ここから本文です
  • 年金もらいながら、韓国や北朝鮮に帰った在日は200歳まで年金が支払われるそうです。
    あなたはこれをどう思われますか??


    長妻年金博士、さあーどうする???



    ★「両親は110歳」に
     漫然と支給を続けた年金機構 
     問われるチェック態勢 
     要確認は全国8千人も
     2015.5.10
     http://www.sankei.com/west/news/150510/wst1505100021-n1.html

    ★約半世紀にわたり年金詐取か 
     年金不正受給容疑認め始める 
     両親生存偽った86歳女
     2015.5.20
     http://www.sankei.com/west/news/150520/wst1505200048-n1.html

    ★年金不正受給認める供述始める
     05月20日 19時29分
     http://www.nhk.or.jp/tokai-news/20150520/4908751.html

    ★【年金不正受給】鈴木光枝容疑者は
     恵那市正規職員・税務課で定年退職 
     制度上の盲点知り尽くす
     =市担当者「性善説に基づいて…」

    8日、恵那市役所は会見で、鈴木容疑者が
    1989年に定年退職するまで、
    市の職員として働いていたことを明らかにした。

    恵那市役所は、会見で
    「最後は税務課です。(正規職員?)そうです。
     定年で退職しています」と語った。

    鈴木容疑者の両親がもし生きていれば、
    112歳と110歳という年齢になる。
    年金機構の担当者は「死亡の情報というのは、
    市町村ではないので持っていない。

    (生存の)確認方法として、現況届の確認と
    現在なっています」と語った。

    年金機構によると、
    現在は、年金受給者の99%以上が、住基ネットで
    情報が共有されているので、生存の確認が
    できるという。

    しかし、0.4%にあたる
    およそ14万人については、年に1回提出される
    現況届に、生存の記載があれば、
    年金が支払われるという。


    年金もらいながら、韓国や北朝鮮に帰った在日は200歳まで年金が支払われるそうです。
    あなたはこれをどう思われますか??

    民主党の長妻年金博士にでも聞いてみますか・・・

  • <<
  • 8 1
  • >>
  • チベット大虐殺を「解放」と呼んだ


          「死に神」朝日新聞の犯罪


    朝日のイデオロギーを知っている者にとって、朝日がチベット&ダライ・ラマを罵倒することは
    至極当然と受け止める。

    左翼思想による「平和」とは、民族・伝統・文化・慣習・宗教・国家など全て破壊して、
    世界を「一つ」にすることだからだ。

    朝日は、パレスチナ・ガザ地区におけるるイスラエルの入植問題の報道には熱心ですが、殊中国が不利なことは一切報道しないという姿勢を貫いています。

     性的暴力のひどさを尼僧でインドに亡命したケンサン・ペモさんは以下のように話しています。

    「つかまった尼僧たちがひとつの部屋に集められ、服を調べられました。顔を伏せたままでいると、服を一枚一枚脱がされ裸にされました。その部屋は窓が多く、外には大勢の一般囚が見ていました。そして、大勢の見るなか、警官の一人が頭を、もう一人がお尻を棒で殴り続けました。

    やがて、あまりの痛さに恥ずかしさも忘れ、私は床に転げまわりました。そしてついに気絶したのです。気付くと水をかけられてびしょ濡れになっていました。再び拷問が始まりました。電気棒を口や肛門、女性器に押し込んできました。私はあまりの痛みとひどさに再度気を失いました」

     電気棒は家畜に用いる電気ショック棒です。80年代から使われたようです。民族浄化作戦で女性が子供を産めないようにする目的でも使われたようです。

    日本のメディアはケンサン・ペモさんの証言を報道したことがありますが、性的暴力のところは隠蔽して報道しませんでした。朝日新聞と岩波書店の月刊誌「世界」がそうです。このチベットの事実を女性の人権問題として声を上げようとすると妨害をうけるといいます。

    朝日新聞いわく!
    慰安婦問題の本質は女性の人権問題であると。
    チベットでほとんどの尼僧が毎日のように陰部に拷問用の電気棒を差し込まれ、この世の地獄を味あわされたにもかかわらず、朝日新聞はそれを女性の人権問題とは考えなかったらしい。

    中国におべっか使って「平和」を謳う偽リベラルのインチキは、もうウンザリ。
    思想洗脳された「良心的知識人」ののたまう『平和』とやらが、如何に胡散臭いか・・・
    朝日新聞などがやって来た事を見ればお分かりいただけるだろう!

    長妻年金博士、200歳まで年金が支払われる チベット大虐殺を「解放」と呼んだ         「死に神」朝日新聞の犯罪   朝日のイデオロギーを

  • 昭和24年11月12日、GHQは、「朝鮮人は、朝鮮半島に朝鮮政府ができるまでは、日本国籍を保持する」という主旨の発表をしました。

    しかし、他でもない在日朝鮮人自身からの抗議によって、わずか一週間後の十一月二十日に、総司令部渉外局はこれを取り消す声明を発表しました。

    サンフランシスコ講和条約で、確かに日本国籍は喪失しましたが、そのことについて反対運動も起きなかったのです。

    つまり敗戦によって無国籍になったのではなく、在日朝鮮人自身が日本国籍を拒否したのです。

    長妻年金博士、200歳まで年金が支払われる 昭和24年11月12日、GHQは、「朝鮮人は、朝鮮半島に朝鮮政府ができるまでは、日本国籍を保持する」

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン