ここから本文です
  • 法律は絶対的に順守って考えがあるのは解るけど
    本当にそれだけで十分なんだろうか?

    学校の授業はともかく現実社会では
    ケース1)法的(道徳・倫理等)側面で正しく、現実にも正しい。
    ケース2)法的(道徳・倫理等)側面で正しく、現実には間違い。
    ケース3)法的(道徳・倫理等)側面で間違い、現実には正しい。
    ケース4)法的(道徳・倫理等)側面で間違い、現実にも間違い。

    って事だと思うのだが今までの日本人はケース2)ケース3)を
    軽視しすぎていたのでは?

    1)その法は時代遅れでは無いのか?
    2)もっと良い方法があるのでは無いのか?
    3)そもそも、立法の前提が間違っているのではないのか?

    万人からの疑問に耐える事の出来ない法など法と呼ぶに値するか?
    刺身定食に賞味期限があるように法律にも賞味期限があるのでは?
    (古い法など有害善?)

    罪には3種類のあると思う

    レベル1)何人(なんぴと)がやろうと罪
    銃火器等の武器を平和時に殺傷目的で使用する事は誰がやっても罪

    レベル2)具体的根拠のある罪
    クルマの運転は犯罪行為ではないが一定のスキルが必要
    運転免許(運転に必要なスキルがある証明)を持たずに運転すれば犯罪

    レベル3)具体的根拠のない罪
    政治や行政が利害関係や差別意識・宗教的感情等を満足させる為に
    特定の行為を罪と定めかねないケース等

    思考実験(偽装結婚のケース)
    事実1)婚姻時に恋愛感情があったか否か
    行政は判断する能力を所有しない
    事実2)婚姻後(含む婚姻前)に性行為する意志があるか否か
    行政は判断する能力を所有しない
    事実3)金銭目当ての婚姻か、相手の年収で婚姻を決定したか
    行政は判断する能力を所有しない

    行政が確実に理解できるのは、婚姻届を出す意志が両性にあるか否かだけ
    偽装結婚と世間が呼ぶケースでも両性に婚姻届を出す意志だけは
    100%疑いようもない (書面主義で判断するしかないのでは?)
    両性の合意による婚姻届けが出されるなら、偽装結婚は犯罪ではない?

    非婚化(少子化)で国が滅びかけている(これは事実)
    国内結婚でも国際結婚でも何でも良いから増やすのが国家的急務
    偽装結婚撲滅と称して国際結婚で産まれる筈の赤ちゃんを減らしている?
    真面目すぎるお役人が疑う余地なく有害無益?(典型的な有害善?)
    結婚査証(結婚ビザ)を新設する時代が来ているの?

    他にも色々あると思うんだけどね。
    http://textream.yahoo.co.jp/message/1143582/64da71f86fe0a9c2b0660bf91951ef4d
    現実論
    http://textream.yahoo.co.jp/message/1835583/90ffb84269b3b923ecce546f801e8f31
    財政再建は可能か?
    http://textream.yahoo.co.jp/message/1835368/3b9885ae82dfa94735ec80fa5141a21e
    中国人の皆さんへの公開書簡

    論拠に裏打ちされない法的根拠は信ずるに値するのか?

  • <<
  • 2130 2110
  • >>
  • 最新のコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • >>2111

    京都の刀剣の展覧会に行ってきました(京都国立博物館)
    電気バスにも乗ってきました

  • >>2125

    東大ですら授業についていけませんか・・・なら現人類では文明の存続は極めて困難だと言う事になります

    やっぱり、デザイナーベビーの産生は急務ですね・・・問題は日本にそれが可能でしょうか?
    http://rikeinews.blog.jp/archives/77674779.html#more
    受精卵へのゲノム編集解禁は喜ばしい事ですが基礎研究に限るようでは中国に遅れますね

    テクノロジーで日本が中国より優位であった時代はもう終わりました
    分野によっては日本のほうが中国より劣位である事もあり得るでしょう

  • >>2124

    知的猛者と聞いて多くの人はプラスのイメージを持つでしょう。しかし一部の人は、知的亡者増産は何か能力だけが優れた人間が増えることになるのではないかと、一抹の不安を感じるのではないでしょうか。
    ところで今現在、人類が生み出した知識総量が殆どの人間にとってインプット不可能なほど増加していることを認識し、対策を立てることが緊急な課題だと小生は思います。
    例えば全国の一握りの秀才だけが入るとされる東大医学部の学生にしても、現在その9割が授業について行けていないと当該学部教授が言っているのです。
    ちょっと端折りますが、早急に若者の知識吸収をスピードアップしないと、我が国の教育全体がなる立たなくなるように思います。

  • >>2123

    自分の欠点・弱点ってのはコンサルタントに安くない金銭を支払って頭を下げて始めて教えて貰えるものです
    その意味で野党やリベラル派の弱点を雑誌代だけで教えてくれる新潮45の存在は貴重だったんですよ
    それにしても、発言を封じれば問題は解決する訳ではないと思うんですけどね

    火災報知機のベルを壊せばボヤが鎮火するかと言えば逆ですよ
    火災報知機のベルを壊せば鎮火のチャンスを逸して大火事になるのが関の山です。

    こんな文章を発表した事があります

    財政赤字カウンターで検索して欲しい→財政破たんが近い事が誰にでも解るはずだ
    消費税の増税は→財政破たんを回避できるが一般国民がヒステリーを起こす
    累進所得税・累進資産税は→富裕層がヒステリーを起こす

    障害者福祉の為の予算が枯渇する事は避けられるとは思えない・・・そこで

    対策1)障碍者(障害者)を減らす
    生体外や生体内のゲノム編集治療が可能な時代が迫っている
    障碍者〈障害者)を治療して健常者にする事が可能ならば問題は完全解決する。
    全ての障害者を治療するのは至難でも、治療可能な者だけでも治療すべき。

    対策2)障碍者(障害者)を産まない
    着床前診断や出生前診断を活用すれば障害者の出生数を10%以下に抑える事が可能
    当然ながら福祉に必要な予算を10%以下にする事が可能になる。
    障碍者福祉の為の予算枯渇に対する特効薬になり得る。

    提案3)知的猛者を量産する(デザイナーベビー量産)
    受精卵に生命操作(含むゲノム編集)を為す事で先天的障害を治療する事すら可能になる
    重篤な知的障碍者を健常者に出来るなら→知的猛者にする事だって可能なはず。
    社会に知的猛者が増加→日本経済の黄金期が再来→福祉予算の確保も容易。

    もし、雑誌社がこんな記事を掲載したら廃刊かな?

  • >>2122

    新潮45廃刊の背景には同誌の発行部数の低迷(最終 2万部弱 主要月刊誌では最少)、減少(ここ10年で6割減)もあるのでしょう。
    また同社は、これまでも裁判覚悟で問題記事を週間新潮などに掲載し、訴えがあればすぐ謝罪するというパターンを繰り返して来ました。そんな会社の行動パターンがあるようです。
    しかし兎も角、言論の場が縮小するのは好ましくないことです。

  • >>2120

    新潮45の休刊(実質的な廃刊)に反対です
    私は新潮45の編集方針は大嫌いですが、大嫌いだからと言って権利が踏みにじられて良い事とは思えません
    これではフジテレビに押し寄せた韓流嫌いのデモ隊と同じと言えるでしょう。

  • >>2119

    はい、出生後に編集が出来れば非常に興味深い事が可能になります

    言論の自由に関しては私も全面的に支持しています。
    もし、肉体的暴力や公的な逮捕の恐れなく言論の自由が保障される社会であれば
    過去の惨劇の多くは阻止可能だったのかも知れません。

    それと、科学的視点と社会的視点が異質である事は多々あります。

    婚姻可能な年齢を法で定めるのは社会的視点からは正しくとも
    そんな事を法律が定めなければならないと言う社会は科学的視点から言えば病気ですね

  • >>2118

    現在ではLGBTの人権尊重が一般的になっているが、こうなるまでには相当長い年月が必要でした。この傾向もしかし未来永劫不変という保証はありません。
    例えば将来、LGBTに至る人の遺伝子が特定され、その改変を望む者にはゲノム編集治療により精神面と戸籍をも性遺伝子に合わせることが認められる時代が来るのかも知れないと小生は思っています。

  • >>2116

    新潮45が非難に晒されてますね
    まあ、私の好みの雑誌って訳じゃないんですけど
    非難する側もちょっとヒステリックな傾向があるように思えます

    私は君の意見に賛成しない。
    しかし、君がそれを言う権利は命を賭けても守ろう。
    ヴォルテール

    本を焼く国ではいつか人をも焼くようになる。
    ハイネ

    自らの自由を確実なものにする人は、敵すら抑圧から守らなければならない。
    なぜなら、この義務に違反すれば、いずれその前例は作った本人に及ぶことになるからである。
    トマス・ペイン

    ヘドが出るような思想に対しても表現の自由が保障されなければ、本物の自由とはいえない。
    ノーム・チョムスキー

    無限の報道の自由の必要性を知らずしては、人は何も知ることが出来ない。
    ドフトエフスキー

    神への不敬罪、思想統制のための禁書措置、右派又は左派の魔女狩りは、
    どれもすべて同じ根拠のもとに行われてきた。
    つまり、それらが基本的な価値を冒涜から守っているという理由である。
    ロナルド・ドゥオーキン

    私の意見なんか幕末や戦前だったら新選組か特高警察に殺害されそうな意見ですからね
    新潮の賛成派と反対派での大論争を見物させて頂きたいものです。

  • >>2116

    ありがとうございます。
    何しろアメリカはトランプ大統領のような人物を元首にしている国家ですから
    過度の対米追従は最大級の危険を招き寄せる危険性がありますからね。

    もし、北方四島の一括返還が実現した場合には1万人~3万人と推定されるロシア国籍の住民がどうなるかです
    日本引き渡し後に虐待が為される危惧をロシア側が抱くであろう事を考えれば日本への返還は非現実的です
    在特会が鶴橋でしでかしたような下劣な行為が為され警官隊が現行犯で検挙しなければ取り返しがつきません

    私の考えで最も嫌われる点の一つは北方四島で誕生した赤ちゃんが自動的に2重国籍になる事でしょうか?
    現行の国籍法を厳密に解釈しても22才までに国籍選択をすれば良いだけの話ですし
    ましてや近未来の国籍法が2重国籍をどう考えるかは現時点では解りません。

    ココより暴言モードに入ります
    北方四島の返還を平和条約締結の前提にするってのは現実的ではありません
    平和条約締結後に腰を据えて話し合うってプーチン大統領の提案のほうが筋が通ってますよ

  • >>2115

    概ねtypさんの案に賛成します。
    その案に付け加えるとすると、北方領土問題解決によって改善した日露関係を、対米追随政策からの脱却に使えるのではないかということでしょう。

  • >>2113

    プーチンの平和条約提案に日本は乗るべきと思います
    「その話、乗った」で良いと思うんですよ

    平和条約に乗った上で、北方四島の運営案を考えてみました

    1)居住
    日本人は誰でも北方領土で居住・労働・起業が認められる
    ロシア人は誰でも北方領土で居住・労働・起業が認められる
    双方の権利は基本的に同レベルとし、差別的な扱いは認められない

    2)国籍
    北方領土で今後に産まれる者は全員が二重国籍とする。
    終戦後北方領土で産まれたロシア人は日本政府に帰化を申請出来る
    終戦時に北方領土から退去した日本人及びその子孫はロシア政府に帰化を申請できる
    双方政府は帰化申請を受け取る義務があり、申請を却下する時は明白なる理由を説明する義務がある。

    (日本の国籍法を「両系血統主義と出生地主義を併用している国」と改正する必要がある)
    出生地主義を採用する事により無国籍者を減らす事が将来的に極めて容易になり、日本の行政にとっても利益は大である
    国籍法の本格的改正「両系血統主義+出生地主義+採用試験」も破滅的な少子化を考えると避けられない現実もある

    3)統治
    北方領土はロシア政府が統治する
    日本政府はオブザーバーを派遣し、両民族の摩擦軽減に努める。

    少なくともネトウヨ的に北方四島の引き渡しとロシア人退去を叫んでも誰の利益にもならない反面
    私の考えなら一定レベルでの利益を両国にもたらす事が可能だと思いますね。

  • >>2113

    基本的にそうなんでしょうねえ
    資本主義に忠実に考えれば人間の価値は才能で決まる筈ですし
    家柄や血筋で決まるシロモノではないと思うんですよ

    こんな文章を書いた事があります


    日本人(日本社会)の起源は呉(中国人・中国社会)って説を聞いた事がある(流石に起源は多数だろうが)
    100%ウソだと思うか?数%ぐらいなら本当(複数の起源の1つ)だと思うか?どうなんだと思う?
    心酔的な皇国史観の水戸学派の連中だと血相を変えて怒りそうだが?(苦笑)

    俺たちって呉(中国人)の末裔なんだろうか?それとも100%別物?

    根拠1)中国大陸で呉が滅んだ時代と日本での古墳文化の始まりがほぼ同時期なのは何故?
    船舶の建造・運用は呉の民のお家芸(得意技)だろ、国が滅んだなら船舶で脱出するのは自然では?
    呉の民が日本列島の上層部に知識・技術で食い込む事は可能だったのでは?

    根拠2)名称(呉服・呉・中国地方)
    伝統的な日本人の民族衣装(和服)の名前が何故に呉服なの?(和服≒呉服)(偶然か?)
    日本国内に呉って名前の都市がある→呉(クレ)のある瀬戸内地域の名称は中国地方(偶然?)

    根拠3)中国人と日本人の外見が酷似しすぎている
    中国人と日本人を外見で区別する事は何故か不可能・・・似てるにも程があるだろう

    ドイツ系とフランス系・スペイン系は外見で容易に区別が出来る
    他人の空似って事もあり得るが中国と日本に血縁関係があると推定するほうが自然では?

    もし、我々の遺伝子を精密に調べれば
    中国大陸や朝鮮半島の遺伝子がテンコ盛りだと思うんですけどね

  • >>2112

    朝鮮人への根深い嫌悪感情について小生の頭に浮かぶことと言えば、小生等の親世代がよく口にしていた朝鮮人蔑視の感情表現です。そしてその表現の背景には、戦前から日本に居住していた朝鮮人は、本国で生計が上手く行かずに生活のため来日した者、また労働力として連れて来られた者が殆どだったわけです。そのため、当時の在日朝鮮人は生活水準の低い者が多く、主にその点から日本人の蔑視の対象になったことは確かでしょう。この蔑視の感情が、世代が変わっても引き継がれたと言えるような気がします。
    このような見方以外の視点があれば、教えて下さい。

  • >>2111

    その視点は持っていませんでした
    確かにそう言う事はあり得るかも知れませんね

    話は変わりますが韓国で興味深い書籍が出版されたようです
    「嫌悪表現はなぜ在日朝鮮人を狙うのか」だそうですね

    5ch等では罵倒の嵐ですが読んでみなければ称賛すれば良いのか罵倒すれば良いのか解りません
    日本語版の出版が待ち望まれます(出来れば新書版か文庫版でお手軽に購入できるお値段で)

  • >>2110

    船舶規制の組織論で言うと、何か海難事故があった場合に、最初に捜査するのは海難審判庁であって、警察ではない訳です。この即警察の捜査でないところが船舶の保安担当者の緊張感に微妙な影響を与えている可能性はあるでしょう。
    もう一つは、乗船員にとって大切なのは、当該船と積載した油であって、連絡橋ではなかったということもあると思われます。

  • >>2107

    不可思議な事故(事件?)が発生したようです

    関西空港に燃料を輸送していたタンカーが橋に激突して橋が通行不能になっているようですが
    タンカーのバルパス・バウ(球状船首)が水面上に出ています・・・つまりカラッポですね。

    カラッポ(喫水が浅い)の船が錨を降ろした処で風雨の影響を激しく受けますから
    走錨しちゃうのは当然すぎる程に当然と思えてなりません。

    では、何故にカラッポのタンカーが連絡橋のすぐ傍に錨泊していたのか?

    暴風雨の襲来する寸前まで荷下ろしをしていたのではありませんか?
    私は空港運用の内部事情は知りませんが規則を守って寸前までの荷下ろしを命令した者がいたのでは?
    規則と物理法則が相違するにも関わらず規則を守ったバカがいたのでは?

    津波襲来時に規則を守って整列させ点呼を取って海方向への避難を始め
    結果的に殆どの生徒を殺害した小学校と同じ事が起きたように思えますね。

  • <<
  • 2130 2110
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!