ここから本文です
  • 悲惨なストーカー被害の現状を憂い・法的手段を講じよう

    1、加害者の認定を警告1回にとどめ・手錠式の無線発信機を片手に装着させる。
    無線発信機は警察本部に情報追跡課を設けGPSで常に行動を監視する。
    ストーカーが非ストーカーに5Km以内に近ずけば手錠の電気ショッカーがスタンガンのようなショックを与え続けるこのような手錠式監視機を家電メーカーに開発してもらう
    2、犯罪者収容島(殺人はじめ、あらゆる犯罪が自由)昔の島流しを設け隔離生活をしてもらう
    いずれが好みか選択してもらう。
    3、警察の対応は危機感がないし如実に物語ってるのが・派出所の壁に一人で飛び込まないと書いてある二次被害を防ぐ為とはいえ・なんとも頼りない。早急に法的整備を整える必要がある。
    警察に何度も相談して此の現状・自己防衛の手段を取り上げられ無残に殺害される此の惨状・
    加害者への刑の軽さ・自己防衛の手段を取り上げると云うことは安全を絶対守ると言う約束であり法治国家の原点である。
    司法・行政・立法の府国会議員は何をしてるのか

  • <<
  • 67 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン