ここから本文です

民進党もいらない

  • 44,029
  • 24
  • 2017/10/21 22:27
  • rss
  • <<
  • 44028 44007
  • >>
  • 44028(最新)

    yat***** 10月21日 22:20

    https://www.youtube.com/watch?v=q9Itt1KaZpI

    原子力発電所爆発で メルトダウンの解らない 枝野と菅直人政権 大馬鹿者か 大嘘付き
    垂直に、上がる爆発現象 原子炉爆発は明白 メルトダウンは無いと公言した
    原子炉の爆発は、あの映像を見れば、素人でも解る
    この二人 大嘘付きか 大馬鹿者 日本には、要らない

  • もうひとつ言っとくよ!立憲民主は党として、正式に決定した党是もなにもねー一夜漬け政党だっつーの!
    そういえば希望もそうだな!今回の選挙は 期末試験並みの程度やね〜!情けねー!

  • 信じた相手が悪かった。信じた自分がばかだった。

    希某の党の代表と選ばれた候補者との間の話ですが、

    立憲○主党とそこに投票する選挙民にもあてはまりますね。

    旧社会党時代から支持し続けて、村○政権で失望し、癇政権で絶望したのにまだ入れる人々とはいったいどんな人たちなんだろう。

    経済も危機管理もダメな人には政治を行う資格はないんだよ。

    何度でも言おう

    ちょっと待て 立憲○主は 癇内閣

  • 自民圧勝でキマリ!
     
    野党たちの後ろ向きな泣き言、悪口など聞いてゝもうヘキヘキ。
    自分たちは こういうことをやるんだ という前向きな発言は一切なし。
    こんな野党は日本には不要だ。

  • 海江田、辻元は優勢、パコリーヌも健闘しているとの報道があり、まだまだ情弱のバカが多いのを痛感しています。

  • >>44008

    > 自民党を倒すのが公約?
    > ばっかじゃない!


    この公約は日本国内向けじゃないんでしょう。
    「 自民党を倒す」と言えば特亜が大喜びしてアンダーで資金援助が有る(のかも)知れません。
    もともと暴力革命が行動原理ですから、しっかりした政権が敵なんでしょうね。

    民進党もいらない > 自民党を倒すのが公約? > ばっかじゃない!   この公約は日本国内向けじゃないんで

  • ろくな政治理念もなく、ろくな政治も行わず、
    ただただ政敵を倒すことが目的で、
    倒すまでガーガーやるのって、
    韓国の政治そのものじゃないですか。
    なるほど朝鮮系からの賛同や同調は得られるが、
    真の日本人にからの賛同と同調はないね。

  • >>44018

    続き

    この後、ベントの開始準備と同時に午前9時から住民避難が始まる。もし東電がもっと早い時間にベントする気があったら、住民避難ももっと早く行われていたはずである。

    そして、姿を消していた保安院もようやくこのとき姿を現し、官邸にメルトダウンの報告をする。ベントとするという決定的な状況になったので、かんねんしたのかこのときやっと姿を現したと考えられる。

     結局東電は12日の午前0時から菅総理が現場に到着するまでの記録を残していない。そのこと自体もなぜそのようにしたか、上記のような状況と照らし合わせるとピッタリ当てはまる。

    さらにその後、バリバリの原子力ムラ自民党広報誌3K新聞は遊覧飛行ネタなるものを報道して何としても菅の責任に擦り付けようと画策したが、これがいかに馬鹿げたネタか、容易に想像がつく。

    皆が盲信している「遊覧飛行ネタ」の大矛盾点

     東京から福島までおよそ300キロ。菅総理がヘリで現場に到着するまでおよそ1時間だから、10キロの非難指示が出ていたとして、この10キロの距離をヘリでかかる時間はおよそ2分。
    もしこの時ベントが実施された場合、菅総理が被爆の影響を受けるとするとこの2分間が問題となる。もしベントがスタートされる時とこの2分間が重なれば問題となるが、そのような兆候は全くなかった。(ベント準備状態だったら、菅総理が近づくことはなんら問題はない)
     しかも現場は菅総理が現場を離れてしばらくたった午前9時から準備をスタートさせているのだ。もし準備が整ってベントをスタートできる状態だったら、菅総理が現場を離れて2分たったらすぐにスタートできたはずだ。
     つまり、菅総理が現場に近づくことでベントが妨げられたというのは、まったく筋が通らないお笑い話ということになる。

     12日午前0時にベントを開始すると言ってから、実際にベントが行われたのは、なんと14時間後のことだ。その間の菅総理の訪問が作業に影響を及ぼしたとは考えられない。むしろ、菅総理が現場に赴き、吉田所長に大喝を入れたからこそ、午前9時からやっとベント作業が始まったと考えれるのが自然の流れだ。


     このネタに国民が洗脳されているおかげで、自民党は原発責任の追及から逃れられている。自民党にとっては、遊覧飛行ネタを維持することは生命線なのだ。

  • >>44017

    続き

    東電本社:「おい、吉田、どうだ、うまくいきそうか?」
    現場吉田氏:「中々厳しい状況です。やはりベントは必要です。これ以上ベントしないと格納容器の圧力もどんどん高まって益々ベントが困難になります」
    (この時、原子炉内の圧力は規定圧力2倍にまで高まっていた。このころ官邸には東電からほとんど情報が上げられていない。官邸は東電に対して強い不信感を抱くようになる。 ただ後で菅総理が東電本店に乗り込んだ時にわかったことだが、実はこの時、東電本店では巨大スクリーンの映像によって現場の状況は逐一手に取るようにわかっていた。)
    東電本社:「おい、吉田、菅総理がそちらに向かうぞ」
    現場吉田氏:「え~~~、何しに来るんですか?」
    東電本社:「どうやらベントが遅れていることに業を煮やして確かめに行くらしい」
    現場吉田氏:「で、どうすればいいんですか?」
    東電本社:「いいか、今までの経緯はなんとしても伏せておいてくれよ。皆にもそう伝えておいてくれ」
    現場吉田氏「わかりました」
    (現場は大想定外のまさかの総理の訪問に右往左往。とにかくベントをしなかったことがバレれば大変なことになるこはわかっていた。自民党お抱えの国会事故調もこの時のことを菅総理が現場を混乱させたと言っていたが、まさにその言葉通り現場は大混乱だったのだ。後に吉田調書以外の調書が存在しないのもこのためだろう。東電と自民党の口裏合わせだけでも大変なのに、他の職員の口裏合わせまではとても不可能なのは容易に想像がつく。
    まさか日本国総理が東電という一企業に訪れるようなことはないだろうとたかをくくり、状況は決してバレることはないと踏んでいた自民党、東電、保安院。しかし、まさか総理が直接現場を訪れるなんて、ベントを渋っていたことがバレてしまう。その時の自民、東電、保安院は相当あせったことと思われる。それこそ悪さをしていた高校生が先生や親にバレることを恐れて何をしていいかわからない、まさにそのような状況だったであろう。)

    菅総理、現場に到着

    菅総理:「なぜベントしない!!!」
    現場吉田氏「え~~、かくしてこういう状況でベントが非常に困難な状況でして・・・・・」
    (冷静を装う吉田だが、内心はビクビクしていたに違いない)
    菅総理:「とにかく早くベントしてくれ」
    現場吉田氏:「決死隊をつくってやります」

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • >>44012

    >  自民党が宣伝した「遊覧飛行ネタ」にそろそろ陰りが見えてきたかな。
     
    次の事実の認識は国民にとってまだまだハードルは高いと思うが、少しずつでも広まっていければと思います。

    https://www.youtube.com/watch?v=wdao_aKwyTY

    福山さん、次のように考えればベントがなぜ遅れたか、その謎がすべて埋まりますよ。


    東電と自民党は蜜月の関係。事故直後、東電はまず自民党に相談したそうですから、きっと次のような状況だったのでしょう

    現場吉田氏:「現場の電源が使えません。このままでは原子炉を冷却できずにベントが必要となります。」
    自民党谷垣氏:「なに、ベントだと!?!?!?。ということは放射性物質を放出するということなのか?付近の住民はどうなる?」
    東電本社:「住民避難が必要になります」
    自民党谷垣氏:「原発は絶対に事故を起こさないんじゃなかったのか?我々は今まで100%原発は事故を起こさないということで原発政策を進めてきたんだぞ。話が違うじゃないか。ベントする前に何かできることはないのか。とにかく冷やせばいいんだろ、冷やせば」
    東電本社:「そうは申されても・・・・・」
    自民党谷垣氏:「現場になんとかするように伝えてくれ」
    東電本社:「わかりました、現場に伝えます」
    (この状況はいわゆる社会で極めて普通にある状況だ。東電のボスは自民党であったが、自民党東電の原子力ムラはそれまで原発利権という莫大な富を築いてきた。その根底にあったのは安全神話であり、その神話が事故により根底から崩されかねない場面に直面したのだ。まず利益を重視する社長の立場の自民党は、それを死守するためになんとしても原発は安全という概念を崩すことは許されなかった。利益重視のボス自民党、まず現場に住民避難を伴うベントは後回しということを伝えたのは自然の成り行きだったかもしれない。勿論、その根底に科学音痴の4文字があったからこそそのような判断を下したとも言える。ところが東工大出身の菅総理は元々は原子力ムラと言えども、ベントの必要性は誰よりも早く気付いていた。ところが東電は民主の言うことを聞かずに自民党の言うことをまず聞いてしまった。何十年という長い間、二人三脚で莫大な富を築いてきた東電と自民党の関係、そう簡単に崩れるものではなかった。)

  • 立憲民主党って この前の民主党政権で日本をダメにした政権のメンバー
    前と同じで 出来もしない事を言って反省は無いのか
    国民は、思い出してほしい 菅直人 枝野幸男 日本を壊した事を
    学生時代からこの二人 反体制運動 なんでも反対方向に思想が向く反日左派

  • >>44012

    >このネタに国民が洗脳されているおかげで、自民党は原発責任の追及から逃れられている。自民党にとっては、遊覧飛行ネタを維持することは生命線なのだ。


    こなんバカみたいなネタに洗脳されるなんて、私から見れば将軍様に洗脳される朝鮮人と同じレベルだと思いますよ。

  • >>43979

    > 立憲民主・菅直人元首相は「すっきり」  注目される “475番目の男” の去就 …
    > http://www.sankei.com/politics/news/171021/plt1710210006-n1.html
    > 産経ニュース 2017.10.21 05:00
    >
    >
    > 東京18区では 前回衆院選で共産候補は 約3万5700票を獲得しており、
    > うち何割かが流れただけで 菅は有利となる。
    >
    > さらに、もともと革新が強い土地柄も 菅の利点となっている。

    「 冷たい秋雨が降りしきった16日午後、東京・JR武蔵境駅南口。演説開始時刻の約15分前に姿を現した立憲民主党公認、菅直人は、にんまりと満足げな表情を浮かべていた。

     「頑張ります!」

     菅が駆け寄ると、笑顔で握手に応じる人が目立つ。平成26年の前回衆院選のときは、ほとんど誰もが素通りした演説に、40~50人もの有権者らが耳を傾ける。スマートフォンで記念撮影する通行人も少なくない。

     「(安倍晋三政権の)めちゃくちゃな原発政策を、なんとか変えないといけない。枝野幸男さんが立憲民主党を立ち上げてくれて、(原発政策が曖昧だった民進党と違い)『原発ゼロ』とすっきりといえるようになった」

     演説でこう述べた菅は、首相経験者であるにもかかわらず、選挙区で24年、26年と連続して自民党公認、土屋正忠に敗れ、比例代表で復活当選している。」





     自民党が宣伝した「遊覧飛行ネタ」にそろそろ陰りが見えてきたかな。
     このネタに国民が洗脳されているおかげで、自民党は原発責任の追及から逃れられている。自民党にとっては、遊覧飛行ネタを維持することは生命線なのだ。

  • >>44006

    youtubeみてたら、
    立憲の演説の司会者が、あの秋葉原のこんな人だった模様。
    わかりやすいね。バカだ。

  • 今回の選挙の戦犯は、生意気な小池と能無しの前原でしょう。国民の審判を受けるべきでしょう。

  • >>43987

    何と言っても、革マル立憲民主党ですよ❗️
    本当の名称は‼️

    多くの 国民は、騙されています❗️

  • <<
  • 44028 44007
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン