ここから本文です
  • ◇ TPP、国際資本(献金で政治支配)は各国制度を改廃⇒庶民を収奪

       (米国、市民運動ネーダー弁護士、アジア太平洋資料センター、ほか)

    ◇ TPP、世界企業の利益のため、各国法規は無効化

    ◇ TPP、参加国の法規が⇒国際企業の(利益の)統治下に

    ◇ 競争条件・対等化の建前で、国際企業が、各国制度を統治

    ◇ TPP、世界企業の支配下に→衣食住医・生活・・の価格、質を支配

     例、TPP、医療→金持専用、病院、医療に→皆保険(日本の宝)は崩壊

       (参照) 米国ドキュメンタリー映画 「シッコ」 

     例、TPP、世界企業の農業統治→食自給15%、品種、種、肥料も限定、大農家も崩壊

    ◇ アメリカ、日本、参加国の庶民の生活、文化を破壊(ネーダー弁護士)

  • <<
  • 146 126
  • >>
  • TPP・・  国際企業の利益 > 参加国の法規、制度

     アメリカのグローバル企業・・献金で政治支配、 参加国の市民を収奪

     (ネーダー弁護士、アメリカ市民運動)

      タミフル1本で7万円! になることも

    ◇ TPPの危険、山田元農水大臣、内田PARC事務局長ほか (某ブログ)

    ・ウィキリークスがTPPの国有企業分野に関する文書(非公開公式文書)をリーク。
     (ケルシー教授・・非公開内容を危惧。)

     国有企業・・国民健保、共済健保、県立病院、畜産振興事業団などの
           野菜、砂糖、畜産物の価格安定資金の事業もすべて含まれる

    ・ TPP交渉での国有企業・・出資比率で見る。 日本に多い。

    ・ 国民が安心して利用可能な安価で公平な医療制度の破壊!

    ・ 医薬品が米国と同様、高くなる。タミフル1本で7万円!

    ・ TPP最大のターゲット・・ 米国のTPP推進の医療・製薬の分野で5300億円の
                   議会ロビー費を投入。

    ・ 公共事業 ・・日本の中小企業と米国ゼネコンの競争入札。
            設計と工事が分離され、設計の段階から競争入札

    ・ 農業、医療、国立大学に出される補助金・・日本は自由に
      決められない。 米国の企業の都合で決められていく。
      企業に不都合な内容は、ISD条項で訴えられる。

    ・ 以上、すでに合意済みの可能性。

    ・ 憲法13条と25条に違反。まずは司法に問う必要。

    ・ 米国の失敗
      自由貿易では人々は豊かになれないし、雇用も生み出されない。

      TPPのような秘密交渉は、国際市民社会からの批判に答えられない。 
      EUはTTIPを厳しく批判。

    ・ 米国・多国籍企業600社・・米国の議会を支配。
     ◎ しかし、米国の国民は正常。 TPPに反対! 
       市民社会は非常に健全!
      
     ◎ 日本は、メディアがNGOや市民の声を報道しない!

  • ・ 米国の失敗
      自由貿易では人々は豊かになれないし、雇用も生み出されない。

      TPPのような秘密交渉は、国際市民社会からの批判に答えられない。 
      EUはTTIPを厳しく批判。

    ・ 米国・多国籍企業600社・・米国の議会を支配。
      しかし、米国の国民は正常。 TPPに反対! 
      市民社会は非常に健全!
      日本は、メディアがNGOや市民の声を報道しない!

  • TPP・・  国際企業の利益 > 参加国の法規、制度

     アメリカのグローバル企業・・ 政治献金で、政治支配

     (ネーダー弁護士、アメリカ市民運動)

    タミフル1本で7万円! になることも

    ◇ TPPの危険、山田元農水大臣、内田PARC事務局長ほか (某ブログ)

    ・ウィキリークスがTPPの国有企業分野に関する文書(非公開公式文書)をリーク。
    ( ケルシー教授・・非公開内容を危惧。)

     国有企業・・国民健保、共済健保、県立病院、畜産振興事業団などの
           野菜、砂糖、畜産物の価格安定資金の事業もすべて含まれる

    ・ TPP交渉での国有企業・・出資比率で見る。 日本に多い。

    ・ 国民が安心して利用可能な安価で公平な医療制度の破壊!

    ・ 医薬品が米国と同様、高くなる。タミフル1本で7万円!

    ・ TPP最大のターゲット・・ 米国のTPP推進の医療・製薬の分野で5300億円の
                   議会ロビー費を投入。

    ・ マレーシア、ベトナム・・ 多くの除外リストを出した。
                   日本は、何が起こるかの認識を欠如。

    ・ 公共事業 ・・日本の中小企業と米国ゼネコンの競争入札。
            設計と工事が分離され、設計の段階から競争入札

    ・ 農業、医療、国立大学に出される補助金・・日本は自由に
      決められない。 米国の企業の都合で決められていく。
      企業に不都合な内容は、ISD条項で訴えられる。

    ・ 以上、すでに合意済みの可能性。

    ・ 憲法13条と25条に違反。まずは司法に問う必要。

    ・ 米国の失敗
      自由貿易では人々は豊かになれないし、雇用も生み出されない。

      TPPのような秘密交渉は、国際市民社会からの批判に答えられない。 
      EUはTTIPを厳しく批判。

    ・ 米国・多国籍企業600社・・米国の議会を支配。
      しかし、米国の国民は正常。 TPPに反対! 
      市民社会は非常に健全!
      日本は、メディアがNGOや市民の声を報道しない!

  • * 米国の失敗
      自由貿易では人々は豊かになれないし、雇用も生み出されない。

      TPPのような秘密交渉は、国際市民社会からの批判に答えられない。 
      EUはTTIPを厳しく批判。

    * 米国・多国籍企業600社・・米国の議会を支配。
      しかし、米国の国民は正常。 TPPに反対! 
      市民社会は非常に健全!
      日本は、メディアがNGOや市民の声を報道しない!

  • TPP・・  国際企業の利益 > 参加国の法規、制度

     アメリカのグローバル企業・・ 政治献金で、政治支配

     (ネーダー弁護士、アメリカ市民運動)

    タミフル1本で7万円! になることも

    ◇ TPPの危険、山田元農水大臣、内田PARC事務局長ほか (某ブログ)

    ・ウィキリークスがTPPの国有企業分野に関する文書(非公開公式文書)をリーク。
    ( ケルシー教授・・非公開内容を危惧。)

     国有企業・・国民健保、共済健保、県立病院、畜産振興事業団などの
           野菜、砂糖、畜産物の価格安定資金の事業もすべて含まれる

    ・ TPP交渉での国有企業・・出資比率で見る。 日本に多い。

    ・ 国民が安心して利用可能な安価で公平な医療制度の破壊!

    ・ 医薬品が米国と同様、高くなる。タミフル1本で7万円!

    ・ TPP最大のターゲット・・ 米国のTPP推進の医療・製薬の分野で5300億円の
                   議会ロビー費を投入。

    ・ マレーシア、ベトナム・・ 多くの除外リストを出した。
                   日本は、何が起こるかの認識を欠如。

    ・ 公共事業 ・・日本の中小企業と米国ゼネコンの競争入札。
            設計と工事が分離され、設計の段階から競争入札

    ・ 農業、医療、国立大学に出される補助金・・日本は自由に
      決められない。 米国の企業の都合で決められていく。
      企業に不都合な内容は、ISD条項で訴えられる。

    ・ 以上、すでに合意済みの可能性。

    ・ 憲法13条と25条に違反。まずは司法に問う必要。

    ・ 米国の失敗
      自由貿易では人々は豊かになれないし、雇用も生み出されない。

      TPPのような秘密交渉は、国際市民社会からの批判に答えられない。 
      EUはTTIPを厳しく批判。

    ・ 米国・多国籍企業600社・・米国の議会を支配。
      しかし、米国の国民は正常。 TPPに反対! 
      市民社会は非常に健全!
      日本は、メディアがNGOや市民の声を報道しない!

  • <対抗策> 
       
    〇 途中経過の公開 を!(WTOのように。)   脱退も視野に!
      
      秘密交渉は、アメリカの作戦!
       
    〇 界貿易機関(WTO)や、 世界銀行、 国際通貨基金(IMF)に訴える

    〇 憲法13条と25条に違反。まずは司法に問う必要。

     ・ 安保法制・・政権が変わって法律を変えればよい。

     ・TPP・・ 国内法の上位に来る。

     ・ 自民党・・TPP断固反対で、2012年末の衆院選、3ヶ月で裏切り。


    〇 米国の失敗
     自由貿易で、人々は豊かになれない。  雇用も生み出されない。

     TPPの秘密交渉は、国際市民社会から批判。 EUはTTIPを厳しく批判。

  • TPP・・  国際企業の利益 > 参加国の法規、制度

     アメリカのグローバル企業・・ 政治献金で、政治支配

     (ネーダー弁護士、アメリカ市民運動)

     タミフル1本で7万円! になることも


    ◇ TPPの危険、山田元農水大臣、内田PARC事務局長ほか (某ブログ)

    ・ウィキリークスがTPPの国有企業分野に関する文書(非公開公式文書)をリーク。
    ( ケルシー教授・・非公開内容を危惧。)

     国有企業・・国民健保、共済健保、県立病院、畜産振興事業団などの
           野菜、砂糖、畜産物の価格安定資金の事業もすべて含まれる

    ・ TPP交渉での国有企業・・出資比率で見る。 日本に多い。

    ・ 国民が安心して利用可能な安価で公平な医療制度の破壊!

    ・ 医薬品が米国と同様、高くなる。タミフル1本で7万円!

    ・ TPP最大のターゲット・・ 米国のTPP推進の医療・製薬の分野で5300億円の
                   議会ロビー費を投入。

    ・ マレーシア、ベトナム・・ 多くの除外リストを出した。
                   日本は、何が起こるかの認識を欠如。

    ・ 公共事業 ・・日本の中小企業と米国ゼネコンの競争入札。
             設計と工事が分離され、設計の段階から競争入札

    ・ 農業、医療、国立大学に出される補助金・・日本は自由に
      決められない。 米国の企業の都合で決められていく。
      企業に不都合な内容は、ISD条項で訴えられる。

    ・ 以上、すでに合意済みの可能性。

    ・ 憲法13条と25条に違反。まずは司法に問う必要。

    * 米国の失敗
      自由貿易では人々は豊かになれないし、雇用も生み出されない。

      TPPのような秘密交渉は、国際市民社会からの批判に答えられない。 
      EUはTTIPを厳しく批判。

    * 米国・多国籍企業600社・・米国の議会を支配。
      しかし、米国の国民は正常。 TPPに反対! 
      市民社会は非常に健全!
      日本は、メディアがNGOや市民の声を報道しない!

  • <対抗策> 
       
    〇 途中経過の公開 を!(WTOのように。)   脱退も視野に!
      
      秘密交渉は、アメリカの作戦!
       
    〇 界貿易機関(WTO)や、 世界銀行、 国際通貨基金(IMF)に訴える

    〇 憲法13条と25条に違反。まずは司法に問う必要。

     ・ 安保法制・・政権が変わって法律を変えればよい。

     ・TPP・・ 国内法の上位に来る。

     ・ 自民党・・TPP断固反対で、2012年末の衆院選、3ヶ月で裏切り。


    〇 米国の失敗
     自由貿易で、人々は豊かになれない。  雇用も生み出されない。

     TPPの秘密交渉は、国際市民社会から批判。 EUはTTIPを厳しく批判。

  • TPP・・  国際企業の利益 > 参加国の法規、制度

     アメリカのグローバル企業・・ 政治献金で、政治支配

     (ネーダー弁護士、アメリカ市民運動)

    タミフル1本で7万円! になることも

    ◇ TPPの危険、山田元農水大臣、内田PARC事務局長ほか (某ブログ)

    ・ウィキリークスがTPPの国有企業分野に関する文書(非公開公式文書)をリーク。
    ( ケルシー教授・・非公開内容を危惧。)

     国有企業・・国民健保、共済健保、県立病院、畜産振興事業団などの
           野菜、砂糖、畜産物の価格安定資金の事業もすべて含まれる

    ・ TPP交渉での国有企業・・出資比率で見る。 日本に多い。

    ・ 国民が安心して利用可能な安価で公平な医療制度の破壊!

    ・ 医薬品が米国と同様、高くなる。タミフル1本で7万円!

    ・ TPP最大のターゲット・・ 米国のTPP推進の医療・製薬の分野で5300億円の
                   議会ロビー費を投入。

    ・ マレーシア、ベトナム・・ 多くの除外リストを出した。
                   日本は、何が起こるかの認識を欠如。

    ・ 公共事業 ・・日本の中小企業と米国ゼネコンの競争入札。
            設計と工事が分離され、設計の段階から競争入札

    ・ 農業、医療、国立大学に出される補助金・・日本は自由に
      決められない。 米国の企業の都合で決められていく。
      企業に不都合な内容は、ISD条項で訴えられる。

    ・ 以上、すでに合意済みの可能性。

    ・ 憲法13条と25条に違反。まずは司法に問う必要。

    ・ 米国の失敗
      自由貿易では人々は豊かになれないし、雇用も生み出されない。

      TPPのような秘密交渉は、国際市民社会からの批判に答えられない。 
      EUはTTIPを厳しく批判。

    ・ 米国・多国籍企業600社・・米国の議会を支配。
      しかし、米国の国民は正常。 TPPに反対! 
      市民社会は非常に健全!
      日本は、メディアがNGOや市民の声を報道しない!

  • <対抗策> 
       
    〇 途中経過の公開 を!(WTOのように。)   脱退も視野に!
      
      秘密交渉は、アメリカの作戦!
       
    〇 界貿易機関(WTO)や、 世界銀行、 国際通貨基金(IMF)に訴える

    〇 憲法13条と25条に違反。まずは司法に問う必要。

    ・ 安保法制・・政権が変わって法律を変えればよい。

    ・TPP・・ 国内法の上位に来る。

    ・ 自民党・・TPP断固反対で、2012年末の衆院選、3ヶ月で裏切り。

    〇 米国の失敗
     自由貿易で、人々は豊かになれない。  雇用も生み出されない。

     TPPの秘密交渉は、国際市民社会から批判。 EUはTTIPを厳しく批判。

  • TPP・・  国際企業の利益 > 参加国の法規、制度

     アメリカのグローバル企業・・ 政治献金で、政治支配

     (ネーダー弁護士、アメリカ市民運動)

  •   タミフル1本で7万円! になることも

    ◇ TPPの危険、山田元農水大臣、内田PARC事務局長ほか (某ブログ)

    ・ウィキリークスがTPPの国有企業分野に関する文書(非公開公式文書)をリーク。
    ( ケルシー教授・・非公開内容を危惧。)

     国有企業・・国民健保、共済健保、県立病院、畜産振興事業団などの
           野菜、砂糖、畜産物の価格安定資金の事業もすべて含まれる

    ・ TPP交渉での国有企業・・出資比率で見る。 日本に多い。

    ・ 国民が安心して利用可能な安価で公平な医療制度の破壊!

    ・ 医薬品が米国と同様、高くなる。タミフル1本で7万円!

    ・ TPP最大のターゲット・・ 米国のTPP推進の医療・製薬の分野で5300億円の
                   議会ロビー費を投入。

    ・ マレーシア、ベトナム・・ 多くの除外リストを出した。
                   日本は、何が起こるかの認識を欠如。

    ・ 公共事業 ・・日本の中小企業と米国ゼネコンの競争入札。
            設計と工事が分離され、設計の段階から競争入札

    ・ 農業、医療、国立大学に出される補助金・・日本は自由に
      決められない。 米国の企業の都合で決められていく。
      企業に不都合な内容は、ISD条項で訴えられる。

    ・ 以上、すでに合意済みの可能性。

    ・ 憲法13条と25条に違反。まずは司法に問う必要。

    ・ 安保法制・・政権が変わって法律を変えればよい。 

    ・TPP(国際条約)> 国内法 の上位に来る。

    ・ 自民党・・TPP断固反対で、2012年末の衆院選を戦い、
           わずか3ヶ月で手のひら返し。

    ・ 米国の失敗
      自由貿易では人々は豊かになれないし、雇用も生み出されない。

      TPPのような秘密交渉は、国際市民社会からの批判に答えられない。 
      EUはTTIPを厳しく批判。

    ・ 米国・多国籍企業600社・・米国の議会を支配。
      しかし、米国の国民は正常。 TPPに反対! 
      市民社会は非常に健全!
      日本は、メディアがNGOや市民の声を報道しない!

  • <対抗策> 
       
    〇 途中経過の公開 を!(WTOのように。)   脱退も視野に!
      
      秘密交渉は、アメリカの作戦!
       
    〇 界貿易機関(WTO)や、 世界銀行、 国際通貨基金(IMF)に訴える

    〇 憲法13条と25条に違反。まずは司法に問う必要。

    ・ 安保法制・・政権が変わって法律を変えればよい。

    ・TPP・・ 国内法の上位に来る。

    ・ 自民党・・TPP断固反対で、2012年末の衆院選、3ヶ月で裏切り。

    〇 米国の失敗
     自由貿易で、人々は豊かになれない。  雇用も生み出されない。

     TPPの秘密交渉は、国際市民社会から批判。 EUはTTIPを厳しく批判。

  • ◇ TPPの危険、山田元農水大臣、内田PARC事務局長ほか (某ブログ)

    ・ウィキリークスがTPPの国有企業分野に関する文書(非公開公式文書)をリーク。
    ( ケルシー教授・・非公開内容を危惧。)

     国有企業・・国民健保、共済健保、県立病院、畜産振興事業団エーリックなどの
     野菜、砂糖、畜産物の価格安定資金の事業もすべて含まれる

    ・ TPP交渉での国有企業・・出資比率で見る。 日本に多い。

    ・ 国民が安心して利用可能な安価で公平な医療制度の破壊!

    ・ 医薬品が米国と同様、高くなる。タミフル1本で7万円!

    ・ TPP最大のターゲット・・ 米国のTPP推進の医療・製薬の分野で5300億円の
                   議会ロビー費を投入。

    ・ マレーシア、ベトナム・・ 多くの除外リストを出した。
                   日本は、何が起こるかの認識を欠如。

    ・ 公共事業 ・・日本の中小企業と米国ゼネコンの競争入札。
            設計と工事が分離され、設計の段階から競争入札

    ・ 農業、医療、国立大学に出される補助金・・日本は自由に
      決められない。 米国の企業の都合で決められていく。
      企業に不都合な内容は、ISD条項で訴えられる。

    ・ 以上、すでに合意済みの可能性。

    ・ 憲法13条と25条に違反。まずは司法に問う必要。

    ・ 安保法制・・政権が変わって法律を変えればよい。 
      安保法制も、TPPの一環

    ・TPP・・ 国内法の上位に来る。

    ・ 自民党・・TPP断固反対で、2012年末の衆院選を戦い、
           わずか3ヶ月で手のひら返し。

    ・ 米国の失敗
      自由貿易では人々は豊かになれないし、雇用も生み出されない。

      TPPのような秘密交渉は、国際市民社会からの批判に答えられない。 
      EUはTTIPを厳しく批判。

    ・ 米国・多国籍企業600社・・米国の議会を支配。
      しかし、米国の国民は正常。 TPPに反対! 
      市民社会は非常に健全!
      日本は、メディアがNGOや市民の声を報道しない!

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • TPP・・  国際企業の利益 > 参加国の法規、制度

     アメリカのグローバル企業・・ 政治献金で、政治支配

     (ネーダー弁護士、アメリカ市民運動)

  • TPP・・  国際企業の利益 > 参加国の法規、制度

     アメリカのグローバル企業は、 政治献金で、政治支配

  • TPP・・  国際企業の利益 > 参加国の法規、制度

     アメリカのグローバル企業・・ 政治献金で、政治支配

     (ネーダー弁護士、アメリカ市民運動)

  • TPP・・  国際企業の利益 > 参加国の社会、法規、制度

     アメリカのグローバル企業は、 政治献金で、政治支配

  • ◇ TPP
      国際資本(献金で政治支配)は、各国制度を改廃 ⇒ 庶民を収奪

       (米国、市民運動ネーダー弁護士、アジア太平洋資料センター、ほか)

  • <<
  • 146 126
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン