ここから本文です
  • 日本国籍者のオランダ労働許可が不要に


    2014年12月24日オランダ政府は、1912年に締結された「日蘭通商航海条約(The Treaty of Trade and Navigation between the Netherlands and Japan)」を根拠として、日本国籍者はオランダで労働許可なく労働ができるとの判断を下した。

    これは、オランダ雇用者がその赴任者である被雇用者に関する労働許可申請を行う必要がないことを意味する。

    日本国籍者には「自由に労働が可能な居住許可(Residence Permit “work freely permitted - work permit (TVW) not required”)」が交付される。

    したがって、日本国籍者の場合、知的労働者手続きを経る必要がなく、またオランダ雇用主は、スポンサー企業登録の必要がない。

    日本国籍者以外で非EU国籍者をオランダに派遣する場合は従来どおり。知的労働者、普通労働者の必要要件に変更はない。知的労働者としての簡易手続きを利用する場合は、まずスポンサー企業登録(有料)が必要となる。

    そこで在日の韓国、北朝鮮籍の女性にお勧めです。
    一旦日本に帰化し、日本国籍を取得したのちオランダに渡れば自由にオランダ名物の“飾り窓“で働くことができます。

    オランダは先進国でも売春が合法化されている貴重な国です。

    5年も働けば永住権がもらえます。
    それはEU域内での永住権にもなります。
    どしどしご活用ください!!

  • <<
  • 13 1
  • >>

  • 多くの韓国人を虐殺したのに・・・





          朝鮮戦争の時は・・・





               骨の髄まで属国主義が・・・





    自衛隊は拒否の韓国ロッテホテルが人民解放軍のレセプション 韓国内から批判も




     韓国・ソウルのロッテホテルが、日本人をカチンとさせる判断をくだした。日本の自衛隊行事への会場提供を前日にドタキャンしておきながら、同じ会場で、中国人民解放軍の行事は何でもなかったように開催させていたのだ。

    日韓関係の悪化が続き、中韓接近が指摘されるなか、韓国の一流ホテルまでこんな対応をするのか。朝鮮戦争で中韓両国は戦火を交えただけに、韓国内にも「おかしい」という声が浮上している。

     「中国大使館の催しは、7月25日午後6時半から9時までの間で、確かに開かれていました」

     ソウルのロッテホテルに26日午後、電話で問い合わせると、対応した女性は日本語でこう証言した。在韓中国大使館主催による「中国人民解放軍建軍87周年記念レセプション」は、例年通り、韓国軍幹部や各国の在韓武官、韓国各界関係者などを集めて、開催されたわけだ。

     この件は、韓国の著名な保守論客である、元『月刊朝鮮』編集長の趙甲済(チョ・カプチェ)氏のサイトが、行事の開催前に「おかしいのではないか」と記事で問題視した。その後、朝鮮日報(日本語版)も開催当日の25日、「自衛隊行事取り消しロッテホテル、中国軍行事は許可」と報じて、広まった。

     問題の会場では今月11日、在韓日本大使館主催の「自衛隊創設60周年記念レセプション」が開かれる予定だった。やはり、毎年恒例の行事だったが、同ホテルは前日夜になって、「会場を提供できなくなった」と一方的にキャンセルしてきたのだ。

    日本国籍者のオランダ労働許可が不要に  多くの韓国人を虐殺したのに・・・            朝鮮戦争の時は・・・           

  • まともな人もいたが



     では韓国人すべてが反日思想の持ち主かというと、そうではありません。このように日本人から見れば絶望的な韓国社会ですが、そんな中でも事実を捻じ曲げた一方的な日本悪玉論に異を唱える希望の光のような人がいるにはいました。

     金完燮という作家は「親日派のための弁明」という日韓併合に肯定的な見解の書物を出版しましたが、その結果、本は事実上の発禁処分、本人は逮捕されました。(ちなみに日本ではベストセラーとなっています)

     また、韓国で国民的人気を誇った趙英男というタレントが「殴り殺される覚悟で書いた親日宣言」という本を出版しましたが、その後は親日派(=売国奴)として激しく糾弾され、芸能活動は休止に追い込まれました。

     韓国社会において社会的地位の高い学者とて例外ではありませんでした。ソウル大学で韓国経済史を研究する李栄薫教授は「従軍慰安婦は売春業」と発言したため、元慰安婦らの前で土下座させられ、長時間にわたり罵倒を浴びせられ続けました。

     このように韓国社会で日韓併合時代を良く言うことは自殺行為なのです。どんな人気者でも社会的地位の高い人でも、ひとたび日本寄りの発言をすればマスコミをはじめ司法に至るまで、ありとあらゆる方面から圧力を受け、集団リンチで社会的に抹殺されてしまうのです。

    韓国にも日本のことを正当に評価する人はいるのですが、怖くて声をあげられないというのが本当のところなのです。

     このような社会に真の言論の自由などあるはずもなく、今この瞬間にも公教育により反日韓国人が生産され続けられているのです。

    彼ら韓国政府にとっては日韓併合時代こそが不都合な真実であり、特に日清戦争で日本が勝利したことによって初めて朝鮮が独立したことや、日本人として大東亜戦争を戦ったなどという歴史の事実は、彼らにとっては消し去りたい悪夢なのです。

     ですから日韓併合時代に建設された建造物を「日本が建てた」という理由だけで取り壊し、日本に協力したとされる人たちを、親日(韓国では親日=売国)リストに載せ、子孫の財産を没収するなど、近代法の常識である「法の不遡及の原則」を捻じ曲げてまで、過去を消し去ろうとするのです。

    悲しいことに韓国は日韓併合時代を全否定しなければ国が成り立たないのです。

    日本国籍者のオランダ労働許可が不要に まともな人もいたが     では韓国人すべてが反日思想の持ち主かというと、そうではありません。このよ

  • 何が問題なのだ!!





                      生きていくために日本へ行くんだ!!





                   それが精神的“強制連行”だ!!




    『朝日新聞』1955年8月18日「65万人(警視庁公安三課調べ)の在日朝鮮人のうち密入国者が10万人を超えているといわれ、東京入国管理局管内(1都8県)では、この昨年中のべ1000人が密入出国で捕まった。全国ではこのざっと10倍になり、捕まらないのはそのまた数倍に上るだろうという」

    また、『朝日新聞』1959年6月16日「密入出国をしたまま登録をしていない朝鮮人がかなりいると見られているが、警視庁は約20万人ともいわれ、実際どのくらいいるかの見方はマチマチだ」また、『朝日新聞』1959年12月15日天声人語「韓国から日本に逃亡してくる者は月平均五、六百人もある。昭和二十一年から昨年末までに密入国でつかまった者が五万二千人、未逮捕一万五千人で、密入国の実数はその数倍とみられる」また、『産経新聞』1950年6月28日には、「終戦後、我国に不法入国した朝鮮人の総延人員は約20万から40万と推定され、在日朝鮮人推定80万人の中の半分をしめているとさえいわれる」という記事が掲載されている。

    当時の総理大臣である吉田茂も「在日朝鮮人に対する措置」文書(1949年)において、在日朝鮮人の半数は不法入国者で、大多数の朝鮮人は日本経済の復興に全く貢献せず、多くは法の常習的違反者で、共産主義者など政治犯罪を犯す傾向が強く、常時7000名以上が獄中にいるという状態であることを伝えている。

    <韓国による在日朝鮮人密入国者送還拒否>
    1952年5月12日、法務省は朝鮮人410人を韓国に強制送還したが、韓国政府は125人の引き取りを拒否し日本に送り返したため、逆送還者は大村収容所に収容された。逆送還者は収容所からの即時釈放を要求、これに在日朝鮮統一民主戦線が同調して「逆送還者奪還闘争」が開始され、1952年11月11日には暴動が発生した(大村収容所事件)。

    1955年(昭和30年)12月8日の第23回国会衆議院法務委員会では、韓国は日本政府が摘発した密入国者や犯罪者の送還を拒否し、さらにこれらを日本国内で釈放し居住させるよう要求





    下は、1959年の朝日新聞記事。 ↓

    日本国籍者のオランダ労働許可が不要に 何が問題なのだ!!                         生きていくために日本へ行くんだ!

  • 韓国に「国家破産」到来の可能性!? 


    「社会福祉費の増大で懸念広まる」と韓国メディア


     中国メディアの環球網は29日、韓国で貧困から脱することが出来ない家庭が増えていると伝え、韓国国会財政機関の報告を引用し、社会福祉費の増大によって韓国は2033年に「国家が破産」する可能性もあると伝えた。

     記事は、韓国では年間の所得が1841万ウォン(約198.0万円)を下回る世帯を貧困層と定義し、年間の所得が1842万-5524万ウォン(約198.1万円-約594万円)の世帯を中産層と定義していると紹介。  

    さらに、韓国保健社会研究院とソウル大学が27日、2006年から14年にかけて韓国国内の約7000世帯を対象に行った調査結果を発表したことを紹介し、14年に貧困層を脱した世帯比率は22.3%だったことを挙げ、06年の29.9%から同比率が下落し続けていることを伝えた。

     また、中産層から貧困層に転落した世帯比率が10.9%に達し、12年から上昇し続けていることを紹介し、「貧困から脱する世帯が減少する一方で、中産層が貧困に直面しつつあることを意味する」と論じた。

     記事は、韓国日報の報道を引用し、韓国の社会福祉制度は不完全であり、貧困層に対しては最低限の生計費を提供し、教育と住宅に対する保障を拡大すると同時に、働き口の提供についても検討の余地が必要との見方を示した。

     続けて、韓国国内では貧困から脱する術が各方面で検討されていることを紹介する一方、社会福祉費の増大によって国家が破産するのではないかとの懸念も広まっている。

    とし、朝鮮日報がこのほど社会福祉費が雪だるま式に増えているうえ、高齢化と税収の減少によって韓国政府の財政が悪化していると報じたことを紹介した。


    ものすごく悪い予感がします・・・

    一番目が平昌五輪、結局は日本に押し付けてくるでしょうね・・・

    次に、あれやこれやと難癖をつけての日本へのタカリ・・・

    日韓国交断行以外に何か選択肢がありますでしょうか・・・

    日本国籍者のオランダ労働許可が不要に 韓国に「国家破産」到来の可能性!?    「社会福祉費の増大で懸念広まる」と韓国メディア    中国

  • 在留期間を守らない民族集団の入国は厳しく制限すべきでは?


     新チャイナタウンとコリアンタウンが性産業と外国人犯罪拠点になる?


    中国人と韓国人の見分けでは、明らかに韓国人を見つける方が簡単ですよね。中国人の場合、国土が広い関係で、中国人の顔もバラエティーに富んでいて、何か、日本語を話さない限り、「この人は中国人」と決める決め手はなかなかありません。

    テレビ東京の「歌の異種格闘技戦」という番組に登場した「劇団四季出身の秋夢乃」さんは、インタビューされた時点でやっと、「あ!この人日本人じゃない」と気付きました。まあ、最近の劇団四季は劇団死期ですから、日本人劇団員が減って、中国人韓国人の劇団というイメージが強いですね。 

    さて中国人の事件です! 記事は意外と毎日新聞!
       
      
     偽造在留カードを所持していたなどとして、警視庁組織犯罪対策1課と東京入管は12日、江戸川区平井6、建築作業員、陳義文容疑者(50)ら中国籍の男4人を入管難民法違反容疑で逮捕したと発表した。同課によると、いずれも容疑を認め「(日本で)仕事をしたくて偽物を使った」などと供述している。(毎日新聞) http://mainichi.jp/area/tokyo/news/m20150213ddlk13040179000c.html


    最近、東京の池袋や埼玉県の川口周辺にたむろしている中国人は、中国共産党の工作員や中華マフィアみたいなのが多いです。

    東京の池袋では「偽造在留カードが1枚4万円で買える」という噂があります。池袋はこのままほうっておくと、新チャイナタウンになる可能性も危惧されています。新チャイナタウンとコリアンタウンは「犯罪拠点」と思っておいたほうがよさそうですね。

    日本国籍者のオランダ労働許可が不要に 在留期間を守らない民族集団の入国は厳しく制限すべきでは?    新チャイナタウンとコリアンタウンが性

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン