ここから本文です
  • 小池都知事; “私はサイコパス! 新党をリモートコントロールします!”



    新党への関与「都政と矛盾せず」…小池都知事



    小池知事 新党への関与に前向き



    2017年9月22日 21時59分



    読売新聞



     東京都の小池百合子知事は22日の記者会見で、若狭勝衆院議員らが近く結成する新党への関与について、「(都政の遂行と)矛盾するとは考えていない。

    知事をやり、かつ国政に関与している例は他にもある。どの方法が国や都民にとって一番いいのかを模索していきたい」と述べ、前向きな姿勢を示した。

     新党関係者から小池氏の党首就任への期待が高まっていることには、「色んな声をいただく」としつつ、「いま状況が動いているところ。よくウォッチしていきたい」と語り、情勢を慎重に見極めていることをうかがわせた。

     10月の衆院選に関しては「大義なき解散・総選挙において、国民の皆さんが真の改革を求めるのか否かを問うべきだ」と強調。憲法改正については「いろんな観点から改正の余地がある。議論を避けてはいけない」と指摘した。

  • <<
  • 2 1
  • >>

  • 最初にタブーを破ったのは、韓国のハンギョレ新聞社が発行する週刊誌『ハンギョレ21』だった。同誌は99年、韓国軍がベトナム戦当時に起こした虐殺事件について記事を掲載したのだ(5月6日号)。この記事を書いたのは、韓国人歴史研究者のク・スジョン。彼女はベトナム戦争の韓国軍の残虐行為が記されたベトナム側の資科を入手し、韓国の市民団体の一行とともにベトナム現地で検証を始めたのだ。

    ある地域で、猛虎部隊(韓国軍部隊)等による1か月間の作戦で1200名もの住民が虐殺されたという66年当時のベトナム側の報告を紹介しながら、同時に生存者たちの証言に基づき虐殺の様子を具体的に描いている。例えば、生存者の証言からは韓国軍による民間人虐殺の方法にいくつか共通した類型があったようだと、同記事には記されている。

    以下、その部分を略して引用すると「大部分が女性や老人、子供たちである住民を一か所に集め、機関銃を乱射。子供の頭を割ったり首をはね、脚を切ったりして火に放り込む。女性を強姦してから殺害。妊産婦の腹を、胎児が破れ出るまで軍靴で踏み潰す。トンネルに追い詰めた村人を毒ガスで殺す等々」だ。

    日本の戦争責任を追及してきた韓国の人々にとって、自国軍も虐殺をしていたのだという告発は、苦いものであったに違いない。
    タブーであった虐殺事件についてのこれらの報道に対し、韓国国内では激しい反撃が起きた。同年6月27日には、ベトナム戦に従軍した退役軍人ら2000人余りがハンギョレ新聞社に乱入しコンピュータなどを破壊した。彼らは、国のために闘った戦友を冒涜されたと激しく抗議したのだ。

    ベトナム戦争当時、韓国軍総司令官だった蔡命新は、先の『ニューズウィーク』でのインタビューで「誰に対しても償う必要はない。あれは戦争だった」と明言している。アメリカ軍によるソンミ事件などの虐殺行為がベトナム戦争当時から国際的に批判を受け議論の的となったのとは対照的に、韓国軍による虐殺行為については、こと韓国国内では長く沈黙が保たれてきた。


    南ヴェトナムにおける韓国軍
    猛虎師団 ↓

    小池都知事; “私はサイコパス! 新党をリモートコントロールします!”  最初にタブーを破ったのは、韓国のハンギョレ新聞社が発行する週刊誌『ハンギョレ21』だった。同誌は9

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン