ここから本文です
  • 大阪市内で最も緑の深い大阪城公園には150種を超す野鳥が観測されたこともあるそうです
    しかし役所としては「管理が容易なこと」が主眼のようで、観光や慰安に利益のある構想など眼中にはないようです。
    そこで西欧の公園のように小鳥などの鳥類、リスなどの小動物が自然に繁殖するような「生態系を主眼とした」公園にするよう 組織を作り役所に陳情するというアクションを企画し、このスペースをそのための掲示板とします
    数年来 個人的に提案してきましたが まさにカエルの面に水 。
    数十名という組織として 陳情 すれば役所の重い腰も動くのではと考えています
    ここのスレに この趣旨に無関係の書き込みはご遠慮ください

    以前イギリスの公園で目の前を巨大なクジャクが悠々と通り過ぎ、また色々な水鳥が人を恐れずに棲んでいたことに感激しました。勿論蛇などもいるはずですが、日本の役所は徹底した管理型の公園を推進しているようで残念です。
    そのくせ大阪のカラスは野放し、異常に繁殖し、ゴミを荒らし、人を襲ったり小鳥やりすなども生きていけないのです。東京ほか多くの自治体のように捕獲すべきと何度陳情しても聞く耳はありません。
    いずれは子供達が自作の巣を沢山の木々に取り付け、多くの野鳥が巣とする、子供達はそれを観察することを大きな楽しみとする日を夢みています。ゲームに価値を見出して大人になるのがいいか、生物の生態、いのちの営みの観察に関心を持ちながら大人になるのがいいか・・・
    大阪の中心部に広大な自然があるのに 役所の価値観で 全く活用しようとしないのは残念と思います
    今は「虫が怖い若者が多い」ようですが、幼年期から自然と隔絶した生活を送っていると、虫などを不潔ほか敵視するようになり、殺虫剤、消毒剤などでせん滅を考えるものです。多くのアレルギーや難病も人間が自然を排除する生活が遠因になっていると思うと、大阪城を「自然の大きな教室」に変えることは意義があるのではないでしょうか

  • <<
  • 10 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン