ここから本文です
  • <<
  • 18 1
  • >>
  • 18(最新)

    ミネ 7月11日 19:52

    国民の2/3は原発に反対。しかし電力会社や2千名ばかりの関連公務員をいじめることで永田町は甚大なデメリットを覚悟しなければならなくなる。日本環境や国民のデメリットには目を瞑り 議員の損得勘定でトイレの無いマンション原発は継続される

  • 「政治家だけ甘い汁、役所を無視するのは不公平」しかし本当のところ国民は「行革など もつとやることがあるはず」

    政治不信、行政不信は加速するばかり

  • >>15

    死に体もんじゅは無駄に生き続ける

    原発政策は燃料がリサイクルでき、永遠にエネルギーを得続けられるというのが我が国の原発路線継続の理由。サイクルの環には「もんじゅ」がある。しかし25年以上、1兆円をかけても全く見通しが立たない。もしも「もんじゅ廃止」となれば、原発路線そのものが存立の基盤がなくなる。このため国は「もんじゅ廃止」ができない。

    もんじゅのランニングコスト は一日なんと5000万円。危険な液体ナトリュ-ムを循環し続けなければならない。
    「治るメドが付かないが、死なれると年金が止まるので・・・・」などと困惑されている方もいるとか・・・
    言ってみれば もんじゅ は原発路線を維持するため 「延命された患者」と同じ。
    国殊に、千数百名もの関係役人・学者・関係法人 にとり 原発路線そして「もんじゅ」は偏った情報を流し続けても維持しなければならない

    この不条理に多くの議員がきずいているが、発言はしない
    国財政や環境の正義よりも、次期に己が当選することのほうが遥かに大事なこと

    かくて、原発サイクルは「回っている」こととされ、「行き場のない廃棄物」など存在しないとされている
    実に代議制民主主義は国や国民や、環境のために存在するものではないことは明白、
    スイスのように「真に環境や国を考え得るのは国民のみ」という政治制度が必要だ
    、中間的には参政員制度が・・

  • >>1

    個人が強い権力を持つのは危険

    米大統領選挙の共和党予備選にドナルド・トランプ氏が急浮上、共和党候補の指名を獲得しそうだ。

    彼は、先日「イスラム教徒の米入国を全面禁止」「私は大統領選で勝ち、偉大な米国をつくる」。同時テロの時、「アラブ人が多く住むニュウジャージー州では世界貿易センターが倒壊するときに数千人が喝采を送っていた」と憎悪をあおった発言をしている。

    彼がもしもこのような考えで大統領になり、政治を主導すれば、米国は混乱し、勿論世界も乱れるだろう。

    大統領個人の価値観は、善悪はともかく 彼の経験の結晶だ、大多数を納得させ、幸福に導く責任ある立場であるから
    彼は「こうした大きなテーマについては国民投票にかける」というのが正解とおもわれる。ネット時代は政治も変える必要が・・・

  • 知事市長選挙では、今の政治からは何も期待できないと「改革を期待」する人々の意思が勝利しました。
    現維新はニセ維新だとして、大阪維新の会が出来ましたが、以前のように「他党と提携」など模索せず、教条的に見えても、船中八策のみちを進んでいただきたいものです、

    少子化社外を解決する切り札として、出産者に1000万円を支給するというアイデアが議論になつています。その人から上がる生涯税は1000万円をかなり上回るのでーーというのも理由の一つです。
    以下はそのアンケートです
      <script type="text/javascript" charset="euc-jp" src="http://blog.with2.net/vote/form/?id=156179&sid=1797833"></script>

  • 2015-11-24 12:21:31 New [返信] [編集]
    i票の格差2.13倍は違憲か否かの判決が明日大法廷で言い渡されます。
    都市市民の常識としては、主権の価値が半分では満足できないでしょう。
    しかし辺境に予算が行かず荒れ果て、住みにくい状態になれば人口の都市集中が止まりません。
    過密は健康的に生活する基本的条件を損なうのです

    ドイツでは家畜、樹木さえ評価されるようで、過疎化に一定の歯止めになっているとのこと、
    しかし国政の重要テーマで国民投票か参政員制度があれば、(そのテーマに限り)議員の意思が薄く扱われるため「法の下の不平等感」はかなり薄まるはずです。

    選挙制度のみで、議員に立法の特権を付与することでは不平等感解消はできないでしょう。

  • 死者128名も出したパリ同時テロ
    「先進国に抑圧されている」という被害者意識そしてフランスがイスラム国に参戦してきたこと、それが過激な宗教と結びついて常識を越えた事件に・・・
    窮鼠猫を噛むというように 追いつめられれば死を覚悟し、自爆してでもという行為になります。
    戦国時代の城攻めでは味方の犠牲を少なくするため必ず「落ち口」を作っていたとも・・

    我が国も「為政者に抑圧されている」という被害者意識が昂じる事がないようできるだけ較差の
    少ない社会をつくるべきでしょう
    そのためには、実質的に政治を動かしている霞が関が、世間的な苦労もなく学業成績のみに特訓されてきた人々で殆どを占めている今の人事制度は大いに欠陥があります。
    そのような人々によって人事制度が改善されたのなら それは全く有効ではないでしょう。
    ボランティア活動や青年海外協力隊などの履歴が大きな評価につながることも重要でしょう。
    さらに、お隣に「窮鼠」に近い状態の国があります。
    北風政策のみではなく、農業技術の指導、医療技術者の養成ほか人道的なことは大いに検討すべきかも
    ーーーーそれは「窮鼠」の暴発を抑え、我が国の安全に大いに寄与することと思われます。議会ではそのようなことを議論すべきで先日来のように井戸端会議以下のプライバシー議論は別途「xx委員会」を設け、そちらですべきです。

  • 【或るサイトでの議論です >日…】
    或るサイトでの議論です
    >日本国の憲法に保障されているのは役人の生活だけであって、極端な話が貧乏人は麦
    >食えと言う観念から抜け出せ無い様です。現在の阿部も庶民は為政者に従えという観
    >念が染み渡っているようです。

    科挙が学業のみで人選し、ついに国が滅びました。日本も、同じ道を辿っています。
    そもそもエリート達が良いと考える政治の基本は「官主主義」です。
    20年ばかり前、運輸省で、ロビーで書類を仕分けしていたときに、書類を持った官僚が
    スタスタと通りすぎ、「お前ら、この辺を汚すなよ」。我々は唖然としたものです。
    知力のみで常識がない彼らに何が分かるのでしょうか。もんじゅ、原発、ヤンバダム他
    無数のプロジェクトにおいて、恣意的な数字をもてあそび、結果としてますます霞が関
    が堅城になり、二極化が進展したのです。彼らにとって阿部首相はまさに「いい子」です
    先日 彼らは、首相の人気を維持しておきたいので首相に「5000円」バラマキ提案をしました
    まさに国民をバカと見ているのです。

    >実行を伴わない阿部の美辞麗句には聞き飽きましたのは私だけで無いでしょう。

    「異次元の緩和」も「三本の矢」も「一億総・・」も失敗すると思います
    しかし知術の賊徒たちは次々に思いつきのプロジェクトをします
    底辺は絞り、官は豊かに---まさに「搾取」ですね

    >現実の状態を直視した実現性のある政策の実行をやる人の出て来る事が望ましいと思います。
    >あくまで国民主権で官僚は国民の僕であるべきでしょう。
    >役人、政治家の収入を減らせ。税金は国民の為に優先的に使え

    これまでの制度は学業と権謀術数を勝利してきて、「俺ほど優れたものはいない、俺の考えは正しい」と思い上がった人々のみが出てくるのでしょう。すばらしい人物の登場をお考えですが、改革の夢を持って入省しても一年もすれば、郷に従うことになります
    そして殆どは失敗でした、ほとんどの指数は日本が世界の28-30位にあることを示しています。
    (ただし彼ら為政者自身にとっては堅城に入ったのでまさに成功)
    国民の大多数が幸福感を得るにはスイスのように庶民が重要テーマ毎に賛否できるーーこれしかないのではないでしょうか

  • 2015/10/15 日経 29面に重要な指摘が

    約2500字にわたる学習院大学野中尚人教授の論文を要約します
    代表民主主義が機能しない状況

    「安保法制をめぐって大荒れとなった・・・中略・・今回の紛糾は日本政治の基層レベルでの変化と動揺を示すものであり・・中略・・・・国民の多数派が納得しない中で強行したことは大きな禍根を残す恐れがある。
    ・・何といっても国会の中での審議のあり方が、多くの国民に失望感を与えたのではないか。
    ・・中略・・・・国会自身の仕組みに起因する部分が重大だ。・・・・・・中略・・・・議員間討論の低調さ、それは委員会審査でも変わらない。討論とは議員の発言のあとに別の議員が発言・・・質疑とは、議員の発言に続いて大臣、政府参考人、特別補佐人が発言したパターン。それぞれの議事録から算出した、衆議院での議員間討論が極端に少ないことが明らかで・・・・・・・・・・行われるべき法案の逐条審議が全く行われず、修正案とそれをめぐる議員間討論がほぼ完全に欠落している。・・・・・
    ・・・・・・・ここまで

    添付の図では日英仏の議会委員会の討論比率の例を載せている。英国・公法案委員会37.4% 仏・国防委員会25.7% 仏・文化委員会51.2% なんと日本は 常任委員会0.2% まさに比較できないほどの違いがあります。委員会の所要時間も同じように日本のそれは他国に比べて極端に少ないのです。多くの委員会は形式的、また短時間終了、そして族議員が発言する、殆どの委員(所属議員)は発言せず席を温めているだけです。結論は党上層で決まっているので殆どの議員は票決要員に過ぎないと言ってもいいでしょう。参政員制度では 公論期間、重要テーマはあらゆるメディアで賛否議論を報道して後、参政員の価値観を票決に参加、(参政員の10万票は議員の一票と同等に扱われる)。
    参院の「日本を元気にする会」も似ています。
    https://www.facebook.com/nippongenkikai


  •   15.10.11の日経二面「風見鶏」では、国会周辺に12万人に及んだデモなど隘路に陥った民主主義の不条理に関して千字ばかりの記事を掲載。一部転載します「安保法を成立させた院内と、反対論が強い院外のズレ
    、選挙で代表を送ることで民意を国政に反映させる議会制民主主義はこのズレが生まれる。だからといつて直接民主主義は現実には難しく大衆迎合主義に陥るリスクをはらむ。駒沢大の山崎望准教授(政治学)は「代議制だけでも、直接制だけでも難しい、政治家が国会の外の声を聞きとる回路つくりが問われている」
    ーーーー以上転載おわり
    議員の意思が最低でも50%参加する参政員制度こそが正解なのです

    代議員というものは献金と霞が関に遠慮しなくては生きていけません
    どうしても民意とズレて来るのです

  • 【一兆円よりも霞ヶ関役人のメンツが大切という価値観のために】
    霞ヶ浦では費用対効果に無関係に 1兆円という大変な無駄使い計画が進められています
    http://www.jichiro.gr.jp/jichiken_kako/report/rep_gunma30/jichiken/5/01.htm

    なぜこうなるのか
    霞ヶ関役人は数十年前の計画そのものが「間違いであった」と指摘されることがつらい
    さらには この大計画が実現すれば 数十の天下り組織ができることーーーー
    この二つの理由により 住民の考えを聞く全てのアクションは「はじめに結論ありき」で、
    強引に進められるだろう
    政治家は 絶対的に「役人に遠慮せざるを得ない」のと、ゼネコンからキックバックが頂けるので当然に大賛成
    かくして 世界一の借金国はさらに・・・・

    スイスのように重要なテーマ毎に国民の考えを最終的要件とするか 参政員制度でなければ・・

  • >>5

    アメリカも中国も、外国を怖れる必要が無いのは良いけどね。
    でも、アメリカは一般市民が怖いし、中国は自国の軍隊や警察が怖いので嫌です。

  • >>3

    アメリカの自治州になるとかどう?中国好きの人と半分にするとかでもいいよ。

  • 極めて有能で善良な一人が全てを決めてくれれば、それに越したことは無いのだが。
    大抵はそれほど有能でもなく、しかも悪人だ。
    みんなで投票して決めようといっても、大半は関心が無いか知識が無い。
    ならば関心も知識もある一部の人達に決めてもらえばいいわけだが。
    そんな人達に限って多くが無能か悪人だ。
    さあどれを選ぶ?と言ったところですね。

  • >>1

    【Re: 代議員政治は「議員主権」。50年後も政治不信が】
    裁判員制度と同じように、議員も無作為抽出で国民から選べばいいと思います。
    官僚が優秀なら誰がやっても同じでしょう。

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン