ここから本文です
  • 元朝日新聞記者・植村隆の損賠訴訟第1回口頭弁論


    ★元朝日新聞記者「録音聴き執筆」 
     損賠訴訟第1回口頭弁論
     日本経済新聞 2015/4/27 21:38

     朝日新聞の従軍慰安婦報道に関わった
    元記者の植村隆氏(56)が、
    捏造(ねつぞう)との批判が原因で
    名誉を傷つけられ深刻な人権侵害を受けた
    として、文芸春秋と東京基督教大の西岡力教授に
    損害賠償などを求めた訴訟の第1回口頭弁論が
    27日、東京地裁(原克也裁判長)で開かれた。

     植村氏は
    「関係者の証言を録音したテープを聴き、
     記事を書いた。決して捏造ではない」と意見陳述。
    被告側は
    「原告の書いた記事は事実を報じずに
     読者を誤解させる内容で、
     捏造との論評に問題はない」として、
    請求棄却を求めた。〔共同〕


    ★元朝日新聞記者の植村隆が
     西岡力氏をいきなり提訴したわけ
     テレビにだまされないぞぉⅡ
     2015年1月10日 (土)


    ■「私は捏造記者ではない」
     慰安婦報道の植村隆・元朝日新聞記者
     の会見スピーチ(全文)
    (中略)
    私は24年前の大阪社会部時代に、
    慰安婦と名乗りでた韓国のおばあさんの
    つらい体験の記事を署名入りで2本書きました。
    この記事が原因で、23年間ずっとバッシングを
    受けています。

    この記事で私が存在を報じたのは金学順さん
    という人で、韓国でカミングアウトした第1号の
    慰安婦です。彼女の勇気のある証言で、
    慰安婦の生の証言が世界に伝わって、
    たくさんの被害者が名乗り出るようなりました。

    そういう意味では、慰安婦問題が世界に知られる
    ようになった証言者第1号のおばあさんでした。

    植村氏は、
    金学順の証言を録音したテープを聴き、
    記事を書いた。

    金学順の証言を録音し、植村氏に渡したのは
    植村氏の義理の母で、
    太平洋戦争犠牲者遺族会の会長で
    1991年12月6日から2004年11月29日にかけて、
    慰安婦に対する賠償を日本政府に求めた
    アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件
    (最高裁判所にて原告の敗訴)を主導した梁順任

    植村氏の記事で火が付いた慰安婦問題
    「河野談話」作成過程で行われた聞き取り調査で
    主導する植村義母・梁順任

    この席にオブザーバーとして参加した
    福島瑞穂

    ★世界一有名な売春婦=金学順
     …迷走履歴が明かす嘘八百  

    時代はどんどん金学順。
    朝日植村一家&福島瑞穂のプロデュースで
    一斉を風靡した世界一有名な売春婦が、
    劇的な復活を遂げた。

    勤続4ヵ月の“新人”売春婦は、
    どうやって頂点に登り詰めたのか?

    「あれは玉が悪かった」

    仙谷由人の同志で弁護士の高木健一は
    蔑むように、そう吐き捨てた。
    「玉」と呼んだのは、福島瑞穂と結託し、
    東京訴訟の原告に祭り上げた
    金学順(キム・ハクスン)である。

    「もう少し説得力の慰安婦はいないのか?」

    歴史家の秦郁彦氏は、
    高木健一に直接、訊ねた。
    自称慰安婦を主役にした公判がスタートして
    1年が過ぎた頃だった。

    秦氏の問い掛けに対し、高木健一は
    弁護するどころか、完全に同意した。

    「実は私もそう思って韓国へ探しに行ってきた。
     追加分は良いものばかりですよ」
    (秦郁彦著『慰安婦と戦場の性』180頁)

  • <<
  • 13 1
  • >>

  • 日本帝国時代には、日本人も朝鮮人も日本国民だった
    のであり、徴兵であれ、徴用であれ、戦時期に国民に
    課せられた運命共同性のようなものだった。

    戦場に送られた男たちのことを無視して、
    朝鮮人の男たちの被害者性を特権的に語るのが
    強制連行論であるが、それはあきれるほどの
    偏向ではないのか。


    強制連行論の「おかしさ」には
    触れても、「こわさ」には十分に触れていないことにも
    気がつく。

    韓国に長くいて、強制連行論が教科書に
    記述され、博物館に陳列され、歴史テーマパーク化し、
    ドラマ化され、独断的な被害者性の主張が民族的、
    宗教的な情熱で自己実現していく様を目撃していた
    はずなのに、
    そのこわさを十分に伝えてはいないのである。

    一方で朴慶植氏の衣鉢を継ごうとするものたちの
    努力も続いている。2005年に岩波書店から刊行
    された『朝鮮人戦時労働動員』の著者の一人である
    山田昭次氏は

    「鄭大均の朴批判は朴の思想を単純化して理解した
     ために、朴の思想の根底に無理解な批判となっている」
    という。

    「無理解な批判」とはなにか。
    私は、平壌・朝鮮総連(在日本朝鮮人総連合会)に
    共鳴する朴慶植氏には思想的にも方法論的にも
    問題があまたあると記したのではなかったか。


    鄭大均教授のお父上は、
    1922年、当時の京城から東京にやってきた朝鮮人で、
    1923年に出版され、朝鮮人によって書かれた最初の
    日本語小説として知られる『さすらひの空』の著者
    である鄭然圭氏。

    鄭大均教授は、
    朴慶植氏の、「強制連行された」という人々の人数さえ
    出典があやふやだったという指摘する。
    *2004年出版の『在日・強制連行の神話』 (文春新書)で

      氏は九○年代初めに記した論文で、
      『朝鮮人強制連行の記録』の統計数字には
      「どこの馬の骨か分からないような数字」からの引用があり、
      それが他書にも孫引きされる過程でいっぱしの統計数字
      として闊歩していく様を、「マネー・ロンダリング」ならぬ
      「フィギュア・ロンダリング」(不確かな統計数字の洗滌)だ"
    と言っている。

    この人が知性と理性の巨人、首都大学東京特任教授・鄭大均氏 ↓

    元朝日新聞・植村隆の第1回口頭弁論  日本帝国時代には、日本人も朝鮮人も日本国民だった  のであり、徴兵であれ、徴用であれ、戦時期に国民

  • なぜここで中立宣言?


    という疑問ですが、これは日本の事情です。朝鮮戦争再発時には前回同様一気にどちらかが勝利して一気に統一という図式は考えにくい。再び膠着状況に陥る可能性が高い。

    その場合、日本へ難民が100万人単位で押し寄せる。現状の在日対応でもバンザイしているのに、これが加われば日本は消滅です。これへの合法的対抗策が中立宣言ということです。

     中立宣言後は、不法滞在者の強制送還と同時に国内の交戦国国民は隔離され、それぞれの母国へ送還されます。中立国の義務として交戦国には平等が求められるため、親韓メディアは動けなくなります。

    A....
    口に出せない。記事にもできない究極の難民対策がこれ!

    日本の場合はおそらく防止義務中立国宣言をするだろう。つまり韓国にも、北朝鮮にも、日本の領海、領空、領土を通過、利用させないということだ。

     永世中立国宣言をしているスイスは、この防止義務中立国である。よってスイスは第二次世界大戦において中立を守るために、領空侵犯に対しては迎撃を行い、連合国側航空機を190機撃墜、枢軸国側航空機を64機撃墜した。スイス側の被害は約200機と推定されている。

     具体的には国際法に基づき、交戦国から日本への海路、空路を遮断する。領海、領空侵犯には撃沈、撃墜をもって対応するということだ。

    この際、難民が...とか、人権が...とか騒いでいるメディアはきれいに掃除される。軍事作戦上は、これ必然、かつ常識です!

    元朝日新聞・植村隆の第1回口頭弁論 なぜここで中立宣言?   という疑問ですが、これは日本の事情です。朝鮮戦争再発時には前回同様一気にど

  • >>8

    哀しい男ですね!徐勝(ソ・スン、서승、1945年 - )

    戻るべき国も故郷もない男!

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン