ここから本文です
  • 安倍晋三氏は総理と言う立場をわきまえ、もっと諸国民の立場で国政していただきたい!

    何故、我が国の多くの若年者が非行に走り、真面目な成人社会人が自殺にはしるのでしょうか?



    若年者の非行より、全うな社会人がなぜ「自殺」に走るのかの方が大問題である。


    原因は今現時点の日本社会の構造上の問題であると結論したいのですが?



    直近の一例を下記に示します。



    15:44頃、【阪神本線】香櫨園駅で人身事故が発生し、一部区間で運転を見合わせています。

    Twitterに「電車で人身事故発生…ぶつかった音した〜(*>_<*)」の投稿あり。

    何が理由で死に急ぐのでしょうか?

    私は十年以上も前から、この社会現象についての「プロファイリング」を素人ながらし続けて居ります。

    ネット界で多種多様な討論を続けてきました。

    その極一部の結論に「社会性病理疾患」に辿り着きます。




    「社会性病理疾患者の犯罪」については米国のFBIの行動分析課(Behavioral Analysis Unit、BAU)をドラマ化した「クリミナル・マインド」はじめとし、

    人間の顔に表れるわずか0.2秒の“微表情”を読み解くことで嘘を暴いていくカル・ライトマン博士とそのチームの活躍を描いたドラマ『Lie To Me 嘘の瞬間』

    殺人事件から、人物調査、事故調査など多岐に渡り、様々なシチュエーションの中で“隠された真実”を見破っていく。

    その嘘を見破る手法、“微表情学”と“微動作”は科学的にも証明された立派な学問。

    アメリカの心理学者ポール・エクマン博士が提唱したもので、本人の意思とは関係なく、無意識的に現れる0.2秒以下の表情から隠された感情を読み解く心理科学だ。

    上記の作品は人が犯罪者で犯罪者の立場の有無にかかわらず、人間の心理を研究し自己の仕事・交友を含めたあらゆる場面で凄く勉強・参考になった作品である。

    自己・家族・親友に何らかの対処を講じれる術(すべ)を考えさせてくれる素晴らしい「Film・Move・Cinema・Video」である。





    皆さん、「社会心理学」を少しでも習得しより良い社会を目指そうではありませんか!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

  • <<
  • 31 7
  • >>
  • <<
  • 31 7
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ