ここから本文です
  • 韓国の枯葉剤戦友会 ベトナム人講演会で「殺してしまえ!」



     迷彩服を着こんだ数十人の中高年男性の団体が4月9日、韓国・大邱の慶北大キャンパスに集い、次々と怒声をあげていた。ベトナム戦争の退役軍人団体「枯葉剤戦友会(大韓民国枯葉剤後遺症戦友会)」である。

     団体の名称からはベトナムで枯葉剤を撒いた米軍への批判デモを想像させるが、怒りの矛先は韓国軍による民間人への暴行・虐殺の被害を受けたベトナム人の講演会に向けられていた。現地紙記者が語る。

    「講演会の主催者側に対して『放っておいていいのか。殺してしまえ!』という罵声や開催を許可した大学当局に向けて『学長は辞任しろ!』といった怒号が飛び交って、辺りは騒然としていました」

     本誌は昨年4月、3号にわたって「韓国軍はベトナム戦争で何をしたか」をレポートした。ベトコン狩りの名のもとに各地の農村を襲って村民を虐殺し、若い女性を強姦して殺害するなどの蛮行が繰り返された。

    民間人犠牲者は9000人にのぼると推計されるが、この事実は韓国社会で長く「タブー」とされてきた。

     今年はベトナム戦争終結から40年にあたる。そのタイミングで韓国軍による虐殺の生存者が生き証人として初めて訪韓したのだ。訪韓したのはグエン・タン・ラン氏(63)とグエン・ティ・タン氏(54)の2人。

     ラン氏は1966年2月15日、韓国陸軍「猛虎部隊」襲撃で65人が犠牲になったタイビン村事件の生き残りの男性である。この村では約1か月で1000人以上の村民が殺害された。

     韓国のリベラル紙『ハンギョレ』によればその日、ラン氏は防空壕に隠れていたが、猛虎部隊に見つかって引きずり出された。「20世帯あまりの住民が集められ、一人の軍人の号令とともに四方から銃弾が飛んできて手榴弾が投げられた」という。

    母親は下半身のない死体で発見され、妹は頭に重傷を負い、数時間後に死亡した。

     タン氏は1968年2月12日、韓国軍によって住民74人が犠牲になったフォンニ・フォンヤット村の生き残りの女性で、虐殺により家族5人を失い、自らも腹部に銃弾を受けた。

     女性や子供にも容赦しなかった韓国軍による残虐行為の告発を枯葉剤戦友会は妨害した。ベトナム戦争で米軍が散布した枯葉剤の被害を受けた退役軍人を主体とする同団体の会員数は2011年時点で約13万人。在韓ジャーナリスト・藤原修平氏が語る。

    「団体のホームページを見ると、ベトナム戦争は『反共の正義の戦いであった』と位置づけられています。また参戦により約10億ドルの外貨を獲得し、経済成長の礎を築いたと考えられている。

    彼らにとって今回の被害者はその神聖な戦争を冒涜する存在であり、許せないということなのでしょう」

     枯葉剤戦友会は2013年5月、ソウルで安倍晋三・首相と橋下徹・大阪市長の顔写真や名前が印刷された垂れ幕を燃やし、両氏の慰安婦関連発言に抗議していた。

     日本には「戦争被害者である慰安婦の声を聞け」といいながら、ベトナムでの残虐行為は隠蔽し、「被害者は何も語るな」という矛盾してきた韓国の姿勢を象徴する団体なのである。

    ※週刊ポスト2015年5月1日号

  • <<
  • 10 1
  • >>
  • 日本でもテロの危機? 



    民団情報「朝総連5、6万人のうち、正規軍2万5000人が組織武装」



    日本人が知らぬうちに進められている在日韓国朝鮮人の軍事訓練!



       日本で標的にされるのは女性や子ども。日本は大丈夫ですか?



     北朝鮮の朝鮮中央放送は17日、金正日(キム・ジョンイル)総書記の死去3年を迎え、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が金正恩(キム・ジョンウン)第1書記に忠誠を誓う手紙を送ったと報じた。

     朝鮮総連はこの手紙で、金第1書記が朝鮮総連と在日同胞を自分の大切な家族と呼んだことに触れ、「組織内に主体の思想体系、領導(指導)体系をしっかり立て、基盤組織を強化していく」と誓った。

     また新世代に朝鮮総連の歴史と伝統を伝え、愛国・愛族のバトンを引き継がせるとした。また、北朝鮮の「強盛国家」建設と人民の生活向上に寄与し、統一運動と対外活動を一層自発的に行うとの決意を示した。(聯合ニュース)


    一方民団側は、
     韓在銀民団中央本部監察委員長は「いま、朝総連は脆弱化しているため、民団の役割は終わったという話をする人もいる。しかし、朝総連5、6万人のうち、正規軍2万5000人が組織武装して、韓国の分断と赤化統一を狙っている」と話した。そして、民団は現在でも日本国内において、朝総連・韓統連などから祖国韓国を守る防波堤になっていると訴えた。


     「朝総連5、6万人のうち、正規軍2万5000人が組織武装して、韓国の分断と赤化統一を狙っている」 ふ~ん、在日韓国朝鮮人同士がけんかをするのはかまいませんが、こういう話が一方の当事者から出てくることには注目すべきですね。「在日韓国朝鮮人による武装蜂起」なんて、日本人の中では想像も尽きませんが、実際、こういう流れはあるのでしょう。 一方で「ウリたちは差別されている」という同情を買う芝居をやりながら、一方では「武装蜂起」の準備を着々と進める。なんか映画の中のお話のようですが、これは「今そこにある危機」であります。

    戦友会 ベトナム人講演会で「殺してしまえ!」 日本でもテロの危機?       民団情報「朝総連5、6万人のうち、正規軍2万5000人が組織武装」

  • 竹島を韓国が奪った理由


    保導連盟事件(1950)、李承晩が朝鮮人を反共名目で、親日朝鮮人や反共でない朝鮮人を多数殺害(少なくとも20万人あまり)し、それが国民にバレるのを恐れ、竹島を奪って反日政策として宣伝した。

    日本領の竹島を不法に占拠することで反共政策(保導連盟事件・4、3事件)を意識的に庶民の注目点を弱め、反日を強調することで注目点をぼやかすことで、反日政策が必要だった。これが 現在の竹島問題の出発点です。

    李承晩は、自分たちが殺した同じ朝鮮人の両親、祖父母や、親や、兄弟姉妹や、娘、息子、孫、親類縁者を、「国民」にしなければならなかった。

    だから「国民」に、「あなた方の家族や兄弟や親類や知り合いや、関係した人を殺したのは私だ」と言えなかった。

    そこで、当時、独立していなかった日本に目をつけ、竹島を侵略することで、反日をアピールし、「国民」の目をそらす計画をたてた。

    アメリカに竹島の譲渡を頼んだが、サンフランシスコ条約締結前に「韓国領土ではない」と言われ、断られた。

    李承晩は、サンフランシスコ条約発効前の日本独立寸前、李承晩ラインを引き、竹島を武力で侵略した。

    戦友会 ベトナム人講演会で「殺してしまえ!」 竹島を韓国が奪った理由    保導連盟事件(1950)、李承晩が朝鮮人を反共名目で、親日朝鮮人や反共

  • 韓国内の世論に手を焼いた日本政府と韓国政府は、


    「(強制連行でなく)強制性を認める」という妥協策で慰安婦騒動を切り抜けようとした。
    かくして産まれたのが河野談話である。しかし結果的に、日本側は韓国政府に裏切られて終わる。

    石原信雄元官房副長官は、後にこのように振り返っている。

    「われわれはあの(河野)談話によって、国家賠償の問題が出てくるとは全く想定していなかった。

    当然、当時の韓国側も、あの談話をもとに政府として要求するということはまったくありえなかった。

    (中略)
    慰安婦問題はすべて強制だとか、日本政府として強制したことを認めたとか、
    誇大に宣伝して使われるのはまことに苦々しくて仕方ない。

    もちろん、こういうものをいったん出すと悪用される危険はある。
    外交関係とはそういうものだから。だけど、あまりにもひどいと思う

    朝日新聞が「知らんぷり」する伝説の歪曲スクープ

    この資料は実際には「陸支密大日記」に閉じ込まれていた「軍慰安所従業婦等募集に関する件」(昭和13年3月4日、陸軍省兵務局兵務課起案、北支・那方面軍及び中支・那派遣軍参謀長宛)というもので、

    内容は「内地にて民間業者が誘拐まがいの方法で慰安婦を募集することの疑いで官警の取調べを受けたり、みだりに軍の名を使って慰安婦募集をする民間業者がいるので、
    そういうことのないよう軍と地元官警でしっかり管理するように」というものであった。

    この資料が示す「関与」とは、朝日新聞が報道するような「関与」とは全く意味合いが違うものであった。

    「悪質な業者が不統制に募集し「強制連行」しないよう軍が関与していたことを示しているもので「良い関与」である」(高橋史朗『新しい日本の歴史が始まる』)等と批判された。

    従軍慰安婦問題(衆議院予算委員会)

    戦友会 ベトナム人講演会で「殺してしまえ!」 韓国内の世論に手を焼いた日本政府と韓国政府は、   「(強制連行でなく)強制性を認める」という妥協策

  • 巨大ブーメラン
    韓国がベトナムに謝罪しているフリをして、日本に賠償・謝罪を求めようとして自滅
    ベトナムの被害者側に「殺してしまえ」とは自滅どころではないく、世界が韓国人を見放した

並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!