ここから本文です
  • <<
  • 642 622
  • >>
  • 642(最新)

    女神湖 10月19日 08:15

    老舗・米問屋のボン藤吉は「総領の甚六」の諺どおりか。
    ……「蔵の中」と云うシチュエーションはオドロオドロしていて小説の題材には度々使われている。
    横溝正史、小池真理子、宇野浩二、宮尾登美子、、、etc.

    ロミオとジュリエットの逆バージョンのやりとりももうええワ。
    しかし、お互いが手紙のやり取りで深く心が通いあっていた、ということは文通をした事がある方なら分かるでしょう。
    手紙の持つ力は大きいのです。(今、文通が流行ってるそうですね)
    あゝ、きれいな柿だ、ビタミンタップリ。
    藤吉はお堂の軒先で寝起きしてテンの元へ通っていたか、、これじゃいつの世も「文通イコール駆け落ち」間違いない!
    (誰の事言ってるんだか? 内緒でゲス(ㆁᴗㆁ✿)

    保奈美さん、歳を重ねた表情ジワがいいですね、「カンチ!」

  • とにかく、「お早うございます」。
    やっと霧の中から朝陽が差してきました。

    このドラマの衣装担当者は「志野旬子」さん他4人ほどおられるそうで、りり子の頭のてっぺんから足の先まであのアバンギャルドな組み合わせ、母しず、祖母ハツ、の和服の品のよさ、藤吉のパッチワーク風な着物のセンスもそれぞれよく見ると良い仕事してます。

    でも、ユーヅーの効かない性分の自分としては、蔵の中で隠れてる若造二人「便所はどうしてたんじゃ、便所は!」とビローなことが気になってた。

    とにかく、このドラマ助走が長いしキャスティングが良いだけに勿体ない。

  • お早うございます、、、

    「………………」

    本日はコメ無しでんねん、、 つまらん。

    つくづく「ひよっこ」がなつかしい。

  • おっはよーござまース!

    乁 今日もこぬか雨、明日もこぬか雨、これじゃウチん中も湿気て仕方ねー (ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-

    ってな按配の暗い天気の続く週の様です。
    皆様、どんな風に気分転換をお図りでしょうか?
    それにしても関東の紅葉前線は大丈夫でしょうか?

    嫁入り前と云う娘がいつまで真っ赤っかなベベ着て…前髪もおカッパで妹と対照的。
    その妹の縁談が先に片付くとは時代背景的にどーナンだろーか?

    よく見たら芝居小屋の若者達、皆、イケメンと可愛子ちゃんばかり、かのメガネをかけたキース役の彼はイケメンコンテストでも鳴らした「大野拓朗」くん、
    あの娘義太夫のりり子役は美人姉妹の誉高い広瀬アリスちゃんだし、、、(チョッコシ鼻ぺちゃですが)
    オット、また例の漫才コンビ「海原」コンビ等、今後も吉本芸人オンパレードになるんでしょう。

    ★ 朝ドラでしゃべり場 おっはよーござまース!  乁  今日もこぬか雨、明日もこぬか雨、これじゃウチん中も湿気て仕方ねー (

  • お早うございます。

    日本の製薬業界に一石を投じることになるのか、兄の遺稿がテンの一家を救った。
    「イノサマ…」、、、前髪パラリの栞さんは、喋り方もバリトンでモテないわきゃないわナ。
    しかし、出会いがあのシーンでは彼が躊躇するのは当然です。
    しかし、彼も「自由恋愛・ビジネスパートナー」と云うからには平凡では無いはずですから今後の絡みも少しは……

    襖倒して「後家でよければアテでも」って、景子さん、さすがに役どころとはいえ相手が一生クンではギャグが冴えないしちょっとキモ!
    藤吉との再会も、又いつもこの「衝突」パターンかいね、
    「馬鹿な出会いが利口に化ける」か、
    どうも頭の隅っこで選挙のことが気になって、のんびり朝ドラどころじゃない気分、楽しめない。

  • お早うございます。
    倉庫火災のトバッチリで結納もご破産、、
    ヒロインには「影」が必要なんだけれども兄の死の影は辛い。

    こう云う不運な運命にはいたく連帯感と共鳴を覚えますっ! (≧∇≦*)
    人間だけが笑う? いいえ「馬」も笑うみたいです。
    「辛い時こそ笑う…」そう出来たら何でも乗り越えられる馬力が出ることは確か。

    ★ 朝ドラでしゃべり場 お早うございます。 倉庫火災のトバッチリで結納もご破産、、 ヒロインには「影」が必要なんだけれども兄

  • お早うございます。

    あの「栞」氏は、かなり魅力的な人物らしいです。
    それに…テンの「文化・ゲーノー?」の問に斜め横立ちで、ウィンクするなんぞ、オンナの好みにかけてもうるさそうやんけ(笑)
    多分、リアル一生クン、自分がどう見えるか、他人目線を常に意識してるんでしょう。
    俳優だもの、、、

    一連のオバカなテンの騒動の中で倒れてしまった兄、頭の良さと優しさ故に強度のストレスが喘息を悪化させてしまったか。
    「ドイツの新薬」!これが又テンのお転婆に火がついて栞に会いにいくとか?
    今でも当然の事ながら「薬事法」←(今ではこうは云いませんが) の壁は厚い。

  • お早うございます、

    あぁやだやだ、BSで見損なったから地デジで見終えたところで「あさイチ」のオープニングシーン、「え~!? あんな偶然てあるー?」の二重手術をなさって近頃めっきり女性らしさをました有働アナの声、、、
    もう書く気失せたわ……
    その通りだもの…

    高橋一生、ここでそうきたか、
    この際、呆れたり、ありえへん話、なんぞとガタガタ言わず見ていようか。
    落語のネタと思えばその起承転結受けてやろうか。
    (オモロないけど)

  • お早うございます。

    今朝も特段の感想はありませんが、
    朝ドラの見過ぎでパターンが読めちゃうのか?(≧∇≦*)
    困ったもんだ、、、
    でも、「ふうた」とてんの家族の接点がわかったね。
    道理で主の部屋で召使い達がタメでやりとりしていると思ったが。

    あの前衛的な身なりの芝居小屋の娘、立ち位置が何となく無理感が漂う。
    兄と歩く長い塀の続く道、あの塀はコンクリート造りで、樹脂塗料で仕上げてあるね。
    凸凹がなくて美しい色の仕上げ、あの時代なら土壁の左官仕上げ、色も京都なら聚楽でしょう。
    まァこれもどっちでもよろし、、、
    あっちでもこっちでも手紙破き合ってシャカらしい。

  • お早うございます。

    「一人前の娘」ってどの程度の完成度を指してるんかいな?
    アタシは「一人前の婆さん」か?
    いやまだまだ、何てったって文句ばかり言いたがり世の中諦めちゃいませんし。

    早くもこのテーマソングだけは耳に馴染んできたから、この暮あたりから近所のスーパーのBGMになるのかねぇ、、、
    …しかしつまらんエピの連続、アレもこれもどっかで見た様な聞いた様な?
    「花子とアン」・「あさが来た」・「わろてんか」をみ~んなまとめて「みっくちゅじゅーちゅ」にして作ったらええやんか。
    税金と似たような強制力発動するNHK受信料はもっと大切に使おうじゃないか。

    オット、ここで早くも出てきた一生クン、そこだけがこのドラマのポイントになるかと?
    あまり痩せすぎた男は趣味ではないが、彼の表情作りは一見の価値あり。

  • 追加>

    どうでもいい事だが、、、
    松阪桃李と云うかたは、口元に特徴がある人物とお見受けした、例の屋根の上で饅頭がなんか食べるシーン、喋りに夢中なのか甘いものが嫌いなのか、あと少しで食べ切れる物を手の中でこねくり回すような仕草と、チョビっとだけ食べるのは……
    みみっちくて見てられない。
    シャイなのか? 真面目なのか?
    どーでもいい事がやたら気になったんだ今朝は。

    「てん」のモデル「吉岡せい」さん、かなりの美貌だったらしい。 昭和50年没

    ★ 朝ドラでしゃべり場 追加>  どうでもいい事だが、、、 松阪桃李と云うかたは、口元に特徴がある人物とお見受けした、例の屋

  • 久々にお早うございます。

    「あさが来た 」の 時も屋根上がってたシーンがあったね。
    現実、こどもが着物着て大店の屋根に無断にはい登れるかってーのよ。
    この子、やはりどう見ても作り笑いにしか見えない無理が痛い。

    藤吉からの文がすごい達筆で、、
    達筆な人がへたっぴいの真似する方がぎこちなさが目立つんだね。
    …それに…あの「おわん口」が「おちょぼ口」に……ヒロインが決まった時点で子役の人選もう少し神経使ったほうがいいと思うけどなぁ。

    わろてんか、といわれても「笑えない」。

  • お早うございます。

    時代ものの朝ドラには付きものの「幼少期」のエピ、最近はええ所の嬢はんの綺麗なべべ着てお稽古三昧、、が続いてる様な気がしますし、
    「あの子」、芝居と云うテレビ局の環境に既に慣れちゃってるのかどうか、表情が「ここでは表情をこう作るシーン、」といった按配で心得てる感が伝わってしまい、慣れすぎて芝居が滑ってる。

    ここまでは初っ端「てん」と云う子供がいかに笑い上戸な子であるかといった、おはなしデシタとさ、ジャンジャン。
    自分が疲れすぎてるのかな?
    面白くも何ともない。

  • お早うございます。

    「わろてんか」始まりました。
    「てん役」の女の子はお椀のフタみたいな口した、大河・直虎の子役で評判の良かった子ですね。
    N局は「評判が良い」となると直ぐ連用するイヤらしさがあります。

    初っ端からアヤつける訳じゃないけれど、劇中「ゲラ子」と分かってたら改まった席に着かせるな、と思えたり、本の無理には笑えない。
    こういうわざとらしい「笑い」を狙う手腕こそ、当代の若手漫才師の中で、まるで腋の下くすぐって無理クリ笑わせようとするのと似ていて「質の良い笑い」が有るとしたら、「質のない笑い」、芸とは程遠い、

    しかし、遠藤憲一さんのあの目ヂカラというか目袋は、怖かったり笑えたり、芸があります。

    福クン大きくなりましたねぇ。

  • お早うございます。

    ナレの明美さん、わざわざ「最終回です」は幼児番組じゃないんだからベタベタキモい。

    本日はエンディングによくあるパタパタ折畳みカードのようにせわしいワンショットばかりでした。

    重箱の存在を思い出した実、歌合戦での家族の想い、「悲しい出来事に幸せが勝ったんだ」宗男の心の奥深さ、ムードメーカーには泣けます。
    「どうだ〜! 人間はすごい ン だー!」
    …そうだそうだー!
    私は終始言葉少なにいつも家族の傍らに居る、お祖父ちゃん役の古谷一行氏の演技に見とれていました。

    「涙くん、サヨナラ」か、、、
    だけど…最近は倒れた稲穂みたいに悲しい時の方が多いような気がします、何でだろう?
    漠然とした不安の中で根を張った「根拠のある自信」が見失われた時代になったからでしょう。

    みね子が生きた昭和の時代、今ほどモラルやライフスタイル・価値観の多様性があった時代ではなく、世間が、人間が、実にシンプルにおかしい位に悲しく「素」の姿で感情豊かに迷いながら、何かを求めながら暮らしていた時代だったような気がします。
    そう、それぞれが「希望と云うより「自分なりの理想」が。
    これも懐古趣味か?

    この回でこのスレッドに目を通して下さったみなさん、有難いご意見をいただいた皆さん、応援のポチを下さった皆さん、有難う御座いました m(_ _)m

  • お早うございます。

    歌合戦のコーラス、上手にハモってて良かったね!
    妹ってかわいいし健気です。

    今後、あかね荘は又「乙女寮」に様変わりしますか…本書きさんオールスターキャストの収束を果たしたかったんですね、不自然、、
    昭和38年頃の一万円って、今で言うと幾ら?と、調べたら三万円くらいだそうですが、ビジネスホテル素泊りなら何とかなりそう、、

    本日、ヒデちゃんがプロポーズしたらしいけどヒデちゃんの家族関係を私は知らないけど、何方かご存知で?

    残すことあと一日、このドラマは私にとっては永久保存版です。

  • お早うございます。

    二つの大丈夫が確認できた今、やっとみねこ子、心から安堵できました。
    家族もようやく娘、みね子を開放させてあげられたことの喜びに満ちたささやかな宴です。
    それにしても人が集まり、みんなで両の手を叩きエールを送り合う「拍手」の音は、遠くから響いてきても、すぐ側で聞いても勿論あたたかな幸せの音、好きですねぇ…

    谷田部家を救った「フラワー革命」か、「薔薇戦争」なんてぇのも聞いたことありますが、昨日は半日家を空けて帰ってみたら世間は大どんでん返し!
    天変地異か地殻変動か?
    いよいよハリボテ政権の破れを見たり。
    国民軽視のぺちゃくちゃ総理、民の声は聞くものです!

  • お早うございます。

    今朝は北と南で中程度の揺れが起きました。
    国が乱れると天地も騒ぐ、、
    それに昨日と打って変わって肌寒い朝ですね。

    あかね荘は段々居住者の入れ替えが、と云うよりクローズの気配が。
    ラーメン屋夫妻に養女が、またこの子役は芸達者の様で (⊙ω⊙)

    久々の奥茨城村の光景は、
    車掌の二郎さんが村長選に?
    二人の妹弟は旅立ったあの日、泣きながら見送り走った時とあまり成長が変わらず (^-^)

    変わったのは庭先が花卉栽培の鉢で一杯だったこと、、
    ハウス栽培でなく露地栽培では大変なご苦労をした時代だったんですね。
    明日は村の誰と会ってオッタマゲるのかな?

  • お早うございます。

    アララ…早苗さんヒッピーもどきのオニイサンと「夢のカリフォルニア」ってかい?
    リアル、カフカさんは裸足でドラム叩く女性ドラマーですから。

    セツコさんはこのアパートがいたくお気に召して、ここから女優復帰、、、イイね、イイね!
    多分、仕事への原動力が倍増すること間違いなし。
    漫画家志望のあのお二人さんも「鈴振り大明神」のご利益で大出世!
    今や「センセイ」と!
    キャラクターを身近な知り合いからパクろうとも、小説とは違ってマンガですから罪も浅い。

    こういうドラマ展開を「大団円」というのでしょーか?
    こそばゆいけど、、(◎^▽^◎)

  • お早うございます。

    本日は「すずふりて亭」の二大テーマが完結されました。
    確かにアーモンドを衣にするのは良いアイデア、私だったらプラス「粉チーズ」かな?
    みね子のミントグリーンあれは時子も着ていた気がするけど、、あれ(いちご)のカラー?
    そして三男が働く銀座の米屋の婿取り・結婚の方も (=^▽^=)

    さおりと三男、良いカップルだと思います!
    「面白くて可愛い女」って、同性から見てもダチとしては最高の存在ですし。
    「家族なかよく」、、そうです、そうです、お互い意識しなくても、婿取りだからと遠慮しなくても自然体にそうなれたら幸せです!

    私も少し気にはなってたんですよね、銀座の米屋って……花の東京のド真ん中、生き残れるのかと。
    しかし若い二人は既に「パン屋→ベーカリーじゃなくて」を目指していて「パン子(子)」だって、コレって生まれるかもしれない子供の名前じゃなくて米子の改名か?

  • <<
  • 642 622
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン