ここから本文です
  •  特定秘密保護法案(憲法違反、民主社会の否定) が成立したら、
    次の選挙で、自民、公明に投票せず、 その後、廃止すべき

    ◇ 特定秘密保護法案= 憲法違反、基本的人権、国民主権、言論の自由を侵害、 

    ◇ 秘密保護法案、殆どの大新聞も、「廃案にすべき」 を主張。
       憲法、メデイア法学者、刑事法学者、弁護士会など法律専門家、
       
       ペンクラフなど識者、 一部メデイア、  外国特派員協会も、 反対。

    〇 秘密保護法案= 議員の良識で廃案へ。(某新聞)

    国会議員の議論も不可能。 立法、行政の三権分立も否定。

    〇 特定秘密に接近する行為も事前処罰。
      「共謀」 ・・話し合い、 「扇動」 ・・呼びかけ、 も逮捕される。

    〇 秘密保護法案= 公約にない、憲法違反の法案、戦前の言論統制に

    〇 国民主権、言論の自由を侵害、憲法違反、
    民主社会から独裁社会へ。 (権力の都合よく言論、世論統制)

       広く、深く秘密の体系をつくる、 戦前の軍事機密に似る。

    〇 広範な情報が行政の一存で指定される ⇒ 憲法の基本原理に違反、 
    国民主権、国民の知る権利、基本的人権、平和主義を踏みにじる

    (例)  原発をテロ対象とすれば、 反原発の市民運動も、テロで逮捕。

        「共謀」 ・・話し合い、 「扇動」 ・・呼びかけ、 も逮捕

    〇 国家の行政全体、経済、警察なども規制対象、重い罰則 ←従来の法律と別体系

    ◇ 戦前の 「治安維持法」同じ構造。拡大解釈で、政権批判者を逮捕。

    〇  元毎日記者、西山太吉さんの話
     「沖縄変換密約 (核兵器持込容認)」をあばき、
    取材方法の不倫事件に世論の目をすりかえられ、つぶされた。  
    西山さんの時代と同じ、情報を隠し、言論統制。

    「民主主義の前提の情報公開を否定。 
    権力の都合の悪い情報は隠される。 秘密国家になる。
    取材の自由、知る権利への配慮 という抽象的な言葉は無効。 
    法令違反、著しく不当な方法でない取材のみ許可とは、
    誰が不当か、そうでないかを決めるのか。 
    結果的に、権力の言論統制そのもの。」

    〇  「戦前と同じ」 発想。  特定秘密保護法案は 不必要 (某大新聞)
        民主主義の原理である、国民の主権や、言論の自由を損なう。
        公安警察などが、国民の思想や行動を監視、政権批判を禁止。
    民主主義を破壊。
        公務員が秘密を守るのは当然。規律の徹底で、新法は不必要。
    秘密保護法案は、戦前のように、結果的に、政権批判を抹殺し、
    民主主義を破壊する。

  • <<
  • 50 16
  • >>
  • 最新のコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • 秘密保護法が明らかに憲法違反だが、憲法なぞは知ったこっちゃないというんだから、始末に負えない、自分たちが戦前風に改定できたら順守を強制するだろう。

    安倍総理が現行憲法についてこれは外人が作った「みっともない憲法だ」といって
    居て、一方天皇陛下がこの憲法を守りましょうとといって居る、後者の発言を調べるには宮内庁のウエブで見つかる、

    以下のこの総理の発言への評論のウエブでは、

    彼が本音を言っている下品な様子が出ているが、この場面を別に動画でも姿を見、声も聴き現行憲法を本当に軽侮しているその場面に慄然とした。

    こんな政権が権力の座にずっと居座れるとしたら、支持する側の素質の問題で、安倍が隠した秘密を漏らしたと、時々つかまって刑務所に入れてもらえばよいね、

  • ◆『マッカーサーの告白』


    日本の皆さん、先の大戦はアメリカが悪かったのです。
    日本は何も悪くありません。日本は自衛戦争をしたのです。

    イギリスのチャーチルに頼まれて、対ドイツ参戦の口実と
    して、日本を対米戦争に追い込んだのです。アメリカは日本
    を戦争に誘い込むためにイジメにイジメぬきました。

    そして最後通牒としてハルノートを突き付けました。
    中国大陸から出て行けだの、石油を輸入させないなど、アメ
    リカに何の権利があったというのでしょう。

    当時、アジアのほとんどの国が白人の植民地でした。白人は
    よくて日本人は許さなかったのです。ハルノートのことは、
    私もアメリカの国民も知りませんでした。

    あんな物を突き付けられたら、どんな小さな国でも戦争に立
    ち上がるでしょう。戦争になれば圧倒的な武力でアメリカが
    勝つことは戦う前から分かっていました。

    我々は戦後、日本が二度と白人支配の脅威とならないよう
    周到な計画を建てました。アメリカは知っていたのです。
    国を弱体化する一番の方法はその国から自信と誇りを奪い、
    歴史を捏造することだと。

    戦後アメリカはそれを忠実に実行していきました。日本が
    アジアを白人の植民地から解放しようとしたという本当の
    理由を隠すため大東亜戦争という名称を禁止し代わりに
    太平洋戦争という名称を使わせました。

    東京裁判はお芝居だったのです。アメリカが作った憲法を
    日本に押し付け、戦争ができない国にしました。公職追放
    をしてまともな日本人を追い払い、代わりに反日的な左翼
    分子を大学など要職にばら撒きました。

    その教え子たちが今マスコミ・政界などで反日活動をして
    いるのです。

    徹底的に検閲を行い、アメリカにとって都合の悪い情報は
    日本国民に知らせないようにしました。ラジオ・テレビを
    使って戦前の日本は悪い国だった、戦争に負けて良かった
    のだと日本国民を騙しました。

    「私は日本について誤解をしていました。日本の戦争の目
    的は侵略ではなく自衛のためだったのです。太平洋におい
    て米国が過去百年間に犯した最大の過ちは、共産主義を中
    国において強大にさせたことでした。東京裁判は誤りだっ
    たのです。

    <中略>

    したがって日本が戦争に飛び込んでいった動機は、大部分
    が安全保障の必要に迫られてのことだったのです」


    アメリカ上院軍事外交合同委員会の公聴会にて

    1951年5月3日
    ダグラス・マッカーサー

    秘密保護法案=戦前の 「治安維持法」と同じ効果。 拡大解釈で、政権批判者を逮捕( 外国特派員協会も、 反対) ◆『マッカーサーの告白』    日本の皆さん、先の大戦はアメリカが悪かったのです。 日本は何も悪くあ

  • 今や飛ぶ鳥落とす勢いの億万長者・・・





               不法入国者が成功する秘訣とは???





    マルハン会長の韓昌祐(密航者)

    【千葉】パチンコの「マルハン」、習志野への新規出店を巡り住民に嫌がらせ? ゴキブリの死骸、死んだハト、脅迫電話も
    http://news.livedoor.com/article/detail/8286460/
    習志野のマルハン建設めぐり騒動
    死んだハト、血まみれのティッシュ……習志野パチンコ店建設強行問題で、反対住民に相次ぐ嫌がらせ被害
    2013年11月25日19時00分、日刊サイゾー


     反対運動が起こっていた千葉県習志野市のパチンコ店建設で、一部の反対住民が嫌がらせ被害を受けていたことが分かった。

    「おまえの施設が出て行ったらええねん/20人ぐらいのガキのために/何千人もいるパチンコファン犠牲にすんなや」

     同市にある障害児童福祉施設に、こんなメールが送られてきたのは、ちょうど建設が始まったばかりの今年5月のこと。新設のパチンコ店とは、わずか90メートルの距離とあって、施設の関係者がこの建設に対して問題提起を行っていたところ、こうしたメールのほか、多数のゴキブリの死骸や血のついたティッシュペーパーなどが敷地内に投げ入れられた。

    さらには運営者の自宅にまで連日、石やゴミが投げつけられるありさまで、反対運動をしていた中心メンバーにも被害が集中。反対集会を主催した男性の自家用車が傷つけられたり、この件を取材していた地元の記者には「おまえパチンコに反対して何の得があんねん」という脅迫電話があり、庭には死んだハトの死骸が複数、投げ込まれた。

    「それまでこんなことは一度だってなかったのに、パチンコ反対運動をした途端にこれですからね……」(ある住民男性)

     マルハン習志野店の建設は、今年2月ごろになって住民の知るところとなったが「その時点ですでに、4月に着工予定と、ストップはかけられない状態だった」(同)という。現場は閑静な住宅街だが、約4,000平方メートルに777台の駐車場を持つ大型店ができるという話に、周辺は騒然となった。目前には高校や福祉施設があったからだ。

    こいつが戦後のどさくさ期の密航者、不法入国者の
    マルハン会長の韓昌祐 ↓

    秘密保護法案=戦前の 「治安維持法」と同じ効果。 拡大解釈で、政権批判者を逮捕( 外国特派員協会も、 反対) 今や飛ぶ鳥落とす勢いの億万長者・・・                 不法入国者が成功する秘訣とは?

  •  市有地に掲げられた文章としては、一方的であり、極めて不適当





           慰霊の場であるべき平和公園の政治利用を助長





    【長崎原爆朝鮮人犠牲者追悼碑の説明文全文】
     1910(明治43)年8月22日、日本政府は「日韓併合条約」を公布し、朝鮮を完全に日本の植民地支配下に置いたため、自由も人権も、さらに貴重な土地も奪われ、生活の手段を失った朝鮮人たちは日本に流入した。

    その後、日本に強制連行され強制労働させられた朝鮮人は、1945(昭和20)年8月15日の日本敗戦当時は、実に236万5263人、長崎県全体に在住していた朝鮮人は約7万人という多数に上がった(内務省警保局発表)。

    そして長崎市周辺には約3万数千人が在住し、三菱系列の造船所、製鋼所、電機、兵器工場などの事業所や周辺地区の道路、防空壕、埋立て等の作業に強制労働させられ、1945(昭和20)年8月9日のアメリカ軍による原爆攻撃で約2万人が被爆し、約1万人が爆死した。
     
    私たち、名もなき日本人がささやかな浄財を拠出して異郷の地長崎で悲惨な生涯を閉じた1万余の朝鮮人のために、この追悼碑を建設した。かつて日本が朝鮮を武力で威かくし、植民化し、その民族を強制連行し、虐待酷使し、強制労働の果てに遂に悲惨な原爆死に至らしめた戦争責任を、彼らにおわびすると共に、核兵器の絶滅と朝鮮の平和的な統一を心から念じてやまない。



    長崎市・平和公園に、日本の戦争責任を一方的に追及する長崎原爆朝鮮人犠牲者追悼碑が、設置許可の更新もせずに30年以上、放置されていたことが明らかになった。碑の前では設置団体が日本を非難する集会を開いていた。

    公園用地の所有者であり管理責任もある長崎市は、更新の手続きを設置団体に促すこともしておらず、この姿勢が、慰霊の場であるべき平和公園の政治利用を助長したといえる。

     追悼碑と説明板は、爆心地公園と呼ばれる「平和公園・祈りのゾーン」に「長崎在日朝鮮人の人権を守る会」が建立した。その後、「南京大虐殺」や「従軍慰安婦」を紹介する私設資料館「岡まさはる記念長崎平和資料館」の広告看板を説明板近くに無断掲示していた。岡正治氏は守る会の設立者だ。

     日本軍が強制連行したとする証拠はない「従軍慰安婦」はもとより、説明板にある「(日本は)武力で威かくし朝鮮半島を植民地化した」「人々の土地を強制的に奪った」などの事項は、専門家の間でも、歴史的事実かどうか意見が分かれている。

     市有地に掲げられた文章としては、一方的であり、極めて不適当といえる。ところが、長崎市は市のホームページ「平和・原爆」のコーナーで、この説明文全文を紹介している。碑は昭和57年に、説明板は平成10年に設置期限を迎えたが、市は更新手続きをするよう、守る会を指導することもなく、放置した。

     それどころか、守る会は毎年8月9日に追悼碑前で政治色の強い集会を開催し、昨年は代表の高實康稔長崎大名誉教授が「日朝平壌宣言に基づいて国交を正常化する努力を怠った日本の責任は重大だ」などと述べた。

     慰霊の場が政治利用されてしまう-。この状況を憂慮し、昨年11月、長崎市在住の会社経営、小川茂樹氏が住民監査請求を実施。私設資料館の看板撤去や慰霊・追悼目的に反する使用を認めないことなどを求めた。

     
    朝鮮人が、日英韓の三か国語で書いてたてた大看板(長崎市平和公園内) ↓

    秘密保護法案=戦前の 「治安維持法」と同じ効果。 拡大解釈で、政権批判者を逮捕( 外国特派員協会も、 反対)  市有地に掲げられた文章としては、一方的であり、極めて不適当              慰霊の場であ

  • どうして嫌いな日本まで来て・・・





        自国内とか、香港やマカオに行けばと思うのですが・・・





    NEWSIS/朝鮮日報日本語版


    脱北者の女性たちを、日本で自分たちが運営するマッサージ店(を装った売春業者)で雇用し、売春をさせていたとして起訴された被告人が、実刑判決を免れた。

     ソウル中央地裁刑事14部(イ・ヨンナム裁判長)は、売買春処罰法に定める売買春あっせん罪で起訴された女性(53)に対し、懲役1年、執行猶予2年の判決を言い渡した、と19日発表した。

     被告は2008年11月から10年9月まで、東京・上野周辺でマッサージ店2カ所を運営し、脱北者の女性たちに売春をさせていたとして起訴された。

     被告はブローカーを通じ、脱北者の女性たちを日本に入国させた後、売春婦として雇用し、マッサージ店の客たちから1時間当たり6000-1万円を受け取っていたことが分かった。

     検察の調べで、被告は自分が雇った脱北者の女性たちから、売春で得た金の50%を受け取り、1日に1000円を食費の名目で出させていたことが分かった。

    キム・ナンヨン記者

    下は、日本で摘発された韓国人売春婦たち ↓

    秘密保護法案=戦前の 「治安維持法」と同じ効果。 拡大解釈で、政権批判者を逮捕( 外国特派員協会も、 反対) どうして嫌いな日本まで来て・・・          自国内とか、香港やマカオに行けばと思うのですが・

  • 日本人の多くが知らない





            こういう歴史・絆を今こそ「知る」べきです!!





    戦後、スリランカのジャヤワルダナ氏の演説がなければ、日本という国は無くなっていたかも知れない・・・心から感謝すべき国。


    ジャヤワルダナ大統領は戦後の日本を救った一人。

    1951年にサンフランシスコ講和会議で、日本と戦った国は莫大な賠償を日本に請求。

    更に日本の領土分割案も出ていた。
    当時、大蔵大臣だったジャヤワルダナ氏のスピーチで方向が大きく変わった。
    スリランカの資料館にはそのスピーチ原稿と肉声が残されている。


    ジャヤワルダナ氏「日本から賠償をとるべきでしょうか?我々は権利を行使するつもりはありません。憎しみは憎しみでは消えず、愛する事によってなくなります。」(大拍手)

    会場は万雷の拍手に包まれ、日本は分割統治を免れた。 

    吉田茂元首相は「日本人はこの大恩を後世まで忘れてはならない」と。


    日本人が知らないだけでスリランカは世界で最も親日国なのです。

    何故そこまで親日なのか?

    ヨーロッパ列強と戦った勇気ある偉大な国としての日本、その国民に対して敬意を表するところがあるからです。


    ジャヤワルダナ大統領は1996年に亡くなったが、両国を見守りたいという思いで、右目の角膜をスリランカ人に、左目の角膜は日本人に送ってくれと遺言。


    この方がスリランカ初代大統領のジャヤワルダナ氏です。 ↓

    秘密保護法案=戦前の 「治安維持法」と同じ効果。 拡大解釈で、政権批判者を逮捕( 外国特派員協会も、 反対) 日本人の多くが知らない              こういう歴史・絆を今こそ「知る」べきです!!

  • ◇ 識者、朝日、毎日、東京新聞なども、「廃止にすべき」 と反対継続。

    ○ 憲法学者、 メデイア法学者 、刑事法学者、 弁護士会、

    ○ ヘンクラフなど識者、 学者グループ、 一部医師会、 一部メデイア。

    ○ 外国特派員協会、 国際ペン 、国際人権組織、

    ○ ヨーロッパ諸国・・ 「情報隠避の独裁社会化へ」 との論評。

    ○ NYタイムズ・・ 非難社説→ 「時代錯誤の悪法」 (2013)

    ◇ 「憲法9条の実質的な改変を、憲法に拘束されるはずの政府が閣議決定で行うことは、
     立憲主義に根本から違反している」とする抗議声明を発表。(日弁連、村越進会長)

    ◇ 秘密保護法=記者を1人拘束→ 政権批判封じ、言論自粛 (半藤一利、昭和史)


    ◇ 秘密保護法= 言論の自由に対する縛りを握った (半藤一利、昭和史)

    ◇ 解釈改憲で、 憲法9条が完全に空洞化される。 (半藤一利、昭和史)

  • 本日は、全国JR主要各駅で、各地域の有志の方々が
    集団的自衛権反対の街宣活動を予定しています。

    議員や団体任せじゃ。なにも変わりません。
    自分で
    「戦争反対」を呼びかけしましょう。
    掲示板はネットウヨに譲って、街に出よう。
      (このレスに対する反対意見等は遠慮ください。)

  • あなた、ハングル語を勉強したことありますか???





    以前、NHKの語学講座でハングル語講座というのがありましたよね。
    へんてこな名前の講座ですね。

    韓流ブームの勃興に伴い、また一般の人たちからの要望も相まって、NHKは朝鮮語講座の開設を決断しました。言語学会では、朝鮮半島の言語を朝鮮語と呼ぶのが一般的です。

    ところが、これを察知したNHKの民団系職員がすぐに民団本部にご注進に行きました。民団本部は総力を挙げてNHKに圧力をかけ、韓国語講座という名前にするように迫りました。

    ところがところが、これをまた察知した総連系のNHK職員が総連本部にこのことを注進しました。総連側も総力を挙げてNHKに圧力をかけ、当初の予定通り朝鮮語講座という名前にするように、執拗に強要しました。

    一説によると、NHK内部の在日系職員同士で乱闘騒ぎがあったやに伝えられています。

    困りに困り果てたNHKは一計を案じ、奇抜な新造語を生み出しました。はい、これがハングル語という名前なのです。

    世に日本語とい言語は存在しても、ひらがな語とかカタカナ語という言語は存在しません。同様に、世に、ハングル文字というものは存在しますが、ハングル語という言語は世界に存在しません。


    そこのあなた!
    “私ハングル語を勉強しました。”なんていうと、笑われちゃいますよ!

    はい、これ本当です!!

    もしかしてそのうち、朝鮮半島はハングル半島、朝鮮戦争はハングル戦争、在日韓国・朝鮮の人たちは在日ハングル人ってなことになりかねないかも・・・

    秘密保護法案=戦前の 「治安維持法」と同じ効果。 拡大解釈で、政権批判者を逮捕( 外国特派員協会も、 反対) あなた、ハングル語を勉強したことありますか???      以前、NHKの語学講座でハングル語講座と

  • 慰安婦問題で 


    韓国に「言論の自由」はない 


    2014.5.11 07:00[「慰安婦」問題]
     日韓の歴史認識をめぐって韓国で反日世論が起こると、特に筆者を含む保守的論調の日本人記者は、反日系の市民団体や左派系メディアから“いい顔”をされず、居心地の悪さを覚えることがしばしばある。ただ、「日本人記者の主張」として受け止められたうえで、反発を受けるわけだが、韓国人による親日的な言動、あるいは日本に理解を示すような発言への反応はその比ではない。当地では確実に、猛批判にさらされる。そんなことを象徴する光景を、最近、目の当たりにした。(ソウル 名村隆寛)

    日本人の慰安婦は?
     ソウル中心部のプレスセンターで4月29日、慰安婦問題の解決を図ろうという趣旨で、「慰安婦問題、第三の声」と題したシンポジウムが開かれた。韓国側からは学者、慰安婦支援団体の幹部、記者がパネリストとして参加。日本側からは慰安婦への「償い」のための事業「アジア女性基金」(1995~2007年)に設立当初から関わった和田春樹東京大学名誉教授がパネリストで出席した。

     韓国で「良心的な日本人学者」として知られる和田名誉教授を韓国に招いたシンポジウムは、全体的には慰安婦および慰安婦問題に理解を示すことをベースに進められた。約4時間におよぶシンポジウムの全てをここでは再現はしない。ただ、その中で興味深いやりとりがあった。

     パネリストの発言が一通り終わったあと、一般参加者とパネリストとの間で質疑応答が行われたときのこと。2人目か3人目かに手を挙げた若い男性が和田氏にこう質問した。
     「(慰安婦の強制性を認めた河野談話=1993年=の際に)日本政府は日本(人)の慰安婦に謝罪しましたか?」

     和田氏は「河野談話は(対象を)韓国人に限定していません。理論的には日本の慰安婦をも前提にしています」と答え、日本政府が日本人の慰安婦も対象に謝罪したことを説明した。

     質問者の男性はさらに尋ねた。「それでは、日本の慰安婦には補償がなされましたか?」
     和田氏は「日本人(慰安婦)には補償されたことはない」と事実通り答えた。
     2人の対話はこのようなもので、客観的に見ても、和田氏は事実に基づき、分かりやすく丁寧に答えていた。

    感情的にねじ伏せる
     一悶着あったのはこの後だ。質問者の男性は和田氏の回答を受けこう言った。「日本に対して法的な責任を求めるのは変じゃないですか。補償金(償い金)を(一部の韓国人慰安婦は)もらっていますねえ。あれこれ言うのならわが国(韓国)の政府にも言えばいいじゃないですか」

     男性は「今や慰安婦問題は韓国の国内問題になっている」と主張したかったようだ。同じ会場にいた日本人記者の1人もそう認識したという。“よくぞ、そこまで言った”と韓国人自身の発言とその度胸に内心驚いた。

     ところが、そのとき、慰安婦支援団体の高齢女性が声を張り上げ始めたのだ。「なんてこと言って怒らせるの」「そんなこと言わないでよ。侮辱だよ!」と。さらにこう続けた。「あなた、どこに住んでいる人なの?」とすごいけんまくで男性をしかり始めた。

     途中から訳が分からなくなり、議論がかみ合っていないのかと思ったが、とにかく男性の主張が許せないようだ。司会者らがなだめて、その場は収まった。しかし、多勢に無勢。質問者の男性は感情的な言葉で押さえつけられ、見事に“黙らされて”しまった。

     韓国では償い金をもらった慰安婦もいるが、頑としてこれを拒む者もいる。現に韓国の慰安婦支援団体「韓国挺身隊問題対策協議会」は日本の「法的責任」をあくまで求め、日本政府に「賠償」としての措置を要求し続けてきた。

     それ以前に、慰安婦問題をめぐっては1993年に当時の金泳三大統領が「徹底的な真相究明が重要であり、日本に物質的な補償は求めない」と断言している。同時に金大統領は「(韓国の)政府予算で慰安婦への生活保護をする」とも表明している。

    秘密保護法案=戦前の 「治安維持法」と同じ効果。 拡大解釈で、政権批判者を逮捕( 外国特派員協会も、 反対) 慰安婦問題で    韓国に「言論の自由」はない    2014.5.11 07:00[「慰安婦」問題

  • 鬼畜のなせるわざか!!


       韓国軍によるヴェトナムでの日常的な虐殺行為!!



    妊婦を跪かせて至近距離から前頭部を銃撃で吹き飛ばした。教会の修道女まで殺害した。

     銃撃された妊婦 ↓

    秘密保護法案=戦前の 「治安維持法」と同じ効果。 拡大解釈で、政権批判者を逮捕( 外国特派員協会も、 反対) 鬼畜のなせるわざか!!       韓国軍によるヴェトナムでの日常的な虐殺行為!!     妊婦を跪

  • 大東亜戦争 各国の証言その3


    ★イギリス 歴史学者 アーノルド・J・トインビー
     「第2次大戦において日本人は日本の為というよりも、むしろ戦争によって利益を得た国々の為に偉大なる歴史を残したといわねばならない。
    その国々とは日本の掲げた短命な理想であった大東亜共栄圏に含まれていた国々である。」


    ★マッカーサー元帥
     昭和25年10月トルーマン大統領に対して「東京裁判は誤りであった」と告白。
    さらに昭和26年に米国上院において「日本がおこなった戦争は 正当防衛であり侵略戦争ではなかった」と公式に証言。


    ★イギリスの国際法の権威ハンキー卿
     『戦犯裁判の錯誤』という本の中で「日本無罪論のパール判事の主張は絶対に正しい」と明言。


    ★インドのパール判事
     日本が戦争にふみきったのは「侵略のためではなく」独断的な政策をとった西洋諸国によって挑発された為であり、「東京裁判は正義の実現ではなく勝利者による復讐」であるとし、「日本は国際法に照らして無罪である」と主張したが、その主張を法廷で述べることを許されなかった。


    ★インド ラダ・ビノード・パール 法学者、極東国際軍事裁判判事
     「欧米諸国は日本が侵略戦争を行ったということを歴史にとどめることによって、自分らのアジア侵略の正当性を誇示する目的であったにちがいない。
     日本の子弟がゆがめられた罪悪感を背負って、卑屈、退廃に流れていくのを、私は平然と見過ごす訳にはゆかない。誤られた彼らの宣伝を払拭せよ。 誤られた歴史は書き換えられなければならない。」

    秘密保護法案=戦前の 「治安維持法」と同じ効果。 拡大解釈で、政権批判者を逮捕( 外国特派員協会も、 反対) 大東亜戦争 各国の証言その3   ★イギリス 歴史学者 アーノルド・J・トインビー  「第2次大戦に

  • ああ、無情!!    


    老いても、なお犯される元慰安婦たち!



    鬼畜のなせる業か!!

     


    韓国元慰安婦施設の実態!!!





    ナヌムの家(나눔의집、ナヌメチプ=朝鮮語で「分かち合いの家」の意、英語名:House of Sharing)は、かつて日本軍の慰安婦であったと主張する高齢の韓国人女性(「ハルモニ」=おばあさん と呼ばれている)数名が、日韓の若者を中心としたボランティアスタッフとともに共同生活を送る韓国京畿道広州市にある民間の施設であり、「被害の歴史を昇華させ、世界的な歴史と平和、人権の聖地にすること」を目的に掲げている。

    1年間の来訪者数は1万人。そのうち3000~5000人が日本からの訪問者である。
    大学生など若年層や市民団体・社会運動関係者を中心とした日本人も訪れ、女性たちの体験談に耳を傾けている。日本の日教組関係者をはじめとする学校関係者や、贖罪のために朝鮮半島を訪問する日本人の来訪者も多い。日本人男性が「日本人の罪」と向き合うためにボランティアスタッフとして滞在している。

    毎週水曜日には、ソウルの日本大使館前で日本政府による公式謝罪と正式な賠償を求めるデモを行っている(いわゆる水曜デモ)。
    このデモには、2001年(平成13年)、民主党の参議院議員岡崎トミ子がプラカードをもって参加した。同議員の脇で日の丸にバツをつけたプラカードなど日本を愚弄・非難する内容のプラカードを持った参加者が多数いたため、「国費で訪韓した日本の国会議員が反日デモに参加するとは何事だ」と産経新聞などの保守派から多くの批判の声が上がった。

    2001年2月にナヌムの家の園長である僧侶の慧眞(ヘジン)が、当時収監していた老婆や女性職員十数名に対して性交渉を強要した事実が暴露された。韓国性暴力相談所に女性職員が「慧眞が園長という地位を利用して、1997年2月から1998年の5月までひと月に2、3回ずつ性関係を強要した」と告発したことで公になった。慧眞は非を認め、辞任するに至った。罪には問われなかった。なお、慧眞は告発される前の2000年12月に開催された「日本軍性奴隷制を裁く女性国際戦犯法廷」に参加しコメントを残している。

    慰安婦問題に関わってきた山下英愛(やましたよんえ、ブリティッシュコロンビア大学アジア研究所客員研究員)は、この事件について「慰安婦運動」をしている者達が、この事件の真相究明と解決のための積極的な行動をしなかったことを挙げて、同じ性暴力でありながら加害者(日本)を責める「慰安婦運動」は、性暴力運動というよりも、韓国独特の民族運動的性格なものといえるのではないか、と論じている。

    虚構の館、ナヌムの家 ↓

    秘密保護法案=戦前の 「治安維持法」と同じ効果。 拡大解釈で、政権批判者を逮捕( 外国特派員協会も、 反対) ああ、無情!!        老いても、なお犯される元慰安婦たち!     鬼畜のなせる業か!!

  • 慰安婦の半分の真実……埋もれた半分を照らし出す



    ◇帝国の慰安婦/パク・ユハ著



    一言で言えば、慰安婦に対する韓国人の誤った認識と接近方式が今日の日本の右傾化を招いたという主張だ。思わずかっとなった。「何だと?被害者である慰安婦のおばあさんを売春婦だと罵倒する加害者日本の声に耳を傾けようというのか。」

    著者は、そのような浅薄な日本右翼の声に同調するのでは決してない。ただ、その人権侵害犯罪の責任が日本帝国主義にだけあるのではなく、植民支配と貧困、家父長制、国家主義の複合的産物であることを強調する。

    この問題を無条件に日本の国家犯罪と賠償に連結させて慰安婦ハルモニたちを永遠の人質として捉えておくことを止めなければなければならない、と主張する。

     韓国人であれば、「いや、なぜ私たちが傲慢な加害者を徹底的に断罪することを抑えなければならないのか?」と反問するだろう。だが、それが本来私たち自身に不都合な内容は無視して日本に不利な内容だけを拡大・再生産する記憶の歪曲としてなされたのならば?そのために、理解と和解でなく怒りと敵対の悪循環だけを招いているのならば?

    『反日民族主義を越えて』と『和解のために―教科書・慰安婦・靖国・独島』という本を書いた著者は、韓国で生まれて日本の慶応大学と早稲田大学大学院で日本文学を専攻した世宗大学日文科教授だ。つまり、韓国と日本に対する理解が深い。

    そういう著者の問題意識は、1990年の初めに韓日関係のアキレス腱として浮かび上がった慰安婦問題が、なぜ20年が過ぎても解決することができずに逆に悪化の一途をたどるのか、というところから出発する。

    韓国人はこれを日本の右傾化のせいにする。 だが、著者は、反対に、韓国人たちが十分に解決することができた問題を大きくし、そのことによって日本右翼だけでなくこの問題に罪の意識を感じていた一般の日本人にまで嫌気を起こさせたと主張する。

    問題は、韓国の挺身隊問題対策協議会(挺対協)が日本のこのような内部事情を分からないまま「国会立法による国家賠償」だけ要求して状況が大きく絡まってしまったと著者は指摘する。

    つまり、慰安婦問題を過去の日本帝国の謝罪と反省に終わらせず、現在の右翼に対する攻撃手段とする日本の進歩陣営の「冷戦的思考」がより増す中で、
    そのことによって一般の日本人にまで嫌気を起こさせたと主張する。

     この本の最も敏感で大きなテーマは、慰安婦の数多くの証言の中に含まれている「日本軍の残虐性に亀裂を加える」証言だ。彼女らを騙して戦場に連れて行って虐待と搾取を日常的に行った主体は、ほとんどが同胞である朝鮮人の民間業者だった。

     私たちの記憶の中の慰安婦は、「日本軍の軍靴に踏みにじられるか弱い十五歳の少女」、あるいは「老身を押して闘争する闘士」だ。 日帝が14~25才の女性労働力の動員のために女子学生を中心に募集した挺身隊と混同した結果だ、と著者は主張する。

    そして問うのだ。 このような錯綜したイメージが日本に対する憎悪を強化させ、まさに同族を売り飛ばした私たちの罪に目を閉じさせているのではないか、と。

     著者のこのような挑発的な主張にうなずくことは、明らかに容易ではない。だが、慰安婦問題に対して日本だけ鋭く睨んで来た我々自身の姿も一度くらい鏡に映して見る時なのかも知れない。

    2013-08-10 東亜日報
    http://m.donga.com/Main/3/all/20130810/56940279/1
    クォン・ジェヒョン記者

    この人が最も冷静で知性ある人、パク・ユハ教授 ↓

    秘密保護法案=戦前の 「治安維持法」と同じ効果。 拡大解釈で、政権批判者を逮捕( 外国特派員協会も、 反対) 慰安婦の半分の真実……埋もれた半分を照らし出す     ◇帝国の慰安婦/

  • 「日本に酷い目に遭った東南アジア諸国が日本を支持するとは驚愕…




    韓国・中国が孤立する!




    何とかしないと」…韓国紙




    http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=80012&type=
    アジアで孤立した韓国と中国=侵略の被害受けた東南アジアまで日本支持に―韓国紙
    Record China 12月4日(水)14時4分配信

    2日、韓国紙・朝鮮日報中国語版は記事「日本はなぜ過去36年間にわたり、一貫して東南アジアに好意を示してきたのか」を掲載した。韓国や中国と同じ、日本の侵略の被害を受けた東南アジア諸国まで日本支持に回ったことを衝撃と評している。

    2013年12月2日、韓国紙・朝鮮日報中国語版は記事「日本はなぜ過去36年間にわたり、一貫して東南アジアに好意を示してきたのか」を掲載した。

    “日本の集団的自衛権解禁問題。韓国は強く反発しているが、多くの国から「背後からの一撃」を食らわされたことは否定できない。中国を牽制するための「不沈空母」として日本を使いたい米国についてはまだ予想できた。米国が韓国ではなく日本を選んだのは残念とはいえ、衝撃というほどのことではない。日本のもう一つの同盟国であるオーストラリアや日本の軍事的影響力が及ばない欧州連合(EU)の賛同も理解できないわけではない。

    しかし韓国や中国と同様に日本に侵略された経験を持ち、いまだに従軍慰安婦問題を抱えているフィリピン、タイ、マレーシア、インドネシアなどの東南アジア諸国が日本を支持したことには驚愕(きょうがく)した。アジアにおける中国、韓国の孤立を意味しているからだ。

    韓国政府関係者は、南シナ海問題において日本の力を借りるためだとASEAN諸国の態度を分析する。だがそれだけではない。日本の東南アジアへの接近は36年前から始まっていたのだ。1977年、福田赳夫元首相はフィリピンで「日本は軍事大国にはならない。政治、経済、社会文化の領域でASEAN諸国と心からの友人になりたい」と発言した。

    この福田主義は将来の中国台頭をにらみ、東南アジアとの絆を確保する狙いがあった。ODAや投資、さらにはポップミュージック、漫画、映画、ファッション、寿司、ラーメンなどのソフトパワーまで動員して、東南アジアの人々の心をとりこにしたのだ。

    安倍首相はこの福田主義を見事に完成して見せた。昨年12月の就任から1年足らずの間に、ASEAN10カ国すべてを訪問したのだった。世界3位の経済体・日本の外交に韓国が遅れをとるのは仕方がないのかもしれない。だが、朴槿惠政権誕生から1年という時間を無駄に使ってしまった韓国の政界や指導者たちに、日本のような30~40年先を見据えた戦略的判断力があるのだろうか、心配させられる。”


    まず、フィリピン、タイ、マレーシア、インドネシアなどの東南アジア諸国が「いまだに従軍慰安婦問題を抱えている」などということはない。

    韓国以外で、「いまだに従軍慰安婦問題を抱えている」国なんてない。

    そして、「フィリピン、タイ、マレーシア、インドネシアなどの東南アジア諸国が、日本に侵略された」ということも韓国人の妄想と言って良い。

    韓国では、偉大なるウリナラの歴史は教えるが、世界史は基本的に教育していない。

    したがって、韓国人は、世界史について、全くと言って良いほど無知だ。

    フィリピン、タイ、マレーシア、インドネシアの4カ国のうち、フィリピンだけは日本側とアメリカ側に割れ、中にはアメリカ軍に加担して日本軍と戦った事実がある。

    しかし、タイ、マレーシア、インドネシアは、日本と共に大東亜戦争を戦った。

    東南アジアで唯一日本軍と戦ったフィリピンでさえ、「日本に侵略された」ということには該当しない。


    下は、インドネシアの独立記念日式典。
    必ず、先頭に日本兵がたつ。
    日本人のほとんどがこのことを知らない。  ↓

    秘密保護法案=戦前の 「治安維持法」と同じ効果。 拡大解釈で、政権批判者を逮捕( 外国特派員協会も、 反対) 「日本に酷い目に遭った東南アジア諸国が日本を支持するとは驚愕…     韓国・中国が孤

  • ◇ 「戦前と同じ」 発想。  特定秘密保護法案は 不必要 (某新聞)
        民主主義の原理である、国民の主権や、言論の自由を損なう。
        公安警察などが、 国民の思想や行動を監視、政権批判を禁止。
       民主主義を破壊。
        公務員が秘密を守るのは当然。 規律の徹底で、新法は不必要。

       秘密保護法案は、 戦前のように、結果的に、政権批判を抹殺し、
       権力の都合よく言論マスコミ統制、暮らしにくい独裁社会の出現。

  • <<
  • 50 16
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン