ここから本文です
  • <<
  • 15 1
  • >>
  • 15(最新)

    老b 2015年7月18日 06:20

    >>13

    政治家にろくな奴がいないな、自民党も他も、口ばかりで、汗をかかない、横着もん。

  • はこものを止めるように以前から、言われているのに、そこに膨大な金がかかるのを見通せない、無能さに、任せられません。

  • 創価に乗っ取られた外務省が世界遺産登録で強制労働認める発言。言質与える。

    外務省と宮内庁は創価学会に乗っ取られている。

    池田大作が来日したVIPと個人面談するためのお膳立てを外務省が執り行ったことから明らか。

    そんなことが可能なのも他の省庁と異なり試験の成績よりも面接によるコネ採用が重きを占め、学会信者の外交官が創価大卒を優先して大挙採用するためだ。既に80人以上の創価大卒が入省したとも聞く。

    一度外務省は全体を解体して人員の総入れ替えをすべきではないか。外交機密費上納問題も放置されたままだ。

    10兆円単位の巨額の税金が創価学会関連でデタラメな使われ方をしてきたに違いない。マネーロンダリングをしたり学会のルーツである北朝鮮支援まで密かに行われていることだろう。それは機密保護法案により外交機密の名のもとに永久に闇に葬られるわけだ。

    安倍も南朝鮮の統一教会と関係が深い。自公政権とはカルトの闇そのものだ。彼らが愛国者だなんてお笑い草だ。あの二階が今だに総務会長とは呆れるばかりだ。

    ◆世界遺産委員会で日本政府代表(外務省)が「forced to work(働かされた)」と発言

    世界遺産登録 「大魚を損した」批判続出 自民総務会、外務省から経緯聴取(産経)2015年7月10日

     自民党は10日の総務会で、世界文化遺産への登録が決まった「明治日本の産業革命遺産」をめぐり、韓国側が一部施設で働いていた朝鮮半島出身者への「強制労働」と主張していることについて、外務省から経緯を聴取した。出席者からは、世界遺産委員会で日本政府が「forced to work(働かされた)」と述べた結果、「徴用工の賠償請求につながらないか心配だ」などの懸念が出た。

     小池百合子元防衛相は、海外メディアで「戦争犯罪の極悪非道な舞台」、「奴隷労働の地」などと報じられていると指摘し、「広報戦略がなっていない。目の前の小さな魚を追って、大魚(国益)を損することになった」と批判。木村義雄参院議員は「外務省はトチったのではないか」などと語った。

     総務会後の記者会見で、二階俊博総務会長は「政治的に議論の余地があるとすれば、事前に(党にも)報告しておくことが大事だ」と述べ、外務省の対応に苦言を呈した。

    ◆日本を滅亡に追込む自民公明連立政権◆

  • 新国立、本当に都合の良いガス抜き案件だと思うよ。騒げ騒げ! 国の特別会計は100兆円台だ。1ドル80円時代にドルを買いまくった日銀、莫大な為替差益200兆円は誰も口にしないで、米国財務証券を買いまくっている。庶民を怒らせる案件は相対的に小さく、どうでも良い案件なんだよね。優先されるべきは国際公約であり、2500億円は信用料として安いと思うよ!

  • 森元首相 作りたいなら自腹で作れ 税金を使うな 箱物造る金があれば国民が国を訴える事に使え
    税金泥棒は許さない 国民が反対している箱物建設 建設後の維持費も森が払え

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン