ここから本文です
  • NHK; 非常警戒! 中国海警局の船 尖閣諸島沖で一時領海侵入



    9月22日 16時17分




    21日午前、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船4隻がおよそ1時間半にわたって日本の領海に侵入し、海上保安本部が再び領海に入らないよう警告と監視を続けています。
    続きを読む

    第11管区海上保安本部によりますと、21日午前10時ごろ、尖閣諸島の魚釣島の沖合で中国海警局の船4隻が相次いで日本の領海に侵入しました。

    4隻は、およそ1時間半にわたって日本の領海内を航行したあと、午前11時半ごろまでにいずれも領海を出たということです。

    4隻は、午後3時現在、南小島の東南東およそ30キロの領海のすぐ外側にある接続水域を航行しているということで、海上保安本部が再び領海に入らないよう警告と監視を続けています。

    尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船が領海に侵入したのは、先月25日以来で、ことしに入って合わせて23日となります。

  • <<
  • 2 1
  • >>

  • 第154回国会 衆議院財務金融委員会(2002〔平成14〕年5月17日)において、近畿産業信用組合に関連して青木のことについても議論がなされた。

    五十嵐委員
    「もともと、今言われた金融機関の会長さんは、前科十犯なんじゃないですか。そういう方が雪だるま式に膨れ上がっていく金融機関の会長職を務める、事実上支配できるというのは、私は大変問題だと思いますよ。その人と癒着関係にある人がいろいろ動いて、何にもありませんでした、一点の曇りもありませんなんという話は、世間では通用しないです。」(以下略)

    国の最高意思決定機関である国会(第154回国会 財務金融委員会)で、「今言われた金融機関の会長さんは、前科十犯なんじゃないですか。」と指摘される人物を、なぜ、8,670億円という巨額の公的資金、すなわち国民の税金が投入された金融機関のトップである会長職に就任させたのか、という非難は大変多い。

    青木が代表理事会長を務める近畿産業信用組合は経営破綻した三つの信用組合の事業を引き継いでいるが、この破綻処理には総額8,670億円の公的資金が投入されている。その後、同信用組合は、金融当局から法令違反、ずさん融資、見せかけ増資、そして不明朗融資等の複数の指摘を受けた(財務省近畿財務局公表内容等より)。なお、当局からの指摘事項の多くは青木が深く関与していたとみられ、信組の私物化との批判が強まっている。

    これが、MK(タクシー)会長の青木定雄 ↓

    NHK; 非常警戒! 中国海警局の船 尖閣諸島沖で一時領海侵入  第154回国会 衆議院財務金融委員会(2002〔平成14〕年5月17日)において、近畿産業信用組合

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン