

    まりさん
    おはようございます。

    おっしゃるように、砂糖は身体によくないようですね。
    特に白砂糖は最悪です。
    高校の夏休みに行った名古屋のヨガ道場の先生も、『白砂糖、白米など白いものは食べるな』と言っていました。
    砂糖税を課している国もあります。
    日本も砂糖税は始めたほうがいいかもしれません。
    コンビニでも甘いもの、しかもとても美味しいものが非常に安く売られています。
    ここまで甘くておいしいものが安く手に入ると日本人の身体は蝕まれていくようになるのではないでしょうか。
    このことからしても砂糖税は必要な気がしますが。

    私はコーヒーはブラック、煮ものはみりんで調整して砂糖は使いませんが
    昼にヨーグルトに純ココア・黒ゴマ・黒豆きなことはちみつをたっぷりかけます。
    はちみつも糖分ですのでどうしても中性脂肪は上がってしまいますね。
    気を付けたいとは思います。

    今日もいい日でありますように。

  • ショーシャンクさん 皆さん
    こんばんは。

    桜の蕾が膨らみもう直ぐ花の饗宴が始まりますね。
    春はワルツのの曲が似合いそう。
    何だか今からワクワクしている私がいます。

    3連休花粉症がひどくてビデオ 料理の本等観て過ごしました。
    面白い映画見つけました。「甘くない砂糖の話」
    この映画中高年の方には観て頂きたいなーと思います。
    60日間砂糖を食べ続けるとどうなるか?実話らしいです。
    おわかりになりますよね!中性脂肪が蓄積されそれも内臓脂肪メタボリックシンドロームに。
    ゼロカロリーと言われている清涼飲料水も決してノンシュガーではありませんからご注意を!

    3月も下旬年度末で別れと出会いの季節ですね。

    明日はいい日でありますように!

  • ショーシャンクさん

    羽生結弦くんのあの役どころはどんな具合になるかと、やはり心配でしたね。
    本人も出演依頼がきたとき一度は辞退されたとのことです。
    でも出身地の仙台にそういう人たちが実在したことに心打たれ、映画を通じて少しでも復興途上の東北の為に
    なればという思いで受けたと聞きました。

    若く世間知らずでありながらも感じやすい人柄の役でしたが、羽生くんの身に備わった
    エレガントさで品よくできていて良かったです。

  • ショーシャンクさん、みなさん
    こんばんは。

    ダリアさん、はじめまして。

    >能年さんではなくて永野芽郁さん

    同じかわいい系の顔立ちですし似てますね。永野芽郁さんはまだ17才なんですね^^;


    宮崎あおいさんが役作りの為に体重を増やした、というのは
    たぶん『怒り』の愛子のことですね。
    吉田修一さんの原作ではもっと体重もあったり、普通の女の子とはちょっと違うところもあって、という愛子なのですが、
    さすがに映画では女優さんのビジュをそこまで崩せなかったようです。
    でも、映画のなかで愛子はしっかり存在していました。
    あるシーンで父親の渡辺謙に、「愛子だから?」って言うところは思わず
    喉の奥が熱くなりました。。。

  • >>6804

    ダリアさん
    おはようございます。

    確かに最近、宮崎あおいはパッとしませんね。
    『篤姫』がピークで、それ以降あまり凄みが出てこないままなので
    この辺で転機になる役が必要でしょうね。
    二階堂ふみは、今のところそれほど演技が上手とも思いませんが
    悪女の役ができるのでこれから数年は活躍しそうですね。

    今日もいい日でありますように。

  • >>6802

    マグノリアさん
    おはようございます。

    マグノリアさんが紹介された『殿、利息でござる!』は予想外に良かったですよ。
    ここで紹介していただいてなければ絶対に観ることがない作品でしたが。
    実話というところが泣けました。
    最も大事な部分で羽生結弦選手が重要な役をしていたのでヒヤヒヤしてましたが
    無難に乗り切れたのでよかったです。
    素人の人が有名なだけで出演して、作品全部をぶち壊すことは多いことなので
    まずは安心しました。

    YouTube、ありがとうございます。

    今日もいい日でありますように。

  • ショーシャンク様 みなさん おはようございます。

    マグノリアさん 

    わたしは、つい最近まで UQモバイルのCMに出演している3人の女性は、深田恭子さんと多部未華子さんと能年玲奈さん(のんさん)だとばかり思っていましたが 能年さんではなくて永野芽郁さんという女優さんだと知り驚きました。
    あまりにそっくりで見分けがつきませんでした。
    あと、宮崎あおいさんと二階堂ふみさんの見分けもつきませんでした。
    宮崎あおいさんが、何かの映画に出演した際
    役作りの為に体重を増やしたと話してましたが
    それなら、監督は二階堂ふみさんを起用した方がいいんじゃないかと思ったりしました。

  • ショーシャンクさん、みなさん
    こんばんは。

    週末は映画楽しまれたのですね。^^

    今日は風が強くて、寒い日でした。
    私はちょっと忙しくて映画観ることできないでいます。


    「この世界の片隅に」すずさんの声の のんちゃん、高い評価で
    使ってくれるスポンサーさん出てきましたね。
    TVCM LINE MOBILEの曲がキリンジの「エイリアンズ」、これ好きでよく聴いてました。
    いろんな人がカバーしてるけど、秦基博さんで
    よろしかったら、どうぞ。

    https://www.youtube.com/watch?v=-hkRusHMQ7k


    劇場版『嘆きの王冠 ホロウ・クラウン』大阪、東京、名古屋で公開されるようです。
    ティーザー予告があがってました。
    https://www.youtube.com/watch?v=BWxe_f5fUBQ

  • >>6800

    owlさん
    こんばんは。

    電子書籍は確かに便利ですね。
    読みたいときに瞬時に取り込めますので待つ時間がないですし
    何よりもスペースを取らないことが最大のメリットですね。
    紙の本は好きですが、買った後、電子書籍にしておけばよかったという本も多いですね。

    週末は、『ハドソン川の奇跡』『殿、利息でござる!』そして録画しておいた『お葬式』を見ました。
    『殿、利息でござる!』は期待していなかった作品ですが、ちょっと泣けました。
    人に褒められるためにいいことをするんじゃない、という生き方は本当にいいですね。
    実話ですから、日本人の素晴らしいところを再確認できました。
    反面、期待が大きかったせいか『ハドソン川の奇跡』はあまり感動できませんでした。
    『お葬式』は経験した目で見ると、人間の営みの無常さや馬鹿馬鹿しさのようなものが感じられました。

    明日も(すでに今日も、ですが)いい日でありますように。

  • ショーシャンクさん、みなさん
    こんばんは。

    本の整理をして、100冊程bookoffなどに来てもらうことにしました。
    大切な作家は別として、電子書籍の便利さを享受していこうと思っています。読みやすいですものね。

    暖気の中に寒気もあり、いまだに春は覚束ない歩みですが、ふくらみかけた花の蕾が、
    変わりゆく季節に誘ってくれます。

    先日は、アドバイスをいただき、ありがとうございました。心の中にしっかりとしまいました。
    明るい色のクリスマスローズを選びました。どうぞお受け取り下さい。
    どうぞ、明日も「好日」でありますように。

    映画についてのひとりごと ショーシャンクさん、みなさん こんばんは。  本の整理をして、100冊程bookoffなどに来てもら

  • >>6798

    まりさん
    おはようございます。

    『きみがくれた物語』は、『きみに読む物語』と同じ作者らしいですね。
    映画の『きみに読む物語』は名作だと思いますが
    『きみがくれた物語』は感動がありませんでしたか。
    映画で成功させるのは難しいのでしょうね。

    私は、ここで題名が挙がっていた『ハドソン川の奇跡』『フリーダム・ライダーズ』『殿、利息でござる!』『戦火の馬』のディスクが届きましたので
    見ていこうと思っています。

    うぐいすも鳴いて山の散策が楽しい季節になりました。
    いい日曜日をお過ごしください。

  • ショーシャンクさん 皆さん
    こんばんは。

    今日は東日本大震災の日 あれから6年たつのですね。
    あの津波の風景 映画のワンシーンを観てるような恐怖を感じて観てました。
    被災者の皆さんはあの時からまだ悲しみから立ち直おれず時がが止まっておられるのではないでしょうか?
    被災されてる方の事を思うと決して風化してはいけないと思います。

    今日は「きみがくれた物語」観ました。
    獣医と女性医師とのラブストーリー 結婚し子供二人に恵まれますが
    ある日最愛の妻が交通事故で3ヶ月以上意識不明に病院では治療は諦めて施設入りを勧められます。
    施設に入って意識を取り戻しhappyend・・感動もない普通の映画でした。

    今の季節春と冬が混在して着るものに気を遣います。
    私にとっては花粉症でイヤな季節ですが今日は小さい春を見つけました。
    黄色スイセンの花ラッパスイセンでした。
    植物は季節を捉え咲き時をキャッチしてるんですね。

    明日は日曜日いい日でありますように!

  • >>6796

    owlさん
    おはようございます。

    私はあまりタブーを怖れず自分が書きたいこと、書くことで自分がfeel goodになるものだけを書きたいと思っています。
    ネタバレとかもあるかもしれませんが気にしません。
    他人にどう思われるかで自分の行動を決めない、これを今年は心掛けています。
    いわゆる、嫌われる勇気ですね。
    ドラマの『嫌われる勇気』はますますとんでもない脚本になって
    もうあの本の題名を使うことは許されないレベルになっていますが。

    正確に言うと、他人によく見られたいために自分がfeel goodでないことをするパターン、
    これが人間の基本的なパターンですが、そのパターンからfeel goodの方に重心を移すということですね。
    なかなかこれは難しいことです。
    もちろん、人の注目を浴びようとして他人の嫌がることをわざとするのは
    これは他人の注目のみを重要視する最悪な選択ですが。

  • ショーシャンクさん、みなさん、
    おはようございます!

    自分の投稿が長くなる理由もやっとわかってきました。(遅すぎですね。)
    coohさんのご投稿を参考にしながら、感想を中心にしようと思いました。

    eifさん、島を調べてみたのですが、朝の時間では解りませんでした。
    ご投稿いつも楽しみにしていますので、これからもよろしくお願いいたします。またお気遣いありがとうございます。

    ショーシャンクさんのお人柄で、この掲示板には優しくて良い方が集まっていらして、その一員でいられることが
    本当にありがたいです。今後気をつけますので、またどうぞよろしくお願いいたします!
    春の日差しが心地良いですね。暖かくなってきたので小さな虫も出没しています。
    楽しみな季節になってきました。今日も「好日」でありますように。

  • >>6791

    owlさん、おはようございます。
    そういう場合は2行ほどあけて
    「⚠ご注意❕ ここから下はネタバレです。」
    と書いてからなら、どうでしょうか。

  • ショーシャンクさん、皆さんおはようございます。
    元号はその時代なりに世代をひとくくりで表現したりできるので、有ってよいかと思ってますが。
    暦については、世界には旧暦も命脈を保っていますし、(私は旧暦の季節感表現が好きですが)
    また西暦だけでなくイスラム暦も広く採用されてますね。
    私は1年が364日の暦(古代ユダヤ暦にあったそうです)を採用してほしいと密かに思ってます。
    何故か? 7で割り切れるからです。
    そうすることで日付と曜日が毎年一致することになります。1月1日が月曜日であったなら何年先でも
    1月1日は月曜日です。5月5日が日曜日なら翌年もまたその日は日曜日と判ります。
    日常生活にかなり便利と思いますが如何でしょうか。
    うるう日は7日をいっぺんに取ることになると思います。
    その代わりうるう年は20年に1回位くらいで済むのではないでしょうか。
    スコットランドの近くの小島に、古代ユダヤ教を信奉している住民が暮らしており、その人達が今もこの
    古代ユダヤ暦である、1年が364日の暦を使っているとのことです。
    私のネット検索力では、なんという村なのかは探せませんでしたが、皆さんなら(特にowlさんなら)
    探せるのではないでしょうか。
    皆さんに良い1日でありますように。

  • >>6789

    高尚人さん、はじめまして。owlと申します。

    ご指摘していただきありがとうございます。
    今後気をつけて投稿させていただきたいと思いました。
    不快な思いをさせてしまい申し訳ありません。
    今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

    ショーシャンクさん、みなさん、
    何とか読み飛ばしていただけたら。。。というわけにいかないので、
    今後もっと気配りをしながら投稿するようにします。
    申し訳ありません。

  • >>6788

    owl さん 上映始まって間もない作品のネタバレをしちゃうのはよろしくないかと

  • ショーシャンクさん、みなさん、
    こんばんは。

    『ララ・ランド』ですが、なぜか、もやもやしていたので考えていました。
    今も映画音楽は大好きですが、全体の印象は、
    豪華キャストで作成した、どこか懐かしい映画、ではなく、ミュージックビデオです。
    内容は恋愛物語、少女マンガの延長で、ラストは、夫が、以前付きあっていた彼にかわるという想像。ララランドの夢の世界から現実に戻るというまさかのエンド!
    こんな妄想は、エンドロールにでも、観客に任せてくれれば良いのに。
    見終わった後は、(ふ~ん。。。)現実ね。。。。。夢と現実は違うということ。。。
    予告では、最後は踊りながらでも出ていける程楽しいようだったのに、
    その余韻のなさにあっけにとられました。

    気分を変えようと、『抵抗 死刑囚の手記より』を観ました。とても良かったです。白黒フランス映画です。
    ド イツ占領下のフランスで監獄に入れられたフランス人中尉が、生き延びることを決意し脱出を考える。
    限られた空間、人物、限られた会話。囚人として繰り返される日常。
    日常の生活の音と、脱出を前に進めて行くための布を引き裂く音や、または銃殺の音。
    音楽は、モーツァルトの「ミサ曲 ハ短調」「主よ憐れみたまえ」が時々流れるのみ
    (製作費はとても安いと思います)
    脱出成功、即終了。でしたので、その後のエンドロールでは、ミサ曲を聴きながら「やったぞ!」とそっと拳を握りしめてしまいました。
    脱獄への秘めた思い。固い意志。希望。それは、静かに、しかし熱くなって、小説を読んでいるようでした。

    3月は別れや旅立ち、4月になるとまた新たな出会いも待っていますね。
    春は、終わりと始まり、出会いと別れの季節ですね。前に向かって進み、明日も「好日」でありますように。

  • <<
  • 6811 6788
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順