ここから本文です
  • ◇ 資本主義も発展崩壊→ 富の集中+格差拡大・世襲

    ◇ 格差→ 犯罪、自殺、うつなど→ 社会崩壊

    ◇ 金融緩和・トリクルダウン(富者から貧者へ金)=誤り(実証済)

    ◇ 金融緩和のアメリカ= 格差階級社会、 低中所得層は受益なし
        
     〇 金融緩和で、大量にあふれた金は、世の中に出回る効果は殆どない。
        
     〇 株価などの上昇で、数%の富裕層が富み、高額消費が増えた。 
      低所得者層には、恩恵ない。
      
      (ピ-ターソン国際経済研究所、カットナー、要旨、2013)


     ◇ TPPの米国(≒日本)= 国が富裕層の(株)化= 脱公共の格差階級社会
       
     〈「貧困大国アメリカ」など、 堤未果 岩波新書、参照〉


    ◇ 資本主義の発展→ 富の集中+ 格差拡大・世襲階級化
      (ピケテイ、 フランス経済学者、2014)

     ○ 格差の再生産(親から子へ世襲)
      
      ・ 所得と 資産に存在する格差
     
      ・ 教育の格差
        アメリカ名門大学生の親の収入=アメリカの上位2%の収入

     例、 2008年の金融危機= 巨大企業の詐欺的行為によるもの
       (サププライム・ローン証券など)

     例、 シカゴの公立学校は、貧しい地域で予算もなく、良い教師も来ない。
       不平等が継続する背景がある。

     例、 日本の格差

        〇 年収3百万下=43%、うち、世帯主50%、 賞与なし35%

        ○ 労働制度の不公正

         ・年収300万円以下=43%、 年収200万円以下=25%、

         ・非正規+ 正社員と同じ仕事= 41%(世帯主50%)

        〇 社会制度・・ 上位5%の公務員、大企業のための制度

  • <<
  • 15 1
  • >>
  • ◇ 資本主義の発展→ 富の集中+ 格差拡大・世襲階級化
      (ピケテイ、 フランス経済学者、2014)

     ○ 格差の再生産(親から子へ世襲)
      
      ・ 所得と 資産に存在する格差
     
      ・ 教育の格差
        アメリカ名門大学生の親の収入=アメリカの上位2%の収入

     例、 2008年の金融危機= 巨大企業の詐欺的行為によるもの
       (サププライム・ローン証券など)

     例、 シカゴの公立学校は、貧しい地域で予算もなく、良い教師も来ない。
       不平等が継続する背景がある。

     例、 日本の格差

        〇 年収3百万下=43%、うち、世帯主50%、 賞与なし35%

        ○ 労働制度の不公正

         ・年収300万円以下=43%、 年収200万円以下=25%、

         ・非正規+ 正社員と同じ仕事= 41%(世帯主50%)

        〇 社会制度・・ 上位5%の公務員、大企業のための制度


  • ◇ 所得格差の改善

     低所得者層の所得率を上昇、 高所得者の所得率を低下
       
     最低時給2千円以上+ 年収8百万以上は減額、を目標
      
    ○  ピケテイ (不十分です)
       ・ 累進課税の強化 (収入、資産)
       ・ 富裕層が国外脱出しないよう、国際的に協調
      
    ○  佐野 誠さん
     ・ 労働所得の増加をともなう 内需主導型の経済発展を
     
     ・ 労働条件の改善と職の確保の両方を実現する代替案の提示
           
    ○ ×金融緩和=富集中+格差拡大→ ○最低賃金上げ+雇用流動化へ

    ○ 既得権・ムダは×→民間給4百万=公務員へ、税補助、公共事業減他

    ○ 低所得者層の所得率を上昇、 高所得者の所得率を低下
      最低時給2千円+ 年収8百万上は減額、を目標
      
    ○ 金融ゲーム(儲けた側の金額=損した側の金額) ← 実態経済を破壊
      1年以内の株譲渡益に50%課税、 空売り、先物、FX← 規制

    ○ オランダ=雇保3年超+ 職業教育→ 昇給+通年就業、ワークシェア

    ○ 終身雇用× +定期一括採用×→  通年採用〇+ 同一職務同一賃金〇

  • ◇ 所得格差の改善

     低所得者層の所得率を上昇、 高所得者の所得率を低下
       
     最低時給2千円以上+ 年収8百万以上は減額、を目標
      
    ○  ピケテイ (不十分です)
       ・ 累進課税の強化 (収入、資産)
       ・ 富裕層が国外脱出しないよう、国際的に協調
      
    ○  佐野 誠さん
     ・ 労働所得の増加をともなう 内需主導型の経済発展を
     
     ・ 労働条件の改善と職の確保の両方を実現する代替案の提示
           
    ○ ×金融緩和=富集中+格差拡大→ ○最低賃金上げ+雇用流動化へ

    ○ 既得権・ムダは×→民間給4百万=公務員へ、税補助、公共事業減他

    ○ 低所得者層の所得率を上昇、 高所得者の所得率を低下
      最低時給2千円+ 年収8百万上は減額、を目標
      
    ○ 金融ゲーム(儲けた側の金額=損した側の金額) ← 実態経済を破壊
      1年以内の株譲渡益に50%課税、 空売り、先物、FX← 規制

    ○ オランダ=雇保3年超+ 職業教育→ 昇給+通年就業、ワークシェア

    ○ 終身雇用× +定期一括採用×→  通年採用〇+ 同一職務同一賃金〇

  • ◇ 所得格差の改善

     低所得者層の所得率を上昇、 高所得者の所得率を低下
       
     最低時給2千円以上+ 年収8百万以上は減額、を目標
      
    ○  ピケテイ (不十分です)
       ・ 累進課税の強化 (収入、資産)
       ・ 富裕層が国外脱出しないよう、国際的に協調
      
    ○  佐野 誠さん
     ・ 労働所得の増加をともなう 内需主導型の経済発展を
     
     ・ 労働条件の改善と職の確保の両方を実現する代替案の提示
           
    ○ ×金融緩和=富集中+格差拡大→ ○最低賃金上げ+雇用流動化へ

  • ◇ 格差→ 犯罪、自殺、うつなど→ 社会崩壊

    ◇ 金融緩和・トリクルダウン(富者から貧者へ金)=誤り(実証済)

    ◇ 金融緩和のアメリカ= 格差階級社会、 低中所得層は受益なし
        
     〇 金融緩和で、大量にあふれた金は、世の中に出回る効果は殆どない。
        
     〇 株価などの上昇で、数%の富裕層が富み、高額消費が増えた。 
      低所得者層には、恩恵ない。
      
      (ピ-ターソン国際経済研究所、カットナー、要旨、2013)


     ◇ TPPの米国(≒日本)= 国が富裕層の(株)化= 脱公共の格差階級社会
       
     〈「貧困大国アメリカ」など、 堤未果 岩波新書、参照〉

    例、 日本の格差

        〇 年収3百万下=43%、うち、世帯主50%、 賞与なし35%

        ○ 労働制度の不公正

         ・年収300万円以下=43%、 年収200万円以下=25%、

         ・非正規+ 正社員と同じ仕事= 41%(世帯主50%)

        〇 社会制度・・ 上位5%の公務員、大企業のための制度

  • ◇ 所得格差の改善

     低所得者層の所得率を上昇、 高所得者の所得率を低下
       
     最低時給2千円以上+ 年収8百万以上は減額、を目標
      
    ○  ピケテイ (不十分です)
       ・ 累進課税の強化 (収入、資産)
       ・ 富裕層が国外脱出しないよう、国際的に協調
      
    ○  佐野 誠さん
     ・ 労働所得の増加をともなう 内需主導型の経済発展を
     
     ・ 労働条件の改善と職の確保の両方を実現する代替案の提示
           
    ○ ×金融緩和=富集中+格差拡大→ ○最低賃金上げ+雇用流動化へ

  • ◇ 所得格差の改善

     低所得者層の所得率を上昇、 高所得者の所得率を低下
       
     最低時給2千円以上+ 年収8百万以上は減額、を目標
      
    ○  ピケテイ (不十分です)
       ・ 累進課税の強化 (収入、資産)
       ・ 富裕層が国外脱出しないよう、国際的に協調
      
    ○  佐野 誠さん
     ・ 労働所得の増加をともなう 内需主導型の経済発展を
     
     ・ 労働条件の改善と職の確保の両方を実現する代替案の提示
           
    ○ ×金融緩和=富集中+格差拡大→ ○最低賃金上げ+雇用流動化へ

    ○ 既得権・ムダは×→民間給4百万=公務員へ、税補助、公共事業減他

    ○ 低所得者層の所得率を上昇、 高所得者の所得率を低下
      最低時給2千円+ 年収8百万上は減額、を目標
      
    ○ 金融ゲーム(儲けた側の金額=損した側の金額) ← 実態経済を破壊
      1年以内の株譲渡益に50%課税、 空売り、先物、FX← 規制

    ○ オランダ=雇保3年超+ 職業教育→ 昇給+通年就業、ワークシェア

    ○ 終身雇用× +定期一括採用×→  通年採用〇+ 同一職務同一賃金〇

  • ◇ 資本主義の発展→ 富の集中+ 格差拡大・世襲階級化
      (ピケテイ、 フランス経済学者、2014)

     ○ 格差の再生産(親から子へ世襲)
      
      ・ 所得と 資産に存在する格差
     
      ・ 教育の格差
        アメリカ名門大学生の親の収入=アメリカの上位2%の収入

     例、 2008年の金融危機= 巨大企業の詐欺的行為によるもの
       (サププライム・ローン証券など)

     例、 シカゴの公立学校は、貧しい地域で予算もなく、良い教師も来ない。
       不平等が継続する背景がある。

     例、 日本の格差

        〇 年収3百万下=43%、うち、世帯主50%、 賞与なし35%

        ○ 労働制度の不公正

         ・年収300万円以下=43%、 年収200万円以下=25%、

         ・非正規+ 正社員と同じ仕事= 41%(世帯主50%)

        〇 社会制度・・ 上位5%の公務員、大企業のための制度

  • ◇ 所得格差の改善

     低所得者層の所得率を上昇、 高所得者の所得率を低下
       
     最低時給2千円以上+ 年収8百万以上は減額、を目標
      
    ○  ピケテイ (不十分です)
       ・ 累進課税の強化 (収入、資産)
       ・ 富裕層が国外脱出しないよう、国際的に協調
      
    ○  佐野 誠さん
     ・ 労働所得の増加をともなう 内需主導型の経済発展を
     
     ・ 労働条件の改善と職の確保の両方を実現する代替案の提示
           
    ○ ×金融緩和=富集中+格差拡大→ ○最低賃金上げ+雇用流動化へ

    ○ 既得権・ムダは×→民間給4百万=公務員へ、税補助、公共事業減他

    ○ 低所得者層の所得率を上昇、 高所得者の所得率を低下
      最低時給2千円+ 年収8百万上は減額、を目標
      
    ○ 金融ゲーム(儲けた側の金額=損した側の金額) ← 実態経済を破壊
      1年以内の株譲渡益に50%課税、 空売り、先物、FX← 規制

    ○ オランダ=雇保3年超+ 職業教育→ 昇給+通年就業、ワークシェア

    ○ 終身雇用× +定期一括採用×→  通年採用〇+ 同一職務同一賃金〇

  • ◇ 資本主義の発展→ 富の集中+ 格差拡大・世襲階級化
      (ピケテイ、 フランス経済学者、2014)

     ○ 格差の再生産(親から子へ世襲)
      
      ・ 所得と 資産に存在する格差
     
      ・ 教育の格差
        アメリカ名門大学生の親の収入=アメリカの上位2%の収入

     例、 2008年の金融危機= 巨大企業の詐欺的行為によるもの
       (サププライム・ローン証券など)

     例、 シカゴの公立学校は、貧しい地域で予算もなく、良い教師も来ない。
       不平等が継続する背景がある。

     例、 日本の格差

        〇 年収3百万下=43%、うち、世帯主50%、 賞与なし35%

        ○ 労働制度の不公正

         ・年収300万円以下=43%、 年収200万円以下=25%、

         ・非正規+ 正社員と同じ仕事= 41%(世帯主50%)

        〇 社会制度・・ 上位5%の公務員、大企業のための制度

  • ◇ 所得格差の改善

     低所得者層の所得率を上昇、 高所得者の所得率を低下
       
     最低時給2千円以上+ 年収8百万以上は減額、を目標
      
    ○  ピケテイ (不十分です)
       ・ 累進課税の強化 (収入、資産)
       ・ 富裕層が国外脱出しないよう、国際的に協調
      
    ○  佐野 誠さん
     ・ 労働所得の増加をともなう 内需主導型の経済発展を
     
     ・ 労働条件の改善と職の確保の両方を実現する代替案の提示
           
    ○ ×金融緩和=富集中+格差拡大→ ○最低賃金上げ+雇用流動化へ

    ○ 既得権・ムダは×→民間給4百万=公務員へ、税補助、公共事業減他

    ○ 低所得者層の所得率を上昇、 高所得者の所得率を低下
      最低時給2千円+ 年収8百万上は減額、を目標
      
    ○ 金融ゲーム(儲けた側の金額=損した側の金額) ← 実態経済を破壊
      1年以内の株譲渡益に50%課税、 空売り、先物、FX← 規制

    ○ オランダ=雇保3年超+ 職業教育→ 昇給+通年就業、ワークシェア

    ○ 終身雇用× +定期一括採用×→  通年採用〇+ 同一職務同一賃金〇

    ○  新卒、既卒、各50%採用 →  通年採用 +ブラック企業の淘汰

    ○ 人材派遣(×)→人材紹介(〇)、 派遣は専門職だけ

    ○ 契約社員の待遇→ 正社員以上に補償 (欧州)

    ○ 職種別収入格差→ 2倍以内でよい、 同じ人の必要な仕事

    ○ ワーカーズコープ=皆、経営+労働者で公平感、活性
     
    ○ 税、社会保険・統合 →歳入庁+納税番号 所得課税7割まで・・

  • ◇ 資本主義の発展→ 富の集中+ 格差拡大・世襲階級化
      (ピケテイ、 フランス経済学者、2014)

     ○ 格差の再生産(親から子へ世襲)
      
      ・ 所得と 資産に存在する格差
     
      ・ 教育の格差
        アメリカ名門大学生の親の収入=アメリカの上位2%の収入

     例、 2008年の金融危機= 巨大企業の詐欺的行為によるもの
       (サププライム・ローン証券など)

  • ◇ 金融緩和・トリクルダウン(富者から貧者へ金)=誤り(実証済)

    ◇ 金融緩和のアメリカ= 格差階級社会、 低中所得層は受益なし
        
     〇 金融緩和で、大量にあふれた金は、世の中に出回る効果は殆どない。
        
     〇 株価などの上昇で、数%の富裕層が富み、高額消費が増えた。 
      低所得者層には、恩恵ない。
      
      (ピ-ターソン国際経済研究所、カットナー、要旨、2013)

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
かんたん口座開設・販売手数料無料!! ヤフーグループのYJFX! 投資信託