ここから本文です
  • 【在留管理制度】



    ★不法就労助長罪(改正)
    不法滞在者の通名での雇用は不可能。雇用主に確認義務、違反は処罰へ。

    ★共通番号(マイナンバー)制度
    在日も個別番号管理へ 。
    住民基本台帳制度に伴い、各種の通名で銀行口座を作っていたり、生活保護を受けていたりした不正が名寄せにより判明する。違反者は当然資格そのものを失い処罰を受けることになる。

    ★国外財産調書法(海外財産申告制度)
    ・(関連)米IEEPA法による銀行口座管理制度
    ・(関連)米韓、韓国人・在日韓国人-口座情報相互自動通知、2015年9月施行

    在日外国人の管理と口座管理

    a. 外国人の在留管理制度;登録証明書は住民基本台帳で一元管理(2015年7月9日から施行)
    b.
    .住基台帳によるマイナンバー制度(2015年10月から施行)
    c.
    c韓国の住民登録法、兵役義務、財産調書提出制度(施行済み)
    d.
    .米IEEPA法による銀行口座管理、それを受けて日本では「テロ資金提供処罰法改正案」の審議
    e.
    .米国納税義務者に対するFATCA;外国口座税務コンプライアンス法(2014年7月1日施行)
    f.
    .米韓の韓国人口座情報相互自動通知(2015年9月から施行)

  • <<
  • 8 1
  • >>
  • 死刑になった者ゼロ!!





           懲役15年以上のものゼロ!!





            これが、おびただしい民族の血を流した独立運動??





    1919年(大正8年)朝鮮半島。大韓帝国初代皇帝高宗の死がさまざまな憶測を呼び、前年の李光洙(イ・グァンス)らによる二・八独立宣言の流れを受けて民族代表33人による独立運動が展開されました。独立万歳運動や万歳事件ともいいます。注意したいのは独立を叫びながらも日本に対し真の友好関係樹立を呼びかけている点です。

    この暴動について日本の言論空間が隠し続けていることが多々あります。ひとつは日本人の憲兵6人と警察官2名が殺害されたことで花樹里警察官駐在所で川端豊太郎巡査が石と棍棒で殺害され、耳と鼻をそぎ落とされ、陰部を切断した惨殺事件があったのに裁判は「報復」的なことは一切しなかったことがあげられます。

    放火などによる役場全壊19、一部破壊29、警察署・警察官駐在所・憲兵分隊・同分遺所・同駐在所については全壊16、一部破壊29、郵便局の全壊2、一部破壊9、となっており、運動というよりも暴動です。しかし、裁判では死刑も無期懲役もいません。懲役15年以上の実刑になったものもいません。朝鮮固有の拷問も行っておらず、証拠主義に徹して多くの被疑者が無罪放免となっています。

    三・一独立宣言を起草した崔南善(チェ・ナムソン)は逮捕され2年6ヶ月の懲役刑をうけました。仮出所後は朝鮮銀行総裁・美濃部俊吉の後援を得て、雑誌「東明」を刊行し、1924年(大正13年)には「時代日報」の主幹兼社長になります。朝鮮人の文化向上と実力培養は独立に優先する、という論陣を張ります。

    後に総督府の朝鮮史編集委員、中枢院にも選ばれ、昭和12年(1937年)に満州建国大学教授に就任しました。彼は大東亜戦争を「世界改造の重大な機会であると同時に人類の『世界』を現出させる機縁」「英米の桎梏(しっこく)に泣く、東亜十数億大衆の祈願であり、真に万邦共栄の世界秩序を確立する、アジアの解放戦争」と唱えています。

    【在留管理制度】 死刑になった者ゼロ!!              懲役15年以上のものゼロ!!           

  • 汚れ役はトップへの登竜門





           カネで買われた教壇





              定員の1割の枠が与えられている





    ★大分県の教職員採用汚職事件

    【疑惑の濁流】カネで買われた教壇…
     「汚れ役はトップへの登竜門」か、
     大分教員汚職
     2008.7.19 14:40

     教師になるのも、昇進するのもカネ次第-。
    教員採用をめぐる汚職事件で、元県教育委員会
    ナンバー2や現職校長ら5人が逮捕される異常事態
    となっている大分県。

    県教委はついに、不正な点数加算で採用試験に
    合格していた教員を解雇することを表明した。
    子弟を教員にするために、多額の現金や商品券が
    飛び交う"裏口採用"。

    あってはならない聖職者の不正が次々と明らかに
    なっている。金品のやりとりは大分の特異な事例なのか、
    それとも教育界に蔓延する悪弊なのか…。

    ★大分教員採用汚職・・・
     腐敗の背後にある事情
     2008/07/28

    大分県の教員採用汚職事件は
    教員採用だけでなく、教頭や校長のポストも
    「売買」されていた疑いが持たれています。

    数千人の記者を擁するマスコミだけが
    知らなかったのか、あるいは知らんふりを
    していただけなのでしょうか。

    「職の売買システム」は
    正当に採用されるべき人にとって
    許せない行為であるだけでなく、
    不適切な人が採用されることによって
    教育機能の低下を招きます。

     大分県教育委員会は教育より
    教員仲間の利益を優先する体質だと
    見られても仕方ありません。

    『同県内の元労組幹部も10年ほど前、
     県教組の当時の役員から
     「県教組には定員の1割の枠が
      与えられていると打ち明けられた」
     と話している』

    『大分県教組の組織率は公表されていないが、
     60%以上と言われ、九州では最も高い。
     大分県は、北海道や広島県、兵庫県などとともに、
     県教委に対する組合の影響力が強いことで
     知られている』

    大分県では、大分県教組が教育界を牛耳って
    教育委員会幹部も全て組合幹部!という体質でしたが
    マスゴミの追及もほとんどなく、
    反日サヨクならば、組合の教員採用枠で「先生に!」
    などというインチキが横行していました・・・

    県教組の岡部勝也書記長も
    マスゴミの皆さんとはズブズブのご関係・・・

    【在留管理制度】 汚れ役はトップへの登竜門              カネで買われた教壇               

  • 「動員犠牲者でなくても当時を生きた者なら誰でも補償を受け取れる」




            これだから、



               三日やったらやめられない、反日団体は!!!



    2011年5月、韓国ソウル市警察は、太平洋戦争犠牲者遺族会や民間請求権訴訟団などの団体幹部39名を詐欺の容疑で摘発した。摘発された団体は慰安婦問題や強制連行問題について活動してきた反日団体で、日本政府から補償金を受け取ってやるといって弁護士費用などの名目で会費15億ウォン (約1億2千万円)をだまし取っており、被害者は3万人に上った。


    ソウル市警察の発表によれば梁順任太平洋戦争犠牲者遺族会会長は各種団体への会員を募集する際に「動員犠牲者でなくても当時を生きた者なら誰でも補償を受け取れる」といって勧誘していた。また会員を集めてきた場合には手当を支払うなどしていた。


    この梁順任会長は、1991年8月11日に「女子挺身隊の名で戦場に連行され」と朝日新聞紙面で誤報記事を執筆した記者植村隆の義母でもある。

    【在留管理制度】 「動員犠牲者でなくても当時を生きた者なら誰でも補償を受け取れる」              これだか

  • 大戦後、「連合国」が、「日本人として戦った敗戦国 韓国」を「第三国として戦勝国とみなす」余計なことをしたために、在日韓国・朝鮮人(面倒くさいのでこれからは「朝鮮」と略称する)の勝手気ままな跳梁に、日本は悩まされてきた。

    コレに朝鮮人の先天的な「ウソつき体質」が付加するために、日本の被ってきた損失がどれくらい巨大な物かは想像もつかないくらいだ。

    戦後70年も経ってから「ヤット始まった管理制度」は、コレまでの「以上自体」を解消してくれるものと期待している。始めるからには「手を抜かない」ものにして貰いたい。

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン