ここから本文です
  • 日本の総理大臣は、国民が直接選挙で選ぶ大統領とは、その立場がまったく違うはず
    である。しかしながら、現職の総理大臣は、あたかも自分の権限が絶対であるかのよう
    な言動が目に余る。その最たるものが、現在進行中の、集団的自衛権に関する憲法解釈
    を変更しようとする行為ではないだろうか。たまたま時の与党党首であったがため総理
    大臣になったからと言って、日本の未来を揺るがしかねないような重大な決定事項であ
    るにもかかわらず、自分の永年の想いを遂げたいがために、間違った権力を行使しよう
    としている。
    安保法制懇を設置して、有識者の答申を根拠としているようだが、もともと自分の考え
    に近い人たちばかりを集めた会議であって、単なる茶番としか言いようがない。
    日本のために本当に集団的自衛権の行使が必要と思うのであれば、堂々と国会で議論
    し、手順を踏んで憲法を改正すればよい。国民を無視したやりかたは絶対に許せない。

  • <<
  • 67 29
  • >>
  • <<
  • 67 29
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!