ここから本文です
  • 大韓航空 在日米軍輸送ヘリの整備事業者に



    【ソウル聯合ニュース】大韓航空が日本に駐留する米海兵隊のヘリコプターCH53約40機の整備を担当する事業者に選ばれた。同社が26日、明らかにした。

     同社は昨年8月の公開入札に参加し、今月23日に選定された。

     来月から2020年までの5年間、システム点検や機体を分解しての主要部位点検のほか、非破壊検査を実施し欠陥を修理、補強する。事業規模は500億ウォン(約55億4800万円)台。

     「スタリオン」と呼ばれる同機は、米シコルスキー・エアクラフト社が製造した大型ヘリで、長距離の人員輸送や重量物輸送、機雷探知・除去などに用いられる。

     大韓航空は1989年から2010年まで、米軍が保有する同機の整備事業を担当していた。

    聯合ニュース



    日本の安全保障もあのナッツリターンの大韓航空頼りになっちゃったね・・・

  • <<
  • 11 1
  • >>


  • 日本なんて優しい方なのでは?




    アメリカなんて、永住権保持者の韓国人はコレ




    ★アメリカに入れない韓国人続出

    移民局は犯罪経歴永住権者の再入国審査を
    大幅強化したため韓国など海外旅行行ってきて
    裁判回付事例急増

    50代永住権者であるキム某氏は最近韓国旅行後
    再入国して空港で長時間の入国審査終わりに
    とんでもない‘追放裁判出席通知書’(NTA)を発給受けた。
    13年前贋物商品販売で逮捕された戦果(前科)が問題であった。

    その間何回も韓国に行ってきても特別な問題が
    なかったキム氏はいったいどういうわけかわ
    からないとして虚しいといった。

    40代のイ某氏やはり追放危機に直面している.
    数年前に家庭暴力疑惑で有罪を受けたイ氏は
    空港入国審査官が追放事由に該当すると説明しながら

    ‘移民裁判を受けるなり、
     でなければ永住権をあきらめて
     帰国するのか’を選択しろと勧めて
    結局追放裁判に応じている状況だ。

    このように韓国など海外旅行を行ってきて
    空港入国審査過程で追放裁判出席通知書(NTA)
    を受けて裁判に回付される韓国人永住権者が
    増加している。

    これは連邦税関国境保護国(CBP)が
    入国審査台電算化完了を通じて犯罪経歴がある
    永住権者に対する再入国審査を大幅強化したためだ。


    2013年に日本上陸を拒否された
     外国人の数は2859人。
     国籍別では韓国が683人で最多


    ★去年1年間で入国拒否された
     外国人の33%が韓国人 
     ダントツの1位
     2009年02月25日

    ★成田空港で入国拒否された
     韓国人が逃走。現在行方不明
     2013年01月15日

    日本の安全保障も大韓航空頼りになっちゃった・・   日本なんて優しい方なのでは?     アメリカなんて、永住権保持者の韓国人はコレ     ★アメ

  • ソウルからヨボセヨ 



    歴史歪曲の「お手本」







      韓国の歴史教科書問題が実に面白い。新しい保守派の教科書に対し左派が反発し、さらに教育省が検定済み教科書に修正を指示しているのだが、その内容が興味深い。「韓国人の歴史観」が如実に表れていてうれしく(?)なるほどだ。

      修正指示は問題になっている保守派の「教学社版」を含め8種類すべてが対象。たとえば日本の敗戦直後、連合国が作成した地図が英語の原資料としていくつかの教科書に紹介されているのだが、竹島問題がらみのその地図の日本海部分に記された「SEA OF JAPAN」の文字を削除しろと指示しているのには驚いた。

      原資料から気にくわない部分を無くしてしまえというのだ。韓国人の歴史観では「あった歴史(事実)」より「あるべき歴史(願望)」が重要というのが筆者(黒田)のかねての見立てだが、つまり「SEA OF JAPAN」は韓国人にとってはあってはならない表記なので消してしまえ、というわけだ。政府が執筆者や出版社に堂々と資料改竄(かいざん)を命令していることになる。これはすごい。

      また一部教科書がベトナム派兵時の韓国軍の「民間人虐殺」を記述していることについても「民間人被害」への修正を勧めている。どこの国だって加害の話はできるだけ触れたくないものなのですね。

    ヴェトナムで韓国軍により日常的に一般民間人(農村の方々)が虐殺された ↓

    日本の安全保障も大韓航空頼りになっちゃった・・ ソウルからヨボセヨ      歴史歪曲の「お手本」           韓国の歴史教科書問題が実に面

  • 沖縄の左翼活動家のヘイトスピーチ 


    米兵家族への攻撃は犯罪レベル


    ハ~イ! 日本のみなさん。今回は、俺の友人でもある在沖縄米海兵隊のロバート・エルドリッジ政務外交部次長について書きたい。彼は、元大阪大学准教授で政治学博士というインテリだが、とても謙虚だ。アジアから中東地域での紛争や自然災害が起きたときに即応する部隊にいる。

    事実じゃないか。一体、何が問題なんだ?

    俺も昨年6月に米国海兵隊普天間基地も辺野古の基地も訪れた。そこには60~70代とみられる数人の左翼活動家が「オスプレイ配備反対」というパネルを首からブラ下げて、赤いメガホンで大声で叫んでいた。近づくと、手も触れていないのに、「助けてください」「暴力を受けています」などと事実無根の被害を訴え始めた。

    表向き、彼らは「平和」や「人権」を主張していたが、まったく対話も会話もできない連中だった。

    基地の関係者に聞くと、活動家の中には、米兵だけでなく、その妻子たちの車を取り囲み、「ファッ・ク・ユー!」「ヤン・キー・ゴー・ホーム!」などと、聞くに堪えない言葉を連日浴びせかけているという。えたいの知れない死体写真を車のガラスに押し付ける者もいるという。当然、子供たちは泣き出し、「もう日本は嫌だ」と言い出していると聞いた。

    これは完全な「ヘイトスピーチ」だ。いや、それ以上の「ヘイトクライム(憎悪犯罪)」といったレベルであり、警察が脅迫罪などで摘発すべきじゃないのか。こうした事実を指摘したエルドリッジ氏を批判するなんて、どうかしているぜ。

    リベラル思想に凝り固まったジャーナリストや活動家の中には、自分たちと違う意見や理論を披露する人に対して、ひどいレッテルを貼り、感情的に批判する者がいる。エルドリッジ氏を攻撃しているのは、そういう類の連中だ。俺も何度かそういうメディアの被害に遭ったぜ。

    親愛なるみなさんと、日本と米国に神のご加護がありますように。沖縄の方々が、一刻も早く、現実に目覚めることを祈っている。

    では、また会おう!

    【テキサス親父】
    ■トニー・マラーノ 評論家。1949年生まれ。テキサス州在住のイタリア系米国人。サラリーマンを退職後、動画サイト「ユーチューブ」などで連日、評論活動を行っている。

    マラーノ氏(右)は左翼活動家の言動に、あきれて笑うしかなかった(普天間飛行場近く)

    日本の安全保障も大韓航空頼りになっちゃった・・ 沖縄の左翼活動家のヘイトスピーチ     米兵家族への攻撃は犯罪レベル     ハ~イ! 日本のみな

  • 「金儲けは娘誘拐に限る」!!





                    続発した連続少女誘拐事件





                ついに、7年間にわたる誘拐・人身売買が摘発された!!





                    こんなの、氷山の一角ですよ!!





    朝鮮南部連続少女誘拐事件とは、1932年(昭和7年)から1939年(昭和14年)にかけて、日本統治時代の朝鮮の南部地域(慶尚道・全羅道地域)で続発した連続少女誘拐事件である。

    犯人は京畿道京城府本町(現大韓民国ソウル特別市中区忠武路)在住の朝鮮人夫妻で、夫は大田刑務所の元看守であった。1932年(昭和7年)に、夫は大田刑務所を退職したが、転職の当てがなかったため、とたんに生活が苦しくなった。そして「金儲けは娘誘拐に限る」と称し、妻と共謀して連続少女誘拐と人身売買を手がけるようになった。

    最初の事件は、以下のような手口で行われたという。

    慶尚北道大邱府南山町(現大邱広域市中区南山洞)の民家に犯人夫妻が訪れ、「俺は京城でも相当な資産家だ。子守娘を雇うのだが、君の娘はどうだろうか。京城の娘はどうも生意気で・・・」と言葉巧みに親を説得し、前金として10円を支払い、その家の娘(当時18歳)を引き取った。その後、娘を京城ではなく中華民国の天津に連れて行き、1000円で売り飛ばしたという。

    その後の7年間、同様の手口で朝鮮半島南部の少女約150人を拐かし、当時は日本人と朝鮮人などの植民地の人間はパスポートなしで渡航できた満州国や中華民国の人身売買市場に連れて行き、約60000円を荒稼ぎしたという。

    1939年3月4日、全羅南道光州府(現光州広域市)から連れて来られた少女(当時18歳)は、身の危険を感じて犯人宅から逃亡した。犯人は「自分の姪がいなくなった」と東大門警察署に捜索願を届け出たが、不審に思った署員から問い詰められ、7年間にわたる誘拐・人身売買を自白し、逮捕された。

    加害者及び被害者が全員朝鮮人だったことから、朝鮮語メディアである東亜日報や朝鮮日報が特集を組むなど、大きく取り上げられた。

    日本の安全保障も大韓航空頼りになっちゃった・・ 「金儲けは娘誘拐に限る」!!                       続発した連続少女誘拐事件

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン