ここから本文です
  • <<
  • 144 1
  • >>
  • こんな馬鹿が尊師ですか、ペテン師のただのおマンコ好き、これを祭りあげた馬鹿信者、メロン大好きで孕ませ上手が、悪の種は抹殺すべし。

  • これが現実か・・・・・・・・・





           まことにやるせないのおおーーー





    「貯金も年金もなく、頼る家族も一切いない。彼女たちは自分の土地に住みながらも、目に見えない異邦人と化してしまった」


     英国の公共放送BBCが9日、インターネット版ニュースで「性を売る韓国のおばあさんたち」と題し、いわゆる「バッカスおばさん」の日常生活を報じた。


     「バッカスおばさん」とは、高齢の男性を相手に滋養強壮剤と共に性を売る女性のことだ(バッカスは滋養強壮剤の商品名)。


     この記事では、ソウル地下鉄の鍾路3街駅の階段で滋養強壮剤を売るキムさん(71)を取材し、韓国の高齢者の貧困問題について報じた。この周辺で滋養強壮剤を売っている女性は約400人。

    滋養強壮剤の販売だけでは1日に5000ウォン(約500円)をもうけるのがやっとだという。キムさんは「一部の人々は滋養強壮剤以外にも売っている。私にも男たちが近づいてきて(売春を)提案されるが、私はいつも断っている」と答えた。


     BBCは(鍾路3街駅近くの)宗廟公園が高齢者たちの隠密な売買春の場所となっていると報じた。ここで出会った男性のキムさん(81)は「ここで友人と一杯飲み、女性たちにも出会う。女性たちと寝るためには2万-3万ウォン(約2000-3000円)掛かるが、親しくなれば安くしてくれることもある」と話した。

    また、別の男性は「酒を飲んで金をそっと渡せば事が始まる。男たちは年を取っても取らなくても、性的な魅力があってもなくても女性との関係を持ちたがる」と話した。


     BBCは、高齢者の貧困と売買春が韓国社会の変化による現象とみて「韓国のお年寄りたちは経済成功の犠牲者」と報じた。韓国の高齢者世代は一生懸命に働き、経済的奇跡を起こし、次の世代のため惜しまず投資した。「儒教社会で成功した子どもが最高の老後年金だった」というのだ。


     しかし、激しい競争社会に変わってしまった韓国で、子どもたちは親の世代を扶養する能力に欠けている。キムさんは「子どもに頼るのはばかだ。私たちの世代は親の言葉によく従ったものだが、高等教育を受けた子どもたちは私たちの言葉を聞かない」と話した。

    また、他の女性は「金もなく、子どもも手伝ってくれない。子どもたちも自分たちの老後に備えなければならない」と話した。


     BBCは、韓国の最新の携帯電話を宣伝する看板の前を通るお年寄りの写真を掲載した。最先端の製品を作って経済的な成功を収めたものの、高齢者の貧困問題は解決できない韓国社会の現実を物語る場面としてこの写真を選択したようだ。


     最後に「韓国の高齢者たちにとって食事代は高く、性は安い。どんな代価を支払ったとしても、人間のぬくもりを感じるのは簡単ではない」と報じた。

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

    パリ= 李性勲(イ・ソンフン)特派員

    ↓ オウム犬修行中 大爆笑 ↑ これが現実か・・・・・・・・・             まことにやるせないのおおーーー      「

  • 最大の赤っ恥をかくのは誰なのかを


         知らしめる必要がある


    滋賀報知新聞:「日本国民を陥れ、

      
         誤報を信じさせた組織は恥をかけ!」 


           地方メディアの勇気に感謝!







    日本ほどアジア諸国の民族解放と経済復興に

           貢献した国はない!


      日本の名誉を取り戻す運動と、


          日本を汚す連中の攘夷を同時に開始!


    「滋賀報知」は読売新聞系の「スポーツ報知」とはまったく関係の
    ない、滋賀県にある独立系の新聞社です。 さてどのような主張が
    さなれているのでしょうか?     
         
    外務省はアジア女性基金サイトの閲覧者に誤解を招きかねないと、
    元従軍慰安婦に「償い金」を支払った「アジア女性基金」の拠出呼
    びかけを外務省のウェブサイトから削除した。




    <中略>

    政府は速やかに誤報を根拠とする公文書や準公文書などの記述を
    訂正又は破棄し、事実関係を正しく伝えなくてはならない。日本
    国民を陥れた誤報を信じさせてきた様々な組織(国家を含む)に
    対して、歴史的に最大の赤っ恥をかくのは誰なのかを知らしめる
    必要がある。

    過去に各国の戦争には慰安婦がつきものだったが、女性地位向上
    のためにも他国における慰安婦問題を検証する必要があり、あえ
    て日本がその手を挙げるべき時であろう。
    (滋賀報知 平成26年11月8日)


       
    ネット上で紹介すると、在日韓国朝鮮人や反日左翼による「嫌が
    らせ」が発生してしまいます。あの連中にとっては「自分たちに
    不都合なことはヘイトスピーチ」なんです。

    こういう嫌がらせ行為こそ「日本人への言論弾圧」ですよね。 
    在日韓国朝鮮人は決して「かわいそうな人々」ではありませんよ。
    彼らは「今も昔も日本人を敵視する悪質な外国人」でしかないの
    です。
       
       
    「滋賀報知」の記事の中で、「日本国民を陥れた誤報を信じさせ
    てきた様々な組織(国家を含む)に対して、歴史的に最大の赤っ
    恥をかくのは誰なのかを知らしめる必要がある」という部分が大
    変印象に残りました。 

    もちろんこれは「朝日新聞」のことであり「韓国や中国」のこと
    でしょう。私は、朝日新聞の全ての関係者に申し上げたい。
    「あなたたちは加害者としての自覚はあるのか?」と。
    朝日新聞の関係者は、日本国民への加害者ですよ。
    そのことを忘れたら、被害者からの報復だってあるかも。

    日本国旗を冒涜する在日韓国朝鮮人たち。これが在日の正体です!

    ↓ オウム犬修行中 大爆笑 ↑ 最大の赤っ恥をかくのは誰なのかを          知らしめる必要がある      滋賀報知新聞:「

  • その必要は、ない!!





               これからも謝罪することはない!!





    韓国に謝罪を求められた中国「その必要は、ない。これからも謝罪することはない」
    2013/09/06 00:00

    日本は韓国に対し、日韓基本条約、
    ODA、IMF通貨危機などで、多額の賠償、経済支援をしてきました。


    何人もの、日本の歴代総理が、韓国に対し、謝罪してきました。


    では、
    韓国が日本に謝罪と賠償を求めることをやめる日は、来るのでしょうか。

    答えは明白ですが、このままでは、来ません。
    さらに、韓国の暴挙は、エスカレートするはずです。
    事実、慰安婦問題を捏造し、アメリカにも、次々と慰安婦像を立て、
    韓国人達は、嘘を真実にしようと工作しています。


    では、我が国は、どうすればいいのか。
    ヒントは、韓国が中国と国交を樹立した時にあります。

    韓国は中国と外交を樹立した際も、
    朝鮮戦争で中国人民解放軍が朝鮮半島を蹂躙したことに対し、
    謝罪を要求しました。
    しかし、初代駐韓中国大使は、
    「その必要は、ない。これからも謝罪することはない」と一喝しました。
    それ以降、韓国は中国に謝罪を求めていません。

    <補足>中国も鄧小平時代の香港返還協定成立時、英国に対し過去のアヘン戦争等の植民地侵略に対し謝罪を要求しましたが、「その必要は、ない。これからも謝罪することはない」と、英国から一喝されました。以来、英国に対し中国は謝罪を要求することはありませんでした。

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • 兵庫県が毎年1億4000万円を朝鮮学校に補助しながら監査はなし





    兵庫県朝鮮学校補助金、毎年1億4千万円支払い 差し止め控訴審





    年間、1億円以上も、兵庫県が朝鮮学校に支出しています。

    我々の県民税なのです。
    兵庫県には、生活の苦しい家庭、母子家庭、親を交通事故で無くした遺児
    支援しなければならない人はたくさんいます。

    1億円あれば、どれだけの苦しむ子供を救えることでしょうか。
    なぜ、拉致犯罪テロ国家、北朝鮮=総連経費を 我々が税金で負担しなければならないのでしょうか。

     
    兵庫県朝鮮学校補助金、毎年1億4千万円支払い 差し止め控訴審・第1回公判10月8日14時大阪高等裁判所82号法廷であり、徳永信一弁護士が兵庫県と神戸市(兵庫朝鮮学校)を追い詰めた。 


    井上哲夫    
    兵庫県の朝鮮学校に対する補助金裁判の控訴人意見要旨 

    平成26年(ワ)第95号
    控訴人 長瀬猛 外1
    被控訴人 兵庫県 外1名

    意見の要旨
    平成26年10月8日
    大阪高等裁判所第2民事部3係 御中

    原告 長 瀬 猛


    果たして、朝鮮学校に対する補助金の交付は、公益上の必要に基づく公明正大な支出と言えるのでしょうか。私たちは予てより兵庫県が支払い続けてきた全国でも突出した巨額の補助金について疑いを持ってきました。

    疑問の第1は、朝鮮学校における教育の事業が、北朝鮮労働党と一体となって活動する朝鮮総連の支配によって行われていることにあります。特定の政治勢力による教育の支配によってなされる「誤った知識や一方的な観念を植え付ける教育」は、教育基本法が禁じる「不当な支配」そのものであり、個人の尊重を基礎におく憲法13条、同26条に違反するものだからです。

    疑問の第2は、北朝鮮の最高指導者を礼賛する思想教育の事業に毎年1億数千万円に上る膨大な経常費補助を行うことは、朝鮮総連による「不当な支配」と生徒たちに対する人権侵害を助長・強化し、結果として拉致事件を解決しようとしない非道な北朝鮮を援助することになるからです。

    昨年11月に東京都が公表した「朝鮮学校調査報告書」です。そこで初めて朝鮮学校における教育全般の実態が明らかにされました。国際的に定まった歴史的事実に反する誤った知識を教え、造られた最高指導者の神話を事実として教え込む「歴史教育」。最高指導者に対する絶対盲従を説き、これを無批判に礼賛するチュチェ思想を刷り込む「社会科教育」。

    そして、ただただ最高指導者と朝鮮総連に対する賛美と忠誠を連呼する「音楽授業」。そして生徒たちは、「朝青」或いは「少年団」と呼ばれる団体への帰属を強制され、そこで最高指導者の「偉大性」を教え込まれ、チュチェ思想の実践と称する各種イベントへの参加を強要されていました。

    加えて、「朝鮮学校調査報告書」には、朝鮮学校の教育の事業が、準学校法人や教育会の組織を傘下に置いて、予算や人事の実権を握り、教育内容を決定する権限を持つ朝鮮総連によってなされていることが、しかも、それが北朝鮮の直轄的指導のもとで行われていることが数々の具体的かつ客観的証拠によって明らかになりました。最早、誰もこのことを否定することはできないでしょう。

    朝鮮学校も経常費補助を受けるのであれば、公認会計士による監査報告書の提出を免れる合理的な理由はありません。免れているのだとすれば、それは不当な「特権」だとの非難を招くことでしょう。

    ところが、これまでの朝鮮学校側から公認会計士の監査報告書が提出されたことは1度もありませんでした。監査報告書の提出もないまま莫大な補助金の交付が続けられてきたのです。このようなことは私立学校振興助成法の趣旨に違反し、憲法89条後段に違反し、憲法14条の法の下の平等に反しています。


    これまで兵庫県は、朝鮮学校における教育事業について、その内容や実態について、実態調査や会計監査によって適正に把握することなく、巨額の経常費補助を行い、これを「丸抱え」的に援助してきました。いくら朝鮮総連の秘密主義があるとしても、それはおかしいではありませんか。

    税金によって支援する事業については、その内容と実態を把握し、公益性を確認したうえで行うのが筋ではないですか。兵庫県における朝鮮学校に対する補助金行政は、その当たり前のことが当たり前に行われていなかったのです。これを正すのは、まさしく裁判所に託された責任であり使命です。

    以上

    http://ameblo.jp/chiruko12/entry-11937810704.html

    おい!何か文句あっかあ!!

    ↓ オウム犬修行中 大爆笑 ↑ 兵庫県が毎年1億4000万円を朝鮮学校に補助しながら監査はなし      兵庫県朝鮮学校補助金、毎年

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ