ここから本文です
  • 野党に“また”ブーメランか 立憲会派・今井雅人議員のナニコレ巨大看板…大きさは軽乗用車なみ 「個人の政治活動」なら問題に



    2018.11.18 



    今井議員の顔写真と名前が大きく描かれた看板


     野党議員の巨大看板が見つかった。立憲民主党会派の今井雅人衆院議員が、地元・岐阜県郡上市にある事務所の外に設置している看板は、何と軽自動車ほどの大きさがある。ネット上で画像が拡散しているうえ、公職選挙法に抵触する可能性が指摘されているのだ。野党は、片山さつき地方創生相の書籍広告看板を徹底批判しているが、またブーメランなのか。

     問題の巨大看板は、今井氏のほほえんだ写真と剣道着のイラストに加え、「地元と共に」「衆議院議員 今井まさと」と大きな字が記されている。「国民民主党 岐阜県衆議院第4選挙区支部」という記述もあった。

     今井事務所によると、「屋外用ポスター」として2015年に設置したという。縦約1・8メートル、横3・8メートルというから、軽自動車(全長3・4メートル以下・幅1・48メートル以下、高さ2・0メートル以下)より大きく、小京都「郡上八幡」で有名な同地では、遠目でもやけに目立つ。

     地元関係者は「片山氏の巨大看板が今国会で追及され始めたとき、『今井先生は大丈夫か?』と、ヒソヒソ話が出ていた」と語る。

     ネット上にも、この巨大看板の画像が広まり、《十八番のブーメランか?》《片山大臣に説明させたのだから、この人にも説明させよう》《今井まさか》などと盛り上がっている。
    https://youtu.be/Lr83R0aMWo4


     総務省によると、選挙用のポスターは、選挙期間中は縦が273センチ、横が73センチ以内に限られる(公選法第143条9項)。ただ、選挙期間以外は、政治活動用のポスターに大きさの制限はない。

  • <<
  • 4 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!