ここから本文です
  • <<
  • 54 27
  • >>
  • 黙秘権の行使か???





    いまだに続く沈黙と隠蔽・・・





               ほうかむりを決め込んだ朝日新聞の罪と罰!!





    ソウルの日本大使館前で毎週水曜日に挙行される慰安婦デモに同行した学生たちは、「日本を批判すると同時に、韓国人も歴史認識について反省しなければ」と発言するようになり、「韓国軍性奴隷の問題を隠し続け、今でも反省の色を見せていない」韓国の国家権力を批判する。

     「なぜ日本だけが…」と憤慨する橋下発言と通じ合う「総ざんげ」の志向と見ることもできるが、残念ながら、当分はマイノリティーの域にとどまるでしょう。

    韓国・慶南大客員教授、金貴玉(キム・グィオック)教授の調査は、日本ではまだあまり知られていないのではないでしょうか。

    ところが、これについては意外や意外、朝日新聞が2002年2月23日に報道しています(紙面掲載は2月24日)。

    10年以上も前の記事なのでasahi.comにはもう残っていませんが。

    以下、朝日新聞の記事抜粋。

    <引用

    <朝鮮戦争時の韓国軍にも慰安婦制度 韓国の研究者発表>

     朝鮮戦争時の韓国軍にも慰安婦制度があったことが23日、立命館大学(京都市北区)で開かれている「東アジアの平和と人権」国際シンポジウム日本大会(朝日新聞社後援)で明らかにされた。韓国軍慰安婦について日本で公になったのは初めて。発表した韓国・慶南大客員教授の金貴玉(キム・ギオク)さん(40)=社会学=は「日本軍の慰安婦制度をまねたものではないか」とみている。

    引用終わり>

    日本軍の慰安婦問題「だけ」を追及したい朝日新聞としては、韓国に不利になるような報道をするのは不本意だったに違いありません。
    シンポジウムを後援した立場上、いやいや報道せざるを得なかったものかと。


    「軍慰安婦は日・米・韓にまたがる問題。米兵の慰安所利用実態も明らかにしたい」と話す金貴玉さん=京都市北区の立命館大学で

    金さんは96年、離散家族のインタビューの中で、「50年10月、韓国軍の捕虜になり、軍慰安隊の女性と出会った」という男性の証言を得た。以後5年間インタビューを重ね、「直接慰安所を利用した」「軍に拉致されて慰安婦にされかかった」という男女8人の証言を聞いた。

    さらに金さんは、韓国の陸軍本部が56年に編さんした公文書『後方戦史(人事編)』に「固定式慰安所-特殊慰安隊」の記述を見つけた。設置目的として「異性に対するあこがれから引き起こされる生理作用による性格の変化等により、抑うつ症及びその他支障を来す事を予防するため」とあり、4カ所、89人の慰安婦が52年だけで20万4560回の慰安を行った、と記す特殊慰安隊実績統計表が付されている。

    証言と併せ、軍隊が直接経営していた慰安所があった、と金さんは結論づけた。

    軍関係者の証言の中には、軍の補給品は第1から第4までしかないのに、「第5種補給品」の受領指令があり、一個中隊に「昼間8時間の制限で6人の慰安婦があてがわれた」とする内容のものもある。

    どんな人が慰安婦になったかは明らかではないが、朝鮮戦争時に娼婦(しょうふ)が急増し、30万人にも及んだことから、金さんは「戦時の強姦(ごうかん)や夫の戦死がきっかけで慰安婦になった民間人も少なくない」と見ている。

    金さんは「設置主体だった陸軍の幹部の多くは日本軍の経験者だった。韓国軍の慰安婦が名乗り出るためには、日本軍慰安婦問題の解決が欠かせない。韓国政府と、当時軍統帥権を握っていた米国の責任も追及したい」と話している。

    維新の会よ、へこたれるな! 黙秘権の行使か???      いまだに続く沈黙と隠蔽・・・                 ほうか

  • 地方の公証処で公証書を発行してもらい、





    登記所に提出すればそれでOKです





              基地内部まで売られてしまっている・・・





    ◆中国人が不気味な土地買収 沖縄県の通信施設周辺




    2013.08.13 zakzak


     全国各地で、中国人が山林などを購入しているという話が絶えない。沖縄県も例外ではなく、「米軍基地内部まで売られてしまっている」という噂もある。しかし、その具体的な実態はこれまで確認できなかった。法人名義であったり、日本人の名義を借りているケースもあると推測されてきた。

     そんな中、初めてある土地が中国人所有だと確認できた。沖縄県北部にある今帰仁村(なきじんそん)の山林原野1700平方メートルをはじめ、百数十筆。所有者は那覇市に本店を置く株式会社「A」で、社名からは日本企業としか思えない。ホテルやコンドミニアムなどの管理から、通訳、コンサルティングまで十数種の営業目的を掲げている。役員は全員中国人で典型的なペーパーカンパニーと思われる。

     ともあれ、実際にその土地に行って驚いた。那覇空港から今帰仁村役場前を過ぎて車で10分ほど走った丘の上。すぐ近くの乙羽(おっぱ)山頂には、NHKのマイクロウエーブや、NTTをはじめ携帯電話各社の中継アンテナが立ち並んでいる。航空自衛隊のレーダーサイトも向かいの山頂にある。

     眼下の東シナ海に面する本部町(=今帰仁村に隣接)には、旧日本軍の空港跡や、海上自衛隊P-3C哨戒機のための電波送信所建設予定地(地元の反対で現在は建設計画が中断)がある。つまり、ここは電波通信の要衝の地なのだ。

     海上自衛隊は、冷戦時代から日本近海に出没するソ連の潜水艦を探査追跡し続け、対潜哨戒能力を世界一にまで高めた。その中心を担ったのが、世界最高性能を誇るP-3C哨戒機であり、中国海軍は「天敵」と呼ぶほど恐れている。

     近く、P-3C哨戒機は、さらに性能を向上させたP-1に逐次更新される予定だが、その送信所予定地の周辺が、外国法人に買収されているという事実は、ゆゆしき問題と言わざるを得ない。現時点で「A」と中国海軍との関係は不明だ。

     取材の過程で出会った、沖縄で暗躍する中国人土地ブローカー(こうした人間が存在すること自体、沖縄の土地が中国人に買収されている証査でもある)は、こううそぶいた。

     「中国人が中国に居ながら、日本の土地を購入したり、会社の役員になったりするのは意外に簡単です。中国の地方の公証処で公証書を発行してもらい、日本の登記所に提出すればそれでOKです」

     私が「公証書が偽造ということはないのか?」と問うと、彼は苦笑いをして何も答えなかった。

     日本政府は、怪しい外国人の所有する土地を早急に調査する必要があろう。事は安全保障に係る問題なのだから。(大高未貴氏)

    http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20130813/plt1308130722002-n1.htm

    維新の会よ、へこたれるな! 地方の公証処で公証書を発行してもらい、       登記所に提出すればそれでOKです        

  •    あなたは、知っていましたか???





            「在日韓国人には韓国での参政権がある」ことを!!





     今になっても、「在日に地方参政権を与えよ」と民団などがやっていますし、民主、公明、共産や地方議会にも「在日には地方参政権ぐらい与えてもいいじゃないか」という声があります。しかし、実は韓国政府は「その流れとは逆行する」政策を進めています。


     韓国政府は、2012年にすでに在日韓国人にも「韓国での参政権」を与えています。また韓国政府は、2016年7月1日から、在日韓国人全てに「住民登録証を配布」し、韓国での「健康保険の利用も認める」としています。

    もうお気づきだと思いますが、「住民登録」や「健康保険」には、個人を特定するための「個人識別番号」が必要になります。韓国政府はすでに「国民総背番号制」を準備しているんですね。

    このことは、韓国政府が「在日韓国人は日本に住んでいても韓国国民」だから「韓国国民としての義務も果たせ!」ということに他なりません。韓国人の義務とは、もちろん「納税と兵役」です。

    日本の国税庁もすでに「5000万円以上の国外財産調書の報告」を義務付けていますが、この制度の狙いは、在日韓国人の資産隠し(脱税)の摘発にあることは明白です。これは日韓共同で「在日の不正財産はがし」を始めているんですね。

    日韓の税務担当者は情報を共有し、金満在日韓国人の遺産などの「相続税」については日韓双方で課税しています。

     ですから、日本政府もそろそろ、「在日韓国人は韓国国籍者だから、生活保護は韓国政府に請求してね!」と、韓国国籍者の生活保護の打ち切りを考える時期です。私は、在日韓国人は韓国にお戻りになるのが最善だと思いますが、韓国軍と在日韓国人の「虐殺の歴史」を見ると、「韓国には死んでも戻りたくない」という在日韓国人がいることも知っています。

    でもそれならば、在日韓国人は「強制連行」や「創氏改名を強制された」という「うそを垂れ流す」ことはもう一切止め、「生活保護は戦後補償」という詐欺行為も止め、自立した「普通の外国人」として日本に住まれることをお勧めします。

    日本人は「分別ある外国人」に対しては敬意と寛容さを持って接する民族だと思います。

    維新の会よ、へこたれるな!    あなたは、知っていましたか???               「在日韓国人には韓国での参政権が

  • これはもはや虐殺とは言いません!!






             実態は、屠殺なんです!!





                はい、これ本当です!!





    居昌事件(コチャンじけん)とは、朝鮮戦争中の1951年2月9日から2月11日にかけて大韓民国慶尚南道居昌郡にある智異山で韓国軍が共匪のパルチザンを殲滅するためとして、大人(15歳以上)334人と子供(15歳未満)385人からなる無実の市民を虐殺した事件。
    居昌良民虐殺事件とも呼ばれている。

    また、慶尚南道山清郡、咸陽郡で2月8日に引き起こされた山清・咸陽良民虐殺事件とひと括りにして、居昌・山清・咸陽良民虐殺事件としても知られている。


    1951年2月9日から2月11日にかけて韓国慶尚南道居昌郡にある智異山で崔德新師団長指揮下の韓国陸軍第11師団第9連隊第3大隊は吳益慶連隊長の指揮により、居昌郡から一人残らず共匪パルチザンを殲滅するためとして719人(15歳以上334人と15歳未満385人)からなる無実の市民を虐殺した。韓国軍は、韓国警察の家族までも除外することなく虐殺した。

    この部隊は前日の2月8日には居昌郡に隣接する山清郡今西面、咸陽郡柳林面の一帯にある12の村々の住民705人を集めて虐殺を行っていた(山清・咸陽良民虐殺事件)。


    居昌出身の国会議員が虐殺事件について国会に報告すると国会では調査団が結成され韓国軍の妨害を受けながらも現地調査を行い韓国軍の犯行を明らかにした。

    法廷は虐殺を指揮した呉益慶(Oh Ik-gyun)大佐と韓東錫(Han Dong-seok)少佐を終身刑としたが李承晩大統領はただちに恩赦を出して釈放するとともに、韓東錫少佐を警察幹部に抜擢した。


    居昌事件で虐殺された人々  ↓

    維新の会よ、へこたれるな! これはもはや虐殺とは言いません!!                 実態は、屠殺なんです!!

  • ◆WGIP(ウォー.ギルト.インフォメーション.プログラム)

    【祖国を批判する事こそが、正義である】

    アメリカ本国がマッカーサー元帥に指令したことは、「日本が未来永劫、アメリカなどの白人国家、そして戦勝国となった中国や韓国に刃向かってこないよう、日本人の精神を徹底して破壊し、永続的な支配体制を確立する」―――これが、占領軍に与えられた役割だったのです。

    『憲法』 も 『教育基本法』 もこの目的に沿って作られ、『官僚組織を温存』 し活用することで、日本国民を完璧にコントロール下に置き、『マスコミを飼い馴らす』 ことで、日本国民の意識をアメリカにとって都合の良いものに変え、『教育を支配』 することで、世界で唯一 「祖国を批判することが正義である」 などというとんでもない考え方を日本人に植え付けてしまったのです。

    同時に、GHQは明治以降の歴史を改ざんすることで、「白人による植民地支配からのアジア解放」 を目指した 大東亜戦争 に対する罪悪感を日本人に植え付けるとともに、アメリカとの戦いを 「 日本国民 対 日本軍 」 との構図にすり替え、アメリカへの敵愾心を喪失させ、その敵意を旧日本軍 (特に世界有数の軍隊であった陸軍) に向けさせ、挙げ句の果てには、世界が賞賛していた日本人の高い精神文化の根幹をなす、日本古来からの大らかな宗教観 『神道』 を破壊するために、占領後も継続して巧妙な宣伝工作を続けたのです。

    昭和23年2月6日付、『 ウォー・ギルト・インフォーメーション・プログラム 』 との表題の文書がCI&E (民間情報教育局) からG-2 (CIS・参謀第二部民間諜報局) 宛てに発せられた。 

    冒頭に 「CIS局長と、CI&E局長、およびその代理者間の最近の会談にもとづき、民間情報教育局は、ここに同局が、日本人の心に国家の罪とその淵源に関する自覚を植えつける目的で、開始しかつこれまでに影響を及ぼして来た民間情報活動の概要を提出するものである」 とある。

    ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムについて 江藤淳 (慶応義塾大学教授) は、その嚆矢である太平洋戦争史という宣伝文書を 「日本の 「軍国主義者」 と 「国民」 とを対立させようという意図が潜められ、この対立を仮構することによって、実際には日本と連合国、特に日本と米国とのあいだの戦いであった大戦を、現実には存在しなかった 「軍国主義者」 と 「国民」 とのあいだの戦いにすり替えようとする底意が秘められている」 と分析。

    また、「もしこの架空の対立の図式を、現実と錯覚し、あるいは何らかの理由で錯覚したふりをする日本人が出現すれば、CI&Eのウォー・ギルト・インフォーメーション・プログラムは、一応所期の目的を達成したといってよい。 つまり、そのとき、日本における伝統的秩序破壊のための、永久革命の図式が成立する。 以後、日本人が大戦のために傾注した夥しいエネルギーは、『 二度と再び米国に向けられることなく 』、もっぱら軍国主義者と旧秩序の破壊に向けられるにちがいないとも指摘している。

    また、「 「軍国主義者」 と 「国民」 の対立という架空の図式を導入することによって、「国民」 に対する 「罪」 を犯したのも、「現在および将来の日本の苦難と窮乏」 も、すべて 「軍国主義者」 の責任であって、米国には何らの責任もないという論理が成立可能になる。 大都市の無差別爆撃も、広島・長崎への原爆投下も、「軍国主義者」 が悪かったから起った災厄であって、実際に爆弾を落した米国人には少しも悪いところはない、ということになるのである 」 としている。

    ウォーギルト・インフォメーション・プログラムは 「何を伝えさせるか」 という積極的な政策であり、検閲などのような 「何を伝えさせないか」 という消極的な政策と表裏一体の関係であり、後者の例として 「一切を日本国民に知らせることを厳禁とした」 プレスコードが代表的である。

    昭和21年11月末には、すでに 「削除または掲載発行禁止の対象となるもの」 として 「SCAP-連合国最高司令官(司令部)に対する批判」 など30項目に及ぶ検閲指針がまとめられていたことが、米国立公文書館分室所在の資料によって明らかである。 プランゲ文庫保存のタイプコピーには、多少の違いがあるが同様の検閲指針として具体的内容が挙げられている。

    維新の会よ、へこたれるな! ◆WGIP(ウォー.ギルト.インフォメーション.プログラム)  【祖国を批判する事こそが、正義である

  • ◆史実を世界に発信する会

    史実を世界に発信する会(代表=加瀬英明氏、外交評論家)。
    同会は、欧米諸国で流布されている反日プロパガンダに英文で反駁するため、近現代史に関する有用な日本語文献を英訳し、これをWeb上で無料で公開することを目的に五年前に発足。

    本来なら外務省がなすべき事業だが、政府が動かないなら民間でと、これまでに多くの真実の近現代史を英文で世界に発信。今年の8月現在の英文での投稿件数は、書籍13、論文36、オピニオン10にも上っており、日本の名誉回復に大きな貢献をしてきた。

    ①1951年5月3日、最高責任者であったマッカーサー元帥は、上院軍事外交委員会において、「彼らが戦争に飛び込んで行った動機は、大部分が安全保障の必要性に迫られてのことだった」と証言、日本の真珠湾攻撃は正当な「自衛権」の行使であることを認めた。

    ②経済封鎖は戦争行為であることはパリ不戦条約作成者の一人であるケロッグ国務長官が上院軍事外交委員会で明確に認めていた(何と真珠湾攻撃の丁度13年前の12月7日)。

    ③陸海軍合同委員会でまとめた日本本土爆撃計画JB355が大統領に提出されたのは、真珠湾攻撃の5か月前の7月18日。ルーズベルトはこの日本攻撃計画にOKのサインを7月23日にしている。


    代表委員:加瀬英明
    委員:茂木弘道(兼事務局長)、兵頭二十八、高道周吾、西大路達樹、藤田裕行、佐藤忠士、藤井厳喜、菊地正
    監事:黒木悟

    ◆「真珠湾攻撃」の5か月前 米が日本爆撃計画 「大統領も承認」/ABCテレビ

    1991/11/24, 読売新聞

    ★米・ABCテレビが「米の責任」論評

     【ニューヨーク二十二日=藤本直道】米ABCテレビは二十二日夜の報道番組「20/20」で、日本軍の真珠湾攻撃の五か月も前にフランクリン・ルーズベルト米大統領は、中国本土から日本への長距離爆撃計画を承認していたと伝え、同大統領は日本を意図的に開戦へ追い込んだと論評した。真珠湾五十周年を前に日本の奇襲を改めて強調する報道が多い中で、米国の開戦責任を米国側からまじめに論じたものとして異色の番組。

     この爆撃計画そのものは一九七〇年に公開された公文書の中にあったが、その後歴史家に検証されることなくやみに埋もれていたという。同テレビは当時のパイロットや大統領補佐官などの生々しい証言を伝え、米政府が日本への石油禁輸を決めた時期と対日爆撃計画承認がほぼ同時期であり大統領補佐官の証言からも、ルーズベルト大統領が日本を開戦に追い込む意図であったと論評している。

     この計画はJB355と名付けられ、一九四一年七月二十三日に大統領だけでなく当時の戦争長官、海軍長官なども署名。ビルマから中国への物資補給路を援護するため中国に雇われた米人パイロット・グループ、フライング・タイガースを率いるクレア・シェンノート氏がこのJB355計画にもからんでいた。

     米政府は日本の弾薬工場や重要な産業施設を爆撃するため、長距離爆撃機六十六機を供与するほか、数百万ドルにのぼる経費や兵員も負担することを承認していたが、これは当時の米国の中立法に反するという。

     シェンノート氏は、この爆撃により「日本の紙とマッチの軸で出来たような建物を灰に出来る」と報告していたが、作戦実施に手間取っているうちに真珠湾攻撃が始まった。

    日本への先向爆撃計画「JB-355」を承認したルーズベルト大続領のサイン入り文書。「1941年7月23日。了解―ただし、軍事使節団方式を採るか、アタッシェ方式を採るかについては再検討されたし。FDR」
    『「幻」の日本爆撃計画』(アラン・アームストロング著、塩谷紘訳)(日本経済新聞社)↓

    維新の会よ、へこたれるな! ◆史実を世界に発信する会  史実を世界に発信する会(代表=加瀬英明氏、外交評論家)。 同会は、欧米諸

  • 特に満足の旨仰せあり!!






              「富強の実を認むる時に至る迄」の文字を加へ






                     聖意を満足ならしむる!!






    歴史を捏造する韓国は、第二次日韓協約の交渉の際、「伊藤博文が韓国駐箚軍(日本軍)にソウルの宮殿を包囲させていた」と、条約の不法性を主張しています。

    韓国では、儒者などによる「騒擾(テロ)」が、日露戦争中の1904年(明治37年)から異常に多く発生して日本を悩ませていました。

    韓国駐箚軍が王宮前広場で演習などを行った日は、李完用学部大臣の邸宅が焼き討ちされる等の状況でした。

    日本は、テロ防止の目的からソウル市内と宮殿を警護しただけで、第二次日韓協約締結は不法ではありません。


    第二次日韓協約の交渉中、韓国皇帝の高宗らが儒者などを使った「テロ」を企てており、伊藤博文は韓国側の策略を知りました。

    1905年11月15日の高宗との内謁見で、伊藤博文は「昨今儒生輩を扇動して上疏献白を為し秘密に反対運動を為さしめつつありとの事は、疾く我軍隊の探知したる所なり」と述べました。

    伊藤博文の指摘したことに対して、高宗は反論できずに、伊藤博文ら日本側は交渉を続け、韓国側は納得して第二次日韓協約を締結したのです。

    第二次日韓協約締結について、高宗は納得どころか満足していました。

    暫くあつて李内相、李宮相出来り、陛下は該修正案を満足に思召し裁可を与えらるるへきの処、今一箇条陛下の御希望として、韓国か富強を致し其独立を維持するに足るの実力を蓄ふるに至らは此条約を撤回する旨の字句を挿入せんことを特に大使に懇望せらるるとの御沙汰に基き、

    大使は聖意を満足ならしむる為め自ら執つて協約書の前文中に『韓国の富強の実を認むる時に至る迄』の文字を加へ、再ひ李内相、李宮相をして聖覧に供せしめたるに、陛下は特に満足の旨仰せあり。

    「伊藤特派大使日韓新協約調印始末」(日本外交文書)

    維新の会よ、へこたれるな! 特に満足の旨仰せあり!!                 「富強の実を認むる時に至る迄」の文字を加へ

  • ただ! 韓国抜きで、やって貰いたい! 韓国朝鮮は日本にとっては敵国である! 韓国朝鮮と言う国は全く信用出来ない! いつか寝首を欠くに違いない! 地方分権もその一つの策戦だ!

  • 日本を愛する政党には成り得ない! 少なくとも日本民族からは、全く支持されない!  地方分権断固反対だ! 外国人参政権も、国籍戸籍法・韓国朝鮮の移民帰化推進も断固反対! マルハンの大型レジャー施設認可も断固反対だ! 今の日本は、韓国朝鮮系の者多数が、日本人、日本国から旨い汁を、吸い取っている!  日本民族国会議員よ!日本を日本民族の手に取り戻そう!

  • 在日男子は今後は「のろわれた韓国籍」で嫌がられるかも!



    日本国籍を選んでも韓国籍の親がいると韓国の兵役対象者に?

      

     「以前なら、子供の将来の国籍は旦那の韓国籍でもいいかなと思っていたけど、韓国が今のように怨念を引きずっているようなら断然、日本国籍がいい」


     文面から すると「旦那が韓国国籍で奥さんが日本国籍」と考えるのが普通ですね。でもこの組み合わせの場合は必ずしも「国際結婚」ばかりではないんです。たとえば、在日韓国人同士の結婚でも同じこと起こります。

    というのは、在日韓国人だった女性が日本に帰化すれば日本国籍者になりますよね。日本に帰化する在日韓国人は今でも年間5000人ほどいますが、2012年の「兵役法改定」以後は、在日韓国人男性で日本に帰化できるのは38歳以上しかできなくなりましたから、現在、日本に帰化している在日韓国人は圧倒的に女性が多いわけです。そしてこの傾向はますます強まります。

    この子供の国籍を日本国籍にしようとしている日本国籍のお母さんですが、果たして希望通りに「子供に日本国籍」を取らせることができるのか?  韓国籍の父親と日本国籍の母親の間の子供は「韓国籍と日本国籍の二重国籍者」だと思います。日本も韓国も血統主義をとっていますから、両親のどちらかが日本国籍者なり韓国国籍者であれば、その国籍が取得できます。

    ただし日本は二重国籍を認めていませんから、どちらかの両親の国籍の1つを選ばなければなりません。ふつう、日本国内で二重国籍になっている人は、「重国籍になった時が20歳以前の時は,22歳に達するまでに」国籍決定をしなければなりません。
      
        
     では在日韓国人の場合、父親か母親のどちらかが日本に帰化していれば、子供を日本国籍にできるかというと・・・・仮に、在日韓国人の男子P君が20歳になって、韓国の兵役が嫌で日本国籍を選択し、日本国籍を認められたとしても、韓国が韓国国籍の離脱を認めるかと、そう簡単にはいかないと思うんです。

    韓国が2012年におこなった兵役法の改定では「兵役が終わらない者の国籍離脱は認めない」とありますから、仮に在日韓国人の男子P君が日本国籍をとって日本人だと思っていても「韓国での兵役の対象者」になる可能性があります。

    在日の韓国国籍者は、子供の存在とかは民団なり韓国大使館に把握されているのではないですか? 「親の因果が子に報い」ですね。もしかしたら、他国に帰化していても「韓国人の義務」を韓国政府は追及するつもりじゃないですか?

    韓国での兵役 訓練中 ↓

    維新の会よ、へこたれるな! 在日男子は今後は「のろわれた韓国籍」で嫌がられるかも!     日本国籍を選んでも韓国籍の親がいると

  • 人類には、崇高にしてもっとも神聖な義務がある。




    それは、人類の正義の名において実行される。



    間違いなく!!




           そして確実に!!



    虐殺屋、侵略者にして抑圧者である中国共産党を殲滅せよ!!


    人殺し、略奪屋の中国共産党を殲滅せよ!!


    それにしても、日ごろ人権問題にうるさい人権派と称する連中は、なぜ中国共産党の

    人殺し、略奪を見て見ぬふりをするのか??

    彼らは偽善者ではないのかああ=---!!!


    中国の官憲によって無残にも虐殺されたウィグルの人たち ↓

    維新の会よ、へこたれるな! 人類には、崇高にしてもっとも神聖な義務がある。     それは、人類の正義の名において実行される。

  • こんな施設を、許可して良い筈がない! それが、日本企業であったとしても、風紀が悪くなる!

  • 国会には、純然たる日本民族を代表する、政党が皆無と言う事になるのであり!日本民族の国会なのに、韓国朝鮮人系の議員達が、日本の重要な政策を誘導すると言う事態は、それは日本民族の意思ではない、と言う事になるのだ!

  • 維新の会の議員メンバーも、韓国朝鮮系議員が、重職を務めている! これで、地方分権で、権力を握られたら、日本人社会は、消えてしまう事になる!

  • こんな 橋下についていけない

    化けの皮がはがれて来た

    大体 地方分権 とか言い出す奴に ろくな奴がいない

    あの多弁な割りに 何を言いたいのか よくわからない

    あのうす唇江田とつるんでろ

  • 維新の会には、あの北岡伸一という歴史学者・売国奴学者が参画していたから期待してなかったな。

    これで完全に終わったね維新の会

    後は、民主党から逃げてきた売国奴と仲良くやってくださいな、、、、類は友を呼ぶ、、、、、ね

  • 高齢者達と別居は正解、船中八策の原点に戻るなら、支持率はかなり戻るだろう
    第二党 さらにはーーーーーー。

    七割近い支持率を集めた時を忘れるべからず

  • 汝、これを知らずして、日韓関係を語るなかれ!!







           “過去に対し盲目であれば、未来は語れない”




                      (朴クネ韓国大統領の米国議会での演説)







    一進会は、1909年12月「韓日合邦建議書(韓日合邦を要求する声明書)」を純宗、第二代韓国統監曾禰荒助、首相李完用に送り、韓日合邦を要請しました。

    この建議書の中で、李容九は会員100万人の声明と称して、「日本は日清戦争で莫大な費用と多数の人命を費やし韓国を独立させてくれた。また日露戦争では日本の損害は甲午(日清戦争)の二十倍を出しながらも、韓国がロシアの口に飲み込まれる肉になるのを防ぎ、東洋全体の平和を維持した。韓国はこれに感謝もせず、あちこちの国にすがり、外交権が奪われ、保護条約に至ったのは、我々が招いたのである。第三次日韓協約(丁未条約)、ハーグ密使事件も我々が招いたのである。今後どのような危険が訪れるかも分からないが、これも我々が招いたことである。我が国の皇帝陛下と日本天皇陛下に懇願し、我々も一等国民の待遇を享受して、政府と社会を発展させようではないか」と主張し、韓国と日本の連邦形式の対等合邦を求めたのであります。

    一進会の主張はあくまで日韓両国民の対等な地位に基づく日韓共栄であって日本の考える外地としての併合とは全く異なるものであることや、日韓併合については韓国側の要求は一切受け入れない方針であったため日本政府は一進会の請願を拒否しました。

    これは、当時の大韓帝国の巨額の債務や土地インフラに膨大な予算が必要になることから日本国民の理解を得ることは難しいとの政治判断からであったのです。一方、一進会の宋秉畯も、韓日の対等合邦は国力の差から困難であると判断して韓日併合論を展開し、1910年、第2次桂内閣により日韓併合がなされました。

    一進会を率い、韓日併合論を説いた宋秉畯らは朝鮮総督府中枢院顧問となり、合併後の朝鮮の政治にも大きく影響を与え続け、その後、その功績により宋秉畯には伯爵位が与えられました。

    一進会に対する評価はその活動の解釈や政治的立場によって大きく異る。以下は日韓において出版されている一般書籍での評価です。

    ●平凡社の『朝鮮を知る事典』では、一進会を「親日御用団体」と呼び、表立った運動以外にスパイ活動などにも協力したとしている。また、親日団体としての働きについてはプラスの効果よりも民衆の反発を招いたマイナスの結果の部分が大きかったとしている。また、一進会の実態が「李容九や宋秉畯などの利権集団」であったとも記述しています。

    ●鹿鳴海馬の『伊藤博文はなぜ殺されたか』(1995)では一進会は日本が日本軍の通訳をしていた宋秉畯に作らせた親日派の政治団体であるとしています。「一進会は日本の国粋団体・黒竜会の内田良平といった有力者を顧問に、日本の保護を受け朝鮮国内の反日分子や反日運動のスパイ活動を行い、大衆の反感を買った。特に日露戦争後、一進会が日本の指導保護を要請する宣言を発表したので猛烈な反発を受けた。中でも「共進会」や「大韓自強会」といった民族派の団体から一斉に売国奴として非難された。」と記述されています。

    ●金完燮の『親日派のための弁明』(2002)では、一進会の運動を、李氏朝鮮政府の圧政をはねのけようとする農民階級(東学党→進歩会)と、支配階級出身で朝鮮の近代化をめざす改革派知識人グループ(維新会)、そして朝鮮近代化を支援することで「攻撃的な防御」を確保しようとする日本、の3つの改革勢力が結集されたものとして高く評価しています。また、韓国政府が一進会を「親日御用エセ団体」と歪曲して韓国民に教えていると批判しています。

    ●呉善花は、著書『韓国併合への道』で「少なくとも民族の尊厳の確保に賭けて大アジア主義を掲げ、国内で最大限の努力を傾けた李容九らを売国奴と決めつけ、国内で表立った活動をすることもなく外国で抗日活動を展開した安昌浩や李承晩らを愛国者・抗日の闘士と高く評価するバランス・シートは、私にはまったく不当なものである」と評価しています。

    ソウル中心街への入り口南大門近くに一進会が建てた奉迎門。
    韓日合邦を強力に推し進めるために、伊藤博文を歓迎する意味で建てられたものと、
    考えられる。  ↓

    維新の会よ、へこたれるな! 汝、これを知らずして、日韓関係を語るなかれ!!               “過去に対し

  • とどまるところを知らない激しいヘイトスピーチ!



              ここは、日本です!!



                  ”日本と、日本人を徹底的に粉砕せよ!!”




    在日韓国学生同盟の激越な反日ヘイトデモ ↓

    維新の会よ、へこたれるな! とどまるところを知らない激しいヘイトスピーチ!              ここは、日本です!!

  • <<
  • 54 27
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン