ここから本文です
  • ◇ 秘密保護法:記者を1人拘束→ 政権批判封じ→ 言論自粛=戦前 (半藤一利、昭和史)

    ◇ 秘密保護法= 言論の自由に対する縛りを握った (半藤一利、昭和史)

    ◇ 解釈改憲で、 憲法9条が完全に空洞化される。 (半藤一利、昭和史)


    ◇ 秘密保護法=言論統制、 解釈改憲=憲法9条が空洞化
    (半藤一利、現代史、要旨 時事ドットコム)

    アベ政権は、発議の要件を緩める)96条を改めての憲法改正。しかし、これは国民の総スカンを食ってできなかった。

    そこで、 特定秘密保護法。 これで言論の自由に対する縛りを握った。

    解釈改憲で、 憲法9条が完全に空洞化されることになる。

       軍国主義へと ひた走った昭和の時代でも、「軍機保護法」 という法律で、
    権力者はまずメディ アを抑え、国民が自由に発言できなくなる方向に持っていった。
    ああ、昭和のまね、昭和に学んでいるなと思いましたね。

    私たちは、油断しすぎたのかもしれない。

    ◇ 国連人権委: 秘密保護法、対象あいまい→ 人権侵害を指摘、2014

  • <<
  • 20 1
  • >>
  • ◇ 国連人権委: 秘密保護法、対象あいまい→ 人権侵害を指摘、2014

      ・ 秘密対象あいまい→ 「国連自由権規約」に違反

        国連自由権規約= 市民的、政治的権利に関する国際規約

     ・ 国連自由権規約19条= 情報アクセス権、まず公開を前提とすべし。
       この権利を法律で制限する場合、制限理由は明確、狭く定義されるべき。
       公開による損害と、公開による公共の利益は、独立機関で比較されるべき。

    ・ 国連自由権規約(国際条約)は、法律(秘密保護法)より上位。 

      国際条約に反する国内法は、改定、廃止の義務がある。
       
       (ピレイ国連高等弁務官、  藤田早苗、国際人権法)

  • ◇ 秘密保護法・欠点=秘密対象の指標なし(米国元高官ハルペリン2014秋)

     ・ 秘密指定の乱用阻止のため、日本の市民、政府の双方に、政府の透明性高める多国間ネットワークへの参加を提案。

     ・ 重大な人権侵害、他国との安全保障協定、公約、武力行使、大量破壊兵器の入手などは、国民がどんな状況でも知る権利をもつ。  こういう情報は、秘密指定してはいけないと規定するよう、運用基準は改定されるべき。

    ・ 多国間ネットワーク= オープン・ガバメント・パートーナーシップOGP、
       米国、ブラジル、メキシコ、英国、インドネシア、フランスなど加入。 
      参加国の政府は、市民と協議、共通の問題を解決するための行動計画を策定する義務がある。 協議は、市民、政府側、同人数で行う。

    ・ 日本は、政府より先に、市民が、多国間ネットワークOGP に参加すべき。

    ・ 政府が参加した時、今の秘密保護法を見直し、国際基準に合った改正案を出せるよう、市民が促していくべき。

  • 国連自由権規約委:秘密保護法=人権擁護活動、報道を阻害の危険→ 原則、廃止、
                    最低でも、対象を限定するべし
    2014

  • 「ダマされる方が悪い」





          ウソつきで卑劣





               真面目に付き合ってはいけない





    ◆台湾が韓国を嫌う理由

    2014年5月28日 中韓を知りすぎた男


    韓国人の本性を知るために、台湾と較べて見ましたが、実は台湾人のほとんどが韓国を嫌っています。台湾が韓国を嫌う理由を聞けば、韓国人のウソつきで卑劣な性格が見えてきます。

    1963年朴正熙が韓国大統領に就任します。台湾は中国から逃げてきた蒋介石が支配していました。二人は日本陸軍士官学校の先・後輩の間柄でした。

    その個人の縁で台湾は韓国に資金援助をします。当時の韓国は日韓基本条約を結ぶまでは一文のカネもない世界一の最貧国でした。

    台湾は無一文の朴正熙の経済開発5カ年計画を資金援助で支えました。80年代までは両国はいい関係を保っていたのです。

    しかし台湾は韓国が1992年に中国と国交樹立する際に、韓国が台湾と断交するのではないかと恐れ何回も交渉を重ねてきました。そのたびに韓国側の答えは「国交断絶などあり得ない」というものでした。

    韓国は断交を恐れる台湾の足元を見て、国際市場では全く売れない韓国車を大量に売りつけました。にもかかわらず韓国は卑怯にも台湾との国交を断絶した。それだけではなく断絶したその日のうちに韓国の台湾大使館の保有資産全て中国名義に書き換えるという、まことに卑劣な仕打ちを平然とやってのけたのです。

    韓国が1963年はじめて経済開発5カ年計画を開始したときも、真っ先に資金援助をしたのは台湾だったのに、その時の恩を忘れるとは・・・

    この時の韓国メディアの論調は恥知らずにも「我が国の見事な作戦により台湾にその意図を察知されずに国交を断絶することができた。台湾を捨てて中国と友好関係を結ぶことは、我が国に絶大なる利益をもたらす」などという記事を誇らしげに掲載していたのです。

    さすがに韓国の「不意打ち」「だまし討」のやり方にはらわたの煮えくり返った台湾議員達が、人の弱みにつけ込む「ゆすり・たかり」の韓国人の体質を世界に公表しました。

    また中国政府の支持を受けて、国連やIMFなど台湾の国際機関への加盟に反対するなど常に陰湿なやりかたで、台湾をいじめてきました。
    台湾人が最も苦悩を抱えている時に、その弱みに乗じて恫喝するなど人間として最低な民族です。

    ところが1997年アジア通貨危機で韓国経済が破綻し、IMFの管理下にはいると、なんと恥ずかしげもなく台湾に対して「両国間の国家改善と友好のため」というあまりにも自分勝手な理屈を理由に,100億ドルもの資金援助を求めてきたのです。

    このような韓国の恥知らずな手口には日本の政治家も何回も騙されています。
    自民党副総裁である高村正彦氏は自身が外相を務めていた1998年に日韓共同宣言をまとめた際、金大中大統領から「一度謝れば韓国は二度と従軍慰安婦の事は言わない」と説得され、それを信じた高村氏は「痛切な反省と心からのお詫び」を明記しました。

    しかし謝れば事実を認めたことになり、その後も慰安婦問題で世界に向かって日本を攻撃しています。日本の政治家のレベルの低さにも呆れるばかりです。
    つくづく韓国とは真面目に付き合ってはいけない国だということが分かります



    世界中で韓国人は悪いことをするときは日本人ですと言います。何て卑怯で恥知らずな連中でしょうか、『親日派の弁明』 金完燮 著 によると、韓国人は学校や家庭で「外国で悪い事をしたら日本人と名乗りましょう」と教わって育つのだそうです。

    ニューヨークで韓国人の売春グループが摘発されました。米メディアの報道によれば驚くことにこのグループは米国で人気の高い“日本人女性”を騙ってそれをエサにしていました。

    韓国人に、卑劣、卑怯、恥知らず、裏切り者、ウソつきなどの言葉を浴びせてもいっこうにこたえない、なぜならこのような行為は一部の特殊な人でなく韓国人の伝統に則った民族の思考パターンだからです。つまり「ダマされる方が悪い」という考え方です。中国人も同じです。

    秘密保護法:記者を拘束→ 政権批判封じ→ 言論自粛=戦前 (半藤一利、昭和史) 「ダマされる方が悪い」             ウソつきで卑劣                  真

  • ◇ 秘密保護法・欠点=秘密対象の指標なし(米国元高官ハルペリン2014秋)

     ・ 秘密指定の乱用阻止のため、日本の市民、政府の双方に、政府の透明性高める多国間ネットワークへの参加を提案。

     ・ 重大な人権侵害、他国との安全保障協定、公約、武力行使、大量破壊兵器の入手などは、国民がどんな状況でも知る権利をもつ。  こういう情報は、秘密指定してはいけないと規定するよう、運用基準は改定されるべき。

    ・ 多国間ネットワーク= オープン・ガバメント・パートーナーシップOGP、
       米国、ブラジル、メキシコ、英国、インドネシア、フランスなど加入。 
      参加国の政府は、市民と協議、共通の問題を解決するための行動計画を策定する義務がある。 協議は、市民、政府側、同人数で行う。

    ・ 日本は、政府より先に、市民が、多国間ネットワークOGP に参加すべき。

     政府が参加した時、今の秘密保護法を見直し、国債基準に合った改正案を出せるよう、市民が促していくべき。

  • ◇ 秘密保護法= 民主国家・失格、ツワネ原則を逸脱 (米国元高官、
    NSCメンバー、ハルペリン氏)

     ◇ ツワネ原則・・ 国民の知る権利 と 国の安全保障の秘密保持に関する
    国際原則
     ・ 秘密情報の明確化
        
    ・ 内部告発者の保護 など規定。

        ・ 民主的国家は、ツワネ原則からの逸脱 は許されない

    ◇ 秘密保護法= 民主国家では皆無 (米国元高官、NSC、ハルペリン氏)

  • ◇ 国連人権委: 秘密保護法、対象あいまい→ 人権侵害を指摘、2014

      ・ 秘密対象あいまい→ 「国連自由権規約」に違反

        国連自由権規約= 市民的、政治的権利に関する国際規約

     ・ 国連自由権規約19条= 情報アクセス権、まず公開を前提とすべし。
       この権利を法律で制限する場合、制限理由は明確、狭く定義されるべき。
       公開による損害と、公開による公共の利益は、独立機関で比較されるべき。

    ・ 国連自由権規約(国際条約)は、法律(秘密保護法)より上位。 

      国際条約に反する国内法は、改定、廃止の義務がある。
       
       (ピレイ国連高等弁務官、  藤田早苗、国際人権法)

  • ◇ 国連人権委: 秘密保護法、対象あいまい→ 人権侵害を指摘、2014

      ・ 秘密対象あいまい→ 「国連自由権規約」に違反

        国連自由権規約= 市民的、政治的権利に関する国際規約

     ・ 国連自由権規約19条= 情報アクセス権、まず公開を前提とすべし。
       この権利を法律で制限する場合、制限理由は明確、狭く定義されるべき。
       公開による損害と、公開による公共の利益は、独立機関で比較されるべき。

    ・ 国連自由権規約(国際条約)は、法律(秘密保護法)より上位。 

      国際条約に反する国内法は、改定、廃止の義務がある。
       
       (ピレイ国連高等弁務官、  藤田早苗、国際人権法)

  • ◇ 国連人権委: 秘密保護法、対象あいまい→ 人権侵害を指摘、2014

      ・ 秘密対象あいまい→ 「国連自由権規約」に違反

        国連自由権規約= 市民的、政治的権利に関する国際規約

     ・ 国連自由権規約19条= 情報アクセス権、まず公開を前提とすべし。
       この権利を法律で制限する場合、制限理由は明確、狭く定義されるべき。
       公開による損害と、公開による公共の利益は、独立機関で比較されるべき。

    ・ 国連自由権規約(国際条約)は、法律(秘密保護法)より上位。 

     条約に反する国内法は、改定、廃止の義務がある。
     (ピレイ国連高等弁務官、  藤田早苗、国際人権法)

  • ◇ 国連人権委: 秘密保護法、対象あいまい→ 人権侵害を指摘、2014

      ・ 秘密対象あいまい→ 「国連自由権規約」に違反

        国連自由権規約= 市民的、政治的権利に関する国際規約

     ・ 国連自由権規約19条= 情報アクセス権、まず公開を前提とすべし。
       この権利を法律で制限する場合、制限理由は明確、狭く定義されるべき。
       公開による損害と、公開による公共の利益は、独立機関で比較されるべき。

    ・ 国連自由権規約(国際条約)は、法律(秘密保護法)より上位。 

     条約に反する国内法は、改定、廃止の義務がある。
     (ピレイ国連高等弁務官、  藤田早苗、国際人権法)

  • 多様意見の妥協=民主社会 : 他を排除=独裁

    ◇ 独善、他の意見を理解できない人が主流 (某党支持性格に多い)

    ◇ 自分と異なる意見 を一方的に攻撃 (多数の政治家)

  • ◇ 国連人権委: 秘密保護法、対象あいまい→ 人権侵害を指摘、2014

      ・ 秘密対象あいまい→ 「国連自由権規約」に違反

        国連自由権規約= 市民的、政治的権利に関する国際規約

     ・ 国連自由権規約19条= 情報アクセス権、まず公開を前提とすべし。
       この権利を法律で制限する場合、制限理由は明確、狭く定義されるべき。
       公開による損害と、公開による公共の利益は、独立機関で比較されるべき。

    ・ 国連自由権規約(国際条約)は、法律(秘密保護法)より上位。 

     条約に反する国内法は、改定、廃止の義務がある。
     (ピレイ国連高等弁務官、  藤田早苗、国際人権法)

  • >>1

    貴方や周りの平和主義者たちは、綺麗ごとのプラス面は述べるが
    無防備状態で危機管理や危機対策は何かありますか?

    補足する言葉がないので説得力に欠ける。
    理想だけを語る方々と運命は共にはしたくないですね、
    そのような事になれば、侵略者と平和ボケ、一部工作員とゲリラ戦をするのみですが、

    反対する理由は分かるが、それによって発生する問題点を払拭する説明がないので、貴方や平和主義者の意見に賛同するよりは、与党に賛同した方がまし。

    1.工作員を政治の中枢に送り込み
    2.宣伝工作、メディアを掌握し、大衆の意識操作
    3.教育現場に浸透し、国家意識を破壊する
    4.抵抗意思を徐々に破壊し、平和や人類愛をプロパガンダとして利用する
    5.テレビ局などの宣伝メディアを利用して、自分で考える力を奪っていく
    6.ターゲットとする国の民衆が、無抵抗で腰抜けになった時、大量移民する

    下記より抜き出し

    http://youkun.xsrv.jp/trendjournal/political/civil-defense/

  • 保守に欺されても日本は中国にならぬが

    http://quasimoto.exblog.jp/13712051
    在日エリートの勝利宣言。
    なりすましに欺されると日本人は奴隷になる。

  • ◇ 国連人権委: 秘密保護法、対象あいまい→ 人権侵害を指摘、2014

      ・ 秘密対象あいまい→ 「国連自由権規約」に違反

        国連自由権規約= 市民的、政治的権利に関する国際規約

     ・ 国連自由権規約19条= 情報アクセス権、まず公開を前提とすべし。
       この権利を法律で制限する場合、制限理由は明確、狭く定義されるべき。
       公開による損害と、公開による公共の利益は、独立機関で比較されるべき。

    ・ 国連自由権規約(国際条約)は、法律(秘密保護法)より上位。 

     条約に反する国内法は、改定、廃止の義務がある。
     (ピレイ国連高等弁務官、  藤田早苗、国際人権法)

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン