ここから本文です
  • <<
  • 36 12
  • >>
  • 36(最新)

    ミネ 10月28日 18:14

    政治・行政は民間の構造改革努力に関心を

    みずほFGが6万人の従業員を26年度までに1万9千人分の業務削減を検討しています

    RPAと呼ぶシステムで100業務を人からロボットに移す・・・・さらに大胆な再編を検討する可能性もあるとのこと・・・・

    人エ知能の発達は急速で、アルファ碁が世界のトップ棋士に三連勝したのはつい先日です。
    ところが アルファ碁に100連勝した人工知能が現れたそうです。

    過去の棋譜を検討せず、全くあたらしい視点から設計され対戦したとのこと・・・

    このように技術の進歩は驚くべきものです

    ところが政治のシステムや行政が全く進歩の埒外にあるように見えるのはどうしたことでしょう

    彼らが自らの利益のために法や条例を作り、お手盛りし、改革を否定し 別世界に安住しているように見えてなりません

    その一例が 政治に新風が入らないようにと世界に比類するものがない高額の立候補供託金です
    これを指弾する野党がないのも驚きます

    余程 別世界が居心地がいいのでしょう

  • 日経 H29.10.23 より
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ベルリン発
    チェコの下院選挙はバビシュが率いるポピュリズム政党ANOが30%近い得票で勝利。
    日系のトミオ・オカムラの「自由と直接民主主義」も10%超の得票で議席を得た。
    連立協議し、バビシュ氏が首相の最有力候補に―――――――以下略
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    日経 10.23 夕   3面
    八代昭和女子大特命教授
    中略ーーーー台風による悪天候で投票率が下がった。
    インターネット投票を検討すべきだ。IT時代に紙に記入し投票する仕組みは合理的ではない。
    技術的な問題はない。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    上のニュースは参政員制度にとって極めて重要です。セキュリティほか 実施で起きる各種の問題を解決していくことになるでしょう、勿論多数の議案に多くの国民が取り組むなどはキャパシティーの問題があって不可能、したがって参政員制度かスイスのようなシステムにならざるを得ないはずです。

    下のニュースは代議制度です もう少し踏み込んでほしいものです
    しかし何れは 議案議決に参加したいとなるでしょう

  • 元官僚の古賀茂明氏は以下のように
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    日本の経済規模は、世界3位だが、つい何年か前に中国に追い越されたと思っていたら、今や日本のGDPは中国の44%(2016年)。半分にも満たない。一人当たりGDPで見てもなんと世界22位(16年)。
    ―――――――――――中略ーーーーーーーーー
    。日本の教育レベルは世界一なんて思っている人も多いようだが、日本の大学の世界ランキングは下がる一方。今や世界での順位は問題外。アジアだけに限定すれば、やっとベスト10に名前が見えるという状況だ。それでも、東大がやっと7位。ベスト20位までにはこのほかに京大が入るだけだ。日本より上位には、シンガポール、中国、香港の大学がずらりと並ぶ。韓国も日本より数多くの大学をランクインさせている。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    原発にしても議員が役人に遠慮して、さらに役人は電力会社に天下りしたいがために、企業の機嫌を損ねないようにと配慮する結果ではーー

    さて、古賀氏は「今回の選挙、肝心要のところがスルーされている」と。
    即ち 北 の対応で 是非不明ながら どこまでも米国追従なのか、否か、さらには どのような手段があのかーーなどの民意、
    このままでは 「どこまでも米国に追随するーーというのが民意だ」と安倍さんは言うでしょう。

    消費税についてもしかり・・・・・・・・・

    選挙は相変わらず雰囲気で選ぼうとしている、小泉氏の周りを見ているとスターのように群がる・・
    代議政治は 肝心のところはスルーし、国民を愚のままに置いておくべし  という底意があるのかもしれませんー

    技術のレベルを示す一つの指数は特許の申請数ですが 中國 米国などに はるかに水を開けられて到底足元にも及ばない現状  何かうすら寒さを感じます

    古賀氏も日本の将来について大変な危機感をお持ちです

  • 政治家は 「日本は我々政治家の御蔭で素晴らしい国なのだ」 と言っていように思えます

    http://toyokeizai.net/articles/-/164020
    上のサイトをご覧下さい 世界の快適な国は デンマーク、アイルランド、スイスの順、
    日本は なんと 51位   

    二極化が固定化し、3割ばかりの人の暮らし向きは大変なのです
    しかし政治家は 役所が持ってくる数字を信じていますから なぜ消費が上向きにならないのか
    と首をかしげているのです

    政治家は「治安がいいのは政治の成果ではないか」といいますが それは勤勉、手先の器用さ、ほか農耕民族的資質によるもので、政治とはそれほどには関係がありません

  • 小池さんは「排除」は言い過ぎたと思われ封印されるようです

    しかし全ての議員、官僚には偏った優越感があって政治を恣意的に進めているのではと勘繰りたくなります
    昔 運輸省の玄関で書類の仕分けをしているときに書類を抱えた官僚が通りかかり「お前ら ここを綺麗にしておけよっ」と言ってスタスタ  その常識のない物言いに我々は 空いた口が塞がりませんでした

     
    政府は「なにもなかった日本をここまでにしたのは為政者の業績」と誇ります
    しかしここ30年 1.5倍の成長で世界でも珍しい低成長、諸外国は「日本病」と呼んでいるとか・・・
    ちなみに  韓国はその10倍

    一人当たりのGDP は27位   一人当たりの輸出額は 44位   総生産は  11位

    しかも比類のない世界一の巨大な借金   少子高齢化で返すメドは全く立ちません
    高齢者、農漁村、商店主なども含めた国民の平均所得は年間200万未満

    法、条例が 国民の2-3倍の所得の人々で決められていく(NHKは1300万とか)のです。

    某県の公務員は「我々が高給なので その消費で 地方経済が回っている」と述べています。
    しかし「公平な社会」には程遠いのは明らか
    政治の決定に二極化の勝ち組が握っていると言えば言い過ぎでしょうか
    「選挙があるではないか」  しかし選良が真の改革・行革を進めようとすれば 必ず行政から足元を救われます  そして次期の当選が危うくなるのです

    全ては「代議制度の欠陥」ではないでしょうか
    5-6の政治テーマがあるとして 一票でどのように意思が表現できるでしょう
    「そんなに言うなら立候補すれば」   しかし比類のできない壁があります。供託金は多くの国が無料か極めて低額、ここに為政者の「国民は無能力、議員に一任しておけばいい」という意識がひそんでいるように感じます
    スイスは今年 「全ての所帯に生活費を支給する」など国民にとって甘ーい議案を2-3提出しました
    国民は全て否定する意思表示をしています。国民に責任を持たせることは 国民を賢くすることになります
    国民は「我々の子孫にどう影響すのか」を考えます。このため健全な国になります

    代議政治は多くの場合「任期中のみに責任を持つ」「企業・役所の利権が侵されないか」を考えます。
    その典型が原発政策です 廃棄物は置き場がないのです
    選挙で改革を進めるための 一つは 頻回の国民投票 を主張する立候補者を探すことがあります
    しかし中々おられないようで・・・・また当選したとしても議会議決で可決されるかどうかも

  • 「幸福の党」は数個の党是を信奉できない人は排除するとのこと・
    これでは 政治テーマが増えると必ず 排除の論理が出てくるでしょう
    政治選択が正解か失敗かは誰にも分かりません
    自由意思を集め 多いところを是とするよりありません
    本来の デモクラシーとは 己の倫理道徳観なとも含めて 政策ごとに自由に表現できなければなりません
    幸福の党は「同じ政治テーマごとに集まる政治システム」

    即ち米国を習った制度も提唱すべきなのかも知れません
    (もちろん政党補助金制度は問題です)

  • >>28

    しがらみのない政治

    小池さんはカケ・モリ問題の根をしがらみと思われているようです
    さて、今回 小沢氏が 希望丸に乗り込みたいような動き・・・

    小池さんは小沢氏とはまさにしがらみがある
    ここで小沢氏の乗船を許せば 彼女のアピール「しがらみのない政治」は失効してしまう
    さて小池さん どうする

    橋下氏が石原氏と提携した後、支持率が漸減したことを想起
    小池さん 清新感を損なわない人選ができるでしょうか

    選挙に入り 政治家が国家よりも自己保身を第一にするのを確認できる時期に突入しました
    下手なドラマより面白いですよ

  • 阿部さん

    仕事人内閣といわれ まだ何の仕事もしないのに たったの二カ月で解散

    多くの汗と金もかかっている議案の全ては流れて 元の木阿弥

    トップの常識・価値観・損得で解散する。    何回選挙を続けても 良くはならないでしょう

    大きな政治テーマが5つあれば 何通りの組み合わせができますか 簡単です

    6つや7つの政党ではとうしようもありません

    国民は大きなテーマの2-3について賛同するから特定の政党を支持するーーという実態

    あとのテーマについては 支持した政党が「反対のアクション」をしたとしても一任している以上
    どうしようもありません

    代議政治は 明らかに人権侵害です。

    今回も 部局の廃止など 役所の痛みを避けるので 国の借金は増えます ギリシャの借金など可愛いものと・・・
    役所に頭が上がらない構造は全く変わりません

    三本の矢が奏功したという独りよがり
    多くの数字は 役所の恣意的数字に過ぎません

    その証明が 物価指数です(これさえ役所が恣意的数字を)
    二極化はさらに拍車をかけるでしょう
    選挙で良くなることは 何一つないと思われます
    さて
    小池氏は 原発廃止論者  これだけでもかなりの支持率を上げるでしょう

    その上に 三割の行革を打ち出せば 第一党になるかも知れません

    安倍さんの 大義のない解散は 藪蛇になるかも・・・・・

  • >>26

    国会では年間130ばかりの法案に関わりますが 国民は多忙ですから その全てに関わるわけにはまいりません
    重要で 関心のある上位7つくらいのテーマについて国民も参加して議決してはーーーというものです
    それ以外のテーマは従来とおり議員が仕事としてこなします
    国民が意思を表現するーー二重に政治意思を表現することは問題がありますから 参政員登録をした方のみが参加します
    その方は選挙権は一時的に離脱

    直接参政しない方は選挙で議員を決め、彼に一任しますーーこれまでと同じです

  • >>2

    善良な個人が権力を持つと 必ず金、色、名誉、趣味で近寄る人々が現れるもの
    そして善良な人を利用するでしょう
    しかも善良な人が継続して現れることはありえないのでは

    日本は教育も情報も進んでいますし 道徳倫理観も世界に見劣りすることはありません
    裁判員制度が行われる前に 国民に求刑に参加させるなど考えられない という衆愚論が随分なされました

    しかし大衆の価値観が政治に参加しなければ 官民の差はますます拡大するでしょう
    「親が公務員でなければ交際してはダメ」との価値観がかなり広がっているとのこと
    インドのカースト制度に似た 社会の二極化 これは社会不安につながります
    「役人に遠慮せざるを得ない議員という人種のみが法律・条令を作ってきた結果です」

  • >>2

    2007年6月のlog再掲です

    信じられないことですが、正義の体現者と理解される職業の方が晩節を汚しました 、朝鮮総連中央本部をめぐる詐欺事件で、逮捕された仲介役の元不動産会社社長が総連幹 部に対し、「購入代金の3%」などと、自身の報酬として1億500万円を要求、約4億8000 万円が提供され、元公安調査庁長官は、うち1億3000万円を受け取っていたとの事です、

    もし彼が立候補していたら当選もありえたでしょう。人を前職や、外見、弁舌で検証できると する「選挙制度」が、いかに危険な制度であるか、素晴らしい職歴と誠意の見える風貌と弁舌 、相当な退職金と年金があったはずの彼が信頼できないとすれば、我々はいったい誰を信じていいのでしょうか。間接政治の基盤は多分誤りなのかも知れません

    並存政治
    http://www2.osk.3web.ne.jp/~mine2/
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    2017.918追記

    首相は支持率が僅かに回復したことで 全く大義名分のない解散総選挙に走りだしました
    まさに自己利益のための政治です

    これまで多少の善功はありましたが これでは帳消しに・

    さて、善良な個人が権力を持つと 必ず金、色、名誉、趣味で近寄る人々が現れるもの
    そして善良な人を利用するでしょう
    しかも善良な人が継続して現れることはありえないのでは

    日本は教育も情報も進んでいますし 道徳倫理観も世界に見劣りすることはありません
    裁判員制度が行われる前に 国民に求刑に参加させるなど考えられない という衆愚論が随分なされました

    しかし大衆の価値観が政治に参加しなければ 官民の差はますます拡大するでしょう
    「親が公務員でなければ交際してはダメ」との価値観がかなり広がっているとのこと
    インドのカースト制度に似た 社会の二極化 これは社会不安につながります
    「役人に遠慮せざるを得ない議員という人種のみが法律・条令を作ってきた結果です」

  • こんな文がありました。--------------
    ホテルの朝食はバイキング形式。食堂に行ったら、大きな広 間の中央に色 々用意されていて、洋風のものもあれば和食もあって、肉もあ れば野菜もあ る。野菜! 私のうちは基本的に菜食よりの食卓でありまして 、だから私の 口も野菜に慣れているのですが、旅行に出るとどうしても野菜 の少ない動物 食よりのメニューが並ぶもんで、いつも欲求不満になります。

    肉は食べ疲れ るのです。脂が強いものになれば、食べるのが途中でしんどく なってくるの です。しまいには体調もくずれます。 バイキングのいいところはなんといっても自分で料理を選べる ところです。

    だから、思いっきり野菜過多の盛りつけをしてみました。いい 感じに海草の サラダなんてのがあって、一皿をサラダで山盛りにしてみます 。
    動物系の食べ物はスクランブルエッグだけという潔い割り切り で、もうとに かく野菜野菜野菜、そして芋と納豆と海苔とご飯。食後にはヨ ーグルトを食 べオレンジジュースを飲み、そしてコーヒーで締めます。
    -------------
    転載おわり

    勿論何を言わんとしているかはお分かりかと思います日本旅館では料理の選択はできません。一括一任です。
    フランス料理では物足りないが中華料理店ではしつこ過ぎるな どと考える向 きもおられるでしょう、すべての人々に満足頂けるもの・・・ ・バイキング しかありません。勿論ホテルに任せておきたいと考える方もお られて当然ですが・・・・・
    まさに 「参政員政治制度」---年間5-6の重要なテーマ毎に政党を選択できる---はバイキング料理型政治と言ってもいいでしょう。
    > ングはないで
    > しょうか、ネットは電網ですね、ではバイキングは・・・・「
    > お好み政治」
    > ではヤボッたいですし・・・・
    >
    > 5議案程の国会議決に、国民意志が参加できる事が決め手です
    >      http://kangaechuu.hp.infoseek.co.jp/souan_05_6.html
    >
    >      http://www2.osk.3web.ne.jp/~mine2/

  • 国民の2/3は原発に反対。しかし電力会社や2千名ばかりの関連公務員をいじめることで永田町は甚大なデメリットを覚悟しなければならなくなる。日本環境や国民のデメリットには目を瞑り 議員の損得勘定でトイレの無いマンション原発は継続される

  • 「政治家だけ甘い汁、役所を無視するのは不公平」しかし本当のところ国民は「行革など もつとやることがあるはず」

    政治不信、行政不信は加速するばかり

  • >>15

    死に体もんじゅは無駄に生き続ける

    原発政策は燃料がリサイクルでき、永遠にエネルギーを得続けられるというのが我が国の原発路線継続の理由。サイクルの環には「もんじゅ」がある。しかし25年以上、1兆円をかけても全く見通しが立たない。もしも「もんじゅ廃止」となれば、原発路線そのものが存立の基盤がなくなる。このため国は「もんじゅ廃止」ができない。

    もんじゅのランニングコスト は一日なんと5000万円。危険な液体ナトリュ-ムを循環し続けなければならない。
    「治るメドが付かないが、死なれると年金が止まるので・・・・」などと困惑されている方もいるとか・・・
    言ってみれば もんじゅ は原発路線を維持するため 「延命された患者」と同じ。
    国殊に、千数百名もの関係役人・学者・関係法人 にとり 原発路線そして「もんじゅ」は偏った情報を流し続けても維持しなければならない

    この不条理に多くの議員がきずいているが、発言はしない
    国財政や環境の正義よりも、次期に己が当選することのほうが遥かに大事なこと

    かくて、原発サイクルは「回っている」こととされ、「行き場のない廃棄物」など存在しないとされている
    実に代議制民主主義は国や国民や、環境のために存在するものではないことは明白、
    スイスのように「真に環境や国を考え得るのは国民のみ」という政治制度が必要だ
    、中間的には参政員制度が・・

  • >>1

    個人が強い権力を持つのは危険

    米大統領選挙の共和党予備選にドナルド・トランプ氏が急浮上、共和党候補の指名を獲得しそうだ。

    彼は、先日「イスラム教徒の米入国を全面禁止」「私は大統領選で勝ち、偉大な米国をつくる」。同時テロの時、「アラブ人が多く住むニュウジャージー州では世界貿易センターが倒壊するときに数千人が喝采を送っていた」と憎悪をあおった発言をしている。

    彼がもしもこのような考えで大統領になり、政治を主導すれば、米国は混乱し、勿論世界も乱れるだろう。

    大統領個人の価値観は、善悪はともかく 彼の経験の結晶だ、大多数を納得させ、幸福に導く責任ある立場であるから
    彼は「こうした大きなテーマについては国民投票にかける」というのが正解とおもわれる。ネット時代は政治も変える必要が・・・

  • 知事市長選挙では、今の政治からは何も期待できないと「改革を期待」する人々の意思が勝利しました。
    現維新はニセ維新だとして、大阪維新の会が出来ましたが、以前のように「他党と提携」など模索せず、教条的に見えても、船中八策のみちを進んでいただきたいものです、

    少子化社外を解決する切り札として、出産者に1000万円を支給するというアイデアが議論になつています。その人から上がる生涯税は1000万円をかなり上回るのでーーというのも理由の一つです。
    以下はそのアンケートです
      <script type="text/javascript" charset="euc-jp" src="http://blog.with2.net/vote/form/?id=156179&sid=1797833"></script>

  • 2015-11-24 12:21:31 New [返信] [編集]
    i票の格差2.13倍は違憲か否かの判決が明日大法廷で言い渡されます。
    都市市民の常識としては、主権の価値が半分では満足できないでしょう。
    しかし辺境に予算が行かず荒れ果て、住みにくい状態になれば人口の都市集中が止まりません。
    過密は健康的に生活する基本的条件を損なうのです

    ドイツでは家畜、樹木さえ評価されるようで、過疎化に一定の歯止めになっているとのこと、
    しかし国政の重要テーマで国民投票か参政員制度があれば、(そのテーマに限り)議員の意思が薄く扱われるため「法の下の不平等感」はかなり薄まるはずです。

    選挙制度のみで、議員に立法の特権を付与することでは不平等感解消はできないでしょう。

  • 死者128名も出したパリ同時テロ
    「先進国に抑圧されている」という被害者意識そしてフランスがイスラム国に参戦してきたこと、それが過激な宗教と結びついて常識を越えた事件に・・・
    窮鼠猫を噛むというように 追いつめられれば死を覚悟し、自爆してでもという行為になります。
    戦国時代の城攻めでは味方の犠牲を少なくするため必ず「落ち口」を作っていたとも・・

    我が国も「為政者に抑圧されている」という被害者意識が昂じる事がないようできるだけ較差の
    少ない社会をつくるべきでしょう
    そのためには、実質的に政治を動かしている霞が関が、世間的な苦労もなく学業成績のみに特訓されてきた人々で殆どを占めている今の人事制度は大いに欠陥があります。
    そのような人々によって人事制度が改善されたのなら それは全く有効ではないでしょう。
    ボランティア活動や青年海外協力隊などの履歴が大きな評価につながることも重要でしょう。
    さらに、お隣に「窮鼠」に近い状態の国があります。
    北風政策のみではなく、農業技術の指導、医療技術者の養成ほか人道的なことは大いに検討すべきかも
    ーーーーそれは「窮鼠」の暴発を抑え、我が国の安全に大いに寄与することと思われます。議会ではそのようなことを議論すべきで先日来のように井戸端会議以下のプライバシー議論は別途「xx委員会」を設け、そちらですべきです。

  • <<
  • 36 12
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン