ここから本文です
  • そもそも、一般の人がこの区別すら理解しがたい言葉を使ったから、物事の行動をこの意味に判断を曖昧にさせる言葉である、解りやすく言えばともに日本の自衛の為のもである、個別的自衛権は敵が攻めたら当然、自衛の為、武力で反撃して国民を守る、集団的自衛権は少し自衛と言いながら仮の自衛的要素を含む、例えば日本が攻められ、これに対して米国が日米安保にもとずき日本を守っている時、攻めている外国が米国に攻撃した場合日本は米国を守るため武力で防御する、これは許される行為であり法律的に認めらるべきであり憲法違反ではない、しかしながら、今回の自民党は日本国外の武力行為を出来るように拡大解釈の意図がある、それは米国の外交政策に過大に協力しようとする意図があるからだ、だから国内に限定するならばよい、一番良いのは憲法を改定するのが前提である、拡大解釈は今国会で法律が決まっても違憲として訴訟されれば無効になるのは明白である、いくら都合のよい法律を制定しても、憲法は絶対的である。だから国内に限定した集団自衛権にして欲しい、自衛隊が海外派兵するべきではない、仮にそうした事態が国際上生じたなら(PKOのように)国連の要請があったにせよ、国内(国会)で議論して決断すべきである。

  • <<
  • 9 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順