ここから本文です
  • <<
  • 577 558
  • >>
  • 577(最新)

    養父 4月7日 14:40

    >>576

    こんにちは

    >多分 元気でやっていますね。

     今月の19日は16歳になり、もう身長は既に越されているかも?
     父親も身長あった人です。
     一昨年は 「14歳の君へ どう考えどう生きるか 」の本をプレゼントしていました。
     図書館には月2回よく行っていました。

     何か良い本がないかな?

    >社会人になって 苦労を経験すると 光さんの心の暖かさを再認識すると思いますよ。

    前書いたか? 忘れましたが、以前弟がそう話していました。
     将来は解るよと話してくれていましたからね。
     ここから見守り、それを期待しています。

    代りじゃないですが、4年生の少女を見守って上げようと思っています。
    今日のテーマはレモンの発電気の実験でしたが、準備不足になってしまいました。
    私の未熟さの再勉強を兼ねてのものです。
    子供の居場所が一人シニアが参加しており、今日も待っていると思うので、
    これから行ってきます。

    向こうに書いていましたが、
    本当に味方の人ならば、先の母親のように思いありを持って書くべきなのですが・・・。
    ただの忖度程度どや 自分の利益のみでは韓国の元朴大統領のような結果となりますね。

    ドさんの部屋では、全てが見通しできているようですね。

    これからも 宜しく。

  • おはようございます。


    >母親としては、本当にプライドも有ったもんじゃありませんね。
    でも、何が大切かで行動を取ったのですね。
    一般人は真似できない感心する行動です。
    その母親の行動を子供に伝わったのか、大きな事件にも発展しなかったようです。
    その後は当たり前に高校を卒業しており、昨年は1児の父親になったそうです。
    また、この息子の面白い話を聞きました。
    学校をずる休みしていた時に、
    たまたまホームから落ちた人を助けたために学校で表彰式が有ったそうです。
    本人は学校をサボっての行動なので、とても祝ってもらう程でないと気まずい気持ちになったそうです。
    もし母親が、上記のような本音の愛情をもって行動しなかったならば、
    今頃前科何犯と言う肩書がついて良いパパになれなかったかもしれないですね。


    いいお話ですね。

    ちょっと極端なお母さんですが、愛情が伝わってきますね。

    このお子様は元々は優しい心の持ち主ですね お母さんの愛情をちょっと確かめたかったのだと。



    > 我が息子はどんな春休みの生活をしているのか?

    多分 元気でやっていますね。

    社会人になって 苦労を経験すると 光さんの心の暖かさを再認識すると思いますよ。



    >★ ピッチさんは人を犯罪者扱いして幸せですか?

    この質問に 本人の答えは返ってきません。

    世の中には 十数人に一人の割合で、人の不幸を喜ぶ人がいます。


    「他人の不幸は蜜の味」という言葉があるように 他人を貶めて相対的に優越感に浸りたい人がいます。

    そういう方にとっては 無いが正しくてとか正義感は関係なくて 自分の相対的優越感を上げる事のみに

    感心が有ります。会話は成り立たないかと思います。



    >もし、私が貴方が言うようにストーカーならば・・・

    光さんの事を ストーカーだと言っている方は極少数ですよね。

    こういう 沢山の人の意見の集約は 真実を見極めるのに大変重要かと思います。

    ただ僕は 投稿回数の極端に少ない人 即ハンや捨てハンは一人にカウントしません。

    それこそ ストーカーの分身でしょう。

  • >>534

    ★ ピッチさんは人を犯罪者扱いして幸せですか?

    もし、私が貴方が言うようにストーカーならば、
    ここでこのような書込みをしないで、既に母子の住んでいる家に押しかけていたでしょう。
    何故ならば、契約するまで一緒に探して協力しており、
    私が推奨した家でもあるのです。
    だから、場所も間取りも全部知っており、自転車で行ける範囲なのです。

    本当に貴方が言うストーカーならば、行っていたでしょう。

    何故いかないのか? 貴方は解りますか?

    その人の気持ちも予測できないで、全ては知ったかぶりで書込みしていますね。
    だから批判もされてしまうのですよ。

    それでピッチさんは幸せなのですか?
    辛い辛い気持ちになっている人に何処までも痛めつけるのですか?

    >残酷なことするんですか?
    残酷はピッチさんですよね。
    貴方のような幸せの人には、このような辛い気持ちは伝わらないでしょうね。

    貴方は Aゼロ方式 + Bマイナス方式の方なので、
    最終的には、私以上に可哀想な人になるのかもしれませんね。
    私は何とかして、C プラス方式 で少しでも人の為に成れるように微力ながら努力しています。
    そして、多分ロムしている方もこの私の気持ちを多少なり理解できると信じています。

    >もうやめてください。
    しかし、私に対しての犯罪者扱いはここが消えるまで永遠に残ってしまいますね。

    ピッチさんは,まるで光を吸込むブラックホールのようですね?

    光 (残念ですね)


  • ★ プライドはそんなに大切なのでしょうか?

    私の知り合いの妹は、
    不良行動を取っていた子供に対しての対策として、
    それ程トップに成れる素質でないのですが、進んでPTAの会長にもなったそうです。
    そして、身近な防犯関係者と警察署に息子の為に取り締まって下さいと相談に行ったそうです。
    後でその母親は私にも話していました。
    バイクで蛇行運転したりしていると、息子の名前を直接警官が呼びかけて、注意取り締まりをしていたそうです。
    いや本人もたまったもので有りませんね。名指しでパトカーのスピーカーから呼ばれるのでは・・・・・。

    母親としては、本当にプライドも有ったもんじゃありませんね。
    でも、何が大切かで行動を取ったのですね。
    一般人は真似できない感心する行動です。
    その母親の行動を子供に伝わったのか、大きな事件にも発展しなかったようです。
    その後は当たり前に高校を卒業しており、昨年は1児の父親になったそうです。
    また、この息子の面白い話を聞きました。
    学校をずる休みしていた時に、
    たまたまホームから落ちた人を助けたために学校で表彰式が有ったそうです。
    本人は学校をサボっての行動なので、とても祝ってもらう程でないと気まずい気持ちになったそうです。
    もし母親が、上記のような本音の愛情をもって行動しなかったならば、
    今頃前科何犯と言う肩書がついて良いパパになれなかったかもしれないですね。

    我が息子はどんな春休みの生活をしているのか?

     光 (今日より明日を期待して・・・)

  • >>570

    ★ 私はある事件を思い出すように驚いていました。

    >僕は直ぐに ナチスドイツの優勢民族の思想を 思い出しました。
    >ユダヤ人を迫害していましたね。
    > 二度とあってはならない事ですね。

    知っていましたか?  失礼しました。
    私はある番組で知りました。
    それに走る前に優秀な医師がアドバイスしていたとか?
    どこかの話題に関係しておりますね。
    これでは玉手箱を開いてしまっていますね。

    何故、優秀な人達は大きな過ちを起こすのか?
    バカな私でも文書の改ざんはしませんし、
    検査データーの改ざんもしませんね。
    私なら、自殺する前に退職します。

    >光さんも お元気そうで 良かったです。

    何も変わっていませんが、子供は今年から高1です。
    私からの一方通行のメールも月1度あるかないかになりました。
    私の精神は正常のようですが、部屋はゴミ屋敷に代わってしまっています。
    困ったものです。

  • >>571

    > 突然ですが。
    > boyさんは 下記の問題に関して、どう思いますか?
    >
    > ★障害者への強制"不妊手術"に救済・補償・謝罪を!が問題となっていますが、
    > ------------------- 
    > 未婚で不妊手術を受けた場合は、結婚時に配偶者に対して手術の事実を告げる義務がある。
    > 1948年から1996年までに1万6500件の強制不妊手術
    >
    >  戦後の1948(昭和23)年から施行された「優生保護法」は、
    > 優生学上の見地から不良な子孫の出生を防止し、母体の健康を保護するために、
    > 本人の同意がなくても優生手術を実施できるように定めた法律だ。
    >
    > -------------------
    >
    > 学校で学んだのだろうが? 私はこれまで知りませんでした。

    どうもこうも無いですよね 酷い話です。

    ハンセン病患者に 避妊手術をさせていたのは知っていました。


    > 私はある事件を思い出すように驚いていました。
    > このある事件とは、もしかして書くかもしれませんが、
    > 今はまだ玉手箱に保管しています。
    >
    > 光


    僕は直ぐに ナチスドイツの優勢民族の思想を 思い出しました。

    ユダヤ人を迫害していましたね。

    二度とあってはならない事ですね。

  • >>570


    突然ですが。
    boyさんは 下記の問題に関して、どう思いますか?

    ★障害者への強制"不妊手術"に救済・補償・謝罪を!が問題となっていますが、
    ------------------- 
    未婚で不妊手術を受けた場合は、結婚時に配偶者に対して手術の事実を告げる義務がある。
    1948年から1996年までに1万6500件の強制不妊手術

     戦後の1948(昭和23)年から施行された「優生保護法」は、
    優生学上の見地から不良な子孫の出生を防止し、母体の健康を保護するために、
    本人の同意がなくても優生手術を実施できるように定めた法律だ。

    -------------------

    学校で学んだのだろうが? 私はこれまで知りませんでした。

    私はある事件を思い出すように驚いていました。
    このある事件とは、もしかして書くかもしれませんが、
    今はまだ玉手箱に保管しています。

  • >>569

    > いや、良いと思うことで前進しても、
    > 希望の党じゃないけれど排除されたりしているので、
    > ついつい公的の場所では伝えたい自己紹介を遠慮したりしております。

    まあ 世の中気の合わない人も半数は居て 時にそういう事も起こりますけどね。


    > 児童館での会議では、自分の今やろうとしている起業の紹介は遠慮していると
    > 代わりに館長が紹介したりしています。

    まだ 研究を続けられているんですね。

    確か大創で材料を仕入れて LEDでの野菜の栽培キット でしたね。

    成功する事を 願っています。


    > そんな時に 「友達じゃないですか」 はとても嬉しい言葉です。
    > 向こうでは攻めるために参加している訳でないのですが、
    > 何故かおかしな流れで暗い状況になっています。

    世の中には 良好な人間関係を築けない人は居るものですね。


    > 私もコインの二人のような性格ならば、
    > 既にboyさんともここで交信が存在しなかったでしょう。
    > 自分の嫌なことも聞く耳を持ち、もっと幅広いところで考えるべきだと思います。

    以前は嫌な思いをさせてしまったんですね。

    僕は光さんの事好きですよ。

    何回も書いていますが、モラハラだと思っていませんし。



    > 不幸の方と比較するのも良いことで有りませんが、
    > 私は妻から捨てられた人ですが、
    > 今回の出会った10歳の女の子と比較したならば、
    > 本当に幸せだと思います。

    そうですよね。

    少し 被害を誇張する傾向が有るのかも知れませんね。


    > 彼らはモラで苦労したと思いますが、この女の子と比較したならば、
    > 結婚して子供ができるまでは、夢のような幸せな時期だったのでは?
    > と思ったりしていました。

    そうですね。

    その事まで 否定しなくても良いように思います。


    > でも、
    > >傷付きやすい性質を持って生まれ 辛い幼少期を送ったのだと思います。
    > そうならば、
    > またまた表現が難しくなってしまいます。
    > もしかして、10歳の子よりも不幸だったかもしれませんね。

    一概には 比べられませんが・・・



    > 仕事は好きでなければ人生損してしまいますね。
    > 楽しみを味わって下さい。
    >
    >  光

    はい 有難うございます。

    光さんも お元気そうで 良かったです。

  • >>568



    >あははは 友達じゃないですか 緊張しないでね。

    いや、良いと思うことで前進しても、
    希望の党じゃないけれど排除されたりしているので、
    ついつい公的の場所では伝えたい自己紹介を遠慮したりしております。

    児童館での会議では、自分の今やろうとしている起業の紹介は遠慮していると
    代わりに館長が紹介したりしています。

    そんな時に 「友達じゃないですか」 はとても嬉しい言葉です。
    向こうでは攻めるために参加している訳でないのですが、
    何故かおかしな流れで暗い状況になっています。

    私もコインの二人のような性格ならば、
    既にboyさんともここで交信が存在しなかったでしょう。
    自分の嫌なことも聞く耳を持ち、もっと幅広いところで考えるべきだと思います。

    不幸の方と比較するのも良いことで有りませんが、
    私は妻から捨てられた人ですが、
    今回の出会った10歳の女の子と比較したならば、
    本当に幸せだと思います。

    彼らはモラで苦労したと思いますが、この女の子と比較したならば、
    結婚して子供ができるまでは、夢のような幸せな時期だったのでは?
    と思ったりしていました。

    でも、
    >傷付きやすい性質を持って生まれ 辛い幼少期を送ったのだと思います。
    そうならば、
    またまた表現が難しくなってしまいます。
    もしかして、10歳の子よりも不幸だったかもしれませんね。

    仕事は好きでなければ人生損してしまいますね。
    楽しみを味わって下さい。

     光

  • >>567

    > こんにちは
    >
    > 本当にお久しぶりですね。
    > 当サイトでは、一番相談に乗ってもらっており、一番知っている方です。
    > アドバイスでは、良いところ違うところ等と自分自信を客観視ができていました。
    > これからも宜しくお願いします。

    こちらこそ よろしくです。


    > 「てんかん発作を持ってる人」サイトに参加した時は、
    > 多少時間ができたのかと合わせてどんな発言するのか注目していました。
    > 先ずは、幼少期の夢実現おめでとうございます。
    > 「バスの運転士になりまして毎日頑張っています」大変だろうと思っています。

    いや~ 毎日大変です。なんなら 死にそうなくらいです。

    中年のおっさんには 何年もは無理かもです。

    でも 体力の許す限り もうちょっとだけ頑張ってみますね。仕事自体は楽しいので。




    > ★向こうサイトでの7798のコメントは、
    >  なるほどと上手な解釈に共感しておりました。
    > だから二人の提示は、コインの二人には通じないのでしょう。
    > 実に可哀想な方なのかと思ってしまいます。

    そうですよね。

    だから 自分に都合の悪い質問には 決して返事はしないと思います。

    返事をすると 自我が崩壊してしまうのでしょう。




    > 久しぶりなので、ちょっと緊張していますよ。 笑い
    >
    > 光

    あははは 友達じゃないですか 緊張しないでね。

  • >>566

    こんにちは

    本当にお久しぶりですね。
    当サイトでは、一番相談に乗ってもらっており、一番知っている方です。
    アドバイスでは、良いところ違うところ等と自分自信を客観視ができていました。
    これからも宜しくお願いします。

    「てんかん発作を持ってる人」サイトに参加した時は、
    多少時間ができたのかと合わせてどんな発言するのか注目していました。
    先ずは、幼少期の夢実現おめでとうございます。
    「バスの運転士になりまして毎日頑張っています」大変だろうと思っています。

    ★向こうサイトでの7798のコメントは、
     なるほどと上手な解釈に共感しておりました。
    だから二人の提示は、コインの二人には通じないのでしょう。
    実に可哀想な方なのかと思ってしまいます。

    久しぶりなので、ちょっと緊張していますよ。 笑い

  • >>535


    ピッチさん
    こんにちは 真夜中までご苦労様です。

    チョット疑問を持ちましたので、こちらで質問したいです。

    以前貴女は、
    >はい。
    >あの2人は別人です。それは私が保証します。
    >ガ・・・さんはもうとっくにここのことは卒業されていると思います。
    >明るく元気な方でお腹に貯めない方と思います。

    貴女はGの性格等の良し悪しは別としても、よく理解している方なはずですね。
    だから上記のように自信もってのアドバイスをしていましたね。

    しかし、貴女は 何故?

    >あなたは、Gさんですか?

      そして、

    >Gさんではないですね。
    >良かったです。

    えっ!  どこであの流れで、Gと思ってしまったのですか?

    Gは貴女の仲間なのでは無いですか?
    それでこちらで貴女は彼女に応援メッセージを書いていたのでは?
    もしかして、その時はGに対しての右習いの協力で書いていたのですか?

    全部過去を見ていないから、解らない部分がありますが、
    何か不思議に思っていました。

    また、人を理解しているのと好き嫌いは別のものですからね。
    どうなのでしょうか?

    光 (皆様に明るい光を・・・)

  • >>563


    今日は子供の居場所で午前中に誕生会を開いたそうです。
    まだ人数は少ないです。
    私も聞いていましたが、シニアである私は遠慮して、
    こちらで書込みをしていました。
    仮に連絡が入れば、参加したでしょう。

    そして、午後行った時に子供が帰ってからいくつか解りました。
    3年生までは、夕方の門限が4時半のようです。
    4年生からは5時に延びるそうです。
    そして、自転車は乗れるのか?持っているのか?
    興味を持っていたところ既に乗れるのですが、やはりルールがあるようです。
    そして、春休みになったならば、何しているのか?
    博物館等に見に行ったりするのか? の疑問に、
    店長に尋ねたところ先週はデスニーに行ったと話しており、
    その時のお土産がこのお菓子だよと話していた。
    そうか、当たり前に色んな所にも行けるのかと思いました。
    最近は私が施設まで少女の依頼で付添の見送りになりました。
    近い場所なので一人行き来してるのですが、帰りは甘えて誰かと帰っています。

    別れる時には、確りと「ありがとう」を話していました。
    後で店長に聞いたところ、その辺はしっかりしていますと話していた。

    帰り際に口を拭いていたのは、外で余りおやつを食べないようになっているようです。
    これは健康面からのルールになっているようです。
    今の所には、3年前に来たと聞いていたと話して、
    滅多に母の話をしないのだが、時には話すこともあると話していた。
    勿論こちらからは、余計な話をしないと話していた。

    寧ろ一般の子供達よりルールが確りと守られているようです。

    後は、写真等も取って上げると良いね。
    何故児童館のイベンドでは、写真を撮らなかったのか?
    個人情報が?
    しかし、我が子ならば、色んな面を撮影するだろうにと話したところ、
    今日は皆で誕生会の記念写真を撮りましたと話していた。
    店長には中学卒業まで機会があれば撮って上げた方が良いねと私は提案していました。、

    良い子に育っているようです。

    光  (その子に友達が多くできますよに)

  • >>562

    さて、
    そこで出会った子供(今度4年生)は事情有る子で、児童支援施設に入っていると聞きました。
    その後2月に誕生会を開くといわれたので、私はプレゼントを検討していました。
    多くの甥達にお年玉も上げられない貧困シニア叔父ですが、真面目に考えていました。

    よくカード系の遊びをしていました。、
    お金は掛けられないし、何か友達と一緒に遊べるものが良いと思ったのが、
    大きなシャボン玉道具でした。液のスペアを含めても、1000円以内で抑えられました。
    そして、丁度1週間後には、児童館でのイベントがあり、
    その子が中心になってシャボン玉担当にしてもらうようにお願いしました。
    しかし、当日は皆に貸したならば、後で私が遊べないという話が返ってきていました。
    勿論、その為にも私は大創で液を購入して準備していました。
    そのことを伝えたならば、安心して皆に披露していました。
    ここにも上記自己有用感があるような気がしました。

    この子は親に捨てられたのか?
    虐待の為に隔離されているのか?
    どんな事情があるのか解りません。
    上げた後で、施設の人から《私の名前と電話と誕生日》を教えてくれと言われました。
    これを思うと初めての他人からのプレゼントだったのかも?
    もし過去に有れば、頂いた時に《 》を教えてと話していたでしょう。

    このようなことを思うと私は妻に捨てられていますが、まだまだ幸せなんだと思ったり、
    向こうの方達も素敵な彼と出会ってある時期まで幸せな結婚生活ができ子供も持てたのでしょう。
    その後が大きな問題となり最悪な生活になったのでしょうが、
    この10歳の子を思うとまだまだ幸せだろうし、もっと今後の幸せもつくれるだろうと思いました。
    イベント参加時は、場所が離れているために施設の人が送り迎えしておりました。

    このような子供たちはお小遣いはあるのか?
    つい考えて、社協や児童館の人に尋ねたりしていましたが、皆さん知らないようです。
    XOXさんは心理系に詳しいので、児童面も知っているかな?と思い書いております。
    親にこれ買ってと要求もできない子なのですね。
    小さい内から限定的な生活になっているのか?

    風船飛ばし。ちょっとしたマジック等を教えたりしていますが、
    さあて、今日の土曜日は何を持って参加すべきか? 
    ネタ切れとなっています。

     光  (その子に明るい未来があるように)



  • XOXさん改まって  こんにちは

    >またどこかでお話できると良いですね。

    はい、その節はありがとうございました。
    やっと書く時期が来たようで嬉しいです。

    多分こちらも注目しているかと思い私の学習を含めて書いています。

    あちらで一番注目し学んだのが、下記の文書でした。

    > 自己肯定感とか自己有用感とも言いますね。
    >ある講座で、自己有用感と言うものは、
    > 「親が子供に贈ることのできることの中で、お金や遺産よりも、
    > 何よりも最も大切な贈り物である」
    > 「これさえあれば、お金が無くとも、困ったことに遭遇しても、
    >一生何とかやって行くことが出来る力になる。最も重要な遺産である。」
    >と教わりました。

    > 何もしなくとも無条件で、
    > 「親に受け入れられ、愛され可愛がられ、尊重され、大切にされた」と言う体験が、
    >自己有用感を確立することになり、一生の柱になるのですね。


     正に幼少期は体が弱い長男の私でしたので、上記のように大切に育てられたようです。

     上記文書に出会ってから、ゴミ屋敷の我家を整理していたならば、母からの手紙を見つけて、
    驚いて早速一番下の妹に知らせていました。
    その手紙には、正に上記の文書のような啓発の内容が書かれてありました。

    しかし、確りと理解はまだできていません。

    たぶん自分を知るために母からの文書も書くかもしれないですが、
    今回は別な件で話題にします。

    何故、ここに取り上げたかは、
    毎週土曜日に子どもの居場所づくりをしようとしている人がおり、
    その方への私なりの提案協力で顔を出しております。
    何か私のシニアの居場所にしているのかも?

    続く

  • >>560

    ❄ 講演会を聞いて ②
     
     今回の先生の私の大きな評価は次の二点でした。
    a よく屈んだ状態で話したりしていたことです。 
      今日はみんなが上から下を見ているのですから、 
      その必要はなかったはずですが、
      日々の子供や他の障害者を相手で話をしたりしている
      習慣が出てしまうのでしょう。

    b 遅れて参加した方に話を途中中断して、
       (普通のプレゼンでは中断しませんからね)
      「お帰りなさい」と話して、「お仕事ご苦労様」と話していたことです。
      ここでも言えることは、講演者の先生の上から目線が無く、
      お客側目線でいたからそのような優しさが表れていたのでしょう。

     本当に偉い素晴らしい先生になり見直ししていました。
     先生は40歳に大学に進学して、その後は先生として指導しているそうです。
     今年50歳となり、今は通信教育で心理学を学んでいると話していました。

    さて、この女優は誰でしょう?
     軽い傍観の気持ちで参加でしたが、とても良かったでした。

     注目されている女優でありますが、自分の体験から良い方向へ
     社会を導こうとしている努力はとても素晴らしいと思います。

     本当の美人は、心から現れるのでしょう。
     先生、未来を明るくする為に今後も宜しくお願いしますね。


     光  (明るい明日を求めて)

  • ❄ ある講演会を聞いて ①

    以前ある有名な女優の講演を聞いて、
    その内容に吃驚してしまいました。

    それはその方の子供が赤ん坊の時に脳梗塞になり、
    半身不随となっており学校を探していた時の事だったそうです。
    公立の小学校は難しいだろうと考えて、
    私立の学校を探していたそうです。
    しかし、そこには入学の資格「心身ともに健康 健全な方」
    という記載がどこの学校にもあったそうです。
    我々健常人には当たり前に学校や会社の就職時にも
    目にしていた内容はだと思います。

    これでは、
    子供は体が不自由な為に永久に不合格になってしまうと悩んだそうです。
    何故、心は健全なのだがだめなのか?
    これでは差別問題になっているのでは? と話しておりました。
    これに関しては、2016年にやっと改正となったそうですが、
    心身ともに健康 健全の中に間違った遺伝子解釈が含まれてしまったならば、
    本当に恐ろしいことになってしまいますね。
    何気ないところに大きな差別的な表示問題がありますね。

    余りにも遺伝に重視しすぎると平等への差別化となってしまう危険がありますね。

    この続きはまたの機会に…。

    光  (明るい明日を求めて)

  • >>556

    私の認知症対策

    何故、5年以上の数値になったのか?
    全然計算が違う、
    思い込みがこんなところに大きな間違いとして表れてしまったようです。
    申し訳ありませんでした。
    色んな面で謙虚にならねばなりませんね。

    また、柔軟性がなくなるとフリーズ状態となります。
    これは昔のスキーでの右上腕骨折を思い出してしまいます。
    それがリハビリすることにより、
    上がらなくなっていた腕が、不思議と改善される体験もしました。
    これは肉体だけでなく 
    精神面の心の気持ちにも言えると思います。

    この柔軟性の考え方は、私の認知症防止に役立つと信じています。
    それからネガテブじゃなくポジテブ思考が大切ですね。

    光  (明るい明日を求めて)

  • >>557

    これらの結果と神経学的・行動の研究に基づいて、
    ファロン氏は精神病質者として分類されますが、
    全ての精神病質の脳を持つ人が犯罪に走るわけではありません。
    ファロン氏は、精神病質脳を持つ自分が非暴力的で、
    安定し、科学者として成功していることや、精神障害の診断・
    統計マニュアルの形式的な診断プログラムでは現われないことから、
    現在の精神病質の定義が広すぎることを指摘しています。

    数回にわたる流産の末に産まれたファロン氏は、両親から深く愛されたと同時に、
    厳しいしつけの中で育てられました。
    そこで彼は、「遺伝要因」以外にも、「環境要因」が大きな役割を果たし、
    特に幼年期の行動の結果が重要である、と述べています。

    さらに、3番目の要因として「自由意志」についても触れており、
    ファロン氏は、「自分が精神病質と判明してから、意識的に他人の感情を読み取るなど、
    行動や振る舞いを変えるために努力しています」と話しており、
    また、「精神病質は全て同じではないことは、自分自身を示すことで証明できると考えます。
    私は誰かを殴りたいとは思いません。
    --------
    ★ 当然のように
      神経科学者のジェームズ・ファロン氏は幼少期の家族の愛情が大きいと話していた。
      育った環境が良かったと話していた。

     定年後の私は、何故こんな性格になったのか?ということを考えたりしています。
     それは我家の家庭環境の良さが大きかったことを再確認しておりました。

    光  (少しでも明るい明日を求めて)

  • <<
  • 577 558
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
かんたん口座開設・販売手数料無料!! ヤフーグループのYJFX! 投資信託