ここから本文です
  • 「エキゾチックアニマルの第一人者」「カリスマ獣医」などと自称し、派手な宣伝で集客している動物病院で、「脊椎症」あるいは、「腫瘍」などと診断され、ステロイド長期連続投与を受けている、あるいは受けたペットが死亡した飼い主さんへ。

    「当院特別配合の動物に一番良い薬」などとウソの説明をして、強力な鎮痛・消炎剤で、制吐剤・免疫抑制剤であるステロイド「プレドニゾロン」を、動物に数ヶ月間、全身投与(口径投与)している獣医師がいます。

    ステロイドは免疫抑制力が強く、連続投与するとさまざまな感染症に罹るため、人間の医療においても、全身投与(口径投与)で、2週間以上の連続投与は行いません。

    ステロイドを数ヶ月間、全身投与(口径投与)された動物は、ステロイドにより人工的に、免疫不全の状態(エイズとおなじような状態)にされ、さまざまな感染症に罹って死亡していると考えられます。

    ステロイドには、優れた鎮痛・消炎効果と、吐き気を止める作用もあるので、動物が感染症に罹っても、発熱したり、発疹が出たり、吐いたり、身体が腫れるなどの症状が出にくいため、飼い主さんが動物の異変に気が付かないと思われます。

    エキゾチックアニマル、特に、外来野生種といわれる、外国産の野生動物をペットにした動物には、さまざまな細菌・ウイルス・真菌・原虫・寄生虫をもともと保持しているものが多く、

    動物に長期間、ステロイドを全身投与(口径投与)した場合、通常は、動物の自己免疫力で、増殖が抑えられている細菌や原虫などが、体内で大増殖し、飼い主さんに感染する危険性があります。

    特に重篤な原虫感染症として、エキノコックス症は、人間に感染してもすぐには症状が出ません。1mmほどの大きさの原虫が、人体内で増殖し、肝臓に巣を形成して、肝臓障害を起こすまでには、子供で5年、大人で10年かかります。

    肝臓に原虫の巣が形成されて、肝障害が出てから治療をしても、治療は極めて困難で、肝臓ガン並みであり、手術が必要で、術後の生存率も高くありません。

    ウイルスや原虫感染症には、特効薬が無く、自己免疫力で対抗していくしかないので、小さい子供や、老人、病人など、免疫力が弱い人は、大変深刻な状況に陥りかねません。

    万が一、ウイルスや原虫などに感染しても、早期発見・早期治療で、軽症で済む場合もあると思いますので、動物病院でステロイド剤の長期連続投与を受けている、あるいは受けた後にペットが死亡するなどした飼い主さんは、医療機関に相談され、検査など受けたほうが良いと思います。

  • <<
  • 22 1
  • >>
  • 22(最新)

    cxy***** 11月24日 21:25

    ステロイドが獣医師にもてはやされるのはズバリ「金の生る木」だから。副作用は免疫低下、糖尿病、その他全部で五種類ほどあります。打てばそれだけで動物の具合が悪くなり、診察の回数が増えるということです。
    そうして荒稼ぎして高級外車など乗り回している獣医師もいます。 動物病院は人間の病院みたいに医師にさせてはなりません。彼らの頭の中には動物の健康や命の事など微塵も考えていないようなのが多いので。

  • ステロイドは効果の割に副作用が大きく、免疫機能が低下し二次感染につながる。
    例えばアゴ下のニキビなど打つ前は平気だったものが、打った後に急激悪化するなどばい菌に対する耐性が低くなります。他にも糖尿病など長期通院が必要な原因が見込めます。
    獣医師が積極的にステロイドを打ちたいのはその二次感染を期待してのことでしょう。
    故意にペットの健康を悪化させているのです。絶対に許してはいけません。
    動物のケアは抗生物質だけで充分だと思います。自然界の動物は何も打たずに生きているのだから。

    もっとも私はペットにはもう二度とステロイドを打たせないつもりですが。
    二次感染が発生し、異常な食欲をもってしまったペット、下劣な獣医師に診察させたことを申し訳なく思っています。

  • 言い忘れていたのですが、雄ネコ(5才)、血液検査の結果、エイズ感染も猫白血病も無しでした。臓器にも異常なし。ただ、ノミは、今年の夏、異常発生していたせいか、ノミが沢山巣くっていました…。では、貧血は、ノミや、別方面から来ている病だったのか…と考えていますが…。もし、そうならば、取り返しのつかない事をしてしまったのでは…と…。診断を受けたら、飼い主各自で、可能な限り鉄分サプリや、ペットチニックなどのミルクと、ノミ対策で、徐々に回復出来たのではないかな…と。安易に、動物病院を頼るのでは無くて、ある程度、飼い主が、各自で調べる必要もあると思います……。安易に注射を打たせた事を、とても後悔をしています…。皆様も、診断を受けたら、可能な限り、自分で調べて、どの対策で様子を見て行くか…その子にとって最適な方法を見つけ出してあげて下さい…。長い文章、読んで頂いてありがとうございます。

  • 先週から、少し食欲が無くて、私にべったりしていて、元気が無い雄ネコ(5才)鳴き方が、少し変だった為、もしや、便秘だと思って、ちょうど検診もかねて京都市右京区のにある動物病院 連れて行きました。しかし、検査結果は、内臓や腹部に異常なし。次に採血をして、以外な診断結果『貧血です…。赤血球が作られていない恐れがある』と言われて、問題のステロイドを『食欲が無いと聞いたので、ステロイド注射だけ打っときますね』と言われて…
    その夜、状態が急変して苦しんで亡くなりました…。すごく公開しています。便秘を疑ってて、検診のつもりで受診したのに、ステロイド治療をすると言われて、その1日で亡くなったんですよ…。1日で死亡するなんて、おかしいですよね。あまり突然で、医療ミスか、こちらに書かれているように、意図的に殺害されたのかと考えていました…。後悔をしても、後悔しきれません…。彼がかわいそうです。怖いのを我慢して、苦しんで、亡くなったから…。動物病院、怖いです…。行かなければ、良かった…。

  • 私の愛犬も獣医に騙されて、ステロイドを1年打たれました。突然ご飯も食べず、ぐったりして、病院に連れていったら、結果獣医に丸投げされ、安楽死を進められました。納得がいかず別の獣医で診察 即検査 急性膵炎。即入院しました。
    あの獣医を苦しめたい、その気持ち凄く分かります。弁護士に相談して訴えるのは?
    獣医の価値ないです

  • 生前時にナラシノの獣医から聞いた説明と、生前時に説明もなく実行した不正な業務と、生前時のカルテと、他界後のカルテと、ぐちゃぐちゃに支離滅裂な事をされました。
    副作用を聞いてもこちらでは副作用のある薬は出していませんなどと嘘をつかれました。

    これは悪徳動物病院の手口です。説明と、実行が不一致で、カルテ改竄破棄が悪徳動物病院の手口です。だから民事裁判が繰り返されてきたのです。ナラシノの飼い主は誰も自分のペットのカルテや使用された薬品や手術や検査などを調べません。全て被害者任せです。自分で調べなければ駄目です。
    多摩センターもビニールをぎゅうぎゅうに詰めて腹をざっくり切って殺害してカルテ改ざんしたり預けたリスと全く違うリスが戻って来てその別のリスが別室で麻酔なしでメスで切られて血まみれで死んでしまったり、川上動物○○も説明もなく子宮全摘出とアゴ切りなどを勝手にされてレントゲンとカルテを破棄されましたし、アニマル○○○○○○○○ーも犬の舌を説明なしに麻酔なしで数ミリ切られて沢山の薬品を使用されて殺害されてしまい皆心肺停止後に飼い主に連絡するという同じ手口で、ナラシノも同じ手口です。ナラシノで殺害されてナラシノを不審に思い、調べていたら過去に起きた動物病院の被害者を沢山見つけました。
    ナラシノはカルテ請求してもカルテ開示を拒否されて数週間後に改竄されたカルテをよこしてきました。

    あなたが多摩センターの最初の被害者のように、被害者報告も事前に見つからずに行って、説明と全く異なる支離滅裂な投薬や切開などをされたらわかります。

    だから民事裁判が起きます。

    皆被害者は民事裁判しか手段がなく、多くが泣き寝入りで、少数の被害者の方が裁判してきましたが、他の動物病院の被害者の方は裁判はしない方がいいと思います。だって裁判しても命は戻らないからです。多額の裁判費もかかり被害者は苦労するからです。

    何も話を聞いていなかったというのではなく、こちらは全部毎日の細かい獣医とのやり取りの記録をとっていますよ。でも死んだあとにカルテを破棄して、改竄して、ナラシノはいい加減なことばかりやっています。詐欺です。弁護士にも言われましたが債務不履行です。

  • >>8

    >医師と飼い主との情報の詳しいやり取りもなく、副作用の説明が事前に詳しく一切なく

    なんで聞かなかったの?
    なっとくできる説明を受けないまま治療をさせるのは理解できません。

  • 飼い主様及び消費者様へ
    悪徳動物病院の獣医と看護婦とその家族知人に十分ご注意下さい!
    水井達也たちが動物を毒殺した事件です
    北習志野駅前の動物病院は皆様のカルテ破棄して虚偽のカルテを作成しています。
    獣医師法違反です。
    http://ameblo.jp/tumialunatuseiquiconme/

  • ナラシノ動物愛護病院の院長は火葬業者と親しいことが判明した!!
    院長のブログに読者登録してあった。
    火葬業者
    http://ameblo.jp/pet594car/
    水井達也は早くペットを無断で毒殺して火葬させることが目的です!!

  • >>10

    私の娘も5歳半でステロイドを注射されてその2カ月後にステロイド糖尿病になってしまいました。
    以後2カ月間亡くなってしまうまでインスリンと入院を繰り返していました。こちらも同じく最初脱毛と皮膚の炎症の副作用が発症しました。私は最初からステロイドの副作用と糖尿病が一体どのような難病なのか詳細を一切知りませんでした。こちらも事前の説明一切ゼロでした。こちらは副作用を全ての獣医師に否定されて次々に副作用が発症してしまいました。もっと早く初期(皮膚の治療)で分かっていたら私は早期に病院を変えたり治療法を変えていたのに.....。

    はい、インスリン一本の治療がベストだと思います。
    インスリンで血糖値がコントロールがつけば脱水も食欲も回復しケトンも消えるはずです。
    カリウム不足でカリウム投与してもらいましたがカリウムは大丈夫だと思います。
    食べ物の中にもカリウムの成分があります。
    私は吐き気止めの胃炎の作用があるシメチジンという薬も、副作用が排尿困難、呼吸困難、死亡の副作用が亡くなった後になって発覚してしまいました。これも事前に副作用を獣医師に否定されました。もう西洋医学の薬は副作用がある為使えない状態でした。私も怒りが治まりません。

    大学病院も確かに選択肢ですよね。でも人間(動物ではない)の患者様で大学病院へ診察に行きステロイドを出されて断りたかったけど飲んだら糖尿病になってしまった人がいらっしゃいました。ですので恐らく大学病院選びも判断が難しいと思います。

    私もステロイドを止めるのは徐々にと聞いた事があります。亡くなってしまう子もいるのですね?難しい判断ですね.... 泣。
    私の猫は最初プレドニゾロン(ステロイド剤)を数回使用されて、その副作用で脱毛して体重が減少したのにデポメドロール(ステロイド剤)を2回注射で糖尿病になってしまい、以後ステロイドは不使用でした。

    私も警察へ2回も相談しました。お気持ちとても良くわかります!とても悔やまれて仕方がありませんよね。
    油断をしないでインスリン治療がんばってあげてください。治療中にカルテを貰い副作用を毎回事前にネットで獣医に調べてもらうとか、いろいろ選択肢を広くもつのもひとつですよね。病院変えて良かったですね。

    私は最初皮膚のニキビの治療(うみを出す治療)から始まり、ステロイド糖尿病になってしまったのですが、もともとは元気でしたし、この最初の皮膚の治療で病院を変えて、東洋医学の漢方薬(薬草)の専門の動物病院が都内にありましたので最初から薬草治療してあげていたら副作用を軽減してステロイド糖尿病には絶対なっていなかったし今も元気だったかもしれないと、とても後悔しています。ヤフーのブログに少しだけ書いています。
    あと私の猫は蜂蜜や、どくだみ、で皮膚の治療も出来ると思います。ただし感染症に注意した上での治療になります。私は最初から別の都内の漢方薬の動物病院へ一緒に連れて行ってあげたかったです。
    (糖尿病発症後は電車や車などの乗り物を乗せるのは動物の場合は極力控えた方が良いかもしれません。動物にもよりますがストレスで血糖値がガクンと上がってしまわないように..糖尿病の前ならまだ車などの乗り物に乗れるかもしれません)

    私の娘は薬を回避しかなかったので、最初検査だけ病院でして、症状に合わせて副作用を事前に調べて使う薬とか病院や治療法を使い分けるという方法も考えつきました。

    ナラシノ動物愛護病院の院長は今後もステロイドを使うし反省の態度がゼロで残念でした。

    はい。私もメイプル動物病院の名前を書きとめておきます。ありがとうございます。

    飼い主は動物のために良心的な治療の判断が最後まで必要になります、どうか治りますようにお祈りしております。

  • ナラシノ動物愛護病院
    最後の日、人が沢山いる時間夕方午後の診察開始前なのに、ステロイド糖尿病で危篤で入院中だった私の最愛の愛猫が心臓停止したあとに病院から電話が入り、私が駆け付けた頃は亡くなっていました。
    なぜ生きているときに連絡をくれなかったのでしょうか。駆けつけて我が子を呼び戻したかったです。
    我が子は私が一番好きで私に反応するからです。

    ステロイドを投与した院長から未だに謝罪もありません。

    亡くなった後に常連客から私に文句を言われる始末。あり得ない。

    みんな安いから行くけど情報が少ないほどよけいに治せませんでした。でも探していたし亡くなった後も治療法を探しているけれど、行きつく結論は「ステロイドを事前に回避で糖尿病にならずに今も元気でした」
    何年も使われているステロイドは新薬でもありませんでした。

  • もっと早くあなたの記事を読めば良かったです。
    私も全く同じです。実際、同じ犠牲が何年も多発しています。

    ナラシノ動物愛護病院の院長先生に皮膚の治療(軽症で身体が治そうとして発症した程度の皮膚)で事前の血液検査や日頃の食事内容や生活習慣を、医師と飼い主との情報の詳しいやり取りもなく、副作用の説明が事前に詳しく一切なく、ステロイドを2012年12月に1回目投与されて後日吐いたけど副作用の説明がなかった為私が消化不良かと誤解をして、後日診察で2012年12月末2回目来院したとき院長から「体重が減っていますけど?」だけ言われて私が「?」気がつかなくて2回目のステロイドを投与されました。
    他より安めの料金ですがステロイド糖尿病で高い医療費になります。保険に加入するのもひとつの方法です。
    毎週1~2回程嘔吐していて食事中の消化不良かと私が気がつかず誤解をして、遂に2013年2月15日にご飯食べれなくなり同じ病院へ行き血液検査で糖尿病と診断。「ステロイド糖尿病」でケトアシドーシスとなり危篤なので即日入院しました。ステロイド大量投与の副作用は糖尿病などです。
    糖尿病は早期発見早期治療が必要なのに。放っておくと命に関わるとても危険な病気なのに。
    入院中も院長から糖尿病治療や療養方法の情報を院長から一切提供受けず未だ薬の詳細を譲っていただいておりません。謝罪もありません。
    院長はブログでずっと浪費や遊ぶことばかり書いてありましたがその間にも素人の私が2カ月間で自力の独学で「ステロイド性糖尿病」の治療に的を得た治療法を見つけたときは亡くなった後でした。
    新薬ならまだ諦めもつきますが、何年も同じ被害があります。

    他の犬猫飼い主様達にも説明のやり取りなしでステロイドを院長が薦めていました。

    ステロイドなど危険な薬は一生避けたい薬です。

    私の最愛の我が子を返して。ステロイドを投与していなかったら今頃いつも通り元気でした。投与を断り連れて帰れば良かった、何年も何年も知られている薬だから、事前に助言が欲しかった。飼い主は院長以上に毎日短期間で勉強が必要です。医療費も高額でしたが治る為なら払いますがその自分の努力もことごとく虚しく悲しい絶望に浸る結末なだけです。生きているときに資料全て譲り受け「誤診をせず治せる医者を探す」のも、もうひとつの方法です。糖尿病はステロイド糖尿病や肥満による糖尿病など種類により治療法や療養法が若干異なります。相手が20年のベテラン医師なのですが手抜き診察で誤診から誤診を生んでいってしまいました。

    我が子に必要だったことは「軽症でしたし一回目のステロイド投与回避」と「脱水症状のステロイド糖尿病発症後は脱水症状のステロイド糖尿病の的を得たインスリン治療と療養法」でした。でもその時手遅れでした。

    被害が何年も多発していますね。

  • ステロイドを長期間に亘り連続して、全身投与(口径投与)を受けている動物は、感染症に罹っても、免疫抗体が作れなくなっているので、血液検査をしても、感染症を発見できず、

    また、発熱などの感染症状も出ないため、過誤が発覚し難いということを、このような獣医師は十分認識の上で、故意に、営業利益を上げるために行っているものと思われます。

  • ステロイドを長期使用中の膠原病の人には、予防接種をしないそうです。予防接種をしても、免疫抗体が出来ないそうです。ステロイドを長期使用していると、身体が免疫抗体を作ることが出来ない状態になるようですよ。

  • 死にそうになった時の、蘇生剤でもあります。大変強力な薬品です。長期に口径投与する場合というのは、膠原病の場合です。動物に、膠原病があるか、不明ですが。

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン