ここから本文です

どじょうのうた

  • 801
  • 8
  • 2017/11/17 20:57
  • rss
  • <<
  • 801 780
  • >>
  • 暴力で解決できるものはありませんね

    プロスポーツは何であれ
    その道を志す子どもたちや学生がいるわけで
    さらにその競技を通じて発信される夢や勇気やパワーもらって明日を生きる糧にする熱いファンもいる

    酒席であろうと、横綱たるもの自分をコントロール出来ない弱さを見せてはいけない
    格下力士の態度が悪いのは
    最高位たる横綱が良いモデルとして機能できていないからと自らを戒めよ

  • 🍞🍞に張っていた両足も癒えて
    次が本番
    子どもたちには到底勝てっこないマラソンに挑戦。
    周回遅れという無様をさらさないようしっかり調整します❗
    子どもたちが一生懸命走る姿は本当に美しい
    苦しいけど同じ時間を共有できることに幸せを感じたい。
    その一心で、走る🏃走る🏃

  • >>795

    政府がtwitterの規制を検討と、🇨🇳を笑えない話まで出てくる始末。
    ポケモンGoで事故が起これば「配信停止しろ」
    twitter起因で事件が起これば「規制しろ」

    個別のアプリケーションが問題なのではない。
    根本的には、交通事故の死亡者数より多いと言われる自殺志願者の数を減らす。
    その為の国を作るのが、政治家に限らず大人の仕事と思うのです。

    車や包丁は、規制しろとは言いませんよね。

  • >>793

    同好の士をSNSで求めるのは悪い事とは思いません。
    ただ、仲良くなって「会おう」となった時。
    密室には入らず、開けていて人目のあるところ限定で会うのが無難かなと思っています。

    言葉だけの付き合いで真意に気付くのは大人でも難しいですし
    対人関係を十分に経験していない子どもが見抜くのは、もっと難しい。
    リスクと対処法を説くのは最低限、与える側の義務なのでしょうね。

    メディアが伝えるべきも、被害者の詳細な情報ではないと思います。
    道具を悪とする伝え方も、安易な手抜き。
    いつの時代も道具に善悪はなく、使用法次第。

    知る権利、伝える権利も、訴える人次第で…

  • 被害者の身元が特定されて
    被害者像を伝えるニュースが増えました

    家族にとってマスコミにいろいろ取材されるのも鬱陶しいでしょうね。
    SNSで簡単に騙されてしまった我が子を救えなかった無念と悔恨
    そっとしてあげたいですね。

  • >>791

    こんにちは。

    見ず知らずの人だからこそ、本音や内心を打ち明けられる。
    同時に、見ず知らずの人だからこそ(悪意の塊である可能性もあるからこそ)隙を見せてはいけない。

    匿名性の高さに加えて、個人のネット環境も年々パーソナルになっているからこそ、錯覚にも陥ってしまうのでしょうか。

    会話が弾むのは楽しい。
    好意的な反応があれば嬉しい。

    パソコンにしろ、携帯、スマホにしろ…誰でも簡単に扱え
    簡単に、沢山の人と言葉を交わすことが出来ますが
    それを身元の確かな人との繋がりと錯覚するのは危険な事。

    今ある、実世界での自分と繋がる人たちを大事に、と
    御坊様から聞かされた事もありました。もう十年は経ちますか。

    被害者の方にも、必死で探されていた家族の方もいましたのに…
    事件の報を聞くたびに、やりきれない気持ちになります。

  • 恐ろしいSNS

    世間を震撼させている座間市で発覚した事件
    犯人の異常性に加え
    SNSの恐ろしさが際立っていますね

    先日、仮想匿名空間のメリットに触れましたが、デメリットとして闇の部分が当然あるわけで、9人の命が奪われました。少なくとも3人の女子高生、つまり「子ども」が巻き込まれているという・・・

    実社会は厳しい
    親も友だちも学校の先生も、自分を受け止めてくれない……

    そんな絶望にも近い心境で触れたSNSの向こうにいる人は優しく自分を受け止めてくれる
    会ったことも、
    素性も全くわからない匿名者に
    自分の理想像が積み重なって行く
    幻想が膨らんでいるに過ぎないのだけれど
    それは暖かく居心地がいいと錯覚してしまう

    この人なら自分の苦しみ
    辛さをわかってくれるかもしれない
    会ってみたい……

    犯罪者は巧みに美辞麗句というより
    愛情や優しさに飢えた相手と見るや
    手に入れるために牙をとぐ

    騙されたこの子が悪いんじゃない
    人の弱い心を突いて自己の欲求のままに子どもを騙す大人が悪い

    家出やSNSの仮想空間へと自分の現実を持ち込まざるを得ない状態に気づかない
    或いは、そこへ追いやった親の責任

    有効に使えば便利なSNS
    物事の分別もままならない子どもが使いこなすには、あまりにもリスクが大きい・・・

  • 長文ご容赦ください

    textreamは、年齢や性別、職業、住む場所を問わない仮想匿名空間
    本音あり、理想あり、嘘ありの自由空間
    リアルでは実現できない自分を装うこともできます
    その手段は「ことば」「文字」
    そこに発信者の思いや感情が込められています

    嘘で固めたリアルの苦しさを解放する場にしている人もいれば
    辛いリアルから一時避難的に疲れを癒す場として利用する人もいるでしょう
    本人にとって賢い使い方ができれば本当であれ嘘であれ
    textreamのルールを逸脱しなければ構わないと思います

    強いて言えば「そう思う」「思わない」(このスレッドに「思わない」は設定していません。理由はスレッドの性格上「否定」したくないからです)は不要な機能だと思っています

    私が「どじょうのうた」でやってみたいことは単純に
    『ブレンストーミング』です

    幸い、ここはひっそりと細々営業で
    参加者も少数精鋭(笑)で、どんなことを発言しても平和に流れています
    一応過疎スレッドでも公開された仮想空間ですから
    投稿せずともご覧になっておられる方もいるかも知れません
    そういう方が、何かの折にポッとメッセージを入れてくれたらそれはそれで嬉しいですし
    自由にしていただければいいことです

    当然ですが、ここは
    様々な人が何かを共有してつながるSNSのツールの1つにすぎません

    共有された情報や感情は、その人にとっての新たな発見だったり、孤独や疎外感を和らげたり、仮想匿名空間の連帯感に癒されることもあるでしょう
    顔や名前を明かさずに済む仮想匿名空間の心地よさというメリットを大事にしたい

    大人として、SNSの表裏を理解した上で
    楽しめる掲示板であり続けることがこのカテゴリー(子育て)の実践にもなるのではと思います

    対人コミュニケーションや子どもとのコミュニケーションで大事なことは
    「何を伝えたか」よりも「何が伝わったか」だと思います
    しかし、文章や文字だけでは必ずしも文字通りとはいかないことも多々あります
    その限界を踏まえつつ
    文章のみのコミュニケーション「力」を
    皆さんとの交流を通して高められればいいなと思っています

    昨日は久々の☀の休日🎌
    県央にある果樹園で柿もぎをして来ました。
    小さい子ども連れのファミリーも残り僅かな秋を満喫していました。

    どじょうのうた 長文ご容赦ください  textreamは、年齢や性別、職業、住む場所を問わない仮想匿名空間 本音あり

  • 例えばここでのコメントに「そう思う」が10も100も付いたとして。
    その内容が大多数の意志などとは思いません。
    まして、大多数の意志を代弁するかのように投稿する気もございません。

    私の意見は私個人の言葉でしかない。
    近い意見を持つ方が意思表示としてボタンを押されたとしても、それは辛辣な言葉を用いる事の免罪符にはなり得ません。

    こんな人間ですから、沢山の人の虫篭に入っている事と思います。
    合わない事は、仕方のない事。
    合わないものをスルーするのも、当たり前の事。

    それは差別ではありませんし
    無視された、等と騒ぐつもりもありません。

  • >>786

    明治の維新は「若造」達が成し遂げました。
    平成の維新は「若造」の頭を叩いて黙らせようとするのが流儀のようで(´-`).。oO

  • 橋本徹氏が丸山議員のツイートに噛みついた
    「口のきき方も知らないボケ」
    かなり辛辣な口調で始まった一連の騒動
    瞬く間に拡まり
    橋本氏に同調する声がネットでも高まり、窮地に追い込まれたのかどうかは知る由もないが、丸山氏は離党した
    松井代表は「(橋本氏の)言葉がきつかった」と言い
    橋本氏は「おかんに怒られた」

    ことの真相はこちらもメディアの情報しかないからわからない
    ただ、感じたことは『全くもって大人気ない』
    かつて地域政党の
    代表や自治体の首長まで務めた人が
    ツイートに瞬間湯沸かし器の如く
    激昂した怒りの感情を
    これまたツイートでぶつけたという事実
    若い相手の発言の真意を
    確かめるわけでも、諭すわけでもない
    もちろん
    怒りに任せて吐いた暴言を詫びるわけでもない
    おそらく
    自分は正しいと思っているのでしょう

    残ったのはおそらく橋本氏への恨み
    そんなしこりを持って党には居られないと離党したのかもしれないけど
    誰かがフォローした様子(あるかもしれないが)も見えない

    いきなり怒鳴りつけて罵倒し
    ネット上で同調者が多いことを背景に
    口撃をエスカレート
    そして、あとは知らん顔

    大の大人がSNSを使って
    ネット上のトラブルやいじめを実演

    子どもたちが真似というか、同じようにSNSの中で現れた言葉に
    悪意を感じるや否や瞬時に反応する……

    キレるという形で

    自殺にまで追い込まれる子どももいるのに……

    分別つく大人なら
    子どもたちの範となる行動を
    ましてや有名人、国民のためにと政治家を志した人たち
    考えて欲しいものですねぇ

    怒るなとは言いません
    誰にでもある感情
    その出し方、伝え方は考えて欲しいと思いますね

    自らも戒めます

  • 朝夕の冷え込みが一段ときつくなってきました。
    急激な気温の低下で風邪を拗らせている人が周囲にも。

    毎年恒例になりました、オレンジリボンたすきリレーの季節がやってきました。
    今年で第11回を数えます。

    栃木県で起きた悲惨な児童虐待死事件を教訓に、事件を風化させない、児童虐待防止について広く啓発しようという趣旨から、
    児童虐待防止のオレンジリボンを形どった襷を関東圏複数箇所から都心に向かってたすきリレーをするものです。
    1区間4~11kmが12~3区あって、各区間10人前後で5~6km/1kmのスピードで走ります。

    参加者はボランティアで、児童福祉関係や小児医療関係の人たちが多いです。

    私も微力ながらボランティアで区間ランナーとしてエントリーしました。2区間で約12kmを走ります。
    大きなイベントではありますが、道路規制はせず、国道の歩道を信号を守りながら走ります。

    10数ヵ所あるたすき中継所では、児童虐待防止に関する様々な啓発活動をしています。

    道中、まれに通行中の人から
    頑張れ~とか声をかけられます。

    本番に向けて、毎日少しでも時間を作ってトレーニング中です。

    どじょうのうた 朝夕の冷え込みが一段ときつくなってきました。 急激な気温の低下で風邪を拗らせている人が周囲にも。

  • >>782

    数が増えたと感じるのは、「いじめ」「暴力」に対して正面から向き合う人達が拾い上げてくれた結果と思います。
    教師として、あるいは保護者として。

    暴力に対し力でもって、では解決どころかまた荒れた時代に戻ってしまいますし(その時代を多少なりとも経験している身です)

    人を育てるには信頼関係を築く事が何よりも大切なのでしょうね。

  • イジメについては
    「個々の行為が『いじめ』にあたるか否かの判断は、表面的・形式的に行うことなく、いじめられた児童生徒の立場に立って行うものとする」と定義している。

    例えば、
    AさんがBさんに、嘘をついたり、しつこくしたり、約束をすっぽかしていたりして
    Bさんが付き合い切れなくなって、Aさんと距離を取るようになった。
    同じように、AさんはCさんにも同様な理不尽な振る舞いをしていて、やはりCさんもAさんと関わりを持たないようにした。
    そこで、Aさんは
    「無視された。イジメを受けた」と周囲に訴えた。

    上記冒頭の定義からすると
    Aさんはイジメの被害者、BさんとCさんはイジメの加害者になってしまうのだろうか?

    人が集まると波長の合う人合わない人様々
    伝えたいことが伝わらないこともしばしば

    いくら言っても伝わらず、負荷を負わされたBさんCさんの行動はいわばソフトな自己防衛。

    Aさんの訴えにも反論できず沈黙を続けている

    既に周囲がAさんの主張を全面的に信じてしまっているから・・・
    Aさんは被害者、BさんとCさんは加害者と思われている・・・


    こういった事例が意外とあります
    真実に上書きされた話が事実とされ
    「イジメられた」と言った者勝ちだけは避けて欲しい。

    32万件もあると、こういった誤認知がないか心配です。

    イジメ冤罪みたいなもので
    濡れ衣を着せられてしまった子は
    先生や親からの見捨てられ体験から抜け出せない

    イジメに関わる支援者は慎重に対応して欲しいです。

  • イジメ認知32万件
    小学校で急増
    防止法ができて、関心も高まっているというのもあるけど、恐ろしい件数
    ちなみに児童虐待通告件数は12万件(過去最多更新中)

    これだけ件数があって
    認知して、それぞれ適切に対応できるのだろうか?

  • 「今の自分は、両親なくしては、ない。ここからは自分ひとりで巣立っていくことになるんですけど、育ててもらった18年間に恥じないように、いい大人になって、いいプロ野球選手になりますと言いたいです」

    ある高校球児のドラフト会議後のコメントです。
    大卒の両親を見て、色々話し、大学の良さもあると感じながら、それでもと自ら選んだ道を応援してくれた事への感謝が第一に。
    晴れやかな笑顔が印象的でした。

    周りが好き放題、あの子はあそこが向いてるだの何だの言ったりもするのでしょうけど、本人が進む道を、と望む親御さんは多いのでしょうね。

  • >>779

    生徒の先生に対する評価は
    ねちねち、厳しい、怖い

    学校や教育委員会の先生に対する評価
    熱心な指導、良い授業

    この感覚、受け止めの違いを精査検証しないと第二第三の悲劇は起きます

    暴言であろうと体罰であろうと
    力で相手を屈服させるやり方では、成長するものも成長しません

    いくら言っても指導に乗らない時は手を挙げるのはやむなしと思っている先生(親も)
    それは、自分の力不足を認めるようなもの

    知らぬ間に生徒との土俵から自ら降りていることに気づいて欲しいですね。
    暴言暴力の源は怒りの感情
    決して生徒を思っての指導ではないです。

  • <<
  • 801 780
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン