ここから本文です
  • 今日の新聞一面にコラムとして、その学者の話が画像入りで載っていた。
    話の内容は「安全保障を考える」である。
    私は、すこし気になったので、直接その学者と言われる人に、質問形式にて投稿してみた。
    新聞に載っていた内容は
    冒頭から「将棋に例えると駒をルール上動かせない升目にまで運んで勝とうとするようなものだ、ルールを勝手に変えたら将棋でなくなってしまう、現行憲法では、これまで集団的自衛権は行使できないとなっており、時の政権がその解釈を変えることは許されない、それを許せば憲法が憲法でなくなってしまう」
    始めの方だけだが、こう述べている、私は此れに対して
    「約束事と言うのは一度決めたら、未来永劫変える事は出来ないのか?駒をルール上、動かせなく都合が悪いのであれば、ルールは変えれば良いのでは無いか?、と、そしてその論理は学者としての理論には成っていないと反論しました」
    その後、そのコメント欄に回答が有るか尋ねたら、スレット毎削除されていました。

    これからは、本掲示板での私見です。
    この学者と言われる人は、私から見れば若いのでガキ程度に思えば腹も立ちませんが、一応東大出の論客なのでしょう、と思い敢えて此処に投稿してみました。
    この手の人間は、己の思考のみが常に正しいし思っているのでしょう、自分の思考と違う人には、都合が悪くなれば、話を無視するか、逃げてしまいます、今回はスレッドを削除されています。
    確かに、私みたいな無学の者が質問言葉も乱暴すぎたかも知れません、しかし今の約束事を変えるのはけしからんと言うのも乱暴で独りよがりなんじゃないでしょうか?。

    憲法にしろ法律にしろ、はたまた町内会の会則にしろ、その時に応じて都合の悪い部分が有れば変えて動きやすくする、例えている将棋の駒の動かすルール、何で今のルールが最高と考えるのでしょう、こう変えたほうがより面白くなると考えての変更は許されないのでしょうか。
    将棋連盟がこう変えましょうとルールを変えることは出来ないのでしょうか?。
    国会と言う場所、毎年何十と言う法律を変えています、これはいけ無い事なんでしょうか?。
    その時代に合わないから変えるのであって、それによって国民の幸せが増せば、それはそれで結構なことと思います。
    集団的自衛権、特定秘密保護法みたいなものだけが変更を許されないのでしょうか?不思議です。
    本来ならお世辞投稿よりもこの様な質問にこそ真剣に答えて欲しいものです。

  • <<
  • 45 23
  • >>
  • <<
  • 45 23
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ