ここから本文です
  • <<
  • 466 443
  • >>
  • 466(最新)

    女神湖 3月23日 08:50

    お早うございます。

    栄輔の真面目な告白と、現実的な明美の答え、、、これはこれでシブいプロポーズ、熟年迎えた大人の本音で共感しますデス (^_^)v
    「好きな事して暮らしてく」と言う明美の老後
    「死ぬ時一人よりも、、一緒になりゃせんか?」栄輔の家族の思い
    自由恋愛みたいなニュートラルな同許婚も良い、子供が持てない年齢ならば。
    しかし、後に一人残される方は如何ばかりの寂寥の時間を……

    男が女にプロポーズする時って、何とか食い扶持得られると見通しがついた時なんでしょうか ?
    それに対して女は、というより明美は「貯めた金で家建てよう」
    大急の大島氏の言う通り明美達も「婦唱夫随 ? 」になるかもね ^ ^

    それにつけてもたけし君が次期社長に大抜擢 !
    すごいな、キアリスの人事は。
    どこぞの国の「三代世襲制」のバカボンや、「3期連続」の任期を決めた国民
    無視した政権よりよっぽど民主的です。
    「汗かく姿、人を見る優しい目」学歴も閨閥でもないこの人事は素晴らしい。

  • お早うございます。

    今週は三人三様の、夫婦の道程を振り返り、先の見通しもほんの少し予感できるという「なごみの…」時間調整の一週間でしょうか ^o^

    暖かな家庭の風景はノンビリ暮らして手に入れられるもんじゃない事、、、
    敗戦の国民皆尻もち状態のゼロからの出発点、この昭和30〜50年代までの20年間に凝縮された社会構造・文化も芸術も、頑張って頑張ってやっと一人一人と国民約半数以上にようやく心のゆとりが持てた「人間回復」の豊かで素朴な時間の到来、家庭風景だった筈だが長くは続かない人間の果てない欲望。

    スミレ達の家は、港から汽笛の音が聞こえるんだね、、、
    …ここでも又「白髪抜き」、猿の毛繕いでっか (≧∇≦)
    でも、所詮男と女は何もかも委ねられる安心感があるから夫婦でいられる。
    三月はウチもイロイロありましたけど、何とか夫婦で桜を見に行く予定もそのあと、命懸けで(?) 新婚旅行以来の「ツーリスト」に手配を頼む、豪華国内3泊旅行に行こうというささやかな希望が湧いてるところです。
    年貢の納め時、じゃなく老い先短いこの世の見納めに、、、、f^_^;)

  • お早うございます。

    古い枝は刈り取り、勢いのある新芽を伸ばす、、、
    スミレ達4人と、紀夫が同じ思いでキアリス経営からの引き際を図っていた。

    人を乗せてその気にさせるのはブローカーの18番、パッと儲けパッと逃げ切る商法も私的には「商い」とは言わずして「火事場の盗人」。
    銀行の市場調査力は地道に足で稼いだ信用度の高いもの。
    ただ単に顧客周りをし、預金高増やすことばかりでなくして、あらゆる「町の情報・風評」も含めてデータ化しています。
    キアリスもきっぱりコカドの申し出を断った、コカド社長もスミレと健太郎の真摯な考えの前には「それはそれで素敵な生き方」としか言わざるを得まい。
    キアリス的な姿勢と社風…
    「自分たちらしくやっていくこと」
    この思いが健太郎達にシッカと受け継がれたと認めた今、まさに引き際を知ったということでしょう。

    そう云えばアサダ靴店のオヤジさんはその後どうなってるのか?
    1人で施設にでも…

  • お早うございます。

    何? 何? この終わり方は、キミエの髪に見つけた一本の白髪を抜くシーンで終わる ?
    猿の毛繕い ? 凡人には引っかかるゲージツ的な終わり方でした。

    せっかくみんなで描いた夢色の「キアリス・ワンダーランド」の青写真。
    ここでコカド社長の「無条件で…」の言葉を信じたらキアリス乗っ取られまっせ ?
    あの玉井を抱き込んだコカド、まさか「キアリスだけは例外です」と、、、
    栄輔がようやく再起した矢先に、貧すれば鈍する、か。

    藍ちゃんをあやす二人のお婆ちゃん、仲が良くて良いですね。
    どうでも良いけど、、、そのシーンを見て思わず「まれ」、土屋太鳳のニャンニャン声の気持ち悪かった事を思い出してしまった…どうでも良いけど。
    …お彼岸です、これからお墓まいり第2弾(夫側)で出かけます。
    彼岸もお盆も大晦日も、常にご先祖様ありきで主婦は幾つになっても忙しいのだ。

  • お早うございます。

     藍ちゃん可愛いね、よくこんな可愛いベィビーを見つけました。
     それにホンワカと柔らかく優しいビデオの完成で、健太郎も思わず「順番が間違ってました」と素直に認めて、キアリスも基本に戻ってシフトの切り直しを誓いました、、、
    すみれ達の想いがやっと理解して貰えた、キアリスガイドのビデオ版は「育児を通し、商品の提供とママ達の人の輪を結びたい」熱い思いが伝わったと言えるんでしょうか。

    「50年後、60年後には私達の出会うことのできない人達に引き継がれているでしょうが、この思いは変わらず、、」
    思わず「昴」の歌詞を思い出しました。

    銀座にある「ワコー堂」はキアリスのワンダーランドだったのね。

  • お早うございます。

    本日はそれぞれのキャラが、それぞれにキラリと光る言葉があちこちにちりばめられていたようでした。

    、、、先ず栄輔の「おしゃれとは、人に好感を与えようと努力する生き方」
    コカド社長の「全てはスピード、風を読みいち早く動いた結果…」
    スミレの「成功とはお金? 世間へのアピール ? 私は誰かの笑顔を想像しながら日々過ごすこと」
    健太郎の「キアリスをやるずっと前から母達の仕事を見ていたので、力になりたいと思っていた…」

    栄輔の着こなし術のTPOと着まわし術へのモチベーションは具体的でスピリッツに満ちてます。
    忘れちゃならないオシャレのベーシック。

    脚本家さん、最近私の方が心優しく穏やかに感化されちゃったのか?、それとも諦めの中から生まれた再発見か ?

  • 俳優の渡瀬恒彦さんが死去されたそうですね。
    十津川警部や、おみやさん、タクシードライバーの推理日誌などで落ち着いた渋い演技と時にはユーモラスで人懐こい笑顔が魅力的な男優さんでした。
    昨年あたりの芸能ニュースからご容態が芳しくないとは聞いていましたが、こんなに早く亡くなられるとは………寂しく悲しいです。
    心からご冥福をお祈りいたします。

    これからは、再放送の中で懐かしい映像を見させていただきます。

  • お早うございます。

    やっと関東地方にも朝日の当たる、眩しい春の朝が来たよ〜 !
    …と、何でかホッとしてます。

    深々と万感の思いを込めて頭を下げる栄輔。
    「一回きりの人生、ほんまにそれでいいの ? 」と、ゆり達の言葉に押されて。
    潔とユリの夫婦、温ったかいねぇ、「完璧な妻、完璧な母親…これからは一緒に歳を楽しもう」、こんな言葉を妻にかけられる夫は誠実すぎてコレも眩しいわ (^.^)

    オライオン紳士服部門に女性アドバイザー、いいかもね。
    婦人服売り場に男性アドバイザー、キモイかもね。
    でも究極のところ、異性からのアドバイスは的を得ていることも多い、
    けれど世の オトっぁん & バカボン達、婦人下着売り場にまでその顔出すなと申し上げたい、、、(≧∇≦)モラハラじゃ !

    …こうしてみると、潔の老け方、明美の中年ぶり、紀夫とスミレも、、、
    みんなあの瑞々しい青い時代から今日まで、同じ激動の時代を経てここに一緒に暮らし、同じ仕事に携えることの幸運。
    栄輔も明美もこの二組の家族に支えられ、支えてきた同士ですから。

    手作りの服、我が家のクロゼットの中にも眠ってますがナ ^ ^
    二人のせがれの幼い日、毎日が日曜日みたいに楽しかった日、、、
    結婚するときはシラ〜っと置いてったけど、私にゃ捨てられない。

  • お早うございます。

    なんか今週は眠たいわ〜、、、
    大海原の「凪」状態、ゆったり、のどかに、暖かく、、、欠伸出そうですよ〜
    BSの「ごちそうさん」とは対照的で、ごちそうさんのメリハリが非常に面白すぎて、「べっぴん…」の、毎度毎度「何だコリャ?」とぎこちなさが痛すぎて、まるで「身内のよしみ」で義理堅く忍耐の連続で見続けてきたような気がして、、、でもあと15話ね……

    コメントするとしたら、栄輔が俗物ではない描き方が良かったかな。
    全てに段取りと気配りの良さが秀でてました。
    これがこの先、潔とユリの肝いりで「オライオン・紳士服部門」の復活となるんでしょう。
    潔って昔から男気のある人物でしたし (^_^)v
    ここら辺でもう一度、闇市時代の「男の仁義」がそう簡単には切れないという、熱い人情を感じさせてくれました。

    スミレ手作りの子供服、サントラのアイデア、栄輔は本当によく気のつく「出来物」の稀有な人物ですね。
    オライオンも良い刺激と前進の予感、キアリスの社風やいかに?

  • お早うございます。

    あの上地カメラマンの指パッチン、やけに良くなるわ〜、、、(彼、少し肥えたね ^ ^ )
    悔しいけど何年たっても上手くできない私ですが。

    自作映画は男のロマンかしら ?
    近年タレントがよく挑戦して発表してますが、まさしく玉石混交の世界で、、、見るに耐えないものも多い。
    「映画は結論を出すものでなく、視聴者に考えさせるもの」…なるほど。

    映画作りに栄輔を巻き込むことで、栄輔はスミレ達のファミリーになっていき再起を奮い起させる、ということで「ファミリア」の真の暖かさはこんな人間関係の交錯にあるんでしょう。
    色々とありましたけど、世の中、おっとり品良く暮らすことを守られている人達と、泥水啜って成り上がり、いつも何かに怯えたような目つきの鋭い人者達と、これも玉石混交の世界です。

    暁美は栄輔とこうなる日までじっと待っていたのかな。
    相手がドン底の時ほど身を寄せ、分かり合えるパートナーを。

  • お早うございます。

    健太郎の「僕には僕の夢がある」、往年の方々なら聞いたことある歌謡曲のフレーズそのままですが、経験値の無い若者を悟らせる一つのアクションが「キアリスガイド」の映画化ね。
    それがスミレや紀夫達が後に続くもの達へのバトンタッチの想い、か。
    分かりやすくて良いかも知れません。

    長い時間主婦に収まるユリに、栄輔は「もったいない」と言うけれど、家庭の中は「小さな社会」、
    ・ 経済観念 ・衛生知識 ・栄養管理 ・心身の健康 ・近隣友好
    あらゆる知恵がフツーにシゼンに詰まったパラレルワールドです。
    会社や組織で鳴らした御仁も、一朝リタイアや育児休暇で、家庭や地域に入る時間を経験すれば、どれ程融通が利かない、そのむづかしさにぎこちなさを感じますことやら、、、

    主婦でありつつ、働く女性達の理想って何なんだろう ?
    生後1年未満から3歳児までの幼児期を、朝な夕な保育園に送り迎えしつつ、給与の多くをその支払いに充てて、イライラしつつ、いつも気忙しく動く姿は見ていても辛い、体験しても辛い。
    たとえパートタイマーで働いても常に時間と周囲への気遣いでママ達はヘトヘト。
    個人の心身の健康にも大きく違いはあるけれど、「主婦が母親である前に働かなければ生活出来ない」社会保障のお粗末さ。
    母は子を愛おしみ、生きるための知恵を家族単位で伝え育て、又、集団生活との温度差も学ぶのが「真の豊かな人間」らしい教育ではないかと思う。

    どこぞの社会主義国家のように「子供は社会の一員・国の宝」みたいな型押しの規格品の人間は自分の人生を「自分には自分の夢がある」と主張できる人物になり得るのだろうか。

    もちろん、親の出来不出来、置かれた環境の貧しさなどで不幸な環境の子供達もいますが、それこそ優先的に「社会保障」の手を差し伸べられる、地域福祉管理者が多くいればと思います。
    拙い内容ですが、今日のエピも匹敵するに余りある拙さ ……( *´艸`)

  • 再稼働 許可して火力は 不許可です

    なーんでか ?
    何ででしょうね?
    あれだけの世界でも例を見なかった想定外のメルトダウンを起こし、未だにその解決法を見つけられず苦悩しているこの国が………
    この国の人間は「忘却とは忘れ去ることなり、忘れ得ずして再稼働するのは悪の華は絶えず盛ることなり…」か。
    「自分達さえ良ければ」

  • 朝ドラでヒットしたタレント、消されちまった ? タレント数々おます。

    近年では「あまちゃん」の能年玲奈ちゃん。
    そして友達役の橋本愛ちゃん、、
    何故かフツーに一般受けする有村架純ちゃんだけが一人勝ち。
    ドラマ終了直後のタイミング次作でズレまくったのが痛かった。
    周りの売り出しに賭ける目論見の大外れ、、これで「ノン」と芸名変えても「NO, 」に通じてゲンも悪し。

    橋本愛ちゃんも「リトル フォレスト」で見せた自然で豊かな演技、
    能年ちゃんもせめて代表作 「あまちゃ」以外に見たかった。
    もう遅いのか ?
    まさか次は脱いで写真誌に出ないでね (≧∇≦) ギャップ大きすぎ !!

    ★ 朝ドラでしゃべり場 朝ドラでヒットしたタレント、消されちまった ?  タレント数々おます。  近年では「あまちゃん」の能

  • 4月からの朝ドラは「ひよっこ」、ヒロインは有村架純、「ふるさと編」とあるからには「上京編」もあるんでしょうね。

    …そして10月からは「わろてんか」、ヒロインは新人の葵わかな、長丁場です、そして朝ドラファンの掲示板もオヤジファンが熱いです、どうぞ負けないで頑張って乗り切ってくださいね。
    ご健闘お祈り申し上げ、楽しみにしております。

    ★ 朝ドラでしゃべり場 4月からの朝ドラは「ひよっこ」、ヒロインは有村架純、「ふるさと編」とあるからには「上京編」もあるんで

  • お早うございます。

    三月も中旬だというのに底冷えしますね。
    こんな時期こそ皆さん体をいといましょうね。

    ピンチはチャンス?
    ピンチはピンチじゃーい!
    ピンチの時こそ原点に戻れ、尻餅ついたついたときこそ草創期の気概を思い起こせ!
     経営って大きくするばかりが能じゃない、中小でも目配り気配りの届く、できれば自己資本だけでもしのげるくらいの規模が良い。
     商社や銀行の手のひらで踊らされぬように、おだてられて危うい木登りせぬように、くれぐれも己のポリシーをしっかり崩さぬように会社経営せねば。

     どこぞのアンポンタンが抜かすような「根拠の無い自信」で突っ走る経営は、被害者増やすだけですがな。
    ね、あちこちの朝ドラスレにモグラみたいにネチコク出張るネトヲタおっさん (笑)

    玉井のドアホに裏切られた栄輔、やっと潔やすみれの悔しさが分かったのか・・・
    「栄輔、頼ってくれ」、良い言葉です。
    暖か~い言葉です、泣けますねぇ、
    こんなときは涙流しても良いんだよ。

  • お早うございます。

    …あの8ミリカメラ、確か我が家にもありました。
    けど、メカに弱いオットットはついぞ未使用のままクローゼットの中へ…
    普通の写真も滅多に撮ろうとしない、だからアルバムにはオットと子供の姿ばかり、、、

    なんかどうもなぁ、、、日中坂東家に不自然に出入りするキミエの出没、、、
    ははぁ、、、サクラの姑だもんね、ベビーのグランマ ( ^ω^ )
    だからフツーに言われた言葉、部屋の掃除・オムツのこと指摘されるとムカつくのかぁ、、、(笑)
    でもね、嫁・姑の中に夫を挟むとややこしくなるでェ〜 (爆笑)
    ‥ 今はネットの掲示板やツイッターがお盛んな時代、良くも悪くも「嫁」世代のオーディエンスの後押しは強力 !

    かくして姑は若かりし頃の自分を辿り、一線、二線を置かねばならない事を悟り、、、
    これも又いつか「順送り」で、その時が来なけりゃ誰も学習できない人の世の性ですネン ^ ^
    ウチも全く同じですから (大爆笑)

    …私的にはオイルショックの「ニッポン狂騒曲」あたりからの記憶はハッキリしてます。

  • こんにちは。

    早朝から家を出発して、姉の退院手続きに行ってきました。
    7時の気温3度、今はもう11度、暖かい一日になりそうです。
    姉の移動する日はいつも天気に恵まれていたような気がします。
    もう、この大学病院の部屋に戻らなくていいんだ、苦労して見つけたショートカットの山道をヒヤヒヤしながら運転することも、もう暫く (?) は無いかと思うと、正直体が楽になります。

    今日の陽気で一気にサクラの芽がふくらむ予感 !
    そういえば「サクラの夫婦」はどうしたのかなぁ、、、健太郎、栄輔も。

  • お早うございます。

    商社とは、政府よりいち早く国交の無い国などに飛び貿易相手国としての種を蒔く、いわば「パイオニア植物」みたいな仕事の一面もありますが、、、
    コカド狩矢警部ドノのように、ブルドーザーのような辣腕タイプも商社には多
    「情報のみ」集めて中間マージン取るのが仕事のように。
    相手がパンクすれば「ハイそれまでよ」、( 実際はどこよりもいち早くパンク情報を入手し、その情報を競合する他社に捌く)
    だから中小企業の経営者も上手く商社を利用し、経営を伸ばす努力と共存の道を探らねば。

    しかし、どこの企業でも世代交代となれば健太郎みたいに熱くなり、つい暴走しちゃう若いリーダーも案外多いと聞きますね。
    健太郎も 栄輔が一言も発せず、眉間に縦皺寄せていた表情で何かを察しないといけません。

    キアリス本店の模様替え、私には「ベビー用品プラス婦人雑貨店」みたいな雰囲気で、、、スミレ達4婆バ様の直観力を逆なでしたらしいし、サクラが我が子にデザインした子リスのキャラクターを紀夫やスミレ達重役陣に相談もなくライセンス契約など、早くも商談に載せるとは、、、、健太郎ダメでしょ。
    キアリスのコンプライアンスや企業理念が全く分かってない ?
    コカド社長と栄輔の「スピード」はスベるってこともありますから。

  • お早うございます。

    また今週もしばらくは「家督相続」のエピと思いきや、あっさり収束しました、メデタシ メデタシ。
    たまに「我が家は18代続いた…」とか耳ににしますが、ざっと千年、8代でも四百年、どちらもそろそろ源平、戦国の世がそこに来ている乱世、
    功を上げ名を成した祖先がおられたか、もしくはスミレ宅のように、分家や新宅で枝分かれしたのでしょうか。

    何れにしても「血脈を絶やさず」繋いでこられたことは凄いことです。
    そこにどんな「ファミリー ヒストリー」の数々が折り重なり秘められていたことか。
    過去帳や墓碑でも見ることは決してできない祖先の面影…しかし案外、鏡を覗けばそこには私も皆さんも薄っすら先祖の面影を残しているんですねえ (^^)
    ( 数万年前の原人の面影も繋いでちゃったりして……(≧∇≦))

    昨晩の「鶴瓶に乾杯」で芳根ちゃんゲストで出演してましたけど、いま20歳なんですってね、
    ドラマの中での母親の慈愛に満ちた眼差しと、落ち着いた雰囲気作りは上手いですね〜 !
    … サクラ達、スミレ宅に同居を申し込む、、、そうきたか !! (^o^)/
    二郎と駆け落ちしなくて良かった、良かった ( わたしゃフツーに傍観者)

  • お早うございます。

    このドラマも2/28日にクランクアップしたそうで、以前の朝ドラはもっと早く撮影上がってたような氣が、、、ホンの上がりが遅かったの?

    何であと1ヶ月で終わるドラマのこの時に「一人っ子同士」の結婚を問題にしたがるんでしょうね、面白いテーマ受けするとでも ?
    ネタバレですが、実際はサクラ夫婦に3人子が生まれ、その内の一人が坂東家の養子となり、もともと少しもこの結婚に問題は生じなかったとか、さもありなん。
    もしトラブったら、長年「一人っ子政策」をやってきた中国を参考にすべし、 (≧∇≦) ( しかし、そのせいで絶えた家系もあったでしょうねぇ… )

    この物語で考えれば、大体スミレ夫婦が一人しか産まないから仕方なかった、戦後の栄養失調の時代でも「産めよ、増やせよ」でポコポコ産んでたらこうはならず、逆に跡目相続問題で大騒ぎになってます ^ - ^

    その時ポコポコ生まれた団塊の世代、いつの間にか現代の日本経済の「諸悪の根源」みたいな言われ方してますが、わたしらが悪いんじゃない、この世代の人口が増えたのは、あんた等の爺さん、曾祖父さんたちが正直にお国の政策に協力しただけですがな。
    …… そのせいかどうか、各市町村の「老人施設」の予算は「待機児童ゼロ」政策に回され、挙句の果てはこうも言われてます。
    「どうせあと4,5年で年寄りは消えていく、だから新規事業に金は使わない」ンだとサ。

    人生なんて、何かしらでみんな順送りなのにね。

  • <<
  • 466 443
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア