ここから本文です
  • ◇ 国連人権委: 秘密保護法、対象あいまい→ 人権侵害を指摘、2014

      ・ 秘密対象あいまい= 「国連自由権規約」に違反

        国連自由権規約= 市民的、政治的権利に関する国際規約

     ・ 国連自由権規約19条= 情報アクセス権、まず公開を前提とすべし。
       この権利を法律で制限する場合、制限理由は明確、狭く定義されるべき。
       公開による損害と、公開による公共の利益は、独立機関で比較されるべき。

    ・ 国連自由権規約(国際条約) > 秘密保護法(法律)より上位。 

      条約に反する国内法は、改定、廃止の義務がある。
     (ピレイ国連高等弁務官、  藤田早苗、国際人権法)

    ◇ 国連自由権規約意・・人権擁護活動、報道の危機→ 廃止義務も

  • <<
  • 27 6
  • >>
  • ◇ 秘密保護法= 記者を一人拘束→政権批判封じ (半藤一利、昭和史)

      (半藤一利、昭和史、要旨、時事ドットコム)

     ・ 特定秘密保護法= これで言論の自由に対する縛りを握った。

     ・ 解釈改憲= 憲法9条が完全に空洞化されることになる。

     
      軍国主義へとひた走った昭和の時代でも、「軍機保護法」という法律で、権力者は
     まずメディアを抑え、国民が自由に発言できなくなる方向に持っていった。

      安倍政権は、なにもメディアを弾圧しようなどとは思っていない。 
      秘密保護法を厳しく適用するという脅しをかける。
     あるいは、たった1人の記者を不当な取材という法律違反で引っ掛ける。 

      それだけで昭和でもそうだったように、メディアは自制し萎縮してしまう。
     それが権力者が望んでいること。戦前と同じ構図です。

      私たちは油断しすぎたかも知れない。

  • ◇ 秘密保護法= 記者を一人拘束→政権批判封じ

       (半藤一利、昭和史、要旨、時事ドットコム)

     ・ 特定秘密保護法= これで言論の自由に対する縛りを握った。

     ・ 解釈改憲= 憲法9条が完全に空洞化されることになる。

     
      軍国主義へとひた走った昭和の時代でも、「軍機保護法」という法律で、
     権力者はまずメディアを抑え、国民が自由に発言できなくなる方向に持っていった。

      安倍政権は、なにもメディアを弾圧しようなどとは思っていない。 
     秘密保護法を厳しく適用するという脅しをかける。
     あるいは、たった1人の記者を不当な取材という法律違反で引っ掛ける。 

      それだけで昭和でもそうだったように、メディアは自制し萎縮してしまう。
     それが権力者が望んでいること。戦前と同じ構図です。

      私たちは油断しすぎたかも知れない。

  • ◇ 秘密保護法= 記者を一人拘束→政権批判封じ (半藤一利、昭和史)

      (半藤一利、昭和史、要旨、時事ドットコム)

     ・ 特定秘密保護法= これで言論の自由に対する縛りを握った。

     ・ 解釈改憲= 憲法9条が完全に空洞化されることになる。

     
      軍国主義へとひた走った昭和の時代でも、「軍機保護法」という法律で、権力者は
     まずメディアを抑え、国民が自由に発言できなくなる方向に持っていった。

      安倍政権は、なにもメディアを弾圧しようなどとは思っていない。 
     秘密保護法を厳しく適用するという脅しをかける。
     あるいは、たった1人の記者を不当な取材という法律違反で引っ掛ける。 

      それだけで昭和でもそうだったように、メディアは自制し萎縮してしまう。
     それが権力者が望んでいること。戦前と同じ構図です。

      私たちは油断しすぎたかも知れない。

  • ◇ 秘密保護法= 記者を一人拘束→政権批判封じ (半藤一利、昭和史)

      (半藤一利、昭和史、要旨、時事ドットコム)

     ・ 特定秘密保護法= これで言論の自由に対する縛りを握った。

     ・ 解釈改憲= 憲法9条が完全に空洞化されることになる。

     
      軍国主義へとひた走った昭和の時代でも、「軍機保護法」という法律で、権力者は
     まずメディアを抑え、国民が自由に発言できなくなる方向に持っていった。

      安倍政権は、なにもメディアを弾圧しようなどとは思っていない。 
     秘密保護法を厳しく適用するという脅しをかける。
     あるいは、たった1人の記者を不当な取材という法律違反で引っ掛ける。 

      それだけで昭和でもそうだったように、メディアは自制し萎縮してしまう。
     それが権力者が望んでいること。戦前と同じ構図です。

      私たちは油断しすぎたかも知れない。

  • ◇ 特定秘密保護法= 憲法の基本理念、国民主権を土台から壊す

        (2013年秋、 本秀紀さん、憲法学)  
     
     (危険な内容)

     〇 政府による 恣意的な 秘密指定

        防衛、外交、テロ防止など、重大な情報が国民の目から隠される。

       権力をもつ人間が、秘密情報を自由に決め、 都合のよいように
       世の中を動かす。   (民主国家から独裁国家へ。)

     〇 憲法の保障する 基本的人権を侵害
       言論の自由や、報道に自由が制限され、国民の知る権利が侵害される。

      秘密を扱う公務員、民間人は、適正評価として、犯罪歴、病歴、
      経済状態などを調査さされ、 プライバシーの侵害となる。

     〇 憲法のもつ 平和主義を侵害
       平和主義を宣言しているから、 軍事や防衛の情報は、国民が
       厳しくチェックする必要がある。 しかし、政府の都合よく秘密にされる。

     〇  政権は、法案が広く知られたら、反対が広がると恐れ、
        強硬採決を急いだ。

         日本の将来に禍根を残す危険な法律。

  • 読売新聞 1月28日(水)11時55分配信

    警察庁科学警察研究所が「(脅迫動画・静止画像について)合成や加工した形跡はない」と判断したことが28日わかった。

    上記は、ヤフー1面のリンクからである。

    動画・静止画像が合成ではないとすると、推察されうる事柄が少し限定されてくる。

    「二人の映像が配信された時点で湯川さんが、すでに殺害されていて、その事実を知り得た政府がそれを秘密にしていた」という推論が排除されるということになる。

    どうして、ただ単にこれだけのことが今頃になって発表されるのか、事実を隠してたり、曲げたりはないのだろうか、どうも「特定秘密保護法」の影がちらつき納得しがたい。

  • ◇ 秘密保護法= 記者を一人拘束→政権批判封じ (半藤一利、昭和史)

      (半藤一利、昭和史、要旨、時事ドットコム)

     ・ 特定秘密保護法= これで言論の自由に対する縛りを握った。

     ・ 解釈改憲= 憲法9条が完全に空洞化されることになる。

     
      軍国主義へとひた走った昭和の時代でも、「軍機保護法」という法律で、権力者は
     まずメディアを抑え、国民が自由に発言できなくなる方向に持っていった。

      安倍政権は、なにもメディアを弾圧しようなどとは思っていない。 
     秘密保護法を厳しく適用するという脅しをかける。
     あるいは、たった1人の記者を不当な取材という法律違反で引っ掛ける。 

      それだけで昭和でもそうだったように、メディアは自制し萎縮してしまう。
     それが権力者が望んでいること。戦前と同じ構図です。

     私たちは油断しすぎたかも知れない。

  • ◇ 秘密保護法= 記者を一人拘束→政権批判封じ (半藤一利、昭和史)

      (半藤一利、昭和史、要旨、時事ドットコム)

     ・ 特定秘密保護法= これで言論の自由に対する縛りを握った。

     ・ 解釈改憲= 憲法9条が完全に空洞化されることになる。

     
      軍国主義へとひた走った昭和の時代でも、「軍機保護法」という法律で、権力者は
      まずメディアを抑え、国民が自由に発言できなくなる方向に持っていった。

      安倍政権は、なにもメディアを弾圧しようなどとは思っていない。 
      秘密保護法を厳しく適用するという脅しをかける。
     あるいは、たった1人の記者を不当な取材という法律違反で引っ掛ける。 

      それだけで昭和でもそうだったように、メディアは自制し萎縮してしまう。
     それが権力者が望んでいること。戦前と同じ構図です。

      私たちは油断しすぎたかも知れない。

  • 自国民が疑心暗鬼になるのは運用する政府と官僚に対する不信感による。

    自国民に信頼されない政府がどうして国際的な信頼をえるだろうか。

  • ◇ 特定秘密保護法 ・・ 憲法の民主主義と自由 を破壊
       (水島 朝穂さん、 憲法学、 2014)
        
      ・ 憲法の「言論の自由」 の萎縮 → 社会に壊滅的効果

      (戦前) 軍機保護法=軍事機密を漏らした官民間人を拘束→萎縮、規制

      (秘密保護法) 秘密の内容も秘密→ 官民で、言論萎縮、自主規制

     ・ 警察 =戦前の内務省→  秘密 (内容?) を扱う官僚を監視  

     ・ 政府の特定秘密を、政府内でチェック= 立憲国家の否定

    ◇ 秘密保護法= 憲法の言論の自由を侵害 → 廃止へ

  • ◇ 秘密保護法・欠点=秘密対象の指標なし(米国元高官ハルペリン2014秋)

     ・ 秘密指定の乱用阻止のため、日本の市民、政府の双方に、政府の透明性高める
       多国間ネットワークへの参加を提案。

     ・ 重大な人権侵害、他国との安全保障協定、公約、武力行使、大量破壊兵器の入手などは、
       国民がどんな状況でも知る権利をもつ。  
       こういう情報は、秘密指定してはいけないと規定するよう、運用基準は改定されるべき。

     ・ 多国間ネットワーク= オープン・ガバメント・パートーナーシップOGP、
       米国、ブラジル、メキシコ、英国、インドネシア、フランスなど加入。 
       参加国の政府は、市民と協議、共通の問題を解決するための行動計画を
       策定する義務がある。   
       協議は、市民、政府側、同人数で行う。

     ・ 日本は、政府より先に、市民が、多国間ネットワークOGP に参加すべき。

     ・ 政府が参加した時、今の秘密保護法を見直し、国際基準に合った改正案を
       出せるよう、市民が促していくべき。

  • 対馬の海自基地内で韓国人死亡!


    泥棒?スパイ? 


    日本を敵視する国家からの入国は制限すべきでは? 







    韓国朝鮮人に狙われる対馬 今度は海上自衛隊基地に不法侵入!

    日本を敵視する教育をやっている特アからの入国者は制限すべき!

    外国人犯罪者と言うものは「自分は犯罪者です」という看板をぶら
    下げて日本にやってくるわけではありません。韓国人犯罪者の場合、
    たいていは「観光客」という看板を持って日本に入国してきます。 

    しかし、観光客と言う看板を持っていても犯罪者が混じっていると
    すれば、韓国人観光客自体を制限する必要もあると思うのですが・・・。 

    記事は「ロイター」です。日本の新聞社はどうしたのでしょうか?

    長崎県対馬市にある海上自衛隊下対馬警備所厳原分庁舎内で30日
    午前、男性の遺体が見つかった。関係者や県警への取材で分かった。

    数日前から行方不明になっている韓国人観光客の可能性があるという。
    県警は身元の確認を進めるとともに、死因や事件性の有無を慎重に調
    べている。

    対馬は韓国との国境に近く、海自は対馬海峡の監視業務に当たっている。
    男性の侵入目的は分かっていないが、重要拠点の部隊の施設内で起きた
    変死事案なだけに、警備上の問題がなかったか議論を呼びそうだ。

     現場は普段、隊員らが宿泊目的で使用する施設で、業務資料や重火器
    などの装備品は保管されていないという。


    海上自衛隊の庁舎内ですから、完全な不法侵入ですね。海上自衛隊の警
    備隊が討ち取ったのならともかく、おそらく賊は侵入中に落下してしたか、
    防犯用の高圧電線にでも触れて感電死したのでしょう。 常識的には、
    機密書類を狙っての侵入でしょうが、もちろん、防衛省はそんなことは認
    めないとは思います。 一方、韓国では「善良な韓国人が日本軍に殺され
    たニダ。謝罪と賠償を要求するニダ!」と大騒ぎするのに1000万ウォン!

    国連人権委:秘密保護法、対象あいまい→人権侵害を指摘、2014 対馬の海自基地内で韓国人死亡!     泥棒?スパイ?      日本を敵視する国家からの入国は制限

  • ◇ 秘密保護法・欠点=秘密対象の指標なし(米国元高官ハルペリン2014秋)

     ・ 秘密指定の乱用阻止のため、日本の市民、政府の双方に、政府の透明性高める
       多国間ネットワークへの参加を提案。

     ・ 重大な人権侵害、他国との安全保障協定、公約、武力行使、大量破壊兵器の入手などは、
       国民がどんな状況でも知る権利をもつ。  
       こういう情報は、秘密指定してはいけないと規定するよう、運用基準の改定を。

     ・ 多国間ネットワーク= オープン・ガバメント・パートーナーシップOGP、
       米国、ブラジル、メキシコ、英国、インドネシア、フランスなど加入。 
       参加国の政府は、市民と協議、共通の問題を解決するための行動計画を
       策定する義務がある。   
       協議は、市民、政府側、同人数で行う。

     ・ 日本は、政府より先に、市民が、多国間ネットワークOGP に参加すべき。

     ・ 政府が参加した時、今の秘密保護法を見直し、国際基準に合った改正案を
       出せるよう、市民が促していくべき。

  • ○ 秘密保護法← 民主国家・失格 (米国元高官、NSCメンバー、ハルベリン) 

    (2014年5月、 米国元高官、米国家安保会議メンバー、政治学者ハルベリン、
     日本の国会で講演、 要旨)
        
    ・ 秘密守る法律がないことで、アメリカ政府は日本との協議、
      情報共有を否定したことはない。 

    ・ 秘密保護法・欠点 (民主社会を否定) 。 
    (1)民間人に刑事罰をかける。
    (2)政府の不正を秘密にできる、
    (3)内部告発者の保護がない、 など。
      
     ・ 国家が秘密にする情報の明確化を求めた、安全保障と知る権利に
       関する国際ルール 「ツワネ原則」 を否定する 秘密保護法。

  • ◇ 秘密保護法= 記者を一人拘束→政権批判封じ (半藤一利、昭和史)

      (半藤一利、昭和史、要旨、時事ドットコム)

     ・ 特定秘密保護法= これで言論の自由に対する縛りを握った。

     ・ 解釈改憲= 憲法9条が完全に空洞化されることになる。

     
      軍国主義へとひた走った昭和の時代でも、「軍機保護法」という法律で、権力者は
     まずメディアを抑え、国民が自由に発言できなくなる方向に持っていった。

      安倍政権は、なにもメディアを弾圧しようなどとは思っていない。 
      秘密保護法を厳しく適用するという脅しをかける。
     あるいは、たった1人の記者を不当な取材という法律違反で引っ掛ける。 

      それだけで昭和でもそうだったように、メディアは自制し萎縮してしまう。
     それが権力者が望んでいること。戦前と同じ構図です。

      私たちは油断しすぎたかも知れない。

  • ◇ 秘密保護法= 記者を一人拘束→政権批判封じ (半藤一利、昭和史)

      (半藤一利、昭和史、要旨、時事ドットコム)

    ・ 特定秘密保護法= これで言論の自由に対する縛りを握った。

    ・ 解釈改憲= 憲法9条が完全に空洞化されることになる。

     
     軍国主義へとひた走った昭和の時代でも、「軍機保護法」という法律で、権力者は
    まずメディアを抑え、国民が自由に発言できなくなる方向に持っていった。

     安倍政権は、なにもメディアを弾圧しようなどとは思っていない。 
    秘密保護法を厳しく適用するという脅しをかける。
    あるいは、たった1人の記者を不当な取材という法律違反で引っ掛ける。 

     それだけで昭和でもそうだったように、メディアは自制し萎縮してしまう。
    それが権力者が望んでいること。戦前と同じ構図です。

    私たちは油断しすぎたかも知れない。

  • ・ 秘密対象あいまい= 「国連自由権規約」に違反

        国連自由権規約= 市民的、政治的権利に関する国際規約


    ・ 国連自由権規約(国際条約) > 秘密保護法(法律)より上位。 

      条約に反する国内法は、改定、廃止の義務がある。
     
      (ピレイ国連高等弁務官、  藤田早苗、国際人権法)

  • ・ 秘密対象あいまい= 「国連自由権規約」に違反

        国連自由権規約= 市民的、政治的権利に関する国際規約


    ・ 国連自由権規約(国際条約) > 秘密保護法(法律)より上位。 

      条約に反する国内法は、改定、廃止の義務がある。
     (ピレイ国連高等弁務官、  藤田早苗、国際人権法)

  • ◇ 秘密保護法・欠点=秘密対象の指標なし(米国元高官ハルペリン2014秋)

     ・ 秘密指定の乱用阻止のため、日本の市民、政府の双方に、政府の透明性高める多国間ネット    ワークへの参加を提案。

     ・ 重大な人権侵害、他国との安全保障協定、公約、武力行使、大量破壊兵器の入手などは、
       国民がどんな状況でも知る権利をもつ。  
       こういう情報は、秘密指定してはいけないと規定するよう、運用基準の改定を。

     ・ 多国間ネットワーク= オープン・ガバメント・パートーナーシップOGP、
       米国、ブラジル、メキシコ、英国、インドネシア、フランスなど加入。 
       参加国の政府は、市民と協議、共通の問題を解決するための行動計画を
       策定する義務がある。   
       協議は、市民、政府側、同人数で行う。

     ・ 日本は、政府より先に、市民が、多国間ネットワークOGP に参加すべき。

     ・ 政府が参加した時、今の秘密保護法を見直し、国際基準に合った改正案を
       出せるよう、市民が促していくべき。

  • <<
  • 27 6
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン