ここから本文です
  • ◆強まる米軍の「韓国撤退論」 日本を敵対視する姿勢に高まる批判



     米国防総省の首脳、特に韓国に駐留したことのある陸軍幹部や兵隊らの間に、韓国が米国の軍事同盟国・日本をあまりにも敵対視しているため、「中国軍の侵略に備えて米軍を朝鮮半島に駐留させておくことに意味があるのか」といった批判が強くなっている。

     先日、ハドソン研究所で開かれた会議で北朝鮮問題のベテランが次のように述べた。

     「米国は、日米安保条約に基づいて中国による南シナ海や尖閣諸島に対する侵略に備えている。同時に約3万人の米軍を韓国に駐留させ、中国の朝鮮半島侵略に対抗しようとしている。

    だが、米国が助けている韓国は、米国の同盟国である日本を敵視し、非難をくり返しているのはおかしい」

     米国は2000年代、ブッシュ第1期政権時、当時のラムズフェルド国防長官が「南北朝鮮の内戦には関わらない」と決め、米軍の主力を朝鮮半島の南へ移動して以来、韓国軍を強化し、北朝鮮の侵略に対しては韓国に独自の力で対応させる方針を決めた。

     その後、ブッシュ政権は2016年までに米軍をすべて朝鮮半島から引き揚げる検討を始めた。だが、中国の朝鮮半島侵略を恐れる国防総省の一部や保守勢力の間には、「在韓米軍を残しておくべきだ」という意見も多かった。

     ところが、最近は、米軍を韓国から撤退させ、「北朝鮮の侵略には、韓国軍だけで対処するのが当然だ」という声が強くなってきている。

     朝鮮半島有事については以前、米太平洋軍のロックリア司令官がこう述べたことがある。

     「日本政府は朝鮮半島情勢に冷淡で、有事の際に日本に駐留する米海兵隊や航空兵力による支援活動に支障が出る恐れがある。日本政府の態度は、実際に朝鮮半島の軍事情勢に悪影響を与えている」

     このコメントは、日本やワシントンで反響を呼んだ。もっとも、現実は当事者のペンタゴンや軍人の間では、米軍の支援のもとに中国の侵略に備えるべき韓国が、中国に対する軍事体制の強化に熱意を示さないこと、米国が軍事同盟を維持している日本を非難し続けていることなどへの批判の声が強い。

     日本では、韓国や米国の一部で批判が激化している慰安婦問題に異常なほど関心が高く、朝鮮半島全般の状況や安全保障政策についての考察が大きく欠落している。

     オバマ政権が登場して以来、日本では日米安保条約への信用が大きく揺らいでいる。

    だが、アジア極東の軍事情勢を安定させるため、日本は韓国とともに米国の軍事同盟国であることを認識し、中国の領土的野心に対しては、米国、日本、韓国の関係を大きな枠組みのなかで考える必要がある。

    米国防総省幹部や軍人らの韓国批判はこの点を突いている。

     ■日高義樹(ひだか・よしき) 1935年、名古屋市生まれ。東京大学英文科卒。59年NHKに入局し、ワシントン支局長、理事待遇アメリカ総局長を歴任。退職後、ハーバード大学客員教授・同大諮問委員を経て、現在はハドソン研究所首席研究員、全米商工会議所会長顧問。

  • <<
  • 11 1
  • >>

  • ペコちゃん不二家の取締役の峯野龍弘は、



    なんと韓国反日キリスト教の牧師でカルト認定までされてるのです。



    峯野取締役が牧師をしてる東京の淀橋教会(もちろん韓国キリスト教)は、学生等への組織的で強引な勧誘(就職セミナーなどを偽装して取り囲む)で大問題になった事もあります。

    峯野龍弘(wikipediaより)
    日本のホーリネス系福音派の牧師
    クリスチャン・トゥディ会長
    韓国トーチ・トリニティー神学大学名誉神学博士
    「在日韓国人の故郷の家を後援する集い」発起人名誉神学博士

    在日韓国人の高齢者が、韓国伝統のオンドル部屋でキムチを思う存分食べ、伝統の音楽アリランを聞きながら余生を送れる施設を、日本各地に建設している。この構想は、峯野が日本教会の牧師として、かつて日本が韓国に行った多くの誤りを謝罪するという気持ちに基づいている。

    そもそも 企業の取締役に牧師がいるのはどう考えても変ですよね。
    しかも韓国活動家のカルト牧師ですよ。


    また峯野取締役が会長のクリスチャントゥデイは完全な反日宗教団体です。


    ★韓国と北朝鮮のキリスト教会、
    日本の改心要求宣言文発表
    クリスチャントュデイ

    韓日強制併合100周年の来る8月22日を控え、強制併合条約の元々無効と
    日本の民族抹殺政策に対する賠償を骨子とする共同宣言文を発表した。

    彼らは
    「いくら永い歳月が流れても罪悪の歴史は
    消されることも、見逃されることもない
    ことを銘記し、南北の教会は神が歴史の
    主管者であることを告白する」
    と以下の宣言をした。

    △南北教会は日帝がねつ造した1910年の
    「韓日合併条約」を絶対に認めず、
    この条約が元々無効であることを確認する。

    △強制徴用、挺身隊など罪を犯しても改心しない
    日本の行為を糾弾し、補償を要求する。

    △歴史歪曲と独島(ドクト、日本名:竹島)の
    日本領土主張など韓半島と東北アジアの平和を
    脅かす危険千万な行為に対して深刻な憂慮を表明する。

    △南北教会は日本が罪を認めて私たち民族全体に
    謝罪し補償するよう連帯活動を積極的に行うだろう。

    そんな不二家は2014ブラジルワールドカップ開催にあわせ、
    韓国を応援するために全国の店頭のペコ人形にチマチョゴリを着せて韓国を応援しました!

    それがこれです ↓

    強まる米軍敵対視する姿勢に高まる批判  ペコちゃん不二家の取締役の峯野龍弘は、    なんと韓国反日キリスト教の牧師でカルト認定までされて

  •  1996年韓国政府は在日韓国人について重大な方針を決定した。一言で言えば棄民方針である。それまで韓国本国では、在日韓国人に対し、数々の不満がくすぶっていた。最たるものが徴兵免除で、韓国人としての義務を果たしていないという不満が増大していたのである。

    経済的には本国よりははるかに恵まれているにもかかわらず、祖国への還元がないという声や、在外国民2世でも3世、4世となって日本で生まれ育ったものは、もはや韓国人として扱えないという声が無視できなくなっていたのである。

     まず法改正をもって、本国人と在日をはっきりと区分けし、有事の場合は徹底した棄民方針をとることが決定された。むろんこの件は民団にもすべて極秘扱いであった。

     段階的に「1998年国籍法改正。1999年兵役法改正。2010年国籍法、兵役法改正。2011年兵役法施行。2012年住民登録法施行。」という形で予定され実施された。

     2010年の改正で民団は兵役問題について在日韓国人に説明できず、本国兵務庁に説明を依頼するという醜態をさらした。

    これは韓国が意図的に民団に対し情報操作をしたことに原因があるが、まあ実にお粗末であった。法律条文は秘密文書ではない。公文書として公開されているのである。もちろんハングルだが、誰でも小生でも閲覧できる。民団はハングルがダメ?まさか...。

     確かに、実に巧妙に改正点がぼかされて隠蔽されている。自国民にここまでやるかと思うが実際にやっているのである。民団幹部がパクリ、捏造、隠蔽にかかったとは....。


    この出生届出をした子どもは、韓国国籍を取得するが、日本国籍を失ってしまう。これは、日本の国籍法に自己の志望によって外国の国籍を取得したものは、日本国籍を失う旨の規定があるためである。


    まあ国籍選択制度の新設ともいうべきもので、従来は韓国人男性と結婚した外国人女性は、自動的に韓国国籍を取得したが、改正では韓国人男性と結婚した外国人女性も、韓国国籍を取得するには帰化手続きが必要となったし、

    外国人が韓国国籍を取得したときは、6ヶ月以内に外国国籍を失わなければ、自動的に韓国国籍を失うことや過去に韓国国籍を有していた者は、法務部長官の許可があれば、国籍回復できるとし、その国籍回復の要件を詳しく定めたりしている。

    強まる米軍敵対視する姿勢に高まる批判  1996年韓国政府は在日韓国人について重大な方針を決定した。一言で言えば棄民方針である。それまで韓

  • 心配するな!!

     

        登録証は、簡単に手に入る!!



                対馬に行けば、製造工場がある!!



            あとは、何かあったら、“強制連行だ”と、叫んでおれ!!



    元秀一は、外国人登録証を所持して日本に合法的に居住できる朝鮮人と密航船に乗って不法入国した朝鮮人で在日朝鮮人が形成されており、後者は主に済州島出身であり、これは済州島出自の在日朝鮮人が大阪市生野区を中心に9万人にのぼることと無関係ではなく、また、大阪市生野区を中心に偏在する在日朝鮮人の縁故を頼っての密入国も多く、大規模な密航は、日本統治時代、戦後の済州島四・三事件、ベトナム戦争時の徴兵逃れの三度にわたり、ほか離散家族の再会・同居、思想的に拘束を受けない日本の大学への留学、病気治療なども移住の理由にあるとしている。


    1984年には朝日新聞が「法務省の推定では、数万人の密航者が、息をひそめるように生活しているといわれる」と報じた。


    また、朝鮮総連系雑誌において弁護士洪正秀は、「本名、本籍や本当の生年月日が外国人登録と異なることが在日同胞の場合、多々あります」「実は私も朝鮮学校に通っていた時代には「尹(ユン)」という氏を使用していました。戦後、父が密航で日本にやってきて、他人の外国人登録を買ったためでした。そのため、親族と会うときは「洪(ホン)」の氏を使用し、学校では「尹」の氏を使用しました」と記している。


    <吉田首相の占領軍への朝鮮人送還嘆願書>

    1949年に吉田茂首相は連合国最高司令官ダグラス・マッカーサー元帥に送還費用は日本政府が負担するとした上で「在日朝鮮人の全員送還を望む」と題する朝鮮人送還を求める嘆願書を提出している。嘆願書では台湾人はあまり問題を起こしていないとして朝鮮人のみの送還を要望し、また朝鮮人の半数が不法入国者であることを明らかにした上で、以下の問題点を指摘した。

    1. 日本の食糧事情がひっ迫しており朝鮮人の分まで輸入するのは将来の世代への負債となり公正ではないこと。
    2. 朝鮮人の大多数は日本経済の再建に貢献していないこと。
    3. 朝鮮人は犯罪を犯す割合が高く、日本国の経済法規を破る常習犯であること。かなりの数が共産主義者とその同調者であること。投獄者が常に7,000人を越えること。

    強まる米軍敵対視する姿勢に高まる批判 心配するな!!           登録証は、簡単に手に入る!!                 対

  • 『日本の超過激な政策』を



    韓国人は”失敗確実”と嘲笑って



    ただ傍観。



    世界3大勢力のもがきに飲まれて



    滅び行く韓国






    韓国紙セゲイルボ


    多額の借金を抱えている米国、日本、欧州連合(EU)の一部

    国家。国と個人の借金が増えると財政危機解決どころか、帝国

    は破産の崖に追い詰められる。衰退を防ぐカギは成長とインフ

    レにならざるを得ない。ゼロ金利と量的緩和政策。金利を史上

    最低水準に下げて、もう何年も金をむちゃくちゃに撒(ま)い

    ている。

    これは対岸の火事ではない。基軸通貨を動かす世界経済三大勢

    力がもがけば、小さい半島の国、韓国経済が完全なわけはなか

    ろう。

    手遅れになって騒ぐだけだった。

     日本が「輪転機を回して、札を刷る」というアベノミックス

    を全面化する時、何といったか。「失敗するだろう」と。そし

    て何も行動しなかった。

     ウォン高の勢いはなぜ続いて、企業はなぜわめいているのか。

    「行動しなかった」政府と中央銀行のせいではないのか。輸出

    の翼は折れた。電機電子、造船、鉄鋼、自動車。何か一つでも

    盛んなところがあるのか。サムスン電子を除けば、企業の売り

    上げ・収益状態が1997年の外国為替危機の時よりさらに悪

    いという。

     だから、「内需市場を育てなければならないと言ったではな

    いか」という。本当に退屈な声だ。家計負債1000兆ウォン

    は誰が抱え込んでいるのか。中産層以上の階層だ。不動産資産

    価値の下落で、借金だけそっくり抱えた彼らが利子にも耐えら

    れないのに、どうして金を使うだろうか。

    成功の可能性は灰色だ。なぜ? 同意を集めることができない

    からだ。国民の意思を一つにできないのに、政策の追求力が出

    るか。意思が集まらないのは、誰彼構わず、ぶつかり合い対立

    しているからだ。国会は政争を繰り広げ、社会では理念葛藤が

    続く。

    (姜浩遠〈カンホウォン〉論説室長、10月21日付)




    野外コンサート中に換気口が崩落した事故現場=17日、

    韓国京畿道城南市(AFP=時事)↓

    強まる米軍敵対視する姿勢に高まる批判 『日本の超過激な政策』を    韓国人は”失敗確実”と嘲笑って     ただ

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン