ここから本文です
  • <<
  • 12 1
  • >>
  • そうそう、阿部内閣は国民の財産を守るために、安保法を制定すると言ってましたが嘘ですよ。
    安保法を行使したら、報復攻撃を受ける可能性が高いです。
    つまり、国民の住居及び財産と人命が犠牲になることになりかねない。
    ましてや、憲法改正して戦争が出来るように成れば、自衛隊員は堂々と人を殺しに武装して行くことになるだろう。そして、戦死者も出てくることでしょう。
    集団的自衛権行使の場合、一体誰のために死んでいくのか!?

    何れにせよ、戦争なんか愚かな者(野蛮人)が遣るものだ。

  • いよいよ見えてきた民間船員予備自衛官に人員や武器の輸送に、防衛庁は民間船員を予備自衛官補として採用経費を盛り込んだとさ。第二次世界大戦15000隻撃沈尊い命六万人犠牲だとさ繰り返すな命を粗末にする政府だけはいらない。若者の命国民の命大事にしよう日本。いよいよ来るかな徴兵制度恐ろしい。

  • 改正のほとんどが現憲法を少し手直しした程度。

    しかし、これだけチョコチョコ改正した部分があると、国民投票で躊躇して賛同を得られないだろう。

    其れよりも9条の改正、緊急事態の条項、改正条項の民主化、前文の一部などにとどめるべきでありましょう。

    個人的には天皇の男系と神道を入れたいね。

  • 大国には集団で対抗、自国だけで安全の確保は困難、太平洋戦争の結果を反省すれば解る事
    大いに賛成、問題点は野党のプロパガンダに大衆が乗っかりそうな感じ、自国を暴力から守るに
    リスクを伴う覚悟必要、リスクが過去の戦争と結びつける愚かな日本人で有ってはならない、
    重ねて希望を言えば、強いリーダーの出現期待暴力だけの問題云々でなく、正論を押しとうす説得力が欲しい国防の政策実行に一県知事に頭を下げてお願いするようなバカげた行動は止めてほしい、原子力発電所も然り、一つの結論に時間が掛かり過ぎ参議院の先生方は、衆議院の討論をご覧に成って居たのか疑問、同じことを質問し同じ返答を聞いていると、いざ有事の時に国会の承諾を得るなんてとんでもない、即行動できる体制が必要、野党は廃案を唱えているのでこれ以上の議論は時間の無駄、経費の無駄、即採決が必要それが民主主義の基本。振り返ってみれば成田空港のあの反対運動、その前の安保闘争、は何だったのか、今問題の北朝鮮の拉致問題、なぜ起きたのか良く考えないと、同じ繰り返しになると思う。(一老人の愚痴と思って下さい)

並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!