ここから本文です
  • 朝日新聞が始めた“出会いビジネス“の仕掛け人は、前川喜平氏か・・・



    ひょっとして、前川喜平氏=前文部次官が、朝日新ビジネスの総責任者になるかも・・



    朝日新聞、出会いビジネスに参入 「朝日だから安心・安全」



    朝日新聞の出会いビジネス “出会い系”とは一線を画す




     10月2日、朝日新聞の朝刊にこんな全面広告が載った。〈愛情も、友情も、ここから。〉──朝日新聞が始める新規事業

    「Meeting Terrace」(以下、ミーティングテラス)の案内広告である。その事業内容は、〈40才以上のシングルの方々に出会いの場を提供するサービス〉。つまり「出会いビジネス」である。広告には、以下のような謳い文句が並ぶ。

    〈朝日新聞社主催の安心・安全なサービス〉

    〈結婚だけではない自由なかたちのパートナー探し〉

    〈いそがず、自由に、思い思いに、出会ってください。幸せは、いくつから始めてもいいのですから〉

    〈世の中の空気が少しずつ変わりはじめています。そんな時代だからこそ、自分らしく生きる人同士が、もっと気軽に出会い、
    交流できる場所があったなら。私たち朝日新聞社はそう考えました〉

     字面をたどれば、独身の男女をマッチングする結婚相談所のサービスそのもの。大メディアの中でもお堅いイメージのある
    朝日新聞が「男女の出会い」をビジネスにするとは、何とも妙な感覚になる。

     同サービスのホームページには料金設定も記されている。ウェブからの申し込みなら入会金は3万9800円、紙の申込書なら5 万円。

    11月1 日のサービス開始前までは、それぞれ2万4800円、3万5000円の「割引価格」となっている。また、会員となると9800円の
    月会費がかかる。

     全国に広がる取材網・情報網を異性探しに生かすのか? 働いているのは新聞記者なのか? 興味は尽きない。


    以下ソース
    http://www.news-postseven.com/archives/20171015_621168.html


    以下、朝日新聞のホームぺージより抜粋+






    お知らせ

    2017.10.01【NEW】Meeting Terrace オープン前の入会キャンペーン <10月31日まで>

    2017.10.01【NEW】11/3、4開催の「特別体験イベント」に抽選で100名様をご招待

    2017.10.012017年11月開催 イベント一覧



    著名人や講師によるセミナーを中心としたタイプです。
    例)ワインセミナー、金融セミナーなど

    非日常を体感できる、魅力あるイベントと交流会のタイプです。
    例)ホテルビュッフェ+交流会、酒蔵見学+交流会

    共通の趣味や職業などの属性やテーマごとの交流会です。
    ※交流会は月会費内で月1回まで無料でご参加いただけます。
    Meeting Terraceについて詳しくはこちら


    料金について詳しくはこちら

  • <<
  • 2 1
  • >>

  • 就職氷河期に「超」がつく韓国で海外出稼ぎ「倍増計画」が浮上…


    なんと渡航先の断トツ1位は「日本」という皮肉



    3・1独立運動記念日にあわせ、ソウル市内を韓国国旗を持って行進する市民ら。愛国教育に熱心だが、仕事を求めて海外に出る韓国人は多い(共同)

     好景気を背景に就職氷河期が少し緩んでいる日本の就職戦線だが、不況の崖っぷちに立つお隣の韓国の若者たちは深刻な就職難に苦しんでいる。

    そんな中、韓国の若者に対する奇抜な雇用政策が浮上した。韓国メディアによると、政府筋が海外で働く韓国青年の数を現在の2倍に引き上げる案を明らかにしたというのだ。

    あくまで、若者の「海外進出支援」と位置付けてはいるが、若者が本当に欲している政策なのか。働き先は、中東地域などが想定されている。

    若者失業率、アジア通貨危機並み

     韓国統計庁発表の雇用動向は、2月の失業率は4.6%で、前年同月に比べて0・1ポイント悪化した。

     聯合ニュースによると、2010年2月(4・9%)以来、5年ぶりの高さだった。
     さらに青年層(15~29歳)の失業率は11・1%にものぼった。過去を振り返ると、この水準はリーマンショックによる景気低迷期を遡り、アジア通貨危機当時の1999年7月の11・5%に次ぐ悪さだった。

     「年間40万人に達する大学卒業者があふれているが、世界的な景気低迷で収益が減った大企業は11万人程度しか採用できない」。中央日報(日本語電子版)は新卒者の労働市場について、有識者の分析をこう報道した。


     中央日報によると、韓国の雇用労働部が明らかにしたデータでは、韓国産業人力公団が行っている海外就業研修を通じて就労した人材(2013年~2014年、平均就業年齢27・1歳)の渡航先国で最も多かったのは、日本の501人。

    続いてオーストラリア(471人)、シンガポール(298人)、カナダ(274人)、米国(203人)、中国(164人)の順。韓国から歴史問題をめぐって強い批判が向けられる日本なのに、それでも、就職先としてまずまずの人気だ。

     果たして韓国の若者は、キャリアアップを目指す積極的な理由で海外に行くのか。魅力的な仕事が見付からず、やむを得ず韓国を出ていくのか。動機の違いは大きい。


    こっちくるなああーー
    あっちいけええーー

    朝日新聞が始めた“出会いビジネス“の仕掛け人は、前川喜平氏か・・・  就職氷河期に「超」がつく韓国で海外出稼ぎ「倍増計画」が浮上…   なんと渡航先の断ト

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン